スポンサーリンク

2017年03月05日

マリノスサポにとって河合は特別な存在なのだということを再認識した夜

1488706493-20170304nippatsu01.jpg

ニッパツ三ツ沢球技場で横浜Fマリノス戦を観てきました。
僕個人の今シーズンが開幕しました。

2月半ばすぎにひいた風邪が長引くなか、チケット購入を迷っているうちに選択肢がなくなってしまい、SS席で観戦しましたが、ビジター寄りの席だったため、コンササポ率がかなり高かった模様。

結果はご存知の通り0-3での敗戦。

選手も語っているようですが、後半の入りがユルかったですね。


さて、試合に敗れてしまったので、この日の個人的な最大の関心はマリノスサポと河合の交流に移りました。

2012年、日産スタジアムではマリノスサポの河合コールに応えて、河合がマリノスのサポ席に挨拶をしたのですが、この日はどうなるのかなと思いながら、スタジアムに残りました。

試合後、選手インタビュー、マリノス選手の場内一周、選手表彰とかがあり、かなり長い時間が経過。さすがにこの日の河合の再登場はないかと思っていたところ、マリノスサポから河合コール、続いて河合の応援チャントが。そして、これが5分以上は続いたでしょうか?

そして、チャントまだ続けるの? と思った頃、河合がピッチに出てきました。

5年前はゴール裏までは行かなかったような記憶があるのですが(記憶違いかも)、今回はゴール裏まで行って挨拶し、メインスタンド前でもゆっくりと手を振りながら、コンサの控室の方に戻っていきました。

マリノスサポにとって河合は特別な存在なのだということを再認識させられた一コマでした。


posted by オフ |18:32 | コンサ | コメント(0) |