スポンサーリンク

2020年09月26日

無得点で3連敗

3試合とも完封され、3連敗。0-4で大敗したのも残念ですが、1点も奪えないチーム状況がもどかしいです。

特別指定選手の大学生・中野と小柏を先発させる驚きのスタメン。平均年齢24歳と若手で組んだチームは生きのいい攻撃も披露し、見応えもありました。ところが、相手陣営に何度も攻め入るも、決めきれずにいると、神戸はイニエスタが攻撃の起点となり札幌の守備を崩し、酒井がワンツーで抜け出すと完璧なグラウンダーのクロスを入れ、中央でフリーの古橋が決めきる。ここぞということろのパスとシュートの精度の違いを見せつけられました。

この後は一矢報いたいところでしたが、リスクマネジメントのできていなかった札幌をあざわらうように得点を重ねられました。1点目以外は守備うんぬんではなかったですね。今の札幌は先制されると、同点に追いついたり、逆転するような粘りが欠けているように思われます(浦和戦は追いつき、一時は逆転しましたが)。

光明は小気味よいプレーを見せた小柏とGK中野。2人とも来季の入団が楽しみです。檀崎も久々に出場を果たしました。もっと活躍できると期待しています。

それでも過密日程は一段落。次節のホーム・仙台戦まで1週間あります。何はともあれ、得点することこそがこのチームの勢いをつけると信じています。しかかりと肉体的な披露と精神的なダメージを回復し、戦い抜いてほしいと願っています。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |21:21 | 雑感 | コメント(0) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントする