コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2014年06月30日

2014 J2第20節 札幌 3−2 FC岐阜

岐阜戦は、小山内と荒野の得点で2-0となった時点で勝利をほぼ確信しましたが、そこから苦悩と歓喜のドラマが待ち受けているとは、誰が予想したでしょう。まさに劇的勝利。ユニを脱ぎたくなるのが分かります。私も脱いで大空めがけて投げたいくらいでした。

さて、当日は、生憎の雨模様でしたが、厚別区民デーの招待に夫婦で当選しており、欠席は念頭にありませんでした。幾分小雨になった12時半過ぎに外に出てみると思ったより雨脚が激しく、シャトルバスで厚別に向かうことにしました。大谷地駅に行ってみると、長蛇の列。1台目には乗れず2台目に乗車できました。

12:50頃に到着し、4番ゲートから入場。SB自由席のホーム側最上段に席を確保しました。スタンドを見渡すと思いの外、入場者が多く安心しました。昼食ですが、必勝弁当は雨天だと食べるのが大変なので、白身フライサンドにしました。

1404121957-DSCN1920.JPG  1404121975-DSCN1921.JPG

前半は、比較的静かな立ち上がりでした。落ち着いていたと言えるかな。ボールが行ったり来たりするのを観ていたら、対角線上(SAアウェイ側)で赤黒の選手が振り抜いた弾丸シュートがゴールネットを揺らしました。途中でワンバンしたようにも見えましたが、度肝を抜く推定25mの強烈ミドルシュート。それが、小山内選手のプロ初ゴールでした。良いものを見せていただきました。

1404122037-DSCN1925.JPG

その後も攻守が入れ替わる展開でしたが、惜しむらくは、追加点は奪えませんでした。前半のうちに、もう1点欲しかった。

1404122078-DSCN1934.JPG

後半に入り、岐阜はMF28水野、さらに15分にMF25清本が入り、アグレッシブに攻めてきました。大げさに言えば劇的にボールが回るようになった印象。コンサは23分に砂川→内村、25分に上里→石井と交代し、直後の26分に上原(拓)のロングパスを胸で受けた荒野がゴール。待望の追加点に勝利を確信しました。

1404122114-DSCN1944.JPG

しかし、直後の26分に益山、さらに39分には遠藤にゴールを割られ、何と同点にされました。岐阜の得点は途中出場の選手が絡んでおり、遠藤は後半34分に入ったばかりだったので、これはしてやられたと思いました。

あとは、何とか引き分けで終わればくらいの弱気になりましたが、後半42分に入ったソンフンが値千金のゴールを決め、決着を付けました。久しぶりに(小さく)絶叫しちゃいました。「脱ぐな!ぬぐな!」と叫びましたが、ソンフンに聞こえるわけもなく、結局脱いじゃいましたね(爆)

1404122144-DSCN1947.JPG

試合内容はそんなに悪くなかったと思います。多分勝ったからだと思います。負けていたら…。前半はコンサの方がポゼッションは高かったと思います。後半の入り方も落ち着いていた印象でしたが、途中出場の相手選手にかき回され、対応できなかったですね。そんなことより、目指せ3連勝!!!

1404122176-DSCN1958.JPG  1404122250-DSCN1968.JPG

6月は、2勝1分け1敗。やはり横浜FC戦のロスタイム被弾での引き分けは痛かったと思います。


posted by kanchi |18:51 | 現地観戦 |

2014年06月28日

岐阜戦の収穫

連勝 安堵 幸せな気分

小山内貴哉選手のプロ初ゴール
チョン ソンフン選手のJリーグ初ゴール

荒野拓馬選手の3戦連発弾(1ゴール1アシスト)
ロスタイム勝利弾 勝ち点3

たつみのやきとり ラモスの苦虫

1403953235-DSCN1963-2.jpg

小山内選手のシュートは、目が覚める鮮やかなミドルでした!

[追記] 23:40 
村上春樹著「ねじまき鳥クロニクル 第3部 鳥刺し男編」読了。
あとは、「海辺のカフカ」と「1Q84」を読めば、村上さんの長編を制覇です。


posted by kanchi |18:43 | 現地観戦 |

2014年06月26日

夢は終り、また始まる

日本代表のブラジル大会が終わりました。
選手は、現地で解散のようです。

終わったばかりなのに、話題が豊富です。

マスコミが、ネタ探しに焦っている姿を想像し苦笑しています。
所詮、発言は切り取られるので…。

まずは、ゆっくり休んで欲しいと思います。
試合のことや今後のことは、後で聞かせてください。

そんなに簡単に悔しさは晴れないと思いますが…。

スポーツ選手は、夢を与えてくれる存在です。
これからも夢を見させてください。

だけど、本田選手の言葉は当面聞きたくありません。空騒ぎ!

>Much Ado About Nothing

posted by kanchi |18:10 | 日本代表・W杯 |

2014年06月25日

練習試合vsサンフレッチェ広島

室蘭で合宿中の広島とのTM(45分×3)は2−4の敗戦。
内訳は0-0、2-2、0-2です。

1本目と2本目の途中までがレギューラー組のようです。
コンサの2本目は頭から小野が登場。

小野が起点となり8分に荒野、17分に石井が得点。
レギューラー組では勝ったってことかな。

練習試合の速報、動画、フォトギャラリーがオフィシャルにアップされています。

動画もフォトも小野選手がメイン。
動画の最後には小野のインタビューまで。

至れり尽くせりです。有難い!!

7月20日のチケットは早めに購入しておきます。

posted by kanchi |18:33 | 練習試合・練習見学 |

2014年06月25日

下臈端(げれっぱ)

ゲロッパ(Get Up)は、ジェームス・ブラウンの代表曲。
ゲレッパは、北海道弁で最下位。

今朝、6時頃目が覚め、スマホでコロンビア戦を確認1−1。
そして、ギリシャが先制していた。再び夢の中へ。

ロドリゲスが後半から出場したようだ。
勢いづくコロンビアに3点奪われ1−4の大敗。

ギリシャは一度コートジに追いつかれたけど、ロスタイムPK弾で勝利。凄すぎ!
グループCは順当(FIFAランクどおり)な結果…

1403745119-image.jpg

勝ち点1の最下位とは情けない。
だけど、これが実力。

初戦のコートジ戦に逆転負け、10人のギリシャにドロー。
これで、コロンビアに勝てるわけがない。

まだまだブラジル大会は続きますが、観るのは決勝ぐらいかな。
ブラジル×アルゼンチンの南米対決かな。

そうそう、オランダを忘れちゃいけない。


posted by kanchi |12:26 | 日本代表・W杯 |

2014年06月24日

朝コンの荒野

朝からコンサドーレの録画を観ました。

富山戦のヒーローインタビューは、先制点の荒野拓馬選手です。
次節の岐阜戦のゴールも期待していますのでよろしくお願いします。

3戦連発だぁ!

1403605975-IMG_3123.JPG  1403605989-IMG_3124.JPG


先制点後のゆりかごダンス。FKを決めてゴール裏に手を上げる砂川選手。

1403606036-IMG_3121.JPG  1403606052-IMG_3122.JPG


posted by kanchi |19:29 | 試合 |

2014年06月24日

平家物語

あまりにも有名な平家物語の冒頭です。


祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。

おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。
たけき者もついには滅びぬ、偏に風の前の塵に同じ。


時代を超越した言葉だと思います。

戒めにしています。

posted by kanchi |12:30 | life |

2014年06月23日

青空、たんぽぽ

今朝、撮影しました。とても、綺麗な風景だと思いました。
そして、歩きながら、思ったことです。

1403572557-image.jpg

大きな決断をするのは、勇気が要ることです。
迷いや躊躇は当然のことだと思います。

だけど、迷いや躊躇は人間の大切な特性だと思います。

責任を任された者は、耳と心を開かなければならないと思います。
多くの声を聴く勇気が必要です。

前のめりになると、裏を取られ窮地に陥ることにもなりかねません。

サッカーだったら、失点を取り返すことは可能です。
逆転もできるでしょう。

頑な判断は、時として不幸を招きます。


posted by kanchi |12:23 | life |

2014年06月22日

“オシムの国”のW杯

NHKで「“オシムの国”のW杯」を観ました。
多民族国家ボスニア・ヘルツェゴビナのW杯初出場の記録です。

内戦を乗り越え出場したブラジル大会。
アルゼンチンに果敢に戦いましたね。

何より、オシム氏の近況を知ることができました。
彼が、日本代表監督を続けていたら、などと考えました。


悲しいことですが、世界中で戦争が続いています。
民族や宗教の対立は終わることはないのかな。

戦争は決して起こしてはならない。そう思います。

posted by kanchi |21:59 | 日本代表・W杯 |

2014年06月21日

勝てたのが何より!

富山戦は、辛勝でしたね。とりあえず、勝ててよかったです。

開始早々は、富山がボールを拾っていました。
その後、20分過ぎからボールを拾いパスがつながるようになりました。

そして29分、荒野が都倉とのワンツーからゴール前に走りこむ。相手DFがクリアミス。
荒野がGKを交わして落ち着いてゴールを決めました。
※先制点は奈良→荒野→都倉→荒野→砂川→荒野

素晴らしい!あの落ち着きを忘れないでね。

35分には、ゴール前正面25m付近で砂川が倒されてFK獲得。
砂川が、ゴール左上隅に直接決めました。

素晴らしい!!今季3得点目。

後半の入りは、やはり富山の動きがよかったと思います。
コンサはボールが収まらない。ロングボールは繋がらない。

24分、パウロンがペナルティエリアで白崎を倒しPK。白崎に決められました。
CBがゴール前に蹴ったロングボールに競り負けたパウロン。

失点はいただけないけど、1点で済んでよかった。
勝つことが大事です。次の岐阜戦に勝って連勝しましょう!

夕食の準備が終わったので、祝杯を上げます☆

posted by kanchi |17:03 | 試合 |

2014年06月21日

勝利をコンサに!

富山戦は、旭川からスカパー観戦で応援です。

ホーム厚別で最下位の富山と対戦。
勝たなければ!

石井選手がスタメン落ち。荒野選手の活躍を期待します。

都倉選手と荒野選手の得点で勝利。
スコアは2-0を予想。

とにかく、勝ちましょう!!

posted by kanchi |13:43 | 試合 |

2014年06月20日

アジア金星堂「スラバヤチキン」(新旭川)

久々に金曜日のカレーです。勿論大好きなアジア金星堂に行きました。

今回は、インドネシアのカレー「スラバヤチキン」にしました。
以前、時間がなく断念しましたが、今週末は旭川滞在なので、たっぷり時間があります。

30分は覚悟しましたが、他のお客がいなかったためか、15分ほどで運ばれてきました。
エビ味噌とココナッツミルクの風味。サンバルのホットな辛さが特徴です。

ガラスの食器ですが、冷製ではありません。HOTです。

口当たりは甘いのですが、意外と辛いようです。後で汗が吹き出てきました。
レベルは3にしたのですが(苦笑)


1403262531-surabaya.JPG

揚げたまごが珍しいなあ。中は半熟です。チキンはほろほろと解れます。骨まで愛して!!
美味しゅうございました。お値段は1,100円。

アジア金星堂
旭川市東5条11−2−1


posted by kanchi |20:07 | カレーを巡る冒険 |

2014年06月20日

ギリシャ戦

ギリシャ戦は、前半35分にFWミトログルが故障で交代。
さらに38分にMFカツラニスが2枚目のイエローで退場処分。

数的有利も最後まで得点を奪えず痛い引き分け。

再三サイドからクロスが上ったけど…。
相手は高さがあるし、単調だったなあ。

まあ、コートジ戦より良かったけど、まだ華麗なパス回しは見られず。
残念です。

次回は25日5:00からコロンビアと対戦です。

1403230644-image.jpg

予選突破とか、どうでも良いです。
もっと、日本代表らしさを出して、コロンビアに勝ってください。

その前に、明日の富山戦に集中しないと!


posted by kanchi |12:26 | 日本代表・W杯 |

2014年06月19日

チキンはいらない。

明日はギリシャ戦ですね。
1敗同士の対戦なので、どちらも必死なはずです。

そんな簡単に勝てる相手ではない。
あとは、平常心で試合に臨める選手を先発させてほしい!

チキンはいらない。

練習や練習試合で、いくら素晴らしいパフォーマンスをしたってね…
本番でビビる奴はいらない。

朝の7時キックオフは厳しいなあ。
前半戦を観て、ハーフタイムに出勤して、後半はスマホで観ます。

ちなみに、チキンはチキンでも、嫁の作るザンギは大好物です!!

[お知らせ]
ロムマンさんのコメントはご希望どおり削除しました。
原因となったと思われる「親の顔が見たい」も削除しました。
なお、今後もコンサとは関係のない投稿は続けます。

posted by kanchi |18:45 | 日本代表・W杯 |

2014年06月18日

懲りないバカッター!

無銭飲食をツイートした大学生が処分されるようです。

まさに「バカッター」ですね。
学習能力がないなあ。

私は、こんなにバカだって、世間に知らしめているのが分からないのかな。
この記事のコメントに「Twitterはバカ発見器」というのがありました。

上手いことをいうものです。

タレントのツイートだってアホ発見器です。

ちなみに、じじは、ツイートはしません。読みません。
短文は、気を付けても、誤解を招く可能性が大きいからです。

そもそも、じじの呟きなど読む方はいないと思います。

[追記] 23:40 
村上春樹著「ねじまき鳥クロニクル 第2部 予言する鳥編」読了。
小説の中にある不思議な世界を、まやかしやはったりと感じる読者には向かないと思います。
でも、僕にはしっくりきます。

posted by kanchi |18:13 | life |