スポンサーリンク

2019年03月15日

3月15日「ののラジ」聞きかじり

本日は宮の沢から。
鈴木武蔵選手の日本代表選出の影響か、メディアがいっぱいいます。

(メール)
<武蔵選手が代表選出されましたが、社長には先に連絡が来るんですか?>
「昨日のお昼前くらいに来たかな?よかったですね~」

<吉原宏太さん以来20年ぶりです>
「クラブとしても代表選手が出るようにしっかりやっていかないとと、各クラブ思っている。
 アカデミー出身の西大伍も選ばれて、コンサドーレが数年かけてやってきたことの(すべて正しかったとは思わないけど)方向性があると思う。

 武蔵はまだ完璧ではないけど、もともとスピードを生かす局面の能力はすごかった。
 うちでその特性を生かすためにトレーニングして進歩した。
 そこを出せたらもっと上手くなる。今出せることをやれたらいいと思う」


<ホーム開幕エスパルス戦ふりかえり>
「5点も入る試合なんてほとんど見たことない。2点取られちゃうところもらしいな(笑)」

(美香さんが生放送後後半から現地観戦)
<攻撃的サッカーってこういうものなんだと思いました。面白いですね!
 ピッチが狭く感じました>
「第三者が見てもぜったい面白いサッカーはできている。
 後半からだと点がいっぱい入ってよかったですね(笑)

 前半はうまくいかなかった。
 相手のシステムとウチのやりかたがうまくハマらない中、選手やスタッフがこうしたほうがいいかなと考えて。
 ハーフタイムに選手とスタッフで話しあって後半これで行こうと修正したことがうまくいった。
 うまくいかないゲームを自分たちが優位に運べるよう90分の中で考えられるようになったことはスゴイ進歩」

<ロペス選手の落下は驚きました>
「事前にドームで練習していてスタジアムの構造はわかっていたはずなんだけど。
 ああいうことになることもあるので何らかのフォローをしないといけないと、クラブとしても考えさせられました。
 ケガしなくてよかったです」

<ロペス選手は4得点。あらためて素晴らしい選手>
「間違いなくそうですね。

 ロペスもすごいけど後ろでしっかり奪えそうなボールをインターセプトして前に出す宮澤や進藤の瞬間的な判断がよかった」

(メール)
<現地で見てましたが宮澤選手がキーになってきそうです>
「あのポジションだからこそ彼の能力が今まで以上に生きるところはある。
 後ろでなぜパスをつなぐかというと、相手の穴をつくるために回す。
 回すうちに宮澤が本来のポジションより前に出てフリーになって。彼の戦術眼というかセンスみたいなところ。
 あそこでいいパスを出せる能力はみんなあるけど、宮澤はその能力が高い。

 ああいう形になると武蔵は強い。
 相手と並走とかスプリントすると早い。
 ああいうシーンを作れるようになったのは武蔵の進歩」

「あの試合で一番すごいと思ったのは、最後のほう3分くらいボール回した。
 相手のやる気を完全にそぐようなボール回し。
 パスの本数でいうくと60本から70本。
 こんなことできるようになったんだ、この子たちと思って見てました」

<水曜日のルヴァン杯ホーム長崎戦は引き分けでした>
「菅野は素晴らしかった。
 まだリーグに出ている選手とは差がある選手もいるけど、若い選手も多いし伸びしろがあっていいところも見えたので良しとしましょう」


(メール)
<次節は鹿島戦。コンサドーレにとってどのくらい実力があるかわかる今後を占う試金石になる試合です。勝ち点3をもぎとりたいです>
「鹿島は本当に強いチーム。
 内容や面白さでは(ウチが)上回れる。
 鹿島はしぶとく負けないようにサッカーをしてくる。簡単ではない。

 思い切ってやったら何とか勝てるんじゃないかと思う。
 運・不運は関係なくても五分以上で勝負できる。ちょっとの運が向いたら勝ち点3を取れる。
 選手が自信を持ってやってくれたらいいゲームを見せられると思う」

(メール)
<荒野選手のゴールが見たいです>
「最近すごくいい。
 調子に乗るとこあるので、点とったら調子乗っちゃう(笑)
 今くらいでいい。地味に頑張ってくれたらいい。

 次は前の3人は当然マークされると思うので、他の選手が点を取れるかどうかも大事になる。
 あとはセットプレーでまだ点を取ってないので、セットプレーも大事。

 その中で武蔵が点を取れたら大したものだけど、そう甘くはないので。
 チームとしてみんなで頑張ってほしいです」

posted by チームがある限り |11:50 | コンサのこと | コメント(0) |

2019年03月10日

進化する男「宮澤裕樹」

コンサドーレサポーターのみなさまこんばんは☆
気持ちのいい週末をお過ごしではないかと思います。

昨日はキックオフから15分ほどで仕事離脱(TT)
出かけた直後先制点が入ったらしい・・・
仕事の合間に経過はチェックしていたので、めちゃめちゃいいテンションで仕事できた~♬
アンロペ(アンデルソンロペス)が消えた時はビックリしたけど・・・
本当にケガしなくてよかったです。


昨日の地上波録画を帰ってきて観戦。
解説は森岡隆三氏でした。

鈴木武蔵選手の1点目はみーや(宮澤選手)からのスルーパス。
武蔵選手のスピードも素晴らしかったのですが、あのすごいスルーパス!
そして解説の森岡氏からは「宮澤選手」という名前が何度も出てましたね~。
そんな森岡氏もデビュー当時はFW、のちにボランチのポジションでプレーしていたけどまさか最終ラインまでポジションが下がるとはと驚いてました。
さらに「ベッケンバウアーのようだ」と。

今シーズンみーやが最終ラインのポジションになった時、夫は「宮澤はベッケンバウアーと同じポジションだな」と言ってました。
ベッケンバウアーさんの名前は知っているけど彼のプレーを知らない私にはよくわからなかった。
よくわからないけどスゴイ人と同じならがんばれ~くらいな(笑)
昨日の森岡氏の発言に「ようやくオレと同じ考えのひとがいた」とご満悦夫。
サッカーに夢中だった少年時代に衝撃を受けたベッケンバウアーがここにいるというくらい、みーやのリベロはすごいらしいです。

すごいすごいというのでベッケンバウアーさんのことを検索。
『フランツ・ベッケンバウアー。「リベロ」の概念を変えた名手』
https://www.footballista.jp/column/34331

センターFWからMF、リベロへの転身。
みーや本当にベッケンバウアーなの??
本人的には「やれと言われたら出来ちゃう」らしいですが(笑)
宮澤裕樹まだまだ進化中。
「皇帝」目指してがんばれ~!

そして最近キャプテンの背中がとてもたくましく、頼もしくなってきましたね~。
それはきっとキャプテンだけではなくチームメイトも一緒に進化しているからだと思うのですが。
2019年シーズン、また成長したコンサドーレを17日札幌ドームで見るのが楽しみです。

posted by チームがある限り |21:00 | 選手のこと | コメント(3) |

2019年03月08日

3月8日「ののラジ」聞きかじり

<まずは1勝おめでとうございます!>
「いやぁ~、よかったですねぇ。
 内容も良かったけど、今までやったことないような試合をしたのがよかった」

<第2節アウェイ浦和戦ふりかえり>
「前半は特にボールは回るし、チャンス多かった。
 3-0にしていればもっとラクだったと思う。
 後半は若干押されるシーン増えたけど、決定機作れていたビックリしました」

「(先制シーン)最後落ち着いてよく決めた。
 後ろからしっかり作りながら崩して取った。良かったと思う。

 チャナからロペス、サイドチェンジして菅の長いグラウンダーのパスもよかった。
 ビックリしましたね。

 チャナのスルーパスは才能。入れた武蔵もすごい。
 奪い返そうというときのルーカスの守備がよかった。
 武蔵やロペスが守備をしようとするので、相手のパスコースをチャナが読みやすい。
 全体としての動きが素晴らしかった」

(メール)
<先週埼玉に行きますとメールした者です。
 「すすきのへ行こう」を2回も歌えました>
<今年も新しい景色を開幕早々見られました。
 帰り道試合を振り返りながら話したかったのですが、周りが浦和サポーターだらけで都内に入るまで我慢するのに苦労しました>
「そこは気づかいがあったほうがいいと思います(笑)
 今までも埼玉スタジアムで勝ったことはあるけど、「負けてもしょうがない」と浦和サポーターに思わせたんじゃないかと思うくらい良かった。
 4万人のアウェイの中であの試合ができたのは、コンサドーレにとって特別な日になった」

<ミシャ監督は「こんな試合が出来たら死んでもいい」と>
「ほぼジョークだと思うけど、そのくらいうれしかったんでしょうね。
 こんなに上手くやれる選手を誇らしいと思っただろうし、このくらいやれるならもっと上に行けるという楽しみをミシャさんは両方持ったと思う。

 ミシャさん嬉しそうでしたよ。
 きっと色んなことしゃべるんだろうなと思ったら案の定いろいろしゃべってた(笑)」


<6日水曜日ルヴァン杯マリノス戦ふりかえり>
「アウェイで勝ち点を取れたのは良かった。
 去年のパフォーマンスより進歩している。若い選手も出て楽しみだと思うプレー見せてくれてよかった」

(メール)
<檀崎選手が大津選手との競り合いでユニフォームを引っ張られて怒りをあらわにしていました。
 負けん気は褒められていいのですが、笛が鳴る前なのでそのままボールを追っていたらチャンスになったのでは?>
「あのままプレーを続けたほうがよかったとは思うんだけど、
 あの怒るメンタリティやいくつも年上の選手に怒りをぶつけるところはすごく評価している。
 たぶんああいうファールは初めてだと思う。
 高校時代は教育の場でもあるのでユニフォームを引っ張ってまで止めるプレーはしない。
 プロとして初めての試合というテンションもあって、結果も出したたい思う中であの気持ちがあるのは楽しみ。
 次は同じ状況になったらそのままプレーすると思う。
 プロの世界でああいうプレーがあるのは初体験。
 竜孔(檀崎)の場合は海外でプレーした経験もたぶんないので、初めてのことはこれからも出てくる。楽しみです」

<明日は今季初のホームで清水戦です>
「去年いい前半だったけど、守ってカウンターで逆転された。
 去年よりレベルアップしているし上手く戦ってくれるんじゃないかと思う。
 開幕戦は勝ちにいかないとという気持ちが強かった。
 0―0でも落ち着いてプレーして最後決めて勝てたら。
 ゴール近くでのチャンスは作れると思う。

 去年うまくいかなかったぶん、今年はいい雰囲気作ってなんとか勝たせてもらえたらなと思います」

posted by チームがある限り |16:50 | コンサのこと | コメント(2) |

2019年03月03日

今季初勝利☆

いや~、正直「勝ち点1でもいいかなぁ」などと思っていました。

実は開幕の湘南戦は仕事で見られず。
結果が結果で気が進まず、見逃し配信もまだ見ていなかった・・・

そんなわけで昨日の第2節浦和戦が私にとっては開幕みたいな気分。

試合が始まると「お~お~、なんかウチの子たちいい動きしてるんじゃない?」と思うほど、みんなノビノビとプレーしていました。
コンサドーレの2019年シーズン・ファーストゴールは武蔵くん(≧∇≦)
しかも2発!
あと2点くらい取れていた余裕も。

得点シーンはもちろん素晴らしかったけど、守備も集中していたしパスカットや球際の強さもすごかったねぇ。
何よりみんな自信を持ってプレーできている。

「ルーカスは足元上手いなぁ」
「アンロペは足が長い!パンツ短い!」
「いや~(≧∇≦)みーやのサイドチェンジステキっ!」
「深井くん強い!」
「ソンユン伸びた~」
「チャナめんこ~い」
とか、いろいろ騒いでいたら勝ったぞぉ~♬

名前の出ていない選手のみんなもホントに素晴らしかった。
そしてコンサのチャントがたくさん聞こえました。
DAZNでは雰囲気がわからなかったけど、試合終了後の埼スタはシーンとしていたのでしょうか。
「すすきのへ行こう」がよく聞こえたので静かではあったのかな。


勝利の余韻に浸る間もなく水曜日にはルヴァン杯です。
土曜日はすぐにリーグ戦があるので、リーグ戦とは違うメンバーを見られるのも楽しみです。
そして木曜日に長い長いキャンプ生活を終え、みんなが札幌に帰ってきます。

今年は春が早く来てるよ~。
2週続けてホームゲームだよ~。

札幌ドームに響き渡るサポーターの歌声を聞くのが今から楽しみです。
ホーム開幕は欠席ですが(´・ω・`)
鹿島戦行くぞ~!

posted by チームがある限り |22:40 | 試合のこと | コメント(0) |

2019年03月01日

3月1日「ののラジ」聞きかじり

<湘南戦ふりかえり>
「勝ちたかったし、引き分けくらいはいきたかったのが正直ですねぇ。
 終わったことは仕方ないですけど。
 まぁまぁ、去年やってきたことにプラスαのことができるということを表現できたいいゲームだった」

<前半いい入り出来てました>
「じゅうぶん勝てる内容のゲームだった。
 勝つ可能性があるゲームは出来ていたとは思う。
 
 (点を)先に取れればよかったけど、相手も頑張るチームなので。
 ミシャさんの中ではウチがボールを持っていい試合ができるだろうと考えていたとは思うけど、相手のプレッシャーが強いとガチャガチャしたゲームになると思って(ルーカスではなく)早坂にしたと思う。
 開幕で盛り上がるし相手が湘南ということを考えてあのメンバーだった」

<ジェイ選手が金髪になりましたねというメールが来てましたが、ジェイ選手も惜しいシーンありました>
「金髪の話ですけど、たぶんみんなキャンプ期間が長くて暇なんだと思う。
 毎日同じメンバーと顔合わせて、一緒に移動して同じことの繰り返し。
 キャンプのいい面は当然あるけど、メンタル面はリラックスという点ではマイナスな部分は大きい。
 一人一人が刺激を求める中で髪を染めたりしたんじゃないでしょうか」

<ルーカス選手や武蔵選手は?>
「途中から出て惜しいシーンも作っていた。
 点取れそうな場面を作ることが大事。
 ロペスはトレーニングゲームと開幕戦では動きが違った。
 まだ精神面で整っていないところはある」

(メール)
<攻撃と守備、総合で何点?>
「守備に関してはチーム全体での対応は悪くなかった。
 個人的な部分で上手くやれなかったところはある。
 全体では70~80点かな?

 エリア内侵入は5位くらい。
 攻撃の回数だと1位か2位の数字。
 取られたあと取り返して攻めに行くことはできてる。攻めに行ったあとの質はまだ」

(メール)
<明日の浦和はまだエンジンがかかってないように見えました。
 選手はネームバリューにビビらず頑張ってほしいです>
<湘南戦はDAZNでコンササポの声がすごかったです。
 明日は現地に行きます。
 さいたまスタジアムで相手がシーンとする中「すすきのへ行こう」を響かせたいです>
「そうなることを祈ってます!
 自信をもって選手はやらなきゃいけない。
 ミシャは意外とリアリストな面もある。湘南戦のメンバーもそうだし。
 ロマンティストとリアリストのバランスをどうしていくのか楽しみ。
 開幕とは違う形にするかもしれない」

「(大きなクラブや浦和とは)戦力差はある。
 ウチはウチでロマンティックにどうやって強い相手を倒すか。
 上手くやればチャンスはある」

<明日は新さっぽろサンピアザ・光の広場でパブリックビューイングがあります>

<3月6日はルヴァン杯のマリノス戦があります>
(メール)
<リーグ戦には出ていない見たい選手がたくさんいます。
 ルヴァン杯は選手を替えてきますか?
 野々さんの目標は?>
「替えてくると思いますよ。中3日くらいなので。
 リーグ戦に出ていない選手はチャンスがある。
 自分の具体的な目標はないけど、頑張ってよとは思う。
 いいゲームを見せられるように」

<駒井選手が手術をしたんですね>
「彼がいないのは間違いなくイタイ。
 何か月かは出られないけど、今シーズン中には戻ってくる。
 開幕戦の深井と荒野のボランチは素晴らしかった。
 そこに駒井が戻ってきたらまた新たな戦力になる」

posted by チームがある限り |12:00 | コンサのこと | コメント(0) |

2019年02月22日

2月22日「ののラジ」聞きかじり

本日社長はオホーツク紋別から(これから帰札)。明日アウェイ入り。

<キャンプでのここまで感じは>
「最後のTGもそれなりにやれていた。新加入選手もだいぶフィットしてきた。
 去年よりは上積みあるなと思う仕上がり」

(メール)
<開幕を万全な体制で迎えられそうですか?>
「万全かというと万全ではない。
 今の時期に万全だとあまり伸びしろがないので。
 優勝争うチームだとそういうチームもあるけど、まだ挑戦する側。
 シーズン通して良くなっていくようじゃないと。
 今このくらいできてれば十分やれるんじゃないかというところまではきている」

<開幕戦についてどうとらえていますか?>
「34試合中の一試合というのは毎年同じ。
 どういうことが表現できるかが一番大事。
 去年よりもクオリティあげて、ある程度対応される中でその上を行くシーンをいくつも出せるような内容で、かつしっかり勝ち点を取れたらいいと思う」

<対戦相手は湘南です>
「湘南はガムシャラにプレッシングをかけてくるチーム。
 そのプレッシャーパスワークやドリブルで上手くかわせば有利な展開になる。
 
 よく走るチームは開幕くらいの時期が一番元気。それがやっかいかな?とは思います。
 このゲームやれたよねと思える結果を残すことが大事。
 圧倒できるほど甘くはないけど、コンサドーレ本当に強くなったと思ってもらえるようなゲームにしたい」

「開幕の相手は今季のデータもないので難しい。その場の判断が大事。
 瞬間的な判断を磨いている。
 誰かの気の利いたワンプレーがゲームを左右するかもしれない」

(メール)
<チームに対する今年の抱負や目標は?>
「クラブを日本の中で優勝争いするチームにするため、攻撃で相手を打ち崩せるようなチームにするためにミシャさんを呼んだ。
 攻撃で相手を圧倒することが出来るという姿を、シーズンを通して見せてほしい。
 攻撃的にワンランク上を目指してほしい。

 攻撃に行くとやられる可能性もある。
 そこを何とかしのぎながら勝ち切ることができるように」

<野々村社長から開幕に向けてメッセージを>
「今季はトップ10以内を良そうしてくれてる人も多い。
 可能性を秘めたチームになっている。
 ギリギリで勝ちを拾うことが大きい。
 その最後のひと頑張りをサポーター含めた一体感で乗り切れたらいいと思うので、よろしくお願いします!」

posted by チームがある限り |16:43 | コンサのこと | コメント(2) |

2019年02月15日

2月15日「ののラジ」聞きかじり

野々村社長、本日は熊本から。

<東京ヴェルディとのトレーニングマッチはいかがでしたか?>
「名古屋の時のほうが攻撃は上手くやれたかな?
 対戦相手のスタイルも違って、ヴェルディはしっかり守るタイプ。
 簡単には上手くいかなかったけど、ある意味じゅうぶんなゲームはやれてたと思います」

<先日2本目以降は、Aチームに向けて各選手がどうアピールかということでしたが>
「岩崎に関しては攻撃の難しいポジションでトレーニングしている段階。
 シャドウでもある程度できるようになったほうがいいし、トップでやった時はこんなことをやらないといけないというのを思い出しているいるところ。
 ある程度(ポジション代えは)刺激になったんじゃないですか?
 難しいですよ。彼なりの良さは出せていた。
 今までやってきたサッカーとは違うので考えなきゃいけないこと多い。早くそれに慣れるよう努力中」

<檀崎選手が初ゴール>
「リクに関しては良かったと思う。
 やるたびにいろんなこと理解している。
 ゲームに出るメンバーに関わってこれるかというところでは、スタッフの頭に残るプレーはできてた。

 選手権での自信がまだある。壁にまだぶち当たっていない。
 (選抜メンバー辞退は)チームに残ってこの環境の中で上手くなりたいと本人が考えたと思う」

<FC琉球とのトレーニングマッチについては>
「攻撃に関しては良かった。
 狙い通りにみんなでボールを動かして攻めてた。
 やろうとしていることが継続してやれている。

 カウンターからやられそうになるシーンはいまだにあるけどしょうがない。
 そこはいろんな方向から改善していけばいい。
 みんなで目指す方向に向かっていければ。

 ロペスは点を取れる選手。
 10点20点取れる選手がいるかいないかで上に行けるかが決まる。
 ロペスにはそうなってほしい」

「中野はヴェルディ戦の2本目がよかった。
 いいアピールすればチャンスがあるということを中野が見せてくれた」

(メール)
<ジェイが鼻を負傷しましたが、開幕はどうでしょう?>
「鼻だから大丈夫じゃないですか?
 鼻であまりボール触らないので。
 今日もフェイスガードしてふつうに練習やってますよ。

 開幕にはというよりはシーズン通じてたくさんの選手がゲームに関われれば。
 開幕に無理することない。
 みんなが2カ月後でも3か月後でもベストコンディションになるよう努力して、いいタイミングでゲームに出られれば」

(メール)
<駒井選手の状況は?>
「100%の状態でトレーニングに参加できるまでは別メニュー。
 去年駒井が出ていないとき足りない部分は補強できている。ルーカス・中野はサイドでやれる」

<開幕前の最終段階のポイントは?>
「コンディションのいい選手を使うことになると思う。
 思い描いたベストではないかもしれないけど、シーズン通してうまくやれるように準備ができるか。
 ケガや風邪もあるので、元気なやつがゲームに出て生き生きプレーできるような環境にしていってほしいです」

posted by チームがある限り |12:30 | コンサのこと | コメント(0) |

2019年02月14日

小さな石の逆襲

長らく居座った寒気がようやく抜けるよですね~。
ホッとします。

日の出時間が早くなりました。
この時期は朝日が昇る時間にマチが朝焼けに染まるので大好きですねぇ。
春は近づいてます。

そして開幕も・・・
って、来週開幕じゃないかぁ、Jリーグ!
なんだか急にドキドキしてきました。


今年も元気に応援するぞ~と意気込むこの時期ですが・・・
どうも健康面の不安が消えません。

昨年末はじめて「めまい」を経験し、脳の検査や耳鼻科通院をして落ち着いていました。
年明け耳鼻科の薬がなくなりそのまま病院へ行かず過ごしていたのですが。
昨日仕事中にまためまい発生。
どうしようか、仕事仲間に連絡しようか・・・
いろいろ迷いつつもグルーングルンしている間は帰ることもできないので、なんとか切り抜けようと決断。
とりあえず耳の中の耳石がはがれた可能性があるので、石を戻す体操(寝ながら顔と体の向きを変える)をしてジッとしてみる。
静かに動かないでいると落ち着くのですが、顔を上げると目の前がゆっくりまわる、また静かにするを繰り返すこと一時間。
ようやくめまいがおさまり(ムカムカ継続中)なんとか最低限のやるべきことを片付け、ほかの業務は「明日あさイチで片付ける」と決めいろんなことを放り出し帰宅。

今朝はめまいもムカムカもおさまり、職場に到着して無事仕事も片付けました。
午後から耳鼻科に久々受診。
耳の検査をしたら右が少し悪いとのこと。

結局本当に耳石のせいなのか、耳の状態が悪くてのめまいなのかは断定できないという、なんとも中途半端な状況です。
もし耳石だとしたら(石と言いつつ耳の中のカルシュウムのかたまりで、体のバランスをとるらしい)とてつもなく小さな物体に翻弄される人間。
小さな石の逆襲になすすべもない私なのでした。

今日ドーム会員のチケット(鹿島戦)を夫がゲットしてくれたので、まずは我が家のホーム開幕に向けてまじめにお薬飲みます~。←ここ大事

posted by チームがある限り |22:22 | 健康のこと | コメント(2) |

2019年02月08日

2月8日「ののラジ」聞きかじり

本日野々村社長は沖縄から。
2月4日から沖縄入りし、明日帰札予定。沖縄の外気温は20.5℃。

(メール)
<キャンプは順調ですか?福ちゃん(福森選手)の体調は大丈夫ですか?そしてソンユンの髪色は現在何色でしょうか?>
「福ちゃん昨日あたりはお腹痛そうにしてましたよ。陰でお菓子ても食べてるんじゃないかな。
 タイでも何人かお腹痛い人いた。疲れも出てくるから仕方ないかな。

 ソンユン何色?今いるスタッフも誰もわからない。あれ、、、何色だろう?
 あいつの場合フツウが金だったりするので」

(メール)
<新加入選手はミシャスタイルについていってますか?手ごたえを感じますか?>
「どうですかね。
 攻撃の面白さは増すんじゃないかと思う」

<名古屋とのTGではロペス選手がゴールを決めてました>
「ロペスはいいですね。日本でプレーしていたこともあるし、すごくまじめに取り組んでいる。

 名古屋の前半戦はAチームのメンバーだったけど、びっくりするくらい良かった。
 それを基準にしちゃまずいと思うくらい良かった。
 このくらい出来るんじゃないかという手ごたえはだいぶつかんだと思う。

 最初の45分に関しては全部良くて、攻撃も圧倒できるし前からのプレッシングも意識させてやったんだろうけど良かったし。
 今こうやろうよと考えていることは出せた。

 他のチームの関係者からは<今そこまで仕上がって大丈夫?>という声をもらうくらい。
 今良くてもしょうがないよねということでチーム内では落ち着いたんだけど。
 最終的には(名古屋との)ゲームは負けたので、勝ち負けにはまだこだわる必要はないんだけど、ああいうゲームでどうクロージングするかどう勝ち切るかをこれからやっていけばいい」

<岩崎選手が得点したり、檀崎選手も出場しました>
「個人として出来ることを随所に見せている。
 自分のできることをアピールしていくことができれば。
 楽しそうにやってる。
 自分を分析してトライしているので、彼らからはポジティブな空気を感じる」

(メール)
<小野伸二選手。今年のキャンプはフルメニューをこなしているようですね。
 ファンへの神対応も。チームにもたらす影響は大きいですか?>
「ファンへの対応は今までもずっとそうだった。
 コンディションはミシャさんもうまくマネージメントして使っている。
 楽しそうにやってます。いい空気出してくれてる。

 伸二・菅野あたりが長いキャンプ生活の中でいい雰囲気作ってくれてると思います」

このあと東京ヴェルディとのTG。
結果はコチラ

posted by チームがある限り |16:10 | コンサのこと | コメント(0) |

2019年02月04日

今日から暦のうえでは春

昨日は2月3日の節分でした。
みなさん豆まきはしましたか~?

我が家はまきましたよぉ、主に夫が(笑)
私は台所だけ。
落花生食べ始めると止まりません・・・(´-ω-`)

今日は立春なので暦のうえでは春です。
まだまだ寒いし雪も降るしですが、春には近づいてるんですね~。
夕方暗くなるのも遅くなってますもんね。
と言いつつ、今日は朝べしゃべしゃ路面で強風なうえに午後からカキーンと凍ってました。
一日の中で季節が変わっていた・・・
明日まで猛吹雪の地域もあるようです。
室蘭も雪が降っておりますよ。


さてさて、チームは沖縄キャンプ。
「沖縄あったかいだろうな~」と道民は思いますが、ラジオで広報さんが「タイからの沖縄は寒く感じます」と話してました。
そうか。タイは日中30℃超えですもんね。
開幕まで3週間。
本番に向けてこれからチームを仕上げていく時期。
みんな怪我せず頑張ってね~!


先日チラと見た岩崎選手のインタビュー。
まだ少年っぽさが残る表情の岩崎選手ですが、移籍のいきさつやサッカー選手としての心構えがとてもしっかりしていて正直驚きました。
考え方がすでに大人として仕上がってます。

コンサドーレには若い選手がたくさんいますが、また将来が楽しみな選手が増えました。
檀崎くんや中村くんも期待大ですが、藤村くんにももっともっとゲームに絡んでほしいし。
ミシャ監督のもとでぐんぐん育て~、若者たちっ!

いや~、週末寒波コワいっす!

posted by チームがある限り |22:32 | 日常のこと | コメント(0) |