コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2015年01月10日

豆乳キムチ鍋 feat.板粕

本日、大熊商店さんから北の勝「板粕」が届きました。
何とも、芳しき香りが立ちこめ、パラダイス!

さて、早速に板粕を使用した料理を作りました。
豆乳キムチ鍋に板粕を投入し、コクと旨みをパワーアップです。

豆乳と酒粕の色が被っているので、見た目は変わりませんが、10倍ぐらい美味しさが上昇。
個人的感想です!

1420884929-IMG_3737.JPG

レシピは秘伝です。
本当は、適当に作ったので公開できません。

なお、だし汁は、「あご入りだし」で取りました。


大熊商店
根室市宝町1丁目46
0153-23-4312
	
kangieは、コンサドーレと根室の地酒「北の勝」を応援しています。


posted by kangie |19:13 | 男の料理 |

2014年12月14日

甘酒の甘き香り

今週末は、旭川に滞在しています。

寒いですねえ。老体にとっても応えます。早く春にならんかな。と思う。
こんな日は、甘酒が良いな。

北の勝板粕の最後の一袋を開け、甘酒を作りました。
塩こんぶと絶妙のマッチ。美味いです!

1418524979-amazake_2014.12.14.jpg

板粕は、ほぼ1年間冷凍してありましたが、変わらぬ風味。今朝、撮影した現物です。

1418524993-IMG_3647.JPG

北の勝板粕は、例年1月初旬に売り出されるので、既に予約済みです。
商品は、こちらを参考にしてください。

大熊商店
根室市宝町1丁目46
0153-23-4312


posted by kangie |11:41 | 男の料理 |

2014年03月01日

ホッケカツカレー

本日の昼食はカレーライスです。
コンビニやスーパーで材料を購入して、簡単に作るカレーです。

今回は、ホッケフライを乗せたホッケカツカレーです。フライは、何でもOKです。

1393647868-hokkecurry.JPG

■作り方
1 ホッケフライを、オーブントースターで10分程度焼く。
2 レトルトカレーを温める。
3 電子レンジでおにぎりを温める。
4 お皿におにぎりを乗せ解す。
5 あとはフライを乗せ、ルーをかけて出来上がり。

使用するおにぎりは、具を混ぜてあるのが適していると思います。
今回は、ローソンの「わかめごはん」です。

ルーはハウスのカリー屋カレー大辛にしました。材料費は300円程度ですね。


posted by kanchi |13:23 | 男の料理 |

2014年02月28日

鴨そばに魅せられて

最近、「冷凍 日清のどん兵衛 鴨だしそば」にハマっています。

冷凍技術の進歩はここまで来たかって位、シコシコです。
内袋に入れたまま電子レンジでチンして、スープは熱湯で薄めます。

鴨の風味が素晴らしい。

最近は、大根おろし納豆そばにして食べています。
液体スープは熱湯で濃い目に薄め、大根おろしと納豆を投入。

ざるに盛ったそばを、つゆに浸していただきます。
夏になれば、冷やしたぬきも良いですよ。

価格はオープンですが、近所の生協では105円で販売しています。

他のメーカー品もいただきましたが、他の追随を許さない出来だと思います。

1393588552-image.jpg


posted by kanchi |20:54 | 男の料理 |

2014年02月15日

ビーフステーキ

本日の練習試合は鳥栖と45分×4ですか。がんばれ!

さて、先週の「モヤモヤさまぁ~ず2」で大竹さんが美味しそうに食べていたステーキ!
黙々と…、いつものように三上さんに「しゃべれよぉ」って突っ込まれていました。

お店は、井之頭沿線にある永福町の「町の洋食屋さん グリルマリノ」さん。
メニューは「インディアンステーキ」でした。

昨晩のこと、なぜか急に思い出し、食べたくて食べたくて…
近所の生協で「牛肩ロースステーキ用」(オージービーフ)を買って来ました。152g346円。

1392440859-IMG_2676.JPG

■作り方
1 牛脂(無料)をフライパンで熱し、強火で片面を焼きます。良き香り。
2 引っくり返して裏面を焼く。焼き加減はお好みでどうぞ。
3 ステーキを皿に盛る。
4 フライパンに残った肉汁にステーキソースを入れて、温める。
5 ステーキにソースをかけて出来上がり。

滅茶苦茶美味い。明日も食べたいぐらい…、ははっ!当然我慢ですねえ。

デザートは、ローソンUchiCafeのザッハトルテ(ホイップクリーム付き)でした。
本物のザッハトルテが食べたいよぉ!!


posted by kanchi |14:06 | 男の料理 |

2014年01月25日

銀鮭の粕汁

きょうは、銀鮭が安かったので、「北の勝 板粕」で粕汁を作りました。

具は、銀鮭のほかに大根、しらたき、えのき茸、椎茸、長ねぎです。
不覚にも、大好きな油揚げを忘れました(苦笑)

こだわりは、鮭は焼き、最後に鍋に投入することです。生臭さが嫌いな方に向いていますよ。
焦げない程度に焼いて、骨を外して投入です。

1390642706-IMG_2547.JPG

北の勝 板粕は現在品切れ中のようですが、また入荷するようです。
ご入用の方は、大熊商店さんに相談してみてください。

大熊商店
根室市宝町1丁目46
0153-23-4312

[参考]
お値段は、500g詰めが180円。3㎏詰めが1,000円。税込です。
送料は30㎏まで、破格の470円。ゆうパック利用です。


posted by kanchi |18:36 | 男の料理 |

2014年01月12日

男の甘酒

朝の除雪後、北の勝板粕で甘酒を作りました。

[簡単レシピ]
まず、板粕を千切って鍋に入れ、適量のお水を加えます。
30分ぐらい放置してから、砂糖(グラニュー糖)を入れ火にかけます。
中火から弱火で、適度なつぶつぶが残る程度まで熱します。
最後に生姜微量(チューブ入りで可)を加え完成です。

濃いのが好きなので、ご覧のように器に盛りスプーンでいただきます。

1389499130-amazake.JPG

北の勝板粕はアルコール度数が高いので要注意です。車の運転は控えましょう。

北の勝板粕の購入は、こちらを参考にしてください。

大熊商店
根室市宝町1丁目46
0153-23-4312


posted by kanchi |12:52 | 男の料理 |

2013年08月14日

浅漬けにハマる

最近、浅漬けにハマっています。

昨日の北の勝吟醸のお供もキュウリの浅漬けでした。

もう、1か月ほどキュウリです、
キュウリは安いからなあ(苦笑)

きょうは、茄子にしてみようかと思います。

それにしても、エバラの浅漬けの素は便利だぁ!と思います。
野菜を切って30分間浸すだけ。


浅漬けの素


posted by kanchi |12:37 | 男の料理 |

2012年11月17日

男の肉じゃが

先日、大熊商店の女将さんからじゃがいもを頂きました。
ということで、肉じゃがを作りました。

エバラすき焼きのタレで作るとっても簡単レシピの男の料理です!!
実は、宅飲み会で評判が良かったので、再チャレンジです。


肉じゃが

■材料
・ 玉ねぎ 中1個
・ じゃがいも 4~5個(直径6㎝ぐらい)
・ 豚バラ肉(牛バラ肉) 100~150g
・ しらたき 150g
・ 油 適量
・ お水 300ml
・ すき焼きのタレ 100ml

■作り方
1 材料をフライパンで順番に炒める。
2 鍋に材料を順番に移す。
3 お水とすき焼きのタレを加え加熱する。
4 煮立ったら弱火にして15分ほど煮る。

じゃがいもに楊枝を指してスッと通ればOKです。

※ 夕食は糖質を控えねばなりません(汗)


posted by kanchi |12:32 | 男の料理 |

2012年05月20日

春の稲荷寿司

助六寿司ってご存知ですか。稲荷寿司と巻き寿司の詰合せです。

いまから50年近く前、小学生低学年の頃の運動会の昼食は、まさに助六でした。
当時はご馳走だったと思います。副菜は玉子焼とか、お煮しめでした。

運動会では、運動靴ではなく足袋を履いて走りました。

生徒全員が足袋で競技に参加していました。

通学には、ゴム短靴を履いていたなあ。きっと、運動靴は高価だったのかな…

その後、稲荷寿司の酢飯に、甘辛く煮た干瓢と椎茸を刻んだものが混ぜられるようになりました。
これが美味しくて。今でも大好物です。

というわけで、作ってみました。とても簡単です。


稲荷寿司  用意するのは、
  「味つけ油あげ」と「ちらし寿司の素」、
  あとは温かいご飯です。
  ご飯を炊いて、ちらし寿司を作り、
  油揚げに詰めるだけです。

  春っぽく、桜でんぶをトッピングしました!!


酢飯の量がバラバラですね。人様にはとってもお出しできません。

ちなみに、むかし太巻きに挑戦したことがありますが、難しかったと記憶しています。


posted by kanchidole |18:28 | 男の料理 |

2012年02月25日

男の三平汁

きょうは、「北の勝 板粕」で三平汁を作りました。


三平汁


具材は、玉ねぎ、人参、えのきだけ、生ふのり、油あげです。
冷蔵庫にあった有り合わせです。

何とも、微妙な取り合わせですが、北の勝の板粕は、七難隠す…です。

鮭は、紅鮭の切り身を2切れ使用しました。
つまり、2食分です。

最後に、長ねぎを散りばめ完成です。作り方は、検索してください。

食べるときに胡椒を振ると一段と美味しさが増します。
温まります。やはり冬は、鍋物や汁系がよろしいようです。

板粕は、大熊商店で購入しました。お安いですよ。


大熊商店
根室市宝町1丁目46
0153-23-4312


posted by kanchidole |20:59 | 男の料理 |

2012年02月04日

男の野菜カレー

先週の日曜日、テレビで美味しいカレー屋さんが紹介されました。
場所や名前は忘れました。

そこの人気メニューは「野菜たっぷりカレー」だったと思います。

ルーカレーの上に、軽く炒めたピーマン、パプリカ、蓮根などが乗っていました。
とっても、美味しそうだったので、作ってみました。


野菜カレー


野菜は、左からさつま芋、グリーンアスパラ、ピーマンです。

食べやすい大きさに切った後、電子レンジで1分間ほど加熱。
あとは、フライパンで炒めて、カレーライスに乗っけます。

彩を考えて、福神漬を添えました。
赤、黄、緑(青)とくれば、信号ですね(苦笑)

とても、旨かったです。自画自賛です。


posted by kanchidole |13:16 | 男の料理 |

2012年02月01日

男の粕汁

きょうは、「北の勝 板粕」で、粕汁を作りました。美味しそうでしょ!


粕汁


具は、大根、人参、しらたき、油あげ、刻みネギにしてみました。
板粕を贅沢に使ったので、体が温まりました。

ほろ酔いです(苦笑)

だけど、鮭を入れたら、もっともっと美味いだろうなと思いました。
次回に挑戦です!


作り方は、検索エンジンでお調べください。悪しからず!


posted by kanchidole |20:06 | 男の料理 |

2012年01月21日

うに丼を喰らう

けさは、9時ごろに何とか起床。「魚信」に急行しました。
昨晩、久しぶりの晩酌で、北の勝を飲み過ぎたため寝坊しました。

生うに、お刺身盛合せ、ふのり、たらの醤油漬けを購入。
生うには、うに丼にして昼ごはんにしました。もちろん、蝦夷ばふんうにです。


うに丼

丼に、炊き立てのご飯をよそって、刻み海苔をふりかけ、うにを一折のせる。
わさびを溶かした歯舞昆布醤油をかける。かっ込む!

実は、一身上の理由から、うには禁止食物だったのですが…
せっかく根室にいるんだから、清水の舞台から飛び降りる覚悟でいただきました。

綺麗なオレンジ色ではありませんが、濃厚で甘みがあります。
むかし利尻島で食べたうに丼に勝るとも劣らないお味でした。まいう~!

あまりの美味しさに、癖になりそうなのが少し不安です。

生うに  お刺身盛合せ

根室歯舞舞浜産「生うに」(680円)と「お刺身盛合せ」(480円)です。


posted by kanchidole |12:43 | 男の料理 |

2011年12月10日

男の大根煮物

旬の食材だいこんを使い煮物を作りました。ずばり男の大根煮物です。

何が男なのかと言うと、彩不足。
絹さやなどが乗っているといい感じなのですが…!

大根煮物

■材料

・ 大根 10㎝ぐらい
・ 鶏肉 100g
・ 水  適量
・ 油  大さじ1
・ 砂糖、酒、みりん 各大さじ2
・ 醤油 大さじ3

■作り方

1 大根は2㎝ぐらいの厚さに切り2等分にする。(大きい場合は1/4)
2 鶏肉は一口サイズに切る。
3 鶏肉、大根を油で炒める。
4 大根がひたひたになるくらいの水を入れる。
5 砂糖、酒、みりん、醤油を入れる。
6 煮だったら味を確かめ、中火にして10~15分ほど煮る。(楊枝が通ればOK)
7 冷まして味がなじんだら美味しくいただく。

お肉は、健康上の理由から鶏モモ肉を使用していますが、豚肉でも大丈夫。


posted by kanchi |18:08 | 男の料理 |