スポンサーリンク

2020年11月10日

比叡山へ

京都駅近くのホテルをチェックアウトしてJRに乗り、山科で京阪京津線に乗り換えます。
地下鉄東西線を走ってから京阪京津線に乗り入れる列車です。
1604903694-IMG_0738.JPG
京都市山科から滋賀県大津までの京阪京津線の路線の一部は、明治期に官設鉄道東海道線が走っていたのと同じルートで(急こう配があって東海道線は別ルートになった)61パーミルの急こう配があります。
1604903747-IMG_0739.JPG
大津市内では4両編成で全長66メートルの列車が併用軌道を走ります。 本来は軌道法上30メートルの編成長制限があるのですが、特例で認められています。
1604903773-IMG_0740.JPG
地下鉄車両が併用軌道を走るなんて、異例中の異例ですよね。 福井でもフルサイズの車両が道路を走るけど、地下鉄の車両が道路を走るというのはなんともユニークです。 こんなこともあるし、逆に新幹線が地下鉄走ったって良いし(小田急ロマンスカーは地下鉄千代田線走るし)、北海道新幹線の札幌駅乗り入れのホーム設置場所がなくて悩んだ際、私は北海道新幹線を札幌市営地下鉄東西線に乗り入れさせたら良いと提案したことあります。 京阪石山坂本線に乗り換えて、まずは南端の石山寺まで乗ります。
1604903795-IMG_0741.JPG
終点の石山寺で折り返して北端の坂本を目指します。
1604903824-IMG_0742.JPG
直進すると坂本で、左折すると京都方面です。(京阪山科を経て地下鉄東西線乗り入れ)
1604903847-IMG_0743.JPG
意外にも全線複線でした。
1604903868-IMG_0744.JPG
坂本で下車して比叡山に登る、坂本ケーブルに乗ります。
1604903896-IMG_0746.JPG
1604906103-IMG_0753.JPG
ケーブルカーの路線としては日本一の長さで、途中駅もあります。
1604906246-IMG_0756.JPG
中間地点で反対車両と交換します。
1604906120-IMG_0747.JPG
このようなケーブルカーではポイント(分岐器)は可動部がないのをご存じでしょうか? こんなシステムなんですよ。
1604906279-IMG_0750.JPG
外側の車輪は両サイドにフランジがあって、レールに誘導され、内側の車輪はフランジレスなので、ポイントを難なく渡ることができるのです。従って、ポイントにはトング部がないので可動部分がないわけです。
1604906315-IMG_0751.JPG
あいにくの天気ですが、琵琶湖が見えました。
1604906341-IMG_0748.JPG
延暦寺には行きませんでした。信心深くない者が見物に行くのもなんだか気が引けるということもあるけど、なにせ喘息で息切れするので歩く自信ありません。
1604906362-IMG_0749.JPG


posted by かもめ |08:32 | 鉄道(船舶・航空機等) | コメント(0) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントする