スポンサーリンク

2018年02月25日

記録更新

昨日の試合はジャッジがひどかったですね。
PKもらえていたら負けなかったかも知れないし、相手ハンド見逃し以外にも問題あったと思います。
公平なジャッジしてくれたら勝てたかも知れないし、コンサが弱かったとは思えないという点では、少しホッとしたというか、今後に期待できますね。

さて、道内積雪深の最高記録は1970年の倶知安の312㎝でしたが、昨日、幌加内が313㎝で、記録を更新しました。本日(25日)12時には318㎝になってます。まだまだ伸ばすかも。

倶知安には測候所があったので、戦前から観測していましたが、幌加内での観測は1982年からです。
もしも幌加内が70年も前から観測していたら、倶知安のトップの座はなかったかも知れませんね。
それを言ったら、トップは幌加内ではなく、音威子府になるのかもわかりませんが。

和寒は幌加内の隣町ですが、幌加内の4割ほどの積雪です。ちょっとの場所の違いで大きく違うものです。

先週の日曜に幌加内に行ってみました。
歩道脇は人の背丈の倍くらいありました。
1519519889-IMG_6218.JPG
郊外の雪捨て場ではありません。向かいに人家がある街中ですが、空き地はどこもこんな感じになってます。
1519520440-IMG_6225.JPG
1519519871-IMG_6216.JPG
以前、深名線の幌加内駅があった場所です。
1519519915-IMG_6226.JPG
廃線跡に行ったら敗戦のジンクスは今年も生きていた! 昨日負けたのは私のせいです。申し訳ありません。当分廃線跡行きません。


posted by かもめ |09:31 | 気象 | コメント(1) |

2017年08月25日

明日の厚別は雨具必携か

明日の札幌(中央区)の天気予報は晴れだけど、厚別区は昼頃に雨の予想になっています。

1503635900-tenki.png
仮に晴れ予想だとしても、かつての天皇杯水戸戦のようなこともあるし、厚別では雨具必携ですけどね。 まあ、勝てば天気なんてどうでも良いです。 客足を考えれば、やっぱり雨でない方が良いけどね。 ところで、ベガルタの掲示板に「ジェイ赤ちゃん産まれて帰国してるから明日出ない」とあるけど、ガセ?


posted by かもめ |13:33 | 気象 | コメント(0) |

2017年01月24日

最高気温の低さは和寒が-14.0度で日本一

今朝の最低気温は和寒は-27.7度でした。 一番低かったのは占冠の-32.8度。

朱鞠内・下川・江丹別も30度以下になりました。ランキングはこちらです。

札幌は-12.8度ですが、江別や長沼、島松などは軒並み-20度以下です。

ちょっと札幌から離れるだけで大きく変わるのですね。


最高気温の低い順では和寒が-14.0度で日本一です。

ランキングはこちらにあります。

なお、今夜にこれよりも気温が上がる可能性がないわけではありませんが、18時には-19.5度まで下がっているので、たぶんこのまま日本一になるでしょう。

posted by かもめ |17:58 | 気象 | コメント(0) |

2016年12月27日

明日はマイナス30度?

和寒や江丹別などは明日の朝、-30度の予想になっています。 本当にそんなに下がるのか?


赤黒の電話機買いました。
1482834716-P1100833.JPG
高機能なのに値段は昔よりも安くて助かりました。FAXはディスプレーで読んで、必要なのだけをプリントできます。 機能で選んだのであって、デザインで選んだのではないのですが・・  でも、このデザインなので即決でした (笑 少し前まで兄の病気で毎週のように札幌に行っていましたが、今度は母が入院し、またも毎週札幌に行くことになりそうです。


posted by かもめ |19:28 | 気象 | コメント(2) |

2016年01月16日

マイナス25.2度

こちらは今期最低のマイナス25.2度を記録しました。

こんな寒い日にストーブが灯油切れで消火。
灯油タンクには灯油が入っているのにおかしいと思ったのですが、灯油タンクに付いている逆Jの字型の空気取り入れ口が氷で詰まっていたのが原因のようで、今は快調に運転しています。
そんなことってあるものなのか。

ほぼオール電化に改装したのですが、電気代が上がるし、灯油が安くなったので、このところ主に灯油を使っています。

そういえば今朝の全国の天気予報で、「北海道ではマイナス20度以下のところがあります。滑りやすくなっていますのでお気を付けください。」と言っていましたが、強く冷えた方が滑らないんだけど、と、突っ込みたくなりました (笑

東京の人にはわからないでしょうね。

ところで、またも痛ましいバス事故が起こりました。
「この30年では最悪のバス事故」と言っていましたが、31年前にはもっとひどい事故がありましたね。
犀川スキーバス事故では25名の尊い人命が失われました。

夜行バスの事故はなくなりません。
いくら安くても夜行バスには乗らない方が良いようですね。

posted by かもめ |10:17 | 気象 | コメント(0) |

2015年12月05日

雨氷

一昨日、帯広で雨氷が観測されたのはTVなどでご存じだと思いますが、和寒でもそうでした。
気温がマイナスなのに雨が降り、こういう現象が起こりました。雨が木の枝に当たって凍り、樹氷みたいになっています。
1449271350-IMG_1082.JPG
1449271364-IMG_1083.JPG
今日はしっかり降りました。今シーズン初めて除雪機を使いました。
1449271576-IMG_1086.JPG
道北は12月が一番雪の降る月ですから。 ところで今晩、広島とガンバの試合がありますが、1st leg は、おかしなレギュレーションを考えると興ざめして、じっくり見る気になりませんでした。 (コンサは昇格できなかったし、ひがみも多少あるかも知れませんが) 以前みたいに前期優勝と後期優勝が対戦するならわかるし、その2つに年間1位を含めて3チームでやるならまだわかるけど、年間2位とか3位チームがリーグ優勝になるなんて、こんなおかしな話はないと思います。 それを考えると広島に勝ってもらいたいですけど、おかしなレギュレーションだという疑問の声が高まるためにはガンバが勝った方が良いかもという気もするけど、まあ、どっちでも良いです。


posted by かもめ |08:18 | 気象 | コメント(2) |

2015年11月22日

こちらは積雪20㎝

道北は積もりました。現在20㎝ほどあります。まだ降っています。
1448146199-IMG_1000.JPG
札幌は積もってないのですね。というか、晴れているようですね。 今日のコンサの練習は宮の沢だから心配していました。 ドームで練習できればよかったんでしょうけど、ハムがファン感謝イベントやっているようです。 これから車で札幌に向かいます。


posted by かもめ |07:44 | 気象 | コメント(0) |

2014年12月18日

積雪量

こちらは大荒れというほどではなく、小学校は普段通りです。
1418879851-P1080616.JPG
雪の量は少し多く、今朝と昼の2回、除雪機使いました。 気象台が作成したグラフをプリントして待合室に貼っています。
1418873202-P1080615.JPG
昨年はこのように自分で書いていました。
1418873472-1393576162-P1020701.jpg


posted by かもめ |18:04 | 気象 | コメント(2) |

2014年11月04日

10㎝ほど積もりました

11月なのだから降雪や多少の積雪は当然だけど、11月4日で10㎝も積もって本格的に雪かきするのは珍しいかも。
1415075164-P1080297.JPG
なお、和寒のアメダスの記録は8㎝だけど、この時期は積雪計が持っている熱で雪が溶けやすいのか少なめに記録されるのだと思います。(風の影響もあるかも) うちのウッドデッキは10㎝ほどあります。 また、湿った重い雪なので、雪かきは真冬に20㎝くらい積もったときくらいの労力が必要でした。 全国観測値ランキングで積雪はまだ始まっていません。まだ雪が降らないと思っているのか。 札幌は風が強いものの積雪がないようだし、晴れているようですから宮の沢での練習は大丈夫なんでしょうね。 一昨日は浜頓別に行って来ました。もっとも白鳥が多い時期ですね。
1415075507-P1080296.JPG


posted by かもめ |13:23 | 気象 | コメント(6) |

2014年07月08日

スタジアム別降雪量

年間累積降雪量です。札幌の王座は当分続くと思いますが、ラインメール青森(669㎝)やブランデュー弘前(748㎝)がJに上がると抜かれます。
青森県からJクラブが誕生するなら、当面はヴァンラーレ八戸でしょうけど、八戸は248㎝なので9位に入ります。

 1位 札ドーム・厚別 597㎝
 2位 NDソフト     426㎝
 3位 富山         383㎝
 4位 千代台       381㎝
 5位 秋田球       377㎝
 6位 石川西部     281㎝
 7位 盛岡南       272㎝
 8位 南長野       263㎝
 9位 ビッグスワン  217㎝
10位 とりスタ     214㎝
11位 入江        211㎝
12位 YAJIN      133㎝
13位 松本平       80㎝
14位 ユアスタ     71㎝
15位 長良川       47㎝
16位 中銀         29㎝
17位 グリスタ      28㎝
18位 正田醤油      24㎝
19位 西京極        19㎝
20位 ケーズデンキ   16㎝
      瑞穂         16㎝

これ以下は13㎝の日産・ニッパツ・等々力、12㎝のエディスタなどがありますが、町田やギオンスなどは近くに積雪を測っているアメダスがないので20位までにしておきます。
(町田は19位くらいに入るのかも)

JFLのMIOびわこ滋賀がJにあがると16~19位くらいに入りそうですが、ここも近くに積雪を測っているアメダスがないのでどのくらいの積雪なのかよくわかりません。

posted by かもめ |10:29 | 気象 | コメント(3) |

2014年07月07日

スタジアム別降水量その2

降雪量は次回にして、今回は降水量をもう一度やります。
室蘭と函館も含めて年間平均降水量の少ないスタジアムを紹介します。(同じ市内にあるスタジアムはまとめました)

 1位 南長野    932.7㎜
 2位 松本平    1031.0㎜
 3位 丸亀     1068.4㎜
 4位 カンスタ  1105.9㎜
 5位 札ドーム・厚別  1106.5㎜
 6位 NDソフト 1128.4㎜
 7位 中銀     1135.2㎜
 8位 千代台   1151.7㎜
 9位 とうスタ  1166.0㎜
10位 入江    1184.8㎜
11位 ノエスタ  1216.2㎜
12位 正田醤油  1248.5㎜
13位 ユアスタ  1254.1㎜
14位 盛岡南   1266.0㎜
15位 キンチョウ・ヤンマー  1279.0㎜
16位 万博    1280.4㎜
17位 日立台   1281.1㎜
18位 ニンジニア 1314.9㎜
19位 さいスタ・NACK5 1346.0㎜
20位 ケーズデンキ 1353.8㎜

それと、丸亀のように、冬に雨の少ないスタジアムもあるので、シーズンオフの12月・1月・2月を除外した9か月で計算してみました。10位までです。

 1位 南長野   786.3㎜
 2位 札ドーム・厚別 787.2㎜
 3位 NDソフト 853.6㎜
 4位 松本平   923.5㎜
 5位 千代台   930.5㎜
 6位 丸亀     949.9㎜
 7位 カンスタ  990.2㎜
 8位 中銀    1016.8㎜
 9位 入江    1022.5㎜
10位 とうスタ 1030.5㎜

厚別の雨の少なさはトップクラスというのは意外ですかね。(札幌で厚別だけ雨ということもあるが)
ということは、道外で屋根のないスタジアムのサポーターは、どんだけ雨に濡れながら観戦しているかということですね。

ちなみに、日本平の3月~11月の9か月間の降水量は2115.6㎜なので、厚別の3倍近い量ですよ。驚きました。
もっとも、厚別は風や寒さという問題もありますけどね。

posted by かもめ |08:50 | 気象 | コメント(4) |

2014年07月05日

スタジアム別降水量

1991年から2010年までの年間平均降水量です。
柏台や等々力などは近くにアメダスがありませんが、一番近い地点の数値を採用しました。
J3のスタジアムと鴨池も含めました。

 1位 石川西部  2398.9mm
 2位 日本平  2367.6mm
 3位 藤枝    2324.9mm
 4位 富山    2300.0mm
 5位 長崎    2139.4mm
 6位 鴨池    2265.7mm
 7位 沖縄市  2069.3mm
 8位 うまスタ 1985.8mm
 9位 とりスタ 1914.0mm
10位 ベアスタ 1844.7mm
11位 長良川  1827.5mm
12位 ビッグスワン 1821.0mm
13位 町田   1795.6mm
     ギオンス 1795.6mm
15位 北九州  1729.3mm
16位 ヤマハ  1723.4mm
17位 日産   1688.6mm
    ニッパツ 1688.6mm
    等々力   1688.6mm
18位 秋田球  1686.2mm
19位 大銀   1644.6mm
20位 レベスタ 1612.3mm
21位 BMW    1589.6㎜
22位 エディスタ 1537.6㎜
23位 瑞穂   1535.3mm
24位 味スタ  1529.7㎜
25位 カシマ  1528.7㎜
26位 グリスタ 1493.1㎜
27位 西京極   1491.3㎜
28位 ポカリ  1453.8㎜
29位 豊田   1451.4㎜
30位 フクアリ 1387.3㎜
31位 ケーズデンキ 1353.8㎜
32位 さいスタ  1346.0㎜
     NACK5   1346.0㎜
34位 ニンジニア 1314.9㎜
35位 日立台   1281.1㎜
36位 万博    1280.4㎜
37位 ヤンマー  1279.0㎜
     キンチョウ 1279.0㎜
39位 盛岡南   1266.0㎜
40位 ユアスタ  1254.1㎜
41位 正田醤油  1248.5㎜
42位 ノエスタ  1216.2㎜
43位 とうスタ  1166.0㎜
44位 中銀     1135.2㎜
45位 NDソフト 1128.4㎜
46位 札ドーム  1106.5㎜
47位 カンスタ  1105.9㎜
48位 丸亀     1068.4㎜
49位 松本平    1031.0㎜
50位 南長野     932.7㎜

私は今まで11回(10スタジアム)アウェイの試合に行きましたが(2試合はコンサとは関係ないJリーグの試合)そのうち2回が雨でしたが、6位の鴨池と9位のとりスタですから納得です。
それにしても静岡県は雨が多いのですね。
サッカー県なのに、と思ったけど、雨が多いなら野球よりもサッカーに向いているとも言える?
四国は高知県以外は雨が少ないから野球が盛んなのかも知れないし。

次回はスタジアム別降雪量を出したいと思います。

posted by かもめ |09:01 | 気象 | コメント(4) |

2014年07月04日

都道府県別降水量平年値

長崎の大雨の話題が多いようですし、あの唄に触れる人も何人かいらっしゃいますね。
私が6年前に行ったときは3日間いて3日間とも雨でした。
そのときのブログです。

で、長崎はどれだけ雨が多いのか気になったので調べてみました。
都道府県庁所在地の1981~2010年の年間降水量平年値を調べましたが、意外にも長崎市は13位でした。

 1位 高知  2547.5㎜
 2位 宮崎  2508.5㎜
 3位 金沢  2398.9㎜
 4位 静岡  2324.9㎜
 5位 富山  2300.0㎜
 6位 鹿児島 2265.7㎜
 7位 福井  2237.6㎜
 8位 那覇  2040.8㎜
 9位 熊本  1985.8㎜
10位 鳥取  1914.0㎜
11位 佐賀  1870.1㎜
12位 山口  1886.5㎜
13位 長崎  1857.7㎜
14位 岐阜  1827.5㎜
15位 新潟  1821.0㎜
16位 松江  1787.2㎜
17位 横浜  1688.6㎜
18位 秋田  1686.2㎜
19位 大分  1644.6㎜
20位 福岡  1612.3㎜
21位 津    1581.4㎜
22位 広島  1537.6㎜
23位 名古屋 1535.3㎜
24位 大津  1529.7㎜
25位 東京  1528.8㎜
26位 宇都宮 1493.1㎜
27位 京都  1491.3㎜
28位 徳島  1453.8㎜
29位 千葉  1387.3㎜
30位 水戸  1353.8㎜
31位 さいたま 1346.0㎜
32位 和歌山 1316.9㎜
33位 奈良  1316.0㎜
34位 松山  1314.9㎜
35位 青森  1300.1㎜
36位 大阪  1279.0㎜
37位 盛岡  1266.0㎜
38位 仙台  1254.1㎜
39位 前橋  1248.5㎜
40位 神戸  1216.0㎜
41位 福島  1166.0㎜
42位 山形  1163.0㎜
43位 甲府  1135.2㎜
44位 札幌  1106.5㎜
45位 岡山  1105.9㎜
46位 高松  1082.3㎜
47位 長野   932.7㎜

雨が多いのは尾鷲が有名で、3848.8㎜も降ります。
だから津も多いかと思ったら、そうでもありませんね。
三重県南部と北部では全然違うのですね。

最も有名なのは屋久島でしょうか。
林芙美子の小説で、「屋久島は月に35日雨が降る」とありますが、さすがに4477.2㎜も降ります。

ちなみに、道内主要地点は以下のようになります。

倶知安 1477.1㎜
余市   1353.2㎜
小樽   1232.0㎜
苫小牧 1197.9㎜
室蘭   1184.8㎜
岩見沢 1162.5㎜
留萌   1127.0㎜
札幌   1106.5㎜
留萌   1072.3㎜
稚内   1062.7㎜
釧路   1042.9㎜
旭川   1042.0㎜
帯広    887.8㎜
網走    887.6㎜
紋別    810.1㎜
北見    763.6㎜

意外と帯広や網走方面は少ないのですね。北見は日照時間が長いと良く聞きますが、確かに雨が少ないですね。
倶知安は雪が多いので降水量が多くなっているようです。倶知安で一番降水量の多い月は1月です。(札幌や室蘭、岩見沢、旭川、帯広、北見などほとんどの地点はは8月です)

次回はスタジアム別の降水量や気温などを紹介したいと思います。

posted by かもめ |20:06 | 気象 | コメント(0) |

2014年07月01日

6月の天候を解析

6月の天気がどうだったか調べました。
括弧内が平年値です。

           降水量           平均気温          日照時間
札幌   99.0mm( 46.8)  18.7度(16.7)  182.4h(187.4)
旭川   81.5mm( 63.6)  19.2度(16.5)  193.5h(189.3)
和寒   72.0mm( 60.9)  18.5度(16.0)  187.2h(161.8)
室蘭  172.5mm(107.5)  14.0度(14.8)  156.5h(142.5)
函館  105.0mm( 72.9)  17.4度(15.8)  189.2h(173.3)
帯広   91.5mm( 75.5)  17.0度(14.8)  125.6h(152.8)
北見   46.0mm( 57.3)  18.0度(15.0)  173.1h(167.7)

長雨だったので、和寒や旭川、帯広などでは平年の2割増しくらい雨が多かったのですが、札幌では倍も降ったのですね。室蘭、函館も結構多いですが、北見は逆に少なかったのですね。
長雨(北見を除く)とはいえ、気温は高いし(室蘭を除く)、日照時間は札幌や旭川、北見などは平年並み、和寒は平年よりも2割も多いですから、農作物の生育は問題ないのではないかと思います。
実際、うちの菜園は昨年よりも少し良いペースです。
ただ、帯広だけは日照時間が短いので少し心配ですけど、冷夏の予想は取り消したし、たいしたことはないように思います。

昨年は5月が低温と日照不足があり、6月はそれを取り戻すような高温と日照があったものの、雨が少ない地方が多くてタマネギやジャガイモが小粒になる影響もありましたが、今年は今のところ大丈夫ではないでしょうか。

それにしても、室蘭はこの時期、もともと雨が多いのですね。たしかにカルルスや白老など、大雨のニュースが良く聞かれるから多いだろうとは思ってましたが、平年値で札幌の倍以上の降水量とは驚きました。
それと、帯広や北見は、旭川と同じくらいの気温かと思っていたら、旭川の方が1.5~1.7度高いのですね。
少しの違いのように思いますが、これが米作ができるかどうかの分かれ目なのでしょうか。

posted by かもめ |08:56 | 気象 | コメント(0) |

2014年06月04日

36.6度

今日の和寒の最高気温は全国2番目の36.6度でした。
ベストテンは全て北海道というのは昨日と同じですが、今日は全て上川なのは驚きです。
札幌は33.7度でしたが、それでもランキングには全然届きませんね。

その時間帯は私は仕事で士別にいましたが、士別は36.3度でした。
でも、湿度が低かったせいか、そんなに気温が高いとは感じませんでした。

和寒や士別のアメダスは湿度を計測していませんが、同じ時間帯の旭川の湿度は20%台でした。

私がいままで体験した最高気温は1989年8月7日の旭川の36.0度でしたから、それを超えました。
いや、ドバイはもっと暑かったかも知れませんが、何度だったのかわかりません。

明日は何度になるでしょうか。
6月上旬に30度を超えるのはたまにあるので珍しくはないと思いますが、猛暑日になるのは北海道では珍しいですよね。

posted by かもめ |16:57 | 気象 | コメント(0) |