スポンサーリンク

2018年04月16日

復興とオリンピック

熊本地震から2年という節目で、家をなくした方々の再建が進まないという記事をよく目にします。
福島だっていまだ仮設がある状態。
熊本の再建が進まないのも納得(しちゃいけないんですけど!)できます。

そういうときにいつも考えるのが、東京オリンピックです。
家を建てる大工さんが足りない。
その原因は、福島と熊本での需要、そしてオリンピック需要だそうで。

もし、熊本でも福島でもなく、東京の地震で沢山の方が家を失っていたとしても、仮設や仮住まいをしている人々のその横で、オリンピック会場を建設していて平気でいられるのだろうか?
文句は出ないんだろうか?と。

もう2年あるいは7年経ったこの時期に、被災された方々に必要なものは、早期の(とはもう言えないですが)再建でなく、オリンピックの聖火を見ることでしょうか?

posted by じゅうよっつ |20:04 | 考えごと |

2018年04月14日

劣勢からの勝ち!

今日の試合は、出だしから、さすが柏だなあ、パスが速い!プレスが速い!
コンサのちょっとしたパスのズレを即座についてくる・・ああ、ボールが取れない~~!
と、ハラハラ通しでした。

ただ、前半はじめのボール保持率が3割弱だったのから、段々とあがってきたのは、相手のボール回しの速さに慣れて来たのかな、とも思い直す。
前半失点してすぐに、三好選手からのボールで宮吉選手が取り返してくれたのも、大きかったです。

後半(私の目には、何を変えたのかよくわからなかったのですが、ミシャさんのインタビューによると、相手の7番をおさえたそう)、いきなりチャンスを作りはじめて、おっ変わった、いいぞいいぞ!

それでも、相変わらず、少しのうちのズレも許さない柏でしたが、ここで崩れないのが今季のコンサの良さですよね。
柏の疲れも幸いしたし、交代の選手もよく効いてて(これは大きい!)、再度、三好選手からのボールを体の強さと気合で都倉選手がヘディング!

すみません!
正直、逆転するとは思ってなかったです。
よくて引き分けかな、と。

柏の監督の試合後のインタビューが相当悔しそうだったのをみてもわかるとおりに、今日の試合、どうみても柏が優勢ですすめていた(特に前半)はずなのに、勝ったのはコンサだったという、意外な、コンササポにとっては大喜びの、でも多分、選手のみなさんや監督にとっては、そうなる可能性は見えていたのかも、な試合でした。

posted by じゅうよっつ |22:00 | コンサ |

2018年04月11日

苦しくて価値ある勝ち

惜しいシュートはたっくさん!
(惜しいのが5つで1点くれたりしないかしら・・・とずっと考えてました)
ボール保持率は今までにないほどコンサが高い!

なのに、決まらない。決まらない~!
いい形で攻撃できているのに、最後の最後がなかなか、はいらない~!!

ロスタイムになると、このままで終わるのかと思い始めました。
それどころか、後半に調子をあげてきた湘南に、よもや点を入れられたりするなよ~!と。

しかし、やっぱり、コンサは、進化しているるんだなあ、とつくづく。
最後の最後まであきらめずに粘って、自分たちのサッカーを続けていく。
そして、都倉選手のゴール!まってました!

あんな飛び上がったり、のの社長と抱き合って喜ぶミシャさん、初めて見ました。
監督もサポ同様、今日はよほど、じりじりしてたんでしょうかね。

あれだけ数字が示すところコンサが優勢だったのに、これで勝てなかったら、ちょっとダメージだったかもと思うと、勝って本当に良かった!

posted by じゅうよっつ |20:56 | コンサ |

2018年04月07日

いいゲーム!

今日の名古屋戦は、双方攻撃的サッカーで、なかなかおもしろい展開でした。
(もちろん、勝てたということもあります!)
福森選手のセットプレーからの得点、見たいなあ、都倉選手の得点もほしいよなあ、と思ってみていたところで、2つともかなったのもよかったし!

コンサの、パスを繋いだ攻撃サッカー、試合を重ねるに連れて、どんどん良くなっていってる感じが目に見えてわかります。
多分、名古屋のほうは、まだ攻撃の要のジョー選手にボールが集まらないことで、調子がいまいちだったのだと思いますが、そのおかげもあって、結構、思うようにボールが取れて、前に運べて攻撃の機会も作れていたんじゃないでしょうか。

3点もとれたのも(オウンゴールもコンサの勢いがあってのこと、として)、得失点差を考えると、ずいぶんと貯金ができてありがたいこと。

交代選手も効いてました。
ジェイ選手が入って、ボールが落ち着くようになったのも良かったし、それもあって、都倉選手の待望のゴール。
交代にいい選手がいるのも頼もしいですね。

今日の感覚をしっかり覚えて、次節につなげてほしいです!

posted by じゅうよっつ |21:25 | コンサ |

2018年04月05日

ルヴァンカップ 清水戦

前回のルヴァンカップ戦より、ミシャサッカーに慣れてきてるなと思いました。
パスで組み立てて攻撃の機会をつくっていく、前よりずっと良かったです。

でも、やはり、リーグ戦を戦うコンサの選手に比べると、まだ足りない感じです。
ちょうど、今季はじめの頃のリーグ戦をみているような感じ。

それでも、うまくなってきていると感じられたし、幸いなことに、同じ選手がルヴァンカップとリーグ戦と、両方にフル出場できるような余裕のある日程ではないので、この過密日程の中で、試合を通して、今季のコンサのサッカーを作っていくことはできそうだと思いました。

昨日の清水戦は負けはしましたが、結構自分たちのサッカーができてましたし、まだまだ伸びしろがありそうな試合運びで、悲観するようなものじゃなかったと思います。
むしろ、これからに期待!

posted by じゅうよっつ |14:30 | コンサ |

2018年03月31日

大したもんだなあ!

スコアレスドローで得点こそなかったですが、鹿島のウワテ行ってましたぞ!
何度かあった惜しいシーンで決まらなかったという残念な点はあるものの、アウェーで上位の鹿島相手に勝ち点1,上等!
(とはいえ、勝てる試合だったという思いも残りますが。ハンドだってあったし。)
試合後はそう思ってました。

過去の鹿島戦では、前半は結構コンサもできることがあって、惜しいシーンもあって、いけるかも?と思わせながらも、鹿島は落ち着いたもので、後半はさすがと思われる試合運びで少ないチャンスをしっかり決められ、あー敗戦、というパターンだったように思います。

今日の試合も前半は、過去そうだったように、割とコンサのペースでチャンスも作れてました。
(決まってればねえ!!)

後半は、鹿島はやはり修正してきて、相手の攻撃のチャンスも増えてきました。
危ないシーンも。
負けるな~!
が、それでも、コンサは苦しみながらも、しっかり自分たちのサッカーを貫いているし、落ち着いている、味方のカバーもしっかり。

素晴らしい・・。
正直、キャンプからこの時期までで、ここまでできるとは思ってませんでした。
(ごめんなさい!!)

そういう思いがあるので、今日は、勝ち点2を失ったというより勝ち点1とれたことに満足してしまいましたが、終わった後のインタビューを受けたミシャさんは、鹿島であろうと関係ない、勝てる試合だったと信じていたのだとわかりました。
うん、そうだよな、コンサは進化中、今までのコンサとは違うんだ。
ミシャさんを見て思い直しました。

やっぱ、今日の試合は勝ち点3に値する試合でした!と訂正。

posted by じゅうよっつ |21:46 | コンサ |

2018年03月27日

トゲ

昔から、若者というのは、大人なんて汚い、とか、大人は判ってくれない(小説のタイトルみたいですが)と、大人や世間に純粋な心をぶつけて悩み苦しむ、というのが定番でしたが、今の若者ってどうなんでしょう?

実際にあまり付き合いがないのでわからないのですが、今の若者は優しそうで、物分りも良さそうで、どうなんでしょう?
やっぱりそうやってちゃんと反発(暴力とか犯罪に走ることじゃないですよ)してくれてるのかしら?

近頃やっと、今の日本の政治というのは、正しいことをするものじゃなくて、多数の人が望むものを行うものなのだとわかりました。
正義じゃなくていい、間違っていても、多くが求めればそれが通るのが政治の世界なのだ、と失望感満載。
あるいは、自分の身を守るためには、相手を傷つけようが、どんなことをしてでも押し通せば大丈夫。
それでいいのか?って思いますけど。

そういう風潮って、すぐに、世間に浸透していきます。

そういうのばかりを見ていて、果たして大人の背中を見て、今の若者はどう感じているのかしらと思うんです。
身の回りに尊敬できる大人っているのでしょうか、いて欲しいな。

今日の大きなニュースは、国会での国民を小馬鹿にしたような証人喚問とそれを良しとする政治家たち、沖縄を何度も訪問される天皇皇后両陛下でした。

見ている人も巻き込む勢いで自分や人の心にどんどんトゲを作っていく方々と、トゲを1本ずつ丁寧に抜いて行かれる方々。

posted by じゅうよっつ |19:31 | 考えごと |

2018年03月18日

勝ち点取り戻した~!

いやいや、1点とって喜び、でも1点じゃ危ない、もう1点、と思ってみていると失点。
ああ、勝ち点3が逃げていく・・・と脱力すると、なんと!勝ち点2,取り戻したではないですか~!

前半入りは良かったのに、それからずっと長崎に押され気味。
自信をなくしているのか、攻撃でもコンサは、すごく単調な運び、得点の匂いがしませんでした。
たのみのジェイ選手も、しっかり長崎の選手にマークされてて、PA外からはいったボールを得点するのはかなり難しそう。
長崎は高木監督のもと、がっつりコンサのスカウティングがなされている感じでした。

しかし、後半は、勢いがでてきました。
ミシャさんがよほどいい言葉をかけたのか!?
前半おとなしめだったチャナティップ選手も、後半から実力発揮で、ほんとに見事なバランス!
相手にあたっても転ばず、そこから出たボールを、ジェイ選手が得点!

でも、相変わらず守るのも攻めるのもはやい長崎相手で、そのままでいくはずはない。
守備は相変わらず危なげですし。
だいたい、危ないときまで自陣内でボールつなぐ必要あるのか?と、ハラハラさせられます。
どうも今季、失点の仕方が心配。

ただ、攻撃は、チャナティップ選手がねばって動けるようになったし、兵働選手や都倉選手が入って、バリエーションを作ってくれてました。
前半は真ん中までしかボールが運べなかったのに、自分たちのやりたいところにボールがずっと運べるようになって、チーム全体がいきいきしてきました。

しかし今季2点目のチャナティップ選手は、どちらもヘディングとは!
こういう意外性のあるプレーが得点につながるということを物語っているような感じです。

ともあれ、ようこそ!勝ち点3。

posted by じゅうよっつ |15:59 | コンサ |

2018年03月14日

危なげだ

今日のルヴァンカップ磐田戦は、前回のリーグ戦とは反対に、交代選手が効いたように見えました。

ただ、それまでの守備が・・・。
ボールが、自分のところに飛んでくる→同じ位置にいたままで、ボールを一度もってそれを蹴る、という時間とスペースのロスのせいでしょうか、すぐに相手選手のプレスにあい、ボールを奪われるのが、今季の特徴のつなぐサッカーのために、自陣深くのことが多くて、見ていて、危なげで危なげで。

攻撃は、残念ながら決まらなかった(都倉選手の”らしい”のが久々みられたのはよかった!)ですが、形は何度もみえてました。

最後はかなりコンサペースでしたけど、1つくらい決まってればなあ・・・。

posted by じゅうよっつ |23:23 | コンサ |

2018年03月10日

BSは勉強になった

まるで練習をみているようにいいクロスが上がって、ジェイ選手が、いいところにヘディングで決めて!
相手にボールを持たさず、果敢に攻めて!
そういうミシャサッカーを見せて良かったのは、前半の途中まででしょうか。

疲れがでてからのコンサは、チームが機能しなくなったのが、もうはっきり、はたから見てわかりました。
交代で変わった選手がそれを補えてないのが、さらに痛手を深めているような。
コミュニケーションが取れてないのでしょうか、それぞれがばらばらにプレーしているように見えました。

逆に、2点リードの清水は、調子に乗って、うちの攻撃の芽をさっさと摘んでいく。
(ジェイ選手の得点の後にあったうちのフリーのチャンスがきまっていれば、あるいは、波は変わっていたかもしれません、と、たらればもちょっと言いたいところ・・)

1失点目は相手・清水の選手の旨さが競り勝ちましたが、今季、失点するときは、ほんとにパカっと空いてしまっている感じで失点しますよねえ。
あれがなんとももったいない感じ!
もっとなにかできそうな気がするんですよねえ。

今日の清水戦は、BSでの放送でしたが、解説や実況の方のお話に、なるほどおと頷かせれることがたくさんでした。
やっぱり、画も中身も、ダゾーンとは質が違いますね。

posted by じゅうよっつ |21:28 | コンサ |