スポンサーリンク

2008年10月14日

サッカーへの愛情と情熱

昨日は「体育の日」。
ということで、
NHK-BS2の『お宝TV』はスポーツの特集でした。

野球中継の発達にかかわる貴重な話などのあとに、
1人の元日本TVのプロデューサーが登場しました。
水田さんとおっしゃるその方は、
サッカー高校選手権のTV放送を始めたプロデューサーでした。

彼はサッカーの選手だったそうですが、
その当時のサッカーは、実にマイナーなスポーツだったようです。

日本TVに就職し、
スポーツ中継を担当するようになった彼は、
なんとかサッカーに日を当てたいと考えます。

そこで、高校選手権の試合を地元TV局が放送し、
全国大会の模様を日本TVが放送するという、
地域に密着した草の根的方法を考え、実行したのだそうです。

主題歌(あの『振り向くな、君は美しい』)を作り、ポスターを作り。

応援席にいるのはベンチ入りできなかった選手だけという状況を変えるべく、
各高校を回って、全校応援を頼むなど、手間暇惜しまない努力を重ねます。

解説には、地元の指導者をたて、
肩身の狭い思いをしていたサッカーの指導者にも日の当たる場を提供します。

そうして、
ついには、
高校サッカー選手権の決勝戦で、
国立が満員になる日が来るのです。

その後のプロ発足、W杯出場、日本でのW杯開催。
すべて夢でしかなかったことの実現だったと、語っていられました。

この話の間中、
水田さんの、
サッカーに対する愛情の深さと、情熱の偉大さに、
ただただ頭が下がる思いで一杯でした。
涙がこぼれてなりませんでした。

こういう方たちの、
絶え間ぬ努力によって、
今の私たちの「Footbolllife」があるのだということを、しみじみ感じました。
大切に育て上げて行かなくてはなりませんね。

………おまけ………………
この話を一番聞かせたいのは、
あの「犬飼氏」だと、ダンナさんが言いました。

本当だよ〜!!

彼にサッカーに対する愛情はあるのでしょうか?

彼にとってサッカーは「事業」でしかないのではないか?そんな疑問を持っているこの頃です。

posted by consatai |11:20 | コメント(0) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントする