スポンサーリンク

2019年07月03日

完敗…

Honda Fcは普通に強かったですね。ショートパスをつないで前へ押し上げ、連係プレーが随所に見られました。さすがJFLで連覇し、今季も首位を走るだけあって、成熟した完成度の高いチームでした。それに対し、わがチームは控え組主体とはいえ、ボールを前へ運べず、中途半端なロングパスで活路を開こうとするもボールロストを繰り返し、連動もほとんど見られませんでした。今日の試合を見る限りでは、どちらが上のカテゴリーのチームなのかといえば、Hondaに軍配が上がるでしょう。誰1人さぼらず、全員が攻守に走りきったHondaに素直に脱帽です。

ただ、流れを決めてしまった1失点目のPKは、副審がオフサイドの旗を上げた後のプレーに対する判定に見えたのですが。全般にプロに厳しく、アマに甘い傾向のジャッジに感じましたが、プロ選手ならそれでも打ち勝たなくてはいけなかったと思います。

故障明けの駒井と宮澤は出場できたことがうれしい限りですが、試合勘が戻っていないのか、本来のプレーを発揮するまでは行きませんでした。1日も早く本調子が戻るよう努めてほしいものです。

今季の天皇杯は終了しました。気持ちを切り替えて、今後のJ1リーグ戦とルヴァン杯に臨んでいくしかありません。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |21:58 | 雑感 | コメント(0) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントする