スポンサーリンク

2019年05月19日

まだ発展途上

1日遅れで見ましたが、コンサはいいときもあるけ度悪いときもある、まだまだ発展途上なのだということを再認識させられたFC東京戦でした。

攻撃は、あと一歩のところ。
1つ前までのお膳だけはできるのに、最後の最後が決めきれない。
惜しいシュートもありましたけど、攻撃の仕方が単調過ぎる感じもしました。
なんか次、こう来るよね、と予想できるんですもの。
お~!と思ったのは数回。

失点は、緩いプレーや連携意識の食い違いを狙われた感じでした。
ただ、そういうプレーはほんとに少なくて、他は結構集中してプレーをしていたように見え、そこは成長の証だと思いますが。

トップチーム相手では、なかなかゴールが割れない。
同じく、そういう相手では、たった1つのミスやアバウトさが狙われて失点に結びつく。
まさにそういうところを実感させられた試合でした。

もしかして、違うチームが相手だったら、そこまで致命的にはならなかったかもしれません。

まだまだだけど、肝心なのは、このやり方で成長し続けることですよね!

posted by じゅうよっつ |20:37 | コンサ |

2019年05月18日

こっちは誤審じゃないけど

戦争しないと北方領土が取り返せなく無いか、なんて本気できいたの!?と耳を疑うようなことを言う国会議員にもあきれましたが、そんな人間を議員にしておく事には当然、すぐさま解決策を見いだすであろうと思っていたら、政治の世界ではさにあらずだった事にもびっくりです。

辞職勧告案も出せない与党って、よほど彼の脅しが怖いのかしらん?
さては、皆さん、よほど痛い腹をお持ちなのか?失言(もっとも、自分がもともと考えてもいないことは口には出ないと思いますが)しそうなのか?と勘ぐったりしてますが。
それに選挙民としては、この際、隠し事はさらけ出してもらった方がわかりやすくてありがたいです。

一国の代表者の1人から戦争をするという言葉が出た時点でアウト!
言論の自由をはき違えてます。

与党が早急に対処できないなら、昨日の湘南戦の誤審のように、国民自ら(昨日の場合は湘南)が審判を下すしかないのでしょうかねえ。
情けない。

今日はFC東京戦ですが、ほとんどの試合と同じく、今日もリアルタイムは無理そうです。
なので明日まで、経過も結果も、皆さんのブログも見えないようにしておきます。

posted by じゅうよっつ |09:53 | 世間 |

2019年05月12日

引き分け御の字

前半はどうなることかと思いました。

セカンドボールは拾われる、セットプレーの得意な松本には再三CKを与える、ボールを拾ってもすぐに相手に取られて攻撃に持ち込まれる・・・よくあれで失点せずに追われたものだと、かえって感心しました。

ダゾーンのハーフタイムの記録ではかなり走り負けてる様子で、ああ、だからあんなにボールを取られてたのかと納得しました。
先週の北海道は寒気が入っていたようですし、試合後にミシャさんがいってた様に、温度差のせいはあったと思いますが。

後半は、相手のはやいプレスにも少しなれたのか、少しボールも持てるようになり、攻撃もできるようになったのですが、ロペス選手もチャナティップ選手も怪我で出れず、新三角形の前線の連携は、あまりなれていない様子。
なかなか武蔵選手と気持ちが通じ合ってない感じでした。

残念ながら後半も得点ならず。
0対0の引き分けで終わりましたが、妥当な、というか、劣勢の試合でも負けなかったのは評価できると思いました。

多分、しばらくはこのメンバーでやっていくのでしょうから、早くもっと連携が取れるようになって、全体の意思疎通ができるようになるといいですが。

posted by じゅうよっつ |16:30 | コンサ |

2019年05月04日

素晴らしい!

今日の神戸戦も、前回に引き続き手に汗握る試合でしたが、連動のよくとれた攻撃も守備も個々のプレーヤーが力を出し切った素晴らしい試合でした、
その意味では、同じ勝ち点3とはいえ、前回以上の試合運びだった!

前半、0対0のまま終えて、今日はなかなか点の入らない難しい試合になるんだろうとは見ていてわかりましたが、後半もこのまま攻守にわたっていい試合が続けられるのか、心配でした。
しかし、そんな心配は無用だったんですね~!

PKこそ取られましたが、流れの中で失点することは無く、しかも、先制点を取られての逆転勝利!

1点目の同点弾は、FW顔負けの進藤選手のオーバーヘッド。
これで気持ちも上で随分楽になりました。
武蔵選手のらしいヘディングで勝ち越し。
すばらしい~!の一言に尽きます。

最後の最後まで、コンサらしいプレー続出の、まさに満席のドームにふさわしい試合でした。
しかもコンサ史上初のJ14連勝!
間違いなく、今季~あくまで、これまでの~最高の試合ですね!

posted by じゅうよっつ |15:58 | コンサ |

2019年04月28日

手に汗握る!

1点差で勝っているとはいえ、今日の磐田戦、最後の最後までどうなるかわからない、手に汗握る試合でした。
勝ててよかった~!

前半は、ほんとにコンサの試合でした。
面白いようにセカンドボールが拾え、攻撃に持っていける。
その中で早い時間にロペス選手が見事なシュートを決めて1点先取!

そのロペス選手の怪我が心配ですが、彼への思いも押してか、福森選手のCKから進藤選手のヘディングが決まって2点目!

しかし、徐々に調子を上げてきたジュビロは、後半怒涛の攻撃をはじめ、コンサはあたふたするシーンが多くなってきました。

ただ、それでも攻撃のチャンスはあったし、そこで決めきれなかったのは痛かったところ。
(惜しいシュートもあったけど、なんども、シュートで終われ~!と思った)

自陣での守備が多くなったコンサでしたが、それでも1失点で抑えられたのは大きかったと思います。
こんなどちらに転ぶかわからない試合で、勝てるかどうかは大きいですもんね!
まさにハードワークと忍耐で勝てた試合!

posted by じゅうよっつ |20:46 | コンサ |

2019年04月24日

勝つことは勝ったけど

今日のルヴァンカップ長崎戦、前半はさすがの試合はこびでした。

うまくパスはつながるし、ボールは取れるし、ゴールは決まるし。
1失点したあとにもすぐに福森選手のスピードと重さのあるシュートで取り返すし、バッチリの試合運びでした。

しかし、後半途中から、攻撃まで持っていってもなかなか最後の最後で決めきれない。
そのうち、長崎は元気になり、ボールも持てるようになり、守備も穴があくように。

いくら点差が開いていても、やはり決めるべきチャンスに決めていかないと、全体に緩んでくるんだなと感じました。

そのあたりからは、攻撃では、互いの意志が通じてない感じで、クロスがうまく噛み合わなかったり、ポジショニングのよくなった相手に行ったり、長すぎたり。
守備でも相手に簡単に漬け込まれるシーンが増え、前半とはまるっきり逆になってしまいました。

最終的に相手とは3点差の6点も得点できていながら、最後まで、メンタル的にも元気になった長崎相手と少しあたふたし始めたコンサで、どうなるか、先の見えない試合という印象でした。

勝ててよかった・・。

posted by じゅうよっつ |21:50 | コンサ |

2019年04月20日

盛りだくさんのゴール!

ルーカス選手が効いてましたねえ!
PA内に切り込むプレー(と見せて、直接打ったり)は見ていて面白かったです。
ただ、ロッカールームまで担架で運ばれていったということで、怪我がとても心配です。
たいしたことないといいんですが。
今日よくボールを奪ってくれてたロペス選手からきたボールを、チャナティップ選手がうまくかわしてシュートし1点先取してからは、ボール支配率こそかなり低かったですが、我慢してチャンスを狙ってというやり方がうまく機能して、前半のうちになんと3得点!

それも、久々の福森選手のCKからのゴールもみられたし、ロペス選手のうまいヘディングもあったし、盛りだくさんのごゴールでした。
(なんかまだ取れそうな感じもありましたが・・)

そんな事態になるとは想像もしてなかったし、相手は今まであまり勝ててないマリノスなので、何点とっていても安心できない感じでしたが、コンサの選手の皆さんは、黙々と自分たちのできることを繰り返して、とうとう無失点の勝利を勝ち取りましたねえ!

もちろん油断はできないですが、連敗からよく立ち直れたなあと思います。
やはり、ルヴァンカップで、勝利の味を思い出せたのが大きかったでしょうかね。
ともあれ、自分たちのサッカーを取り戻せたのはよかったです!

posted by じゅうよっつ |22:02 | コンサ |

2019年04月13日

まさに手に汗握る

先日のルヴァンカップのメンバーをそれ以前のようにリーグ戦から大幅に変えることはしなかったため、中2日の今日のセレッソ戦のスタメンの一部は連戦で戦うことになりましたが、両方の試合に勝利でき、うまく連敗を断ち切れたのは、まさにミシャさんの采配の見事さでしたね!

今日の試合で勝てたのと勝てなかったのとは、勝ち点はといえど大きな違い。
もし・・なんてことになったら、これから先のリーグ戦にも長く響きかねないところでした。

進藤選手のヒーローインタビューにも現れていましたが、選手の皆さんの相手には絶対負けない、試合には絶対勝つ、という気持ちも最後の最後まで、途切れることなく伝わってきました。
相手のセレッソも同じように気持ちが入っていたので、ほんとうに手に汗握る一戦となりました。

こんな、最後の1秒までどちらに転ぶかわからないような試合を制したのは、ほんとうに大きいと思います。

ただ一つ。
以前の悪かったときより、ずっと相手PA内でのプレーは多くなったんですけど、もっと中で見たいし、シュートに持ち込むための最後のクロスがもう少し正確だともっと点が入りそう!

そうそう。
もう1つ、これはダゾーン(ファイアTV)のことですが。
旦那の仕事の都合で、試合は当日の後刻、再放送で見ることが多いですが、今季は、たとえば試合前のところとか、ハーフタイムとかを先送りにできないんですよね。
しかも、今日なんか、後半も半分くらいい見たところで、間違ってリモコンのボタンを押してしまったらしく、また最初から見ないといけないのか!?と一時パニクりました。
結局、旦那がPCからTVにつないで事なきを得ましたが、あれって、改善してくれないのかなあ。

posted by じゅうよっつ |23:13 | コンサ |

2019年04月07日

そうか、イメージ効果か

よく政治家は失言し、あとから取り消します。

いつも、どうしてもっと考えて話さないのかなあ、ちょっと考えれば「これは言っちゃまずいな」とわかりそうなものなのに、と不思議に思ってました。
もしかして、政治の世界に入ると、そういう一般の常識みたいなものが見えなくなるからかな?とも。

でも先日、ふと思いつきました。
もしかしてあれって、わざと言ってるの?!と。

あとで取り消すというのは、決してはじめから言わなかったことと同じではないんですよね。
言ったことは聞いた人の記憶に残ります。
それが強烈なものだったり、有権者の利益に関わるものだったりするとなおさら。
事によっては、間違いだったことより言ったことのほうが記憶に残る可能性さえあります。

そうか、やっぱり忖度ってあるのよね、というのが、一番最近の失言から感じることなんじゃ。
だったら、道路作ってくれる政治家に投票するのがベストよね、と道路がほしいと思っている有権者は思うでしょう。
(もちろん、そう思わない人は別の政治家を選ぶでしょうが)
道路以上に、そういう事あるんだったら、ときの政権を握ってる党に票を入れとくほうが得よね、とおもうはず。

あの失言でもう一つあったのは、北九州・下関道路が過去にチャラになったのは、「悪夢の民主党政権」時代だったという間違い。
(本当は自民党の福田政権時代だったそうですが、あれについては謝りも訂正もしてないようで。こういうところも「奢れるもの・・・」が浮かびどうかなとは思いますが、これはまた別の話。)

これも、もしわざと間違えたとすると、民主党は悪夢だったというイメージを根拠なく植え付ける効果はありそうです。

なんかそう考えると、政治家が頻繁に失言するのも頷けてきました。
だまされないようしっかり見て聞いて判断しなくては!

posted by じゅうよっつ |19:08 |

2019年04月06日

後半はよかった

今週は札幌の雪の具合はどうだったのでしょう?練習は十分できてたでしょうか?

素人の素朴な質問なんですが、相手が今日の(特に前半の)大分のように、自陣内に全員が引いて守って誰も取りに来ないときに、コンサの側は自分の陣内に3人も残ってパスを回し続ける必要があるのでしょうか?
相手をひきつけてスペースを作ろうとしているのでしょうけど、相手が出てこないときには、こちらも人数かけて攻めていかないと、人数的にマイナス3人と不利な状況で攻めるのは無理があるんじゃないかと思うんですけど。

今日は、前回のようにことごとくセカンドボールを取られるというほどは悪くなかったですが、それでも、ロングボールの次が取れないなど、肝心なところですっとボールを取られすぎの感は否めませんでした。

相手のサイド攻撃はすいすい通って持って行かれる、かたやうちは自陣内で攻めあぐねてロングボールを送り、それを取られる・・・簡単に取られすぎる。
なんで~!っという思い、なんと歯がゆいこと!
もうちょっと相手にはやく寄せられないでしょうか?
もっと相手をひきつけるような攻撃でスペースを作るなり、自分で攻撃しかけるなり、なにかしないとなんにもおこらない。
おまけにシュートを打たないと入らない!

後半、宮澤選手がボランチになってボールの回りが良くなり、かわりにCBになったミンテ選手もよく守ってくれて、ルーカス選手と白井選手がはいって、やっと攻撃ができてきた感じでした。
やっと守備も攻撃も少し落ち着けた感じ。
いい試合ができているときは、各選手の良さが出せていますが、後半は、少し、そんな感じになってきました。
1点取り返せたのもよかった。
今回も無得点じゃ、ちょっと心配になります。

1つ、あれだけ引いて守っている相手に、仕掛けずに外からロングボールを出してもなかなか成功するもんじゃないと、この数試合で見ていてよお~~くわかりました。
どんなに相手のペースの試合でも、アイディアなしのロングボールは収まらないし、ポジショニングが悪いぶん、下手するとそのままカウンターで失点につながる可能性もありますし。

posted by じゅうよっつ |22:25 | コンサ |