スポンサーリンク

2018年09月21日

選手も来てた!

地震の影響で開催が大幅に遅れたオータムフェスト。
営業時間が縮小されたり出店数が減ったりしたようだけど、
始まってみればやっぱり大賑わいだ。


1537516264-9.20B.jpg

フランス人シェフが焼いてたガレット
(ああ、そしてまた写真が回転しないっ)。
これが白ワインに合わないわけがなかろう。






1537516373-9.20A.jpg
好天に恵まれたこの日、
食べては歩き、飲んでは歩いて
4丁目~11丁目、赤プラまで。
途中で選手にも遇ったぞ。
北海道はおいしいねぇ。


posted by rocket2号 |16:45 | 酔いドーレ日記 |

2018年09月18日

次に勝つためのミニキャンプ

札幌ロケッツ夏の走り込みキャンプ(兼温泉旅行)ですっかり気に入り
ぜひもう一度行きたいと思っていた宿に
この3連休中に空室があったのは当然地震の影響であろう。
北海道で最高の季節、連休直前に予約できるわけないのに空いてるなんて、
もう行くしかないでしょう。
ってことで急きょ秋のミニキャンプ敢行。
遊びじゃないよトレーニングだよ。←はいはい。


前日まではガラガラだったとのことだが、
我々と同様に直前に予約した人が多かったのか
館内は思っていたより賑わっていた。
そして、
グループ(団体?)のキャンセルが多かったということで、
我々は夫婦2人なのに広々とした和洋室(4人寝られる)!
もちろん料金はツインと同じである。
羽根を広げてもまだ余裕がある部屋で寛ぎまくり。

1537256787-9.15D.jpg
立ち寄った道の駅はすでにハロウィン仕様。
札幌市内では品薄の店舗もあるが、
ここは地元農家産の野菜が山のようにあった。
ホテル近くでフードフェスティバルをやっていて、
地元のレストランや居酒屋などが出店していて
楽しかった。
札幌では個数制限販売が続く牛乳やヨーグルトも
ホテルの食事でたっぷり食べられた。



こういうところに来ると、
最近は海外の人がたくさんいるが、
今回は日本人、それも道民と思われる人ばかりだったような気がする。
もちろんそれは地震の影響だろう。
わたしだって
もし予定していた旅先で自然災害が起きたらキャンセルすると思う。


暑いのが嫌いなわたしはこの季節が大好きだ。
食べものはおいしいし、空気が澄んでいて風景が美しい。
地震・停電は大変だったし、まだつらい思いをしている人もたくさんいる。
そして、
北海道に来るはずだった道外・海外のみなさんは
きっとガッカリしているだろう。
だから
そんな人たちのぶんも道民が北海道を楽しまなくては。
道民が北海道を満喫しなくてどうする。
そしてその様子を広く発信すれば
きっとみんな北海道に来たくなる。
北海道は楽しいよ、北海道はおいしいよ、北海道は大丈夫だよ。


今回の旅を決めた理由の一つに実はDAZNの存在もある。
テレビであっても
できるだけリアルタイム観戦をしたいわたしは
アウェー開催の日も家にいるように心がけているが、
今回はスマホで見ることにトライしてみた。
あんな小さな画面でサッカーが見られるかっ!と思っていたが、
なかなかどうしてちゃんと見られるものであった。
最近のホテルはたいてい無料のWi-fiもあるし、
家で見るよりグルグルが少なかったくらいのものである。
スマホ観戦侮れず。



posted by rocket2号 |16:43 | 酔いドーレ日記 |

2018年09月08日

Kappaさん、ありがとう

1536388421-9.8.jpg
6日3:08から通電するまでの間、
情報入手のためにフル回転していた
手回し充電機能付きラジオと
Kappaさんのミニライト。

いつどこでもらったのか覚えていないのだが
ずっと目覚まし時計の横に置いてあり、
大揺れで目を覚ました暗がりの中、
この小さな明かりがどんなに心強かったことか。
そして通電するまでの間、
手元や足元をずっと照らし続けてくれた。


ありがとうKappaさん。



毎日、主に海外サッカーに関する動画をアップしているLeo the footballが
最近コンサドーレのことにも触れている。
神戸戦に関しても
かなり笑かしてもらったが、
うちの選手を海外選手に置き換えるというのも秀逸。
荒野→バカヨコって!


今は笑うのが元気の素だ。
それがコンサドーレのことなら、なおよし。



ずっとライフラインに関する情報に耳を傾けていた。
それが必要なことはわかっていたが、
レギュラー番組で地震関連の内容ばかりを伝える中で
某局の「コンサドーレ情報」のコーナーの
オープニング曲がかかったときは涙が出そうになった。
サッカーどころではない状況の人もたくさんいたと思うが、
わたしは
野々村の声を聴いてかなり元気になった。



6日の朝、すぐにメールをくれた関東サポーター。
ありがとう。
札幌ロケッツは元気です。


posted by rocket2号 |15:32 | 酔いドーレ日記 |

2018年09月02日

意味わからんよ宮澤

昨日のドーム、
アウェーゾーンの1/3くらいは
どっちのサポーターでもなく
イニちゃん目当て層な雰囲気であったが、
みなさん、生イニエスタお楽しみいただけたでしょうか。
写真たくさん撮れたでしょうか。


この一週間のローカル局の煽りっぷりたるや、
コンサドーレ情報といいながら
「イニエスタがやってくる!」
とイニちゃんの映像だけで終わったり、
うちの選手に印象を訊くだけだったりする始末である。


そんな中で宮澤はイニエスタのことを
「たとえるなら…う~ん、王貞治?」
と言っていた。
なんだそれ。
まあ、わからないでもないような気がしないでもないような…。


昨日の主審は、
古くは曽田の一発退場など
コンサドーレサポーターなら一生その名を忘れ得ないはずの
数々の因縁のあるお方である。
しかしまあ、
最近はそんなにアレだなあと思っていたが、
やはり名前を見たときは緊張が走った。
しかし、
何事もなくて良かったことである。←いろいろあったけど。


1535874979-9.1A.jpg

←昨日ゲットしたフォトビー。
カッコいい!
飲むのがもったいない。
飲むけど
(現在、冷蔵庫で冷やし中)。

オリジナルラベル
作りたくなっちゃったなぁ。


posted by rocket2号 |16:46 | 酔いドーレ日記 |

2018年08月29日

福森、何してくれるの

我がチームの選手たちが「応援大使」となって
年々加入世帯が減少している町内会を盛り上げてくれるという。


1535534437-8.29C.jpg

その名も「イレブン大使」。
町内会活性化連携プロジェクトに
選手たちが力を貸してくれるそうである。

知らない間に選任式まで行われていたようで、
キャプテン宮澤が選任状を受け取っていた。

で、
うちの町内会のイレブン大使は福森なんですと。
「白い恋人サッカー場のある地区を盛り上げていきます!」
と語っており、
どうやって盛り上げてくれるのか楽しみである。




1535534805-8.29B.jpg

エスパルスのタオルマフラーを巻いた
ちびまる子ちゃん。
土曜日、お茶の間で一緒に観戦し
「勝っちゃって悪いね、まるちゃん、うっしっし」
「ふんっ、たまには負けてやるよっ」
という会話を交わしていた(つもり)。

今夜の試合、
清水の選手は喪章を巻いてプレーするそうだ。





posted by rocket2号 |18:16 | 酔いドーレ日記 |

2018年06月22日

都倉&ミンテのパパトーク

時差の関係で深い時間の中継になっている今回のW杯。
夜更かしするにしても早起きするにしても
1日3~4試合見るのはかなりキツイわけだが、
これが真っ昼間の中継だったら
それはそれでまったく仕事にならないわけで、
こんな感じの時差でちょうどいいのかと妙に納得する今日この頃である。


それでも
W杯期間中はリーグ戦が中断しているんだから、
J1でよかったことよとしみじみ思う。
このうえ週末に自分とこの試合があった日にゃあ、
体がもたないっつーの。


今日の練習試合、
ミニキャンプがキツイのか
W杯観戦がキツイのか
体が重そうに見える選手もおり、
まあ、そこはそれ
これからコンディションを上げていっていただきたいところである。


そんな中で
大学生相手とはいえ
一人気を吐いたウッチー。
6点目までは数えてたけど、
あとはスルーしてしまった
(っていうか途中で帰ってきちゃった)。
去年のファン感謝イベントでは
「35億!」
をやっていたウッチー。
明日は何をやってくれるのか楽しみだなぁ。
「半端ないって!」
は、もうお腹いっぱいだから勘弁してほしいけど。


今日はミンテJr.が来ていた。
荒野におとなしく抱っこされて
クールダウン中の選手たちの輪の中にいた。
都倉んちの子と同じくらいなのかな。
走りながら2人が子どもの話をするのが聞こえて
微笑ましかったことである。

1529648961-6.22.jpg
360度回転するスプリンクラー。

今日はそんなに風がなかったが、
最前列まで水しぶきが飛んでいた。

今やミシャサッカーに
必要不可欠な散水。
水しぶきくらいかぶりますとも!
↑
ホントは絶対嫌だけど。


posted by rocket2号 |15:14 | 酔いドーレ日記 |

2018年06月20日

菅ちゃん、言うね

セネガルの監督、EXILEで踊ってそうだよね、
で、お馴染みの札幌ロケッツです。←Leo the football風に始めてみた。


信仰心ほぼゼロのわたしであるが、
西野神社のお守りをテレビの前に置いて観戦したら勝った。
恐るべし西野神社。
っていうか、
わたしが推している国は悉く初戦で苦渋をなめており、
まったく期待しないで見ていたから勝ったとも考えられるわけで。
2戦以降もこのスタンスでいく?
頑張れニッポン!


イケメンとか超有名な選手の名前を口にすると
「にわかか!」
と言われ、
戦術とかプレースタイルについて言及すれば
「ルミ子か!」
と言われる。
サッカー女子は生きづらい時代である。


昨夜の失点シーンを見ながら、
「そこは全員飛んじゃダメでしょ」
と思ったわけだが、
菅ちゃんがいれば防げた失点だよなぁとも思った。
こう、ほら、ね、ズサーッと壁の後ろにスライディングすればさ。


そしたら、
当の本人も
失点シーンには自分が必要だった
とつぶやいていた。
しかも「絶対」って。
言うねぇ。

posted by rocket2号 |14:56 | 酔いドーレ日記 |

2018年06月19日

西野監督との浅からぬ縁

盛り上がっているのかW杯。
強豪国がことごとく初戦で勝てないなか(昨日ベルギーとイングランドは勝ったけど)、
「それなら日本代表も行けるかも」
みたいな風潮すらあり、
勝機を見出すのはそこかいっ!と突っ込む人すらいないという
うすら寒い状況である。


昨日行ったお店には大型テレビが2台あり、
W杯仕様の飾りつけや代表メンバーのポスターも貼られていて
「明日(今日のこと)は日本戦を放送しますよ!」
とおねいちゃんが言っており、
W杯のハイライトみたいなのが流れていたのだが、
途中からハムの試合に切り替わってしまった。
そんな感じである。


1529392685-1.24A.jpg
わたしのサッカー好きを知っている友人が
買ってきてくれたお守りである。
西野神社(札幌市西区)で売っていたそうな。

日本代表はそんなに熱心に応援してないけどね
とは言わずにありがたく頂戴した。
その後の監督交代劇で
西野さんが後任となったのも
西野神社との浅からぬ縁。←そうなのか?


しかし、この写真、
回転をかけて縦になるようにしたのに
横になってしまうのはなぜなんだ。
立ち上がれないジャパン?


頑張れニッポン!←とってつけたように。
いえいえ、応援してますよぅ。


posted by rocket2号 |16:05 | 酔いドーレ日記 |

2018年05月22日

深井さん怒る

シーズンを通して同じ審判に2試合ジャッジされることは今までもあったが、
過密日程とはいえ、
開幕から今までの短期間に同じ審判に2回当たるのは稀だと思う。
偶然だろうけど、
この人が主審のときは大量失点しているんだよなぁ
(セレッソ戦3失点、今回4失点、共にアウェー)。


そういえば、
ハンドを謝罪してくださったあのお方も
今季すでに2試合でお目にかかっているんだよなぁ(共に引き分け・アウェー)。


まさか1シーズン3試合とか、ないよね。
ないことを切に祈る。
あるとしたら今度はホームか…?


宮澤の2枚目のイエローが出たとき
あの温厚な深井さんが激高しており、
主審の背中に向かって
「おいっ!」
と言っていた。
わたしにも経験があるが(←いつ?どんなとき?)、
興奮のあまり「おい」が「ぅおぇい」みたいになっちゃってるのが
口の動きでよくわかった。
そして
「ボール!」
と言っていた。
宮澤の足はボールに行っていただろうという抗議である。
リプレイを見ればそれはわかったし、
解説も
「(宮澤の足は)ボールに行ってますけどねぇ」
と言っていた。
そして
直後に深井さんはチームメイトに制止されて画面から消えた。


こっちが勝った試合で
相手サポーターがジャッジに対する不平不満をぶちまけているのを見ると、
どうしても負け犬の遠吠えにしか見えないわけで、
かっこ悪いなぁと思うので、
今回はジャッジに対する不平不満は封印する。←という時点で開封されちゃってるわけだが。


今日の宮の沢は好天。
選手たちはリフレッシュして
ミシャがまだまだやることはあると言っていた
中断期間のミニ(という名の結構長い)キャンプに備え、
審判たちは
W杯やCL決勝戦などを録画して何度も何度も何度も見て
世界基準のジャッジについて学んでいただきたい。

posted by rocket2号 |15:46 | 酔いドーレ日記 |

2018年05月18日

稲本に会えてよかった

「猛獣注意」みたいな鉄柵に阻まれ、
柏サポーターである叔母との邂逅を果たせなかった日立台であるが、
その後、叔母からは
「試合内容も応援も、札幌のほうが上でした」
という完全白旗メールがきた。
そうでしょうとも、そうでしょうとも。
しかし、
「でも、稲本に会えてよかったです」
という一言を添えるあたりはさすが我が叔母。
負けず嫌いは血筋である。


あの日、
ボランチで途中出場した稲本は
しっかりと試合を締める役割を果たし、
誰もが
やっぱりサッカーうまいなと改めて思ったはずである。
それだけに、
ルヴァン杯などでセンターバックをやっているところは
どうも窮屈そうに見えてしかたない。
それがミシャ流ということなのかもしれないが。


言っておくが、叔母よ。
稲本には「会った」のではなく、
「見た」だけだからね。
↑
そういうところもやはり血筋である。
トホホ。

posted by rocket2号 |16:48 | 酔いドーレ日記 |