スポンサーリンク

2017年06月25日

何としても柏から勝利をもぎ取って

リーグ戦首位の柏との試合です。
札幌は5連敗と、全く波に乗れていません。
その上、FKやCKのキッカーである福森の出場停止もあり、厳しい試合展開が予想されます。

5連敗中は、特に都倉のゴールが出ていません。
その上5試合で取った得点は、神戸戦でのジュリーニョの1点だけ。
そのジュリーニョは練習中のケガで、今日は出場できません。

金園が先発のようですが、なかなか移籍後初ゴールが生まれていません。
そろそろ決めて欲しいものです。
都倉以外の選手が決めなければ、都倉が自由にプレーできる可能性が下がってしまい、益々得点チャンスが減ってしまいます。

守備では15試合を終了して、無失点に終わったのは僅か1試合です。
無失点の試合を増やしていかなければ、勝ち点の積み上げは難しいです。

荒野をアンカーの位置に置くようになってから、ボールを上手く回せるようになっているので、そこからの組み立てで先ずは先制点を挙げること。
もちろん失点は0で、試合を終えることが大事です。

下位の3チームは札幌が5連敗中も、なかなか勝ち点を積み上げることができず、順位は15位を維持してきましたが、16位の大宮とは勝ち点差1までに迫られています。
お尻に火が付いた状況ですので、絶対勝ち点3を目指してしかり戦ってほしい!

柏から勝ち点3をゲットできれば、浮上のきっかけになるはずです。

posted by consa.kazu |09:12 | コメント(0) |

2017年06月24日

90分間走り続ける体力と素早い判断

チャナティップが全体練習に参加し、楽しみな選手だということが報道から分ります。
また、増川が長いリハビリーが終わり全体練習に復帰したという報道があります。
後は試合復帰という完全合流に期待です。

天皇杯では、ヘイスが120分間試合に出場し、2ゴールを上げることができたことっは、敗戦の中でも僅かではありますが明るい話題といえるでしょう!
田中もケガから復帰できていたので、連敗前の戦力に少しは近づけてきているのではないでしょうか?

札幌はリーグ戦5連敗と、今一つ調子が良くありません。
その原因の一つは、都倉のゴールが生まれていないこと。
それは都倉だけの責任ではないと思う。
もっと周りが動いて、都倉がフリーでプレーできる場面を作ることだと思います。

J2の時には、少しくらいのミスは大事にならなかったことも、J1では命取りになるということは、15試合戦ってきて良く分っていると思う。
天皇杯では、90分で決着をつけられなかったことで、延長に入ってからは相手に走り負けしてしまい、3失点を喫してしまった。

リーグ戦では延長はないので、90分間走り続けられる体力を維持することが重要だと思う。
前半良い動きをしていても、後半攻め込まれて負けるのは、体力の持続ができないからなのだと思う。
90分間集中を切らさず、ミスをしない試合運びが重要です。
そしてチャンスが訪れた時に、単調な攻撃では上手く守られてしまいます。
昨日も書いたが、攻撃の工夫が必要となる。
状況に応じた早い判断も、J1では重要になる。
判断が遅れれば、それだけチャンスは減るし、ピンチは拡大する。

まだまだ、J1の中では余裕はないのが今の札幌の状況だと思う。
それは判断が遅いからで、判断を早くできれば余裕が生まれるはずだ。

明日柏と対戦する上で重要なのは、90分間走り続けられる体力と、素早い判断なのだろう!

posted by consa.kazu |07:12 | コメント(0) |

2017年06月23日

工夫が必要

天皇杯2回戦で、いわきFCに敗れた札幌。

四方田監督がインタビューで、「延長まで持ち込めたが終盤パワーが残っていなかった」と言っていた。

先制点は取られるも二度追いついたことは評価できるが、その後リードできなかったことが残念でならない。

点を取るための工夫が無かったと思う。
キックの上手い福森がいながら、CKはほとんどがゴール前の選手への高めのキックだった。
そこは相手GKにほとんど防がれていた。

雨でスリッピーな状況を考えれば、ゴロでマイナスのパスを出して強いシュートを打てば、何かが起こるピッチ状況だったと思う。
それなのに、やみくもにゴール前に高いボールを上げるだけでは、得点を取れる可能性が少なかったと思う。

ゴールを取るためには、工夫が必要だと感じている。

また、「いわき戦で最後にパワーが残っていなかった」ということは、フィジカル強化が必要だということだと思う。
直ぐに柏戦があるが、短期間ではなかなかフィジカル強化は難しいが、シュートのアイディアは色々あると思う。

リーグ戦は5連敗、直ぐ後ろに大宮や広島が近づいてきています。
これ以上負けることは降格圏内に落ちることに繋がる。
何としても、柏戦に勝てるよう工夫してほしい!

posted by consa.kazu |08:12 | コメント(0) |

2017年06月22日

熱い男の活躍に期待!

ジャイアントキリングされちゃいました。
社会人相手に完全に走り負けしてしまった。
主力選手ではないにしろ、走り負けているようではリーグ戦が思いやられる。
攻撃が単調で相手に上手く守られていた。
先制点を取る工夫が足りなかった。
終わったことは忘れて、気持ちを切り替えてリーグ戦に臨もう!

北海道新聞の月一度のコラムです。
先ずは、「J1赤と黒の闘士たち」スポーツライター・斉藤宏則が迫るです。
今回は、MF20金 眠泰23歳です。

大見出しは、「熱い守備 熱い攻撃を」です。

今季から加入の金眠泰は、長身と走力を生かして攻守で活躍する主軸だ。
韓国代表経験もある実力者が移籍を決めた理由はどこにあるのか。

小見出し、「悔しい負傷」
敵地で行われた新潟戦で、相手DFのタックルを右足首に受けて負傷、途中退場した。
その後2試合欠場、その簡易チームは連敗し「スタンドから見ていて、本当に悔しかった」と振り返る。
大学在学中に仙台の練習に参加したが「Jリーグに行きたいという気持ちは、最初はなかった」と言う。
しかし、Jリーグの試合を観戦したことで、「スタジアムの熱気がものすごく、『ここでプレーしてみたい!』と思うようになった」

小見出し、「移籍は運命」
札幌への完全移籍の決めては“熱さ〟だった。
オファー後試合映像を見て、強く心を揺さぶられたという。
「選手全員が、とにかく体を張って熱くプレーしている。ベンチの雰囲気も熱い。サポーターも熱心に応援している。チーム全体が熱に包まれていて、『このチームだ!』と直ぐに思った」
具 聖潤は、リオ五輪で韓国代表の時のチームメイトで、親しい間柄。
昨年末は仙台で、出場機会が得られず、そのタイミングで届いたオファーは、もはや札幌への移籍は運命だったと言えるかもしれない。

小見出し、「世界知った」
本来はMFだが、札幌ではDFの一角としてプレー。
仙台では守備的MFとしてプレーしていたが、持ち前の熱いプレーで相手FWを封じ込め、主軸として活躍する。
もともとは攻撃的ポジションの選手、「守備的ポジションでプレーするようになったのは大学生になってからというから」驚きだ。
高い才能を持った選手であると言わざるを得ない。
リオ五輪に出場し、世界レベルを肌で知った。

「自分は厚くなればなるほど力を出せる。チームメートもサポーターも熱い札幌は、自分にすごく合っている」
「先ずは守備でチームに貢献したい。チャンスがあれば積極的に攻撃参加したい」
自陣深くから一気に敵陣深く駆け上がる。
自陣では熱い守備を、敵陣では熱い攻撃を、ケガから復帰した今、そうしたプレーをより一層、激しく演じてくれそうだ。

1498090627-1488158918057.jpg

「吉原宏太のマンスリーコンサ」です。

見出しは、「荒野『レジスタ』として期待」です。

5連敗中の札幌、次節はリーグ首位の柏が相手となる。
厳しい展開が続くが、7月初めには全チームとの対戦が1巡する。
J1残留ラインを上回る15位を維持したまま2巡目に入ってほしい。

最近の試合で課題と感じるのは「ファーストディフェンダー」の質だ。
J1では相手に時間を与えると、その分だけ攻撃の選択肢を多くしてしまう。
相手のミスを待つのではなく、積極的な守備も見せてほしい。

攻撃面では都倉が4月30日以来、ゴールが遠ざかっている。
前線に出る前から相手の厳しいマークを受けることが多く、ゴール前でもフリーでヘディングできる場面がほとんどない。
相手にかなり研究されているようだ。
一旦相手の視野から消えてゴール前に走りこむなど、位置取りの工夫が必要になってくるだろう。

本来攻撃的MFの荒野が、3ボランチの中で最もDFラインに近いアンカーとして存在感を放っている。
後方からチーム全体の動きを指示するだけでなく、豊富な運動量とボール奪取力を発揮し、自らも積極的に突破する。
こうした選手をイタリアなどでは「レジスタ」と呼ぶ。
荒野が札幌のレジスタとして開花すれば、チームにとって大きな存在になる。

FWヘイスら外国時選手も復活しつつあり、明るい兆しはある。
「タイのメッシ」チャナティップ・ソングラシンが加入する。
彼のキープ力は一級品で、鋭いパスもある。
この選手が加わることで、チーム全体ががらっと変化する可能性がある。
タイからの観光客がコンサドーレの練習や試合を見に訪れ、北海道敢行を盛り上げてくれるかもしれない。

選手たちは自信を失うことなく、後半戦で力を見せてほしい。


金眠泰の熱さは、彼のプレーを見ていて良く分る。
時々熱くなりすぎて、カードをもらってしまうが、そこは冷静にしてくれれば、これからのチームの巻き返しに大きく貢献してくれることは間違いないだろう!

都倉が点を取れていないことが、今のチームの低迷につながっている。
昨日の天皇杯もそうだったが、攻撃の工夫が足りないと思う。
単調な攻撃だけでは、相手は守備に余裕が出てきて、ますます点が取り辛くなる!「

なかなか勝利という結果には繋がってはいないが、荒野がアンカーに入るようになってから、守備が安定してきたように思う。
荒野の守備から如何に攻撃につなげていくかが、今後の課題だといって良いだろう!

けが人が復帰しつつあるので、ベストなメンバーで後半戦のリーグ戦に臨んでほしい!
先ずミスを減らすことだが、そのためには積極的な守備が重要だと思う。


posted by consa.kazu |09:12 | コメント(0) |

2017年06月21日

都倉頼みからの脱却

北海道新聞の「燃えろ!コンサドーレ」平川弘の通信簿の日です。

見出しは、「ゴール前での精彩欠く」です。

予想通り敵地で鹿島に完敗、負けは想定内。
分っていたことだが、チャンピオンとの差は大きい。
5連敗となったが、まだJ1残留圏内の15位。
次節柏戦に敗れて6連敗を喫すると、大宮か広島のどちらか入れ替わり、降格圏内に落ちる可能性が高い。

鹿島戦で感じたのはゴール前でのクオリティーの差である。
ペドロジュニオールは相手にとって頭の痛い存在で、一瞬でマークを外す動きや裏を取るプレーに札幌の選手たちはついていけなかった。
鹿島には、ボール回しにも無駄がなく判断のミスや凡ミスがない。
元札幌の西大伍がその中で、事もなげにプレーしているのがうれしくもあり、悔しくもあった。

ビハインドにもかかわらず都倉を交代させた采配、都倉の出来は悪くなかったが、前半にあった淡白なヘッドを見ると、迷いが少しあるなと感じた。

1498008093-1490144214859.jpg

連敗を脱出するためには刺激が必要で、ポストに嫌われた金園だが、こぼれ球を狙う姿勢が大事で、それを積み上げていくしかない。

評価は「悪い」のDが、金「2点目はマーク離す」、早坂「けっこう裏取られるよね」の2人で、後は「普通」のCで、具「3点とも仕方なし」、河合「くさびはつぶしていた」、福森「FKは絶好の位置」、マセード「前半はひどかったが」、宮澤「3点目のボールロスト」、荒野「1点目のは、ついてって」、兵藤「ヒットせず」、菅「西に完敗」、都倉「好機は2回」、金園「またポスト」、ジュリーニョ「脅威あたえるドリブル」で、小野「採点不可」でした。

鹿島はすべてで、札幌を上回ってはいたが、都倉がゴールを決められないのが、今の連敗の原因。
ただ、都倉頼みから脱却することができなければ、今の状態を脱出することは難しい!

1498008184-1492567582538.jpg

今日は、天皇杯2回戦いわきFC戦です。
普段トップチームでは出場機会の少ない選手の出番です。
相手は社会人チームですが、ジャイアントキリングを狙って死に物狂いで挑んでくるはずです。
勝って当たり前の相手ではありますが、こういう相手が一番戦いづらい相手です。
そんな相手に、容赦ない試合展開ができるかが、今後J1で残留争いをするためには必要となる。
都倉頼みからの脱却につながる試合展開になってほしい!

1498008610-1491792831774.jpg


posted by consa.kazu |10:12 | コメント(0) |

2017年06月20日

数的有利

昨日のスポーツ報知【宏太’Sチェック】です。

見出しは、「練習から高いレベルを頭で描いて」です。

J1リーグ第15節 鹿島戦3―0
3失点して敗れた鹿島戦、全体的に見たら十分に戦えていた。
失点した後もじれずにボールをつなぎながら突破を試み、決してロングボール頼みにはならなかった。
劣勢になっても、チャレンジしなきゃいけない事をやり続けたことは、評価したい。
戦い方は間違っていないのに敗れたのは、個々のレベルの違い。
控えの選手の、状態の上げ方にある。
鹿島は普段、練習試合もJ1のチームとできる。
札幌は大学生や高校生などなので、ケガ明けの選手の状態もなかなか上がって来ない。
鹿島はペドロ・ジュニオールが3試合ぶり先発で2得点するなど、結果を出せる。
自分たちがやって来た事の質や差が出るのは、強い相手と対戦した時。
地理的ハンデは札幌にとって永遠の課題だが、何とか変えていかなければ、ベストな選手が出ないと戦えないチームになってしまう。
もっともっと高いレベルを頭に描いて練習するしかない。
1点目、2点目と同サイドからやられた守備は修正しないといけないし、攻撃陣も質を上げる必要はある。
ただ、鹿島戦の後半のサッカーは自信をもっていい。
下を向くことなく、高い志でやっていけば問題はない。

鹿島戦で、1点目と2点目の失点が同サイドだったことで、他のチームに弱点をさらしたことになる。
この点は、早急に修正しなければいけない。
また、カウンターの時に前を走っている選手を追いかける選手がいない。
カウンターを仕掛けた選手が、個の力で点を取りに行かなければならなく、数的有利をなかなか作れていない。
逆サイドに並走して走る選手がいなければ、相手はシュートコースを予測でき、上手く守られてしまう。
並走して走る選手がいれば、守備側はそちらの選手の動きも気にするため、攻撃の選択肢が増えるしコースも空く。
強いチームは、攻撃の時に常に数的有利な場面を作ろうとする。

攻守の切り替えを頭に入れた試合運びをする必要がある。

posted by consakaz |07:12 | コメント(0) |

2017年06月19日

やっぱり勝たないとね!

札幌は、リーグ戦では5月6日にホームで大宮に完封勝利ご、ルヴァン杯を含め7試合を戦ってリーグ戦は5連敗、ルヴァン杯は1勝1敗となっている。

勝ったのは5月31日ルヴァン杯柏戦を2-1で勝利しただけである。
この試合も完封はできていない。
7試合全て失点しているのだ。
これではなかなか勝ち点3をゲットするのは難しい!

チームの対戦成績は、勝ち点や順位に影響しているのは確かだが、私が毎日書いているこのブログでも、アクセス数に影響が出ているのが分る。

日々のアクセス数は、500~600件だったのが最近は多くて400代、少ない時には200代である。
私のブログでは、ほとんど読まれる方が知っている内容ということがあるので、少なくても当たり前なのでが、そうでなく人気のある方のブログのアクセス数を週ごとに比較してみても、チームの勝ち負けが影響していると思われる結果になっている。

週間アクセス数は、火曜日から月曜日までの間で集計されている。
5/2~8の間のアクセス数より9~15の間、5/16~22の間、5/23~29の間のアクセス数は、徐々に下がっている。
しかし、5/30~6/5までのアクセス数は上がっている。
この理由と思われるのが、5/31にルバン杯で柏に勝利したので、アクセス数にも勝利が反映したのだと思われる。
その後、神戸戦で4連敗を喫したことで、6/6~12の間のアクセス数も下がった。
17日に鹿島に負けたことで、日々のアクセス数は下がっているので、6/13~19までの間のアクセス数もきっと下がってくると思う。

チームが勝利すれば、ブログのアクセス数は上がるが、負ければ下がる。
連敗が続けば、下がり幅は大きくなる。

今のアクセス数は、シーズンオフの時と比べても、かなり少ないように思う。
チームが勝たなければ、ブログを読む人も少なくなるということである。
ブログを読む人が少なくなるということは、ホームゲームでの観客数にも影響してくると思う。

21日に行われるのは社会人チームが相手の天皇杯ではあるが、正直相手は捨て身で挑んでくると思うので、ここはJ1のチームだと言うことをはっきり示せる結果を残さなければいけない。

その後25日のアウェイ柏にも勝てれば、7/1のホーム清水戦での観客数は期待できるが、万が一柏戦で負けることがあると、リーグ戦6連敗を喫することにもなり、如いては降格圏内に落ちることにもなる。

柏戦に勝てれば、再びチームに勢いが付くことも確かである。
ここで踏ん張るためにも、柏戦とその前の天皇杯で勝利することが重要である。

posted by consa.kazu |10:12 | コメント(1) |

2017年06月18日

どんな形でも!

鬼門のアウェイ鹿島戦を、0-3で敗れ5連敗を喫した。

前半早々に守備の人数が足りていたのに、先制された。
15分にも同じ形で失点してしまった。
前半の15分で試合が決まってしまった。
30分にはカウンターで失点してしまい、全てにおいて鹿島に完敗であった!

後半巻き返しを図ろうと、前半よりは攻撃的に試合を進めて、何とか点を取ろうと攻めてはいたが、ゴールは遠かった。
5連敗中の札幌の得点は神戸戦での1点だけで、失点は9点もしている。

失点した時間と形は悪い。
相手選手のマークが外れたり、ボールを奪いに行くときの寄せが甘い。
それが、3失点につながったのだと思う!

幸い、下位チームが勝っていなかったので、何とか15位に留まっている。
しかし、直ぐそこまで16位のチームが差を縮めてきている。

鹿島戦で浮かび上がった課題の全てを、しっかり修正して次の柏戦に臨んでほしい!
鹿島戦以外で負けた試合でも、決して悪い試合をしていなくても、勝たなければ意味がない。

もう、良い試合をしているというだけでは、J1残留はできない!
今は、どんな形でも良いので勝ち点がほしい!
次こそ連敗を脱出して欲しい!

posted by consa.kazu |08:12 | コメント(0) |

2017年06月17日

進化を見せてやれ!

札幌は今日アウェイカシマスタジアムで、鹿島と対戦する。

これまでの両リームのデーターがネットにあったので、ここに載せておきます。

正直、札幌にとっては敵地での鹿島戦は、鬼門と言って良い状況です。
データーどおりになるのであれば、何も敵地で試合をする必要はありません。
でも、何が起こるかわからないのがサッカーの醍醐味の一つだと思います。

今日も熱い札幌のサポーターが、カシマスタジアムに足を運んでスタンドから大声援で、選手の背中を押してくれることだと思います。
サポーターの声が、選手の背中を押していることは、間違いなくあると思う。
苦しくて足が止まった時でも、サポーターの声援で動くことができたと、選手たちは口々に言います。

また、カシマスタジアムに行けないサポーターも、DAZNなどの映像を観ながら声援と念を送っていることでしょう。
私も、今日はDAZNを観ながら、しっかり念を送りたいと思います。

相手に主導権を握られて、劣勢になることが90分の中では数多くあることと思いますが、きっと選手たちは少ないチャンスの中で、サポーターの声援に応えてくれるはずです。

今の札幌は、進化しているということを見せ付けてほしい!

1497650810-1493595108411.jpg

1497650905-1494206083299.jpg

1497650971-1492925359679.jpg


posted by consa.kazu |07:12 | コメント(0) |

2017年06月16日

快進撃期待!

W杯アジア最終予選によるリーグ戦中断後の最初試合が、明日アウェイで鹿島との戦いで再開する。

中断前にリーグ戦4連敗していて、これ以上の連敗はJ1に残留するためには、黄色信号が点りかねないからである。

この中断期間の内に、連敗の原因の分析と課題の克服はできただろうか?

けが人も徐々に戻ってきているようなので、ベストな布陣で臨んでほしい!

そして都倉がゴールから遠ざかっているが、彼が得点を重ねなければ勝ち点3をゲットすることは難しい!
ただ、都倉が得点できるようにするためには、他の選手の動きも重要だ!

1497567407-1492567969445.jpg

あと、四方田監督の選手交代が、この連敗中は遅かったように思う。
特に内村を出すタイミングが、かなり遅いように思う。
その理由は、内村の状態が完全でないからなのだろうか?
そうだとすればこの中断期間の内に、内村の状態が上がっていることを願いたい!

1497567380-1492567936268.jpg

再開後の快進撃を期待したい!


posted by consa.kazu |08:12 | コメント(0) |

2017年06月15日

前線から守備を厳しく!

リーグ戦4連敗中の札幌、カシマスタジアムでの鹿島との対戦は分が悪い。
前節神戸に先制するも、前半と後半共に終了間際に失点して、ホームでも2連敗を喫した。

油断があるわけではないと思うが、試合が進んでいくと共に足が止まってしまっているのではないだろうか?
また、都倉のゴールがこの連敗中を含め5試合ない。
都倉の調子が落ちてきていることの表れだろうか?

都倉が調子が出ていない理由の一つだと思うのだが、前線での守備が試合を重ねていく内に効かなくなってきている。
前線での守備が上手く行かなければ、中盤やDFラインでの守備が厳しくなる。
守備の機会が増えると、終盤に体力の消耗が激しくなり、守備が持ちこたえられなくなる。

守備に長い時間を割かなければならなくなれば、攻撃に転じたときに余裕を失い、攻撃の起点としてのパスの精度が落ち、良いパスを前線に出せない。

また、自陣での守備が多くなると、カウンターを仕掛けるにも、相手ゴールまでの距離が長くなり、走る距離が増え体力の消耗が激しくなり、シュートの精度も落ちる。

良く言われる「DFが下がり過ぎる」と、前線とDFとの間が開き過ぎて、相手がパスの方向を予測できるようになり、守られてしまう。
先ずは失点しないためには、前線とDFとの間を狭くして、前線とDFラインの距離をコンパクトにし、全員、特に前線からの守備を厳しくして、自陣にボールを放り込まれないようにしなければいけない!

前線での守備は、都倉自身の守備の負担を軽減でき、失点のリスクが減り攻撃による得点機会が増える。
都倉の守備の負担が減れば、それだけシュートに余裕が生まれるはずだ!

1497481230-1490144214859.jpg

シュートカウンターが、勝敗を左右することがこの先きっとあるはずだ!


posted by consa.kazu |08:12 | コメント(0) |

2017年06月14日

W杯アジア最終予選とその中断期間

昨夜の日本代表イラク戦は、猛暑の中での戦いで、かなり日本代表選手には過酷な戦いだったと思う。
そんな中で、早い時間に先制点が取れたのは良かったのだが、後半自陣ゴール前のエリア内で縺れたところ、GKとDFのお見合いで失点し1-1で終わった。
あの場面で、吉田がセイフティーにクリアしておけば問題なかったシーンだ。

最低限の勝ち点1を獲得して、残り2戦で1勝できれば良いのだが、対戦相手は3位のオーストラリアとホームで、2位のサウジアラビアとはアウェイでの試合となる。
オーストラリアとはアウェイで1-1での引き分けだったので、これまでの対戦成績を考えると楽な戦いではない。
サウジアラビアとはホームで2-1で勝利しているも、次はアウェイなので昨日のイラク戦のような厳しい条件のもとでの戦いを強いられるだろう!
気候条件などを考えると、次のオーストラリア戦で勝利する必要があると思う。

さて、北海道新聞の「燃えろ!コンサドーレ」平川弘の通信簿の日です。

見出しは、「J1残留 ヘイスが鍵」です。

W杯予選のためJ1は、しばしのインタバル。
国内組からは昌子源(鹿島)、山口蛍(C大阪)、今野泰幸(G大阪)らが先発の可能性があったが。
これらの選手と対戦している札幌の選手たちにとっても、代表は身近なものになってきているはず。
日本代表を目指すためには、J1にいた方が当然有利である。
北海道のサッカー少年に夢を与えるためには、札幌から現役代表選手を輩出することで、札幌はJ1に定着しなければならない。

リーグ戦は、14試合で札幌は3勝3分8敗、勝ち点12で15位。
J1残留の法則は試合数と同数の勝ち点を挙げること。
札幌は勝ち点は2点足りない。
4連敗を喫し現在は借金状態。
リーグ戦前半で残留ペースに戻すには、残りの鹿島、柏、清水の3試合で勝ち点5をゲットしなければならなく、1勝2分がその条件である。
清水から勝ち点3をゲットしても、鹿島と柏から勝ち点をゲットするのは難しいミッションだろう。

膝のケガが癒えたヘイスが、やっと全体練習に合流した。
私の彼に対する印象、評価は悪いが、ヘイスが力を力を発揮してくれないと今の得点力、決定力ではJ1残留は難しいと思う。
コンディションを上げるのに時間がかかるタイプなので、実戦で使えるようなるにはまだまだ我慢が必要だろう。

1497396812-1465860788386.jpg


コンサドーレはリーグ戦で、ここまで4連敗と調子を落としている。
連敗中の4試合で取った得点は僅か1点である。
やはり都倉のゴールが生まれていないのが、勝てない原因の一つなのは間違いない!

1497397469-1492567969445.jpg

鹿島との対戦は分が悪いが、シーズン当初のようにそれまで勝てていなかった相手に対しても、勝ち点を挙げることができていた。

今回の中断期間の内にコンディションを上げて、チーム状態を良い方向に導いていけただろうか?
その結論は今週末の鹿島戦で、現れる。
チームとしてはケガ人も多く、思ったような戦い方や選手起用ができていない。
この中断期間が、悪い流れを断ち切る良いきっかけになってほしい!


posted by consa.kazu |08:12 | コメント(0) |

2017年06月13日

イラン戦は絶対に負けられない!

今日の日本時間午後9時より、アウェイ(中立国にイラン)でイラクと日本代表は、アジア最終予選を戦う。
イラクとは昨年10月にホーム埼玉スタジアムで2-1で勝利している。

日本代表は7試合を終えて、勝ち点16で首位に立っている。
2位と3位のサウジアラビアとオーストラリアは、共に8試合終えて勝ち点16で日本との勝ち点差は0である。

日本代表は、今日引き分け以上で2位以下に勝ち点差をつけて、首位を確実なものにできる。
日本代表が残り試合で対戦するのは、2位のサウジアラビアと3位のオーストラリアなので、どちらかに勝利すれば、勝ち点20以上になり2位以内が確定する。

しかし、イラン戦負けると勝ち点は16のままで、1位から3位までが同じ勝ち点になる。
日本代表が残り試合を1勝1敗になると、サウジアラビアかオーストラリアが2勝する可能性があり、そうなると日本が勝利した相手との得失点差などで、最終予選突破が難しくなる可能性がある。

今日のイラン戦からの残り試合を3連勝すれば1位通過が確定するが、万が一イランに負けることがあれば、残り2試合で1勝1分以上が必要になる。

サウジアラビアとの最初の対戦はホームで2-1で勝利している。
オーストラリアとはアウェイで1-1で引き分けている。

残りの2戦は、日本が戦う上では厳しい状況が予想されるので、今日のイラン戦は「絶対に負けられない」。

アジア最終予選を勝ち抜くことは、とても厳しい状況である。
今日のイラン戦は絶対に負けられないのだ!

香川のケガで、メンバー先行に苦労するだろうが、先日のシリア戦の後半のような試合が出来れば、イラクに勝てないわけはないと思う。
万が一があるとすれば、シリア戦で失点したときのような、気の抜けた状態である。
気を抜かないよう、90分間集中して戦ってほしい!

posted by consa.kazu |09:12 | コメント(1) |

2017年06月12日

ラッキー

エスポのファン感で当たったFリーグ開幕戦ツアーで、土曜日から昨日にかけて東京に行ってきました!
土曜日の朝は札幌は雨が降っていて、肌寒いくらいでした。
しかし、到着した東京は今年一番の厚さでした!

早めに原宿駅に着いたので、木が沢山生えていたので日陰になると思い、開場前に明治神宮へ参拝に行きました。

この日暑いには暑かったのですが、日陰で風が吹いているところと、車内や室内の冷房の効いているところでは、それほどではなかった。

試合は、13:30から今シーズ最初のFリーグ開幕戦で、エスポラーダ北海道対シュライカー大阪戦です。

1497225796-1497216041136.jpg

1497225830-1497216051762.jpg

試合は、3-4でエスポラーダ北海道は2017/2018のシーズン最初の試合を勝利で飾ることができなかった。
早い時間に3失点してから、1点差に詰め寄ることができたのは、今後に期待したい!

試合終了後は、東京駅まで移動しはとバスのツアーに参加し、東京ドームホテルで早めの夕食バイキング、そして初の東京スカイツリー展望回廊に上がって、スカイツリーからの夜景を見ました。

1497226306-1497216028662.jpg

関東地方は既に梅雨に入っていたのですが、この日の天気は晴れていたので、綺麗な夜景を見ることができました。

その後、はとバス観光の終点まで行き、ホテルに9:30頃予定通りチェックインして、就寝。
翌日は、8:00過ぎにチェックアウトし地下鉄で浅草に行き浅草寺へ参拝し、少し散策しました。

1497226684-1497215936553.jpg

浅草散策後は、スカイツリー(ソラマチ)へ行こうと歩くことになりました。

1497227001-1497215928259.jpg

30分くらいで到着、一休みしてから帰りの飛行機の出発時間まで、かなり時間があったのだが早い時間に変更できるかもと、羽田空港に向かいました。
しかし、空港に着いて早い時間に変更が可能かを聞いてみると、「旅行会社が発券したチケットは変更ができない」との返答でした。
できないのであれば、仕方が無いと空港で時間を潰すことにして、ベンチなどで休んでいました。

まだまだ出発時間に余裕がある3時ころ、お土産を見て回りました。
その途中で、搭乗状況を知らせる電光掲示板を見ると、自分たちが乗る飛行機の欄に「早い時間への変更を勧めています」との表示があり、駄目元で変更できるのかを確認すると「どのチケットでもできる」との回答で、早速2時間早い便に変更してもらうことができました。
変更した便も定刻より15分ほど遅れはしたものの、予定より大分早く自宅に到着することができました。

帰宅後にネットで調べてみると、その1時間後の飛行機は当初自分たちが乗る予定の便より遅れて出発、自分たちが予定していた便は定刻どおり出発したので、出発の順番が逆転していた。
JR千歳線でも人身事故などがあり、空港連絡バスが混雑したようで、当初予定の飛行機に乗っていたら、帰宅に結構時間がかかったように思う。

最終的に早い便に乗れたのはとてもラッキーでした。
そもそも、このツアーが当たったことがラッキーだったですが、最後までラッキーな旅でした。

今年は、これ以上のラッキーなことはないと思うので、あと願いはコンサドーレがJ1残留してくれることです。

今回のラッキーのおすそ分けと思い、僅かですがお土産を購入してきましたので、乞うご期待です!
僅かな量なので、お土産が渡らなかった方には、今からお詫びいたします!

あと、エスポラーダのファンクラブの今年のカードが届いていました。

1497228706-1497215919126.jpg


posted by consa.kazu |10:12 | コメント(0) |

2017年06月11日

残念

昨日は、エスポラーダ北海道対シュライカー大阪のセントラル開幕戦を観戦してきました。

試合は、いきなり先制されてから立て続けに入れられ、序盤から3点をリードされる展開で、このままのペースで進むと、どれだけ取られるのかと思った。

3失点して直ぐに、エスポラーダはタイムアウト取った、
試合再開後に2点を返し、2-3として少し盛り返した!

そのまま試合は進み、エスポラーダが同点に追い付ければ、勝ち目があったと思うし、仮に追い付けないとしても、後半に期待が掛かる状況だった!
しかし、追加点は大阪に入った。
それでも、エスポラーダが1点返して、前半を3-4で終わった。

きつかったのは、前半残り時間が12分以上あった中で、ファイブファールとなり次のファールで相手に第二PKを与えることになるため、守備で厳しく行けなくなったのも、痛かった!

1点ビハインドの状態で後半に入った。
後半も割りと早い時間に、ファイブファールとなり苦しい状況の中で、戦うこととなった。
そんな苦しい展開のなかでも、失点しないまま試合は進み、同点を狙ったが得点は得られなかった。

結果、スコアは前半のままで終了した。
前半の早い時間の失点が痛かったし、4失点目を相手に取られたことが、大きかった!

課題は、ファールを減らし失点を抑えられるかだと思った。
1点差、特に後半はスコアレスだっただけに、悔しい試合だった!

昨日は、JALで羽田迄に行ったのだが、その飛行機の中でのエピソードです。
飲み物のサービスの時に、男性の客室乗務員が話しかけて来ました!
私の服装を見て、「コンサドーレの試合ですか?」などと。
朝札幌を出るときに、雨が降っていたので、半袖のシャツの上に羽織るために、コンサドーレのエンブレムの付いたものを着ていったからです。
流石スポンサーさんだと思いました!

posted by consa.kazu |06:12 | コメント(0) |