スポンサーリンク

2018年07月18日

1点返せたのはよかったけど

1つ順位が上の川崎戦、ながいインターバルのあいだ、コンサはきついトレーニングを行なったという話で、どういう試合になるだろうと、楽しみでした。

しかし、J1で常に上位にいる川崎と、今季好調とはいえ昨季にJ1残留を決めたばかりのコンサでは、やはり実力が違ってた印象でした。

ただ、実力は下でも勝つことがあるのがサッカー。
でも、それには、気持ちや運動量で上回ることや、諦めない気持ちや、冷静さや、意外性でどれだけ驚異を与えることができるかとか、いろんな要素が必要になると思うのですが、はたして、そのうちどれくらいができていたかという思いが残りました。

後半は少し良くなりましたが、今日はちょっと単調過ぎたでしょうか。
前からの守備もあまり見られず、後ろの守備も、後手に回ってた感じ。
攻撃もあまり息があってなかった。
せめてもう少し緩急のあるプレーがあれば、可能性が見えたかも。

ただいま、内地は終わりの見えない猛暑の真っ最中です。
夜の7時で30度をこすところもけっこうあると思います。
今日のコンサの運動量でも十分足りていたとは思えないですが、アウェーではもっと厳しくなりそうなのは、ちょっと心配。

posted by じゅうよっつ |21:02 | コンサ |

2018年07月09日

未曾有の災害とマスコミ

カンニング竹山、首都圏マスコミは「他人事みたい」 豪雨被害で「報道特番ないんだ...」という記事を読んで、まったく同感。

日本は一極集中しすぎなんですよね。
被災地ではまだまだこれからなときに、東京で起こればどうだとか、そういうのは、ローカルでやってほしいと思います。
被災地で頑張らざるを得ないで働いておられる方々は、そういう言葉にひどく傷つきます。
そうか、うちはもうどうでもいいのか、と。
そして、実際、被災地以外の人の気持ちはそういうふうに変わっていってしまうことも恐ろしい。

3.11のとき、原発関係の記者会見に参加する機会がありましたが、あの時、「東京は大丈夫でしょうか?」と質問した記者さんをいまだ忘れられません。
会見場は福島、事故が起こったのも福島で、一番に助けが必要なのも福島。
東京さえ良ければいいの?

あのころ、福島のあちこちで放射線の説明をしてくださってた先生が、ある全国版のTV番組で、どなたかの質問に「困っているのは福島なんですよ」と答えた時、スタジオにはちょっとムカッとした雰囲気が漂ったのを覚えてますが(あの頃いろんな専門家がテレビにでてましたが、それ以降、その先生の出演はなくなった)、私は、福島のことを第一に考えてくれてる人がいて、冷静に状況を説明してくれる人がいて、ありがたかった。

昼のワイドショーの、ミヤネ屋さんが、オウム関連の死刑執行の日が今回の大雨被害からもう少しずれていれば、という話をして批判されたようですけど、あれも私は同感でした。
刑の執行と災害が重なったのは、偶然でしょうからどうしようもないことですが、気持ちとしては、1分でも1秒でも多く早く被災の情報を得たい、というのが被災地や、被災地を心配する人たちの求めるものだったと思います。

”被災地復興”というありがたい看板を掲げている東京オリンピックの、どうのこうのとか楽しいニュースは、どうぞローカルでやってください。
ましてや、そんなときにエンタメなんてやってる気はしれません。

posted by じゅうよっつ |20:34 | 考えごと |

2018年06月05日

まるで時代劇みたいだ

飽きやすい私には、もういいというほど連日報じられているアメフトの問題は、連盟がすっぱり切って、それがよかったのかどうかは別にして、気持ち的にはスッキリ感があります。
でも、政治の世界は、そうも行かないようです。

この頃の政界をみていると、時代劇を見ているような錯覚に陥ります。

よく、悪い方の大親分やお代官は、子分らを使って庶民を痛めつけ、目の上のたんこぶの正義の親分や敵に回りそうな小市民をなんとか排除しようと、あれこれ手を使います。
しかも、自分に尽くしてくれた子分でさえ、最後に詰め寄られて自分の身が危なくなると、切り捨ててしまう。

ただ、時代劇では水戸黄門なり、大岡越前なり、正義の味方が出てきて最後は小気味よくスパッと解決、悪ははびこらないのだ~!となるわけですが、今の世の中、言い訳の上手い人や弁の達人に利があるだけで、ちっともそうはならないようで・・。

posted by じゅうよっつ |19:20 | 世間 |

2018年05月21日

よく似ている

日大アメフト部の監督のインタビューを見ましたが、コメントを差し控えるとか、調査してからとか、なんか、どこかで聞いたことあるなーと。

近頃の政治家の答弁によく似てたのでした。
政治家の言うことって、どうも風潮になるような気がします。
あれだけ毎日、ニュースやなんかで見てるんですから、当然かもですが。
もちろん、世の中誠実な人間のほうが沢山いるんですけど、押されてしまう。

日大の監督の辛いところは、口の達者な、カバーする人間が周囲にいないことでしょうか。

posted by じゅうよっつ |19:52 | 世間 |

2018年05月20日

2人減ってからのほうが面白かったのはどういうこと?

いつまでも負け無し記録が続くとは思ってなかったですけど、いつも、いい試合をしてくれればいいなとは願っています。
今回はどんなコンサを見せてくれるだろうというのは、今季の楽しみなところ。

ただ、今日は立ち上がりから、まずかった。
球際がより積極的だったのは相手の神戸。
コンサは後手。
あちこちで工夫するプレーはみられても、それがパスやクロスをだした味方にも通じてないのがコンサ。
神戸は面白いようにボールが攻撃まで運べる。

ちょっと意地悪い言い方すると、やっと目が覚めたかなと感じたのは、2人少なくなってからでした。
(でも、宮澤選手の2枚めのイエローは違いましたけどね、あきらかに!)

これからは防戦一方になるかな、と思いきや、少ないチャンスを見出しては積極的に攻撃!
惜しいシュートも出てきて、コンサらしい試合ができたのも、2人減ってからだったというのは、皮肉でした。
(惜しいシュートといえば、退場前、後半替わったジェイ選手のヘディングが入ってると、ちょとは流れが変わったかもですが・・まあそれは詮無いこと。)

言えることは、まだミシャサッカーは始まって数ヶ月ということ。
11戦負け無しのほうが、出来過ぎだったということ。
それを思えば、これからやること、やれることはたくさんあるはずだから、コンサはまだまだ!
現実をみつめて進むだけ。

posted by じゅうよっつ |21:57 | コンサ |

2018年05月13日

勝ち点とれてよかった

今日は、順位が1つ上のFC東京との試合でしたが、0対0、勝ち点1獲得はできうる限りの最高点だったんじゃないでしょうか。

果たして、ほんとうに、コンサは今の順位で妥当なのか、サポとして疑うべきところでは決してないんですが、でも、今までのコンササポとしての経験がどうしても邪魔してしまいます。
なので、上位のチームと戦って、コンサがどういうプレーを見せてくれるか、というのは注目でした。

その中で、前半は、FC東京と互角に戦えてたと思います。
惜しいシュートもあったし・・・(ジェイ選手の、決めてほしかったなあ!)。
結構、ハラハラはしてましたが。

後半、今季のコンサは、結構良くなることが多いですが、今日に限っては、やや押されぎみになってきた印象でした。
パスは、FCのほうはよくつながってましたけど、コンサは、かなりFCにインターセプトされてました。
クリアボールが自分たちのボールにできないどころか相手に行ってしまうこと多々。
雨のせいもあるかもですが、これは、相手も同じ条件ですもんね・・。
やはりそのへんが、1つですけど、順位のちがいでしょうか。

posted by じゅうよっつ |21:36 | コンサ |

2018年05月09日

シュート打たせすぎ!

ルヴァンカップ甲府戦、コンサの繋がりが悪いなあ、それに比べて甲府は気持ちよくサッカーしてるなあ、とは感じてましたが、甲府のシュート数が22本って!
シュート20本以上なんて初めてみました。
いかに今日の試合でコンサが苦戦を強いられてたか、ですね。

コンサは、惜しいシュートもありましたけど、前のジュリーニョ選手やヘイス選手まで、なかなかボールが行かないんですもん。
せいぜい真ん中あたりまでしかボールが進まない。
そこで甲府に取られて、そのまま攻撃される、というパターンが、特に前半多かったです。
前にボールが運ばれても、アイディアが足りてなさそう。

若い選手に交替になってからも、危ない場面はありましたが、でも、思い切りの良さがなんか気持ちよかったです。

リーグ戦が予想以上に好調ななか、ルヴァンカップまで勝て!なんてのは欲張りすぎですけど、でも、まだ1年も経ってないとはいえ、ミシャサッカーの浸透の仕方の差がこれだけあるというのは、ちょっと心配でもあります。
でも、まだ今期始まって数ヶ月ですから、早計すぎるのかも。

いや、リーグ戦のほうが予想よりうまく行き過ぎてるんだ。
早計ですよね、きっと。

posted by じゅうよっつ |22:17 | コンサ |

2018年05月05日

値千金の2点目

前半、うちのペースで進んで、深井選手の先制点!
今日の相手のガンバ大阪は、今季こそ下位にいますけど、パスはつながるし技術的にもうまい選手が多そうで、それでも、うちがずっとペースを握っているのは、ちょっと不思議にも思いましたが、後半は、180度変わってガンバのペース。

解説の吉原さんの話でわかりました。
そうか、厚別の風に苦しんでいたんですね。

でも、その苦しんで、いつガンバに追いつかれるかとハラハラしていたところで、都倉選手の2点目!
あれは、大きかったですね!
もちろん、苦しい時間帯をくーさんはじめ、全員でよく耐えたのも大きかった!

あの得点を境にそれまでの、ぎりぎりクリアに逃げることの多かった試合運びが、目に見えて元気になりました。

しかし、前回の劣勢の中の勝ちといい、今回の苦しい、いつ失点してもおかしくない状況を抑えて得点にまで運べたことといい、なんか怖い、というのも正直なところですが。
いや、こんな”怖い”なら歓迎ではありますが!

posted by じゅうよっつ |21:59 | コンサ |

2018年05月02日

よく勝ったなあ!

よく勝てたなあ・・・。
もう、ジュリーニョさまさまって感じで。

ジュリーニョ選手が入ったのは、後半もだいぶ過ぎてからでしたが、彼が入って、攻撃のスパイスができた感じがしました。
前でボールが取れるようになると、セカンドボールもとれるようになり、コンサのボールが回るようになって、すっかりチームが様変わり。

一方、今日の相手のサガン鳥栖は、特に前半はどうみても、コンサの優位にたって試合を進めてました。
疲れから、コンサは動きが悪く、ことごとく、相手のプレッシャーには負けるし、セカンドボールも取れませんでした。
多分、鳥栖からみれば、今日は自分たちのサッカーができていると感じてたんじゃないかと思います。

コンサは、後半はじめに失点。
あまりいい失点の仕方じゃなかったですし(失点にいいも悪いもないでしょうけど)、後半は、少しうちも良くなりましたが、それでも鳥栖からいつ追加点を取られるかハラハラでした。

そこでジュリーニョ選手!
生き返りました。

しかし、それでもよく勝てたなあ、今日の試合。
この頃ずっと負けないコンサと、負けが続いた鳥栖の気持ちの違いも大きく影響したのでしょうね。

posted by じゅうよっつ |21:56 | コンサ |

2018年05月01日

サッカーファンはMかも?

「サッカーファンは幸せになれない」という研究結果が発表されるという記事がありました。
(ただしくは旦那に教えてもらった)

サッカーファンの人生とは、苦しみの多い人生だったんですね。

でもそれで、応援をやめられるかって言うと、やめられない。

もしかして、苦行に耐えて、悟りを開くつもりか?
いや、自分を振り返るかぎりは、それはなさそうな・‥。

やはり記事に書いているように、中毒なのでしょうか。

あるいは表題のような・・・?

posted by じゅうよっつ |20:14 | サッカー |