2008年06月24日

談合問題つづき

談合の話題の続きです。つまらない話ですが。

業者が多いから談合が無くならない,なんていうことを前の話題にしたのですが,なぜ多いのかというと不景気のせいです。元々多いは多いんですが,バブル崩壊の煽りでさらに増えました。

建設業許可業者数の推移
右図は昭和59年からの建設業許可業者数の推移です。バブル期で51万社,その後の失われた10年に業者数が20%ほど増加しています。

これは,会社が職人を雇えなくなってクビを切る・・・のも忍びないので独立してもらって,そこに下請けを出したりしてコスト縮減を図った結果です。下請け構造が高コストの原因なのではなく,コストを下げようとした結果下請け構造が進んだと考える方が近いと思ってます。

当然,不景気が続けば面倒なんか見てももらえないので,結局は潰れてしまい,いまも業者数は減少の一途です。

ちなみに就業者数は,業者数がピークになる1999年のさらに3年前の1996年がピークで,それ以降右肩下がり。景況感と関係ではこっちのほうが一致するかもしれません。


で,これらの会社が生き残りをかけて,公共工事に突入してくるわけですから,それはもうみんな必死です。公共工事のなにが良いって,なんといっても金払い。前払い金はあるし,踏み倒されることなんてまずあり得ません。
大手はなんだかんだとお金が回せるから良いですが,中小・零細では明日の金策すら・・・なんてところだって多いです。結果,赤字だろうがなんだろうが,当面の金策のため安値落札,赤字が出たって潰れるよりはマシ,なんて勢いで競争が起こります。

本来なら価格は市場にお任せでもいいところです。が,公共工事なんて,いっちゃなんですが誰でもできるようなものがほとんどです。自然,価格なんて誰が落札してもそう変わらない程度のところで落ち着きます。そこに,赤字覚悟の落札となると,その結果は当然のように労働環境の悪化と品質の悪化です。

特に公共工事にとって品質悪化は大問題です。トンネルの壁が落っこちてきたとか橋が落っこちたとかは,やっぱりシャレになりません。
仕方なくこれを避けるのに談合,といったロジックが出てくるのですが,じゃあ「談合は必要悪です」で良いのかというとそうもいかないのは当然の話。

例外はあるにしても,だれも得をしてないのに,世間中から悪人呼ばわりされる建設業界はほんと大変です。


posted by cudos |15:06 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

スポンサーリンク

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.consadole.net/cudos/tb_ping/167
コメントする