スポンサーリンク

2019年11月28日

雪降る街

日中、

予想以上に雪の降った札幌市内。


選手達は、

無事九州へと移動したようですが、

僕の勤め先では、

一時、

向かいのビルが見えなくなるほどの雪でした。


そして、

帰宅して案の定。

家人が一度雪かきをしたようですが、

その後に降った雪が再び積もっていました。


家にいた次男と2人で、

今シーズン初の雪かき。


ちょっとやっただけで、

結構な量の雪山になりました。


寒いのは構わないけれど、

雪は嫌だなぁと思いつつ、

街が明るくなるので、

やっぱり降った方が良いかも。


大通公園のホワイトイルミネーションは、

正真正銘のホワイトイルミネーションになっていました♪

posted by kabao |20:52 | City of sapporo | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年11月22日

第39回さっぽろホワイトイルミネーション

今日、11/22(金)から、

第39回 さっぽろホワイトイルミネーションが始まりました。


メインの大通会場のほか、

駅前通会場、

南1条通会場、

北3条広場会場、

札幌駅南口広場会場と、

市内中心部のあちこちで冬の彩りが始まりました。


札幌の場合、

雪がつもる前の今の時期と、

雪が積もってからのこの後の時期と、

1シーズンで2度楽しめるのが、

ほかの街との大きな違い。


真っ暗な中に輝くイルミネーションも素敵ですし、

雪に反射してひときわ輝くイルミネーションも素敵です。


流行りの「映える」スポットもたくさん。


お仕事帰りに、

飲み会帰りに、

試合の帰りに、

ぜひ♪

posted by kabao |21:14 | City of sapporo | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年11月01日

五輪「マラソン・競歩」札幌へ

北海道、札幌にとってみれば、

まさに

「棚からぼた餅」


突然降ってわいたオリンピックのマラソンと競歩の開催話。

話が出てわずか2週間。

あっという間に「決定」となりました。


この間、

多くの人が、

それぞれの立場で、

いろいろなことを思ったでしょう。


でも、

出場する選手に罪はありませんし、

東京という街にも、

札幌という街にも、

罪はありません。


だからこそ、

ただただ、

マラソンと競歩が成功裏に終わることを願うばかり。


そして、

成功とは、

日本人選手が活躍することではなくて、

全ての選手が持てる力を十二分に発揮して、

怪我人やリタイアなく競技を終えること。


さらには、

多くのみなさんに、

札幌という街を楽しんでもらうこと、

札幌という街を好きになってもらうこと。



関係者としてであっても、

ボランティアとしてであっても、

路上で応援する一市民としてであっても、

全く興味のない方であっても、

それぞれにできることはあるはずです。


面倒くさいことは抜きにして、

一生に一度しかないこの機会を大いに楽しみたいと思います♪

posted by kabao |21:57 | City of sapporo | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年10月10日

オータムビアフェスト

札幌・ミュンヘン姉妹都市提携関連イベント

 オータムビアフェスト2019

 inサッポロファクトリー


今週末、

10/11(金)、12(土)、13(日)

の3日間。

サッポロファクトリーを会場に

行われます。


なんと言っても、

サッポロ黒ラベルと、

サッポロクラッシックが、

200円!


さらに、

さっぽろミュンヒナーや、

SORACHI1984も飲めちゃいます。


ビールのまちさっぽろを

楽しんじゃいましょう♪





posted by kabao |21:45 | City of sapporo | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年10月02日

本当に10月だよね?

先週から高温注意報が出ていたとはいえ、

昨日、今日と、

実に暑い。


日中の最高気温が25℃なんて、

9月上旬ならいざ知らず、

10月ですよ、

北海道の。


そして、

明日まで続くこの暑さ。


そうだ、

この暑さは、

G大阪戦に向けた、

お天気の神様からのプレゼントなんだ。


まだ暑さの残る本州、大阪の暑さに負けないための。

神様からのプレゼント。


そう考えれば、

暑さもありがたく思えますし、

週末に向けて、

仕事や勉強もはかどるに違いありません。

posted by kabao |21:07 | City of sapporo | コメント(0) | トラックバック(0)