コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2019年10月29日

埼スタハード&ロックツアー2019/赤と黒の人生

家族に友人にお世話になった皆んなに優勝を見せてあげたい
そして誰よりもこの目で優勝を見たい
空港で、埼スタのコンコースで、古くからの同士たち、近年仲間に加わった同士
誰もが優勝への思いに胸を熱くしていた、その度に涙目になりながら
今回の旅がAWAY(と言っても半分ホームだが)初遠征という仲間もいた

決戦を前に。
入場演出の説明用紙の裏に、同じ趣旨のことが書いてあった
帰ってきてゆっくり読んだら、良いことが書いてあるので引用したい

前段は応援歌の1曲目となった「赤と黒の人生」について
これを読まずしても、1曲目はこれしか無いと思っていた

 「今日は、23年間積み重ねてきた『札幌の歴史そのものの総力戦』だ。
   様々な事情でこの場に来れなかった仲間達の想い、クラブに携わってきた仲間の想い、
   この世を去っていった仲間達の想い、全てを背負って戦おう。
   熱く、熱く、熱く、熱く、今から始まる試合に、持てる情熱の全てをぶつけよう。」

ほんの一部抜粋させていただいたが、まさにこの思いが、応援歌に乗せられたのだと思う

スタジアムに響く「行け サッポロ」
初めからエンジン全開で戦う中、「我慢できない」に乗せて菅大輝が強烈なシュートを放ち先制
決勝5回目のフロンターレがいまだ決勝で無得点の中、わずか10分で先制してしまった

壮絶なゲームはこうしてスタートした
戦っている間は夢中で必死で全力であったが、濃密で楽しい時間だった
決勝戦でしか味わえないムードが埼スタを包み込んでいた
試合が進むにつれて、ゴール裏の熱が指定席に伝播していくのがはっきりとわかった
フロンターレのゴールシーン、向こう半分を占める水色のどよめきと歓声は物凄かった

殴り合い
撃ち合い上等

ミシャスタイルの真骨頂を見せる時が迫っていた
1-2で心理的に追い詰められていた
だが、このまま終わらすわけにはいかない
天国の仲間たちと戦っている
終わらせてはいけない
AT残り時間は僅かだったが、目の前のコーナーに福森がきた
ここしか無い
目一杯サルトした
歌い叫んだ

  ラララララーラ 
  ラララララーラ
  俺らは知ってるぜ
  仲間信じ 一つになって
  戦う強さを
  さあ 行こうぜ
  道は険しくても
  突き進め
  世界を切り拓け
  
頼む、決めるんだ
祈り
絶叫
ゴール裏の、いやオール北海道の、コンササポの全ての思いを乗せて
福森はボールを蹴った
これからもずっと語り継ぎたいコーナーキックだった
深井のヘッドがボールを捉えた
ゴールネットが揺れた

https://youtu.be/OUt1Y0uFc4g

泣いた
目頭を押さえて泣いた
スピリチュアル・ゴールと言ったらいいのだろうか
こんなに劇的なゴールを決勝戦で決めるなんて
写真で、遺品で、仲間達を連れてきてよかった

魂が揺さぶられるゴールを体感させてもらった
福森と深井だけのゴールじゃないんだ
あれはコンサドーレに関わる皆んなの意地だったんだよ
思い出す度に涙ぐんでしまう
カプセルホテルでスマホを見ながら、空港で献杯しながら、展望台で飛行機を見ながら
何度も思い出して泣きそうになった


つづく


posted by odo5312 |11:06 | ルヴァン杯2019 | コメント(0) |

2019年10月28日

埼スタハード&ロックツアー2019 /埼スタ午前4時

上野駅のハードロックカフェで、朝食をいただき
少しだけ元気が出てきたところで思い付いたツアータイトル
ハードな移動、そしてロックな決勝戦
レニークラヴィッツを見ながら、前夜からの自分の動きを振り返った

金曜のJALの最終便598便(出発予定時刻21:45、羽田着予定23:30)だったが、念のため千歳には4時間前に着いた
キャンセルが出ていれば乗る便を早めようと思ったのだった
しかし全便でキャンセル待ち、しかも早割なので変更不可と言われた
そうは言っても、赤黒シャツ着用のJALの地上職さんはコンサ話を振ってくれて優しかった
快速エアポートで14時台の便が花巻上空から引き返したのを確認
サポ仲間を乗せたその便は、千歳で給油して再度羽田へ飛ぶという5時間がかりの大移動だった
おそらく遅延は最終まで続くだろう、そう確信していた
荷物をさっさと預けて、2本前のJALで飛ぶ仲間、同時刻の道民の翼で飛ぶサポ仲間と食事
優勝への意気込みと、初の決勝戦に向けてのワクワク感をサッポロクラシック富良野ヴィンテージなどで流し込んでいた

多くの赤黒同士を見送ったあと、598便の出発は23:55に変更されていた
ハードなツアーが始まったのは2回目の遅延が決定してからだ
使用機がまだ成田にいるという
この時点で出発は1時へと変更され、前日入りの予定から事実上当日早朝入りに

実はこの流れまでは予測し、LINEでは泰然とした感じで、当日入りを予告していた
羽田に着いてから、自分でも驚きの判断を下す
超攻撃的移動だ
羽田から宿泊予定(予約してもいない平和島温泉)をすっ飛ばし大きく縦にサイドチェンジ
JAL様からタクシー代請求権の用紙をいただいていたので、これを使ってどうしよう
タクシー乗り場で多くのサポが迷っていた(と思われる)
ホテルに入ったところで寝る時間はほとんどない
だったらいっそのこと埼スタ行っちゃえ
俺の耳元で俺が囁く
ロックなムードが一気に漂い始めた
ただし、こういうのは嫌いじゃない
むしろカッコいいとさえ思うのだった

仮眠は約1時間、茨城上空からは宝石を散りばめたような夜景が見える
房総半島を大きく回り込み羽田へ着陸
東京、午前3時
まばゆい大都会の光
俺のテンションは上がっていたのだった

タクシーの運転手さんに行き先と予算(1万5千円)を告げる
ここからは交渉術
ミシャから教わったわけではないが、埼スタに行きたい気持ちをぶつけた
運転手さんはサッカーも詳しくないし、まして埼スタの場所も知らなかった
しかし、交渉の末、俺は首都高速をひた走ることに成功した

今の俺には都内に用はない
浦和ICの看板が見えたとき、そして青く光る東横インが見えたとき
なんとかなると思った
警備員がいない公園の入口にタクシーを止めてもらった
レシートを大事に財布にしまい、暗闇に浮かぶ巨大スタジアムを見上げる
電灯に照らされたルヴァン杯決勝戦のフラッグ
外は午前4時にしては生暖かい感じがした

バスケをして遊ぶ若者はいたが、コンササポは誰もいなかった
だが、俺の心は満たされていた
ついにたどり着いた
夢にまで見た決戦の舞台に

独特な形をした屋根や、フジテレビの中継車、コンサのエンブレムが入った案内看板
とにかく夢中で撮りまくる
そしてフロンターレ側を覗いてみる
ベテランのサポがいた
「どうも、札幌です。今日はよろしくお願いします」
「すみません、コンビニってどうやって行くんですか」
親切に教えてくれた
離れる背中に、こう声を掛けてくれた
「1.5キロあるよ」
さすが決勝5度目のフロンサポだ

特に買うものも無いので、埼スタを1周してコンサの北側に戻った
錆臭い水を飲んで、冊伝いに行くとガムテープが無数に貼ってあるのが見えた
関東組、前日入り組、午前1時までで約300弱ものグループが場所取りを終えていた

特に何も用意していなかったので、JALの荷物の白いテープを柵にはった
番号は6時頃、後ろの人にマッキーを借りて「287、5人、名前」とアバウトに書き込んだ
列整理開始は7時であった
藤棚の下の木製ベンチでは数分であるが、横になることができた

それから一人、また一人、ポツポツと同士が集まってきた
本格的に列が伸びたのは電車が動き始めてから
それまで、バイクで西日本から来たサポさんと話したり、前出のフロンサポが
コンサ側に来て撮影スポットを教えてくれたりして楽しく過ごした
「ここからの朝焼け、撮ったらいいよ」
見ると、それは赤黒縦縞だった
「これが決勝戦5度目の余裕なのか」
感心しながらシャッターを切っていた

つづく

1572269676-57339288-CE9F-4FC5-9CF8-55F531842192.jpeg
598便の皆様、良い思い出出来ましたね(笑)

1572269722-0D2087DB-C5DB-48DB-8646-75265DEE1D55.jpeg
初の決勝、入るのも並ぶのも初めて。でも楽しい

1572269767-EF889F2B-E3BC-472D-BE39-5D0C500702A1.jpeg
     コンサの夜明け、と思いました 1573043739-3AD690EF-08D5-4132-BAED-4BCEDA2BC6AF.jpeg


posted by odo5312 |21:31 | ルヴァン杯2019 | コメント(0) |

2019年10月27日

準優勝の翌朝 胸中メモ

俺たちの誇り
赤黒の勇者
https://youtu.be/Gsko6hF2Kck

やりきった
出し切った

選手もサポーターも
ナイスゲームだった
自画自賛していい

翌日の朝
カプセルホテルから
なかなか出られない

明らかにひきずっている
優勝したかった
本気でルヴァントロフィーを獲りにいってた
改めて気づかされた

試合前、試合中、試合後に
心中に去来したモノ
それらはきっと財産になるだろう
それらを大事に温めていければいいなと
ここまで書いたら
やっとカプセルを出られる気がしてきた

posted by odo5312 |07:20 | ルヴァン杯2019 | コメント(0) |

2019年10月26日

羽田空港→埼スタ直行

3時に羽田空港到着

1572030053-7CE6EBD9-BCFE-4DA9-B4FD-30858A3C3121.jpeg

タクシー乗り場で閃いた
大きくサイドチェンジだ

おはようございます
いま高速
埼スタ直行してます(笑)


posted by odo5312 |03:59 | ルヴァン杯2019 | コメント(0) |

2019年10月25日

宮澤裕樹❎菅大輝 決勝直前インタビュー

大事なこと
サポーター含め皆んなで共有したいこと
全部宮澤裕樹が話してくれている

https://youtu.be/8woKwt2E-RQ

頼んだぞ‼️


〈参考〉15節  川崎1-1札幌
https://youtu.be/aqnzD0qNGps

1571946506-D7289D68-939E-4120-AB6A-ADEF28E0387A.jpeg
1571946533-3B54320E-AB21-4728-9862-5E940920784D.jpeg
1571946565-23750DE9-037E-4556-9901-653CEE622214.jpeg


札幌サポ大移動JALテーマソング
山下達郎 /ride on time
https://youtu.be/0xZc6cetXJg


posted by odo5312 |02:34 | ルヴァン杯2019 | コメント(0) |

2019年10月24日

持ち物リスト

金曜夜出発につき備忘録

JALカード(電子航空券)
決勝チケット
クラコンICカード(入場履歴用)
KITACAチャージ
スマホ&充電コード
財布
レプユニ(決定)
タオマフ(選定中)
フラッグ(選定中)
着替え
常備薬
腕時計
🔴⚫️サポの魂(写真、💍)
「楽しむ」by小野伸二


新千歳空港✈️離陸テーマソング
高橋真梨子/遥かな人へ
https://youtu.be/39RoCCb_ULI

飛行機✈️移動テーマソング
浪漫飛行/米米CLUB
https://youtu.be/cUygGkhQWDk

埼スタ出撃テーマソング
https://youtu.be/XtgyqTdsIcY
宇宙戦艦ヤマト

posted by odo5312 |06:34 | ルヴァン杯2019 | コメント(2) |

2019年10月23日

ジュッテンニーロク、ハーティーパーティー

妄想
埼スタで勝って
セレモニーで
トロフィー🏆獲ったどー
ホッカイどー

高速鉄道埼スタ線に乗り
赤黒のウイング  赤羽タウンへ
我がサポーターズクラブもようやく
祝賀会(予定)のお店を予約した

よく考えてみてほしい
決勝戦そのものが新しい景色
準優勝でも新しい景色
だが、我々は強気だ
祝杯はサッポロ黒ラベルで予約した
赤羽で黒ラベル
赤と黒の祝賀会だ


それではお聴きください
竹内まりやさん
今夜はハーティーパーティー
https://youtu.be/lWlgvzXI8eY


1571833464-145F2277-37D9-4E49-B4B7-B9DC3A296852.jpeg

北海道に
札幌に
ルヴァン杯トロフィーを
持ち帰る❗️


posted by odo5312 |21:15 | 悪闘会 | コメント(0) |

2019年10月23日

川崎フロンターレ研究

J公式より
https://youtu.be/Y-_fi-Zm5OE

posted by odo5312 |08:45 | ルヴァン杯2019 | コメント(0) |

2019年10月22日

2008年室蘭ナビスコ杯予選で川崎に勝利

2008年、マッチデープログラム
カッターレ
表紙は平岡です
フロンターレに勝ったーれ
なんて、ギャグでなくホントに川崎に勝ったのだ
勝ったことあるんですよ、J1で
ぶっちゃけ忘れがちな試合ではありますが

1571743366-2B5113AD-7370-47D8-BFD8-118DFCF9D314.jpeg

さて問題です
コンサドーレ・カルトクイズ、難問です
決勝点を挙げた選手は誰でしょう

1571743633-3917F307-54E3-40A6-8534-53FA6AC0FE4B.jpeg

ヒーローになる時、それは今、ヒロ西嶋

1571743738-CF63AF0C-76DB-493D-9712-3492F5A023B3.jpeg

このジンクスからいくと、DFの点取り屋
つまり進藤あたりが浮かび上がってきませんか
進藤派には心強いデータであります
キム・ヨンデも懐かしいですね
キム・ミンテにとっては、名前がすごく似てるので(笑)良いジンクスかも

とある筋の情報によりますと、西嶋氏は現在Jビレッジの仕事をされているとのこと
もし、埼スタに復興ブースがあってヒロくんを見かけたら、
縁起がいいので声掛けしてみてくださいね


posted by odo5312 |20:19 | さっぽろ赤黒史 | コメント(0) |

2019年10月22日

シンサツ、コンサな秋。

1571731198-536C00DF-EE9A-4870-8DF2-A34DE1A58521.jpeg

サンピアザ・デュオも昔からのパートナーである
厚別が近いしね


posted by odo5312 |16:59 | 街角コンサ | コメント(0) |

2019年10月22日

埼スタ持ち物リストに旗

私にとって2008年4月29日以来の埼スタ遠征である
そこで思い出したのだが、というか、ブログを遡ったら残っていたのだが
埼スタ北側の景色がコチラ🔽

1571689437-294428C7-FAF3-4A60-BB36-159C45366041.jpeg

ウイアーを参考にできる日が来るなんて(遠い目)
旗を持参🚩
旗とは
手持ちフラッグも勿論だけど
やっぱり迫力出すにはゲーフラじゃね?


ちなみにJAL様の場合は、ゲートフラッグと言って伝わらなければ
「応援旗」と伝えれば「旗」とか「竿」というタグを付けて荷物扱いしてくれます
今回はルヴァン杯決勝のための旗です🚩と堂々と言いましょう

駒大苫小牧の優勝を思い出しましょう
深紅の大優勝旗のように
津軽海峡をルヴァン杯トロフィーが渡るのです
妄想していいんです!


posted by odo5312 |05:22 | 赤黒札幌歴史散歩 | コメント(0) |

2019年10月22日

虎杖浜竹丸渋谷水産さん札幌ドームデビュー戦YouTube

彗星の如く現れた赤黒のタラコ業者
もうこれでボクらのタラコは渋谷さん一択だ

https://www.consadole-sapporo.jp/news/20190955053/

https://www.shibuyasuisan.com/

パートナー企業から見た景色
準備段階を撮った貴重な動画
北海道コンサドーレ札幌への思い入れが伝わってくる

https://youtu.be/AgN4fLGN9kw
虎杖浜→ドーム  河合竜二CRCの姿も

https://youtu.be/pwzVLoEfn1c
ルーカスフェルナンデス投入時の「世界を切り拓け」
武蔵の決勝ゴール🥅へと繋がり、今に至る

posted by odo5312 |03:45 | スポンサー様/パートナー様 | コメント(0) |

2019年10月21日

中立地での川崎戦 2001年天皇杯3回戦富山

1571657331-8D912D72-84B0-40BD-8A1B-F0BCB6A153B4.jpeg
岡田武史監督ラストゲーム
今野泰幸(18)プロ初ゴール
黄川田賢司逆転惜別ゴール

1571657547-54F88BFE-441F-4580-8681-AC1307052721.jpeg

1571657581-5286B7C6-DD85-442E-869E-8CBEE996357E.jpeg

戦力外通告を受けた野々村は黙々と別メニュー
まさかの解雇通知から1週間
東京から富山でのキャンプに合流

ここで注目したいのは野々村の発言だ

「将来的にも札幌で何かしらやりたい」
「この2年間、北海道に感謝している」

中立地・富山で野々村は最後のキャプテンシーを見せる

「みんなには勝ってくれと言っています」

しかし、フロンターレに敗れ4回戦の鳴門にはたどり着かなかった
2001年12月9日 川崎に延長負け

これを境にコンサドーレは長い低迷期に入ることになる



posted by odo5312 |20:26 | さっぽろ赤黒史 | コメント(0) |

2019年10月21日

注意喚起 聖地厚別老朽化

今朝の道新 第2社会面より

1571608970-271471C9-4172-4D81-B1FB-22045C0E615E.jpeg

スタジアムの安全と安心
これはゆゆしき事態だ
根元から曲がったということは
金属疲労の可能性も否定できない

もしJリーグで事故が起きたら
クラブへの制裁は不可避
健康スポーツ・公園緑化協会や
札幌市と来季に向けて協議して欲しい

来季はオリンピックがらみで
厚別開催が増えるだろうから

https://twitter.com/ryuryu8085/status/1185850822401200129?s=21



posted by odo5312 |07:00 | 厚別劇場 | コメント(0) |

2019年10月20日

2004年6月23日J2川崎戦の苦い記憶

川崎フロンターレ戦を語る上で避けて通れない試合がある

あの時は札幌サポーターの誰もが汚点だと思った
だが、札幌の成長過程を長いスパンで見たとき、
あの等々力の惨敗は汚点ではなく、大河ドラマにおける
札幌の幼少期だったのだとわかる
今だから直視できる、今だから見直しておきたい新聞記事を
載せてみたい

かつて辛酸を舐めたサポーターたち
離れてしまった者、応援し続けた者
帰ってきた者、昔話なんて関係ない者
いろいろおられるんだろう
そして埼スタに集合するんだろう、まるで同窓会のように

10.26(じゅってんにーろく)頂上対決は
JFL時代から脈々と繋がる札幌川崎対戦史の
一つの大きな集大成になるだろう

1571572880-05D35FAF-DAA2-4FE4-9561-4C5C4760D484.jpeg

1571573728-59B85655-1A67-428A-9592-3E4C1545E786.jpeg



1571573830-D9024AC2-F6B0-4397-A6BF-1C7CC9ABDBD9.jpeg

1571573882-7A50839F-299F-417D-AD7B-F978EE0179FA.jpeg


posted by odo5312 |20:59 | さっぽろ赤黒史 | コメント(0) |