スポンサーリンク

2020年05月09日

今日のスポニチ

スポーツニッポンの連載「コンサOBマイメモリーズ」も今日が最終回。ラストを飾るのは河合竜二さんで、その1戦は2016年11月12日のJ2第41節・千葉戦でした。そう、あのJ1昇格を大きく引き寄せた伝説の試合です。見出しに「最終節のJ1昇格つなげた 奇跡の逆転劇 後半26分都倉同点弾内村AT決勝ゴール」とあるように、前半、千葉に先制を許しながら後半に2点を奪い、逆転勝ちしました。フクアリには3000人といわれる赤黒サポーターが駆けつけ、私もカミさんと一緒に参戦し、あまりの感動に目頭が熱くなった試合でした。河合さんは試合終盤、内村に「DFは失点しないようにする。ただ、守りながらも、お前だけはチャンスを狙っていてくれ」と話していて、劇的逆転弾はアディショナルタイム5分、河合さんがヘイスの頭を狙って蹴ったというボールを内村が右足ボレーで決めたという秘話を紹介しています。本当にこの1戦が今日、J1定着へ地位を築きつつあるクラブにつながると思うと感慨深いものがあります。

1588994751-P1310716.JPG

ちなみに千葉戦終了後の札幌側ゴール裏は優勝したかのような騒ぎで「ススキノへ行こう」を何度も歌うなど、私のその1人でしたが、浮かれっぱなしでした。今でもたまに千葉のサポーターが撮った映像をユーチューブで見ることがあるのですが、千葉側はホーム最終戦でセレモニーを始めたいのに、いつまでも浮かれて騒ぐ札幌側を静かに見守ってくれているのが映っています。最初の「ススキノへ行こう」では拍手までしてくれた千葉サポもいます。心優しい千葉の皆さんに感謝します。千葉とはいつかまたJ1の舞台で戦いたいですし、ぜひフクアリに行きたいと思っています。


posted by papa12 |12:08 | 思い出 | コメント(0) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントする