スポンサーリンク

2014年07月04日

都道府県別降水量平年値

長崎の大雨の話題が多いようですし、あの唄に触れる人も何人かいらっしゃいますね。
私が6年前に行ったときは3日間いて3日間とも雨でした。
そのときのブログです。

で、長崎はどれだけ雨が多いのか気になったので調べてみました。
都道府県庁所在地の1981~2010年の年間降水量平年値を調べましたが、意外にも長崎市は13位でした。

 1位 高知  2547.5㎜
 2位 宮崎  2508.5㎜
 3位 金沢  2398.9㎜
 4位 静岡  2324.9㎜
 5位 富山  2300.0㎜
 6位 鹿児島 2265.7㎜
 7位 福井  2237.6㎜
 8位 那覇  2040.8㎜
 9位 熊本  1985.8㎜
10位 鳥取  1914.0㎜
11位 佐賀  1870.1㎜
12位 山口  1886.5㎜
13位 長崎  1857.7㎜
14位 岐阜  1827.5㎜
15位 新潟  1821.0㎜
16位 松江  1787.2㎜
17位 横浜  1688.6㎜
18位 秋田  1686.2㎜
19位 大分  1644.6㎜
20位 福岡  1612.3㎜
21位 津    1581.4㎜
22位 広島  1537.6㎜
23位 名古屋 1535.3㎜
24位 大津  1529.7㎜
25位 東京  1528.8㎜
26位 宇都宮 1493.1㎜
27位 京都  1491.3㎜
28位 徳島  1453.8㎜
29位 千葉  1387.3㎜
30位 水戸  1353.8㎜
31位 さいたま 1346.0㎜
32位 和歌山 1316.9㎜
33位 奈良  1316.0㎜
34位 松山  1314.9㎜
35位 青森  1300.1㎜
36位 大阪  1279.0㎜
37位 盛岡  1266.0㎜
38位 仙台  1254.1㎜
39位 前橋  1248.5㎜
40位 神戸  1216.0㎜
41位 福島  1166.0㎜
42位 山形  1163.0㎜
43位 甲府  1135.2㎜
44位 札幌  1106.5㎜
45位 岡山  1105.9㎜
46位 高松  1082.3㎜
47位 長野   932.7㎜

雨が多いのは尾鷲が有名で、3848.8㎜も降ります。
だから津も多いかと思ったら、そうでもありませんね。
三重県南部と北部では全然違うのですね。

最も有名なのは屋久島でしょうか。
林芙美子の小説で、「屋久島は月に35日雨が降る」とありますが、さすがに4477.2㎜も降ります。

ちなみに、道内主要地点は以下のようになります。

倶知安 1477.1㎜
余市   1353.2㎜
小樽   1232.0㎜
苫小牧 1197.9㎜
室蘭   1184.8㎜
岩見沢 1162.5㎜
留萌   1127.0㎜
札幌   1106.5㎜
留萌   1072.3㎜
稚内   1062.7㎜
釧路   1042.9㎜
旭川   1042.0㎜
帯広    887.8㎜
網走    887.6㎜
紋別    810.1㎜
北見    763.6㎜

意外と帯広や網走方面は少ないのですね。北見は日照時間が長いと良く聞きますが、確かに雨が少ないですね。
倶知安は雪が多いので降水量が多くなっているようです。倶知安で一番降水量の多い月は1月です。(札幌や室蘭、岩見沢、旭川、帯広、北見などほとんどの地点はは8月です)

次回はスタジアム別の降水量や気温などを紹介したいと思います。

posted by かもめ |20:06 | 気象 | コメント(0) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントする