コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2023年01月03日

ミシャ式とは

新年明けましておめでとうございます
一発目の関東サポーターSの不定期コラム

ミシャ式を一言で表現すれば「不安定」

サッカーなんて、バスケや野球と違って、一点差を逆転することが難しいスポーツなんだから、定石を考えたら、ガチガチに守って偶然1点先制したらより守備を強化して、相手が迂闊に出てきたらもう1点加点して逃げ切るのが王道なスポーツなのである。
ただ、試合運びとしては安定性は確かにあるのだけど、こんなのをのべつ幕なしにこれをやられたら、例え勝ち続けたとしても、余程のコアファンでもない限り見ている方が飽きてしまうのは、間違いない。

2点差をつけられてアッドタイムに4-3で逆転勝利なんて、見方を変えれば3点とられた守備が崩壊しているチームだし、実際「いいキーパーにおんぶに抱っこして守る」積りでいる(その証拠に、菅野大谷がいないとき破滅的負け方をしている。得失点差−10はそのせいである)のだろうね。定石から考えたら、後ろめの選手が上がりまくるのだから、ちょっとしたことで攻撃も守備も空回りして破滅するのだろう。
ただし、ハマれば、相手の守備に不安定な綻びを生じさせ、昨シーズン最終盤に強豪4チームから勝ち点10をもぎとる真似ができるわけだが、そこのところは相手のあるところだし、ゲームが始まってみないとなんともいえない所が大きい。従って、勝ち負け度外視で毎試合毎試合見逃せない戦い方になってはいる。

ペトロヴィッチ監督は「ワクワクするサッカーをしたい」と常々発言しているが、ワクワクの正体は勝ち続けることではなく「勝っても負けてもハラハラして血圧が高くなりますよ」っていうニュアンスが正しいのではなかろうか(杉浦通訳がどこまで本当のところ開示しているか、よくわからないけど)。そしてそこのところの原因は、しているサッカーが「不安定」を志向していることにある。

posted by ホテルニュー越谷   |21:33 | 関東サポーターSの不定期コラム | トラックバック(0)

2022年12月15日

たまにこんな話も

関東サポーターSの不定期コラム
コンサドーレと関係ない話

エンジンが全くついていない完全モーターの軽自動車がカー・オブ・ザ・イヤーになったそうだけど、それで本当にいいの?

今だって雪で渋滞に3日巻き込まれた話とかあるじゃん。あれ、JAFは、遭難した車にはガソリンを補給してくれるんだけどさ、電気までは面倒見ないよね。更にいうと、完全電気自動車は、エアコンで電気を沢山食うんだけど、寒い中電池切れでどうするツモリなんだろうね。

まあ降雪地を運転する人は、悪いこと言わないから、最低ハイブリッド車にしたほうがお利口さんだというしかないね。

ホテルニュー越谷より
たまにはこんな話も

posted by 関東サポーターS |09:07 | 関東サポーターSの不定期コラム | トラックバック(0)

2022年12月15日

景気の悪い話

関東サポーターSの不定期コラム
景気の悪い話(神戸)

今年の夏から、イニエスタが怪我でもないのにろくに試合に出ていないから、吉田孝行監督って蛮勇振るったなあ、戦術的に走らないイニエスタをハブるなんて、あたしゃ全く考えつかないよ~なんて、考えていたのだが

ウチにきた小林だけでなく、後ろ目のタレントを次々期末セールスようにいとも簡単に手放すなんて、今年の前半ビリッケツだった原因が守りが崩壊していたことなのに、その教訓が生かされていない。
聞けば楽天は、肝煎りの携帯電話事業で大失敗し大赤字で頸が回らなくなる事態(借金だらけ経営のソフトバンクって、どうやって回しているんだろ?)で、そういえば野球の方もFAで動きがろくになかったよな、思っている以上に苦しくて、だからうっかりイニエスタを出場させたら1試合の出場給で若手の年俸くらいいっちまうから球団の首が回らないことになるのか、とかいろいろ得心するところである。
そうはいっても、三木谷氏としては、野球よりサッカーの方に入れあげているし、かと言って攻撃的タレントが好きだから、やってはいけない守りての方からどんどん首切っちゃうまねをするんだ、と生暖かい目で見ている。

まあ、降格候補に名乗りを上げましたな、というしかない。

ホテルニュー越谷より
神戸、泣いてどうなるのか~
捨てられた我が身がみじめになるだけ~
と前川清センセも唄ってます

posted by 関東サポーターS |09:05 | 関東サポーターSの不定期コラム | トラックバック(0)

2022年12月07日

関東サポーターSの不定期コラム 森保監督

関東サポーターSの不定期コラム

森保監督とは何だったのか

最初に言わなければならないことは、人格は高潔で嘘はつけない人、つまり人間性に関してはケチの付け所のない人だというのは確実に言えるのである。その意味では尊敬すべきなんだが、

何故アジアカップやキリン杯という花相撲で、機能しない4バックに拘ったのか、そしてW杯本番になるとそんなことなかったかのようにいともたやすく3バックに転向したのか。
ミシャの弟子であるとすれば、最初から3バックというチョイスがあると思うし、オシムの前のJEFユナイテッドの監督のズデンコ・ベルデニックが詳細な理由つきで「日本人に4バックやれるセンターバックはほとんどいない」と分析されたことも、森保監督が知らないとは思えない。しかし、現実には、意固地に4バックを貫き、テストマッチなしでぶっつけ本番(バンザイアタックといってもいい)で3バックをやった(そしてそれはクロアチア戦まで成功した。実際すべての試合が1失点であるのは、完封勝ちができないディフェンスなら最高の結果だ)。要するに、準備状況を見る限りはじめから戦術以外の何らかの理由で3バックを隠すため4バックでカムフラージュしていたと考えたほうがいいのかもしれない。

3バックというのは実際は5人で守ることを意味しているのであり、どっちがかつ確率がいいか置いておくにして、裏を返せば4人で守れば攻撃的タレント6人で攻めができるのを選びますか、5人で守って5人の攻撃的タレントを突っ込みますか、の選択になる。
一般人に訴求するのは、メッシとかクリロナとか攻撃的タレントの方であり、そうだとするとスポンサー方面の圧力としては、6枚オフェンスの駒を使える4バックにどうしてもなっちまいますねえ。キリンさんか、JALさんか、誰の圧力なのかわかりませんが、田嶋という茶坊主はサポーターよりスポンサー筋が大事ですからね。

までも「三笘の1ミリのVAR」によって、今やPUMAのシューズが売れに売れているんですよ、森保監督はスポンサー筋に気は使っているのですが、目論見がハズレて残念でしたね、adidasさん!


ホテルニュー越谷の見解
スポンサー筋に気を遣うということはミシャの弟子でもコンサの選手を代表に選ぶが、サッポロビールがスポンサーやけん、日本代表スポンサーKに忖度して大事なところでは使わない上、飼い殺し。
それなら呼ぶな!

posted by ホテルニュー越谷   |21:59 | 関東サポーターSの不定期コラム | トラックバック(0)

2022年11月16日

静岡からJ1がなくなった事情

細かいところまで見ている
関東サポーターSの不定期コラム

静岡の2チームの事情

2者の降格の原因は、全く違う。

まず磐田は単純に親会社が縮小再生産してるからである。昔は、YAMAHAは、そこにレースや競技があれば、ガチでお金を突っ込んでいた。バイクはもとより、サッカー、ラグビー、果てはF1と、企業規模の割に色んな場所に投資をしていた。今は見る影もなく、バイクレースも縮小、ラグビーは独立させ、先日は創業のピアノの海外生産を辞めるという報道があった。
そう、理由は親会社にカネがないという単純な話である。

清水は、最終盤に台風による洪水被害がだめを押したが、磐田よりはるかにマシな鈴与マネースズキ自動車マネーがそこそこあったはずである。しかし、チアゴ・サンタナを除けば、補強の中心が、典型的に乾が当てはまるが「フォワードができる攻撃的ミッドフィルダー」か「攻撃的ミッドフィルダーができるフォワード」に偏重しており、本来必要であるべきリズム作りながらキチンと守りができる人は清水フロントは必要なかったというクビを傾げる判断がなされた。
何故この様な変な話になるのか、ずっと疑問に思っていたのだが、清水はサポーターとフロントがズブズブの関係と聞いて理由が分かった。

清水サポーターは、もともと前目でキレイなパスを回すサッカーをすれば勝てない相手などないと思っているところがあり、それに向いた選手を欲しがっていたところ、フロントがサポーターの言うがままに補強し(そしてイビツなチームが出来上がる)、結果勝ち点2や勝ち点1を失う堪え性のない戦い方をしていたのである。
二部に陥落した清水の教訓があるとすれば、まぁどこのサポーターも一周回って既にフロントが考えていることを、何か自分の考えたオリジナルかのように好き勝手言って難癖つけているだけなので、札幌のフロントもサポーターがいくらわめこうが、真面目に取り合わないでくださいね、というところで落ち着くのだろうね

posted by 関東サポーターS |21:39 | 関東サポーターSの不定期コラム | トラックバック(0)

2022年10月01日

高山善廣対ドン・フライ

関東サポーターSの不定期コラム
今日の試合を例えると高山善廣対ドン・フライ

マトモなセンターバックがジェジエウと谷口しかなく、しかも谷口は代表の影響で交代出場でベンチ、という時点でああ川崎も相当苦しそうで(ただし、ろくにセンターバックを補強しない川崎の身から出た錆なので全く同情しないが)今日は荒れ試合になるとは思ったけど、現実ははるかに斜め上だった。

小林悠に何であれだけやられるのかよく分かったのだが、彼はキチンとフリーの位置をとり、早くないが確実にボールを自分の正しい位置に置き、確実な体勢でシュートしているからだ。ハーフタイムの鬼木監督の指示が「攻撃で急がないこと」という意味が、実はこういうことなのかと嫌というほど思い知らされた。

ただ、結論は2-3から高山善廣対ドン・フライバリのノーガードの殴り合いに持ち込んで(比喩がわかりにくいが、本日は格闘技の偉人の訃報に免じていただきたい)、橘田を退場させた我々に凱歌は挙がった。本来ならリードした段階でジェジエウと谷口の二枚看板で店仕舞のはずが、一人少ない上にジェジエウとチョン・ソンリョンの怪我で、さしもの谷口もセンターバックとして出来る選択肢は、限られていたのだろう。
そこで諦めなかった選手と、現地サポーターが本日の勝者ですよ

ホテルニュー越谷からは

小林悠の一点ぐらいどうってことなし、くれてやるわ!今日のコンサはあきらめの悪さに尽きる。負けて元々というよりここで勝たないと明日はないという試合の臨み方だろう!小柏の逆転ゴールは感動!
ク・ソンユンと深井に来季J2スタートを味わせたらいかんというチームの団結がみられたばい!次節はアビスパ、油断大敵!前主将が残留かけてコンサの首を取りに来る、返り討ちにしてやるだけだ!
https://web.gekisaka.jp/news/jleague/detail/?369335-369335-fl

posted by ホテルニュー越谷   |23:43 | 関東サポーターSの不定期コラム | トラックバック(0)

2022年09月25日

ク・ソンユン凱旋

関東サポーターSの不定期コラム
 ク・ソンユンの凱旋

 スカウトマンとしての三上GMの面目躍如。神戸ガンバ清水あたり手を伸ばしていそうだからな。

ところで、同時に発表された新規スポンサーの話だが、ゲームを全くしない自分には、目が点になるポイントしかない。とりあえず、「本社・ジブラルタル国」って、あれはスペイン国ジブラルタル市じゃないのかね(何か三上さんが連れてきた案件ではない感じがするのだが)
 

https://news.yahoo.co.jp/articles/e4dbbcd0d68802cb8f259097b1c779eeeab310a7

まあこの件は、サプライズというよりもう決まってて正式発表を待つだけでしたから

ホテルニュー越谷談

posted by ホテルニュー越谷   |18:23 | 関東サポーターSの不定期コラム | トラックバック(0)

2022年09月19日

勝ち負けを超えて

関東サポーターSの不定期コラム
勝ち負けを超えて


まぁ、怪我人があれだけ出ているのに、代わりの戦力が遜色ないときたら、マリノスやっつけるのは至難の技だよな。今日はお疲れモードがちょっと入ったけど

何を今日求めるかにより判断が分かれるのだろうが、少なくとも、アウェーでこのサッカーが出来たならヒステリックに揚げ足や難癖をつけられるようなほどの恥はかかずにすんだのだと一定の評価は出来よう。
レフリーがコンタクトプレーを流しすぎたので、どつきあいぶつかりあいになってしまったのは後からイロイロ評論が出てくるはずだからそれに譲る。今日は豪雨で足元が重馬場になることを考慮して走力の弱い福森をスタメンから外したこと、シュートまでいかないまでもシャビエルと興梠に前線でポイントとなるよう頑張らせたこと、マリノスに攻められるのは覚悟の上で思考も体力も持久力のある高嶺を守備の王様としたこと、ペトロヴィッチの初手は、どれも彼の哲学に反している部分があるが上手くいったのだと思う。
また、選手も相手の強い早い上手い3トップに気持ちが切れないで、よくこらえたのではないか。水沼や喜田がいなくなる最後の方、マリノスは明らかに雑になってしまったのと対照的であった

現場からは以上です

ホテルニュー越谷より
次節のフロンターレ戦、マリノスとは違った戦いになる、ここは落とすことなく最低でも勝ち点1をもらわんと!
あと5試合、ホームが3、アウェイが2だ、勝ち点を40に乗せれば安全圏なんだが。ここまできたら一致団結で残留や!

posted by ホテルニュー越谷   |23:34 | 関東サポーターSの不定期コラム | トラックバック(0)

2022年08月21日

関東サポーターSの不定期コラム 監督交代

関東サポーターSの不定期コラム
 監督交代

ペトロヴィッチでダメだから変えましょう、というのはそのとおりかもしれないが、問題が2つある。
①そもそも今居るメンバーでやれるサッカーの最適解は何なのか考えると、要するにペトロヴィッチがやってるサッカーに戻るのではないか
②今のフロントがマトモに交代監督を見つけて来れるのか

先に②からいうと、現状現場よりフロントの劣化が著しいので、情けないことだが監督候補者と適切な交渉ができないのではないかと思う。先日厚別の名古屋戦を観戦したのだが、三日前から酷暑になるのが明白だったにも関わらず、飲み物の対処が全くできていなかったことが気になる。場合によっては観客の生死に関わる問題だし、そこまでいかないでも救急車が何台もとかいう騒ぎになりかねないことであり、コンサのフロントが事前の補給が想定されていないことが明白になる事案である。こういうことは一事が万事であって、この調子でチームの運営がキチンとされていないことに深い懸念を持つものである。
①は、サポーターの間で有力になりつつある見解(そのため、かなり根深い問題をはらんでいるが)大意前線で意味のない横パスを繋いで何の意味があるのかという疑問である。しかし、逆にお尋ねしたいのだが、前目の人材が、揃いも揃って身の丈がそんなになくて、小柏を除きよ~いドン!のスピードがない以上、おいそれと簡単に縦パスが通るなんてのはペトロヴィッチ以上の妄想の産物としか思えないのだが、そのへんはあんたがたの中できちんと手当ができているのかと素朴に疑問に思うのだが?
横パスやバックパスが多いから文句いうのは構わんが、そこに無粋だが突っ込むとその発想は極めて点数がパチンコ並みに入るバスケットボールに近い発想であって、90分やって0-0が普通にあるサッカーは、無駄に広いフィールドで意味なくパス回ししているゲームをやってるのが通常運転と考えている。今居る前目の選手を考えると、現状残念ながらミシャ式が最適解のひとつなのは間違いなく、それが嫌なら、田中と大八をいきなりフォワードに突っ込むいわゆる「大作戦」でもやりますか、という結論になると思う。

まあそれでも変えるかというなら、片野坂さんにさせたいけどね。ガンバの辞めさせ方がいくらなんでも酷いと思うからだけど

ホテルニュー越谷の見解
 戦術戦略をミシャ任せではよくない。 試合毎にミーティングが必要だろう、それでなるようにしかならん。
下位チームの取りこぼしを防ぐこと、磐田と清水に負けるようでは済んだも同然。興梠をどこまで使うかがポイント、昨日は早すぎた。
苦しい時を知っとるもんで、いつものこととはいえるが、免疫のないサポーターが増えてきたけん、そんなことを言っているのだろう。それを老害という馬鹿者、出てきやがれ!

posted by ホテルニュー越谷   |11:13 | 関東サポーターSの不定期コラム | トラックバック(0)

2022年08月04日

緊急提言

関東サポーターSの不定期コラム
キーパーとしての小次郎に見切りをつけ、フォワード大作戦用に小次郎をポストプレー要員に改造するのはどうだろう

https://news.yahoo.co.jp/articles/2107bccd9bf8b418c5be3403efa0a42fd6c32d71

posted by ホテルニュー越谷   |13:55 | 関東サポーターSの不定期コラム | トラックバック(0)

2022年07月05日

菅野の退場を語ろう

関東サポーターSの不定期コラム

菅野の退場を語ろう

今日一番笑えたのは、スタジアムの電光掲示板に「もっと、ずっと、つなごう au5G」って出てて、あのなあ、どの面下げて今日の状況でそんな謳い文句言えるんだよって、アレか?正気なのって失笑したのだが

始まってすぐ落胆したのが、荒野を除いて取ったボールを収めよう俺に寄越せ、って姿勢が、全く見えなかった。自分からボールを受けようとしない、来たらなんちゃってワンタッチで逃げる。多分、スタジアムで派手に放水していたから、ボールが足に全く着かないというのもあるとは思うが、戦術とか監督の指示とかそういうもの以前のレベルで、まあその時の絶望感を想像してみてよ。今日何失点すりゃ気が済むのって頭抱えて思うでしょ?
菅野のDOGSOは、そんな状況で起きたわけで、まあ、確かに軽率だし、俺が審判でもまずレッドカード考えるよ。だけど今日は彼を弁護するけど、味方の誰もビビってボールに触れようとしなかったら、自分からゴールから飛び出して何とかしようとしても責められないでしょ。責任は取ってもらうけど、断罪なんかできないよ俺は。原因作っていたのは、荒野以外の9人なんだから

ところが、10人の純国産チームになったら気合い入れ直したのか、ちゃんとしたサッカーをおっ始めるんですよ。お前らなあ、出来るんなら最初からそれをやってくれよ、頼みますよだよね。最初からそれなら、楽にゲームできるのにと、むかっ腹立てながら最後まで観てたんだよ。最終結果は、走り負けして負けたけど、最初から闘志出してくれていれば、勝ちはしなかったにしても引き分けくらいはとれる筈の試合だったんだよ。菅野退場までの20分間で、なんだったアノとき自分たちって遠い目で反省してほしいよね。これじゃ菅野が浮かばれない

細かいことで、最後は大八を上げて「大作戦」をしていたが、ミランよりソッチの方が得点の香りがするのはどういうことだ。
あと青木のシュートするのを拒む悪癖は何だ。この、オカマ野郎って言葉が出てきかけたが、よく考えると、マツコ・デラックスもミッツマングローブもダイアナエクストラバガンザもコンサドーレより世間体とガチで戦っているのだから、オカマの皆さんごめんなさい、青木は皆様より○○○が小さいです、と全面謝罪します

posted by 関東サポーターS |02:31 | 関東サポーターSの不定期コラム | トラックバック(0)

2022年06月18日

設問が明後日の典型的愚問

関東サポーターSの不定期コラム

設問が明後日の典型的愚問

疑問を持つことが駄目な案件で、単にスポーツ選手の方より文化人は愚行する可能性が高いだけ、で終わりな案件。まあ映画監督やプロデューサーの昨今バレているセクハラ案件の豊富さを見ると、危なくて文化人は北海道も表彰できないよね。アダルトビデオより、まず最初に映画を規制すべきと思うが、まあ映画監督は概ね後ろ盾がリベラルですからやり放題しても社会問題にならないよう火消ししますしねぇ
 
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/693786 

posted by 関東サポーターS |06:35 | 関東サポーターSの不定期コラム | トラックバック(0)

2022年06月13日

まだ天皇杯は終わってないが

関東サポーターSの不定期コラム
ルヴァンカップと天皇杯総括

いやまだ天皇杯終わってないだろという突っ込みは受けるが。

正直今の戦力は、ルヴァンカップの優勝がリーグのACL圏内よりはるかに楽だと思っていて、リーグは一桁台でいいし、天皇杯は正直自分の中では要らない大会なんだよなあ。だから、どんなに大負けしてもいいから、天皇杯は目先の勝ちなんかどうでもいいからレギュラー突っ込まずに若手だけで突っ走ってほしいかったし、ルヴァンはもちっと真面目にしろよ、勝ち目薄くなった時点で、若手にスイッチしろとか思ってる。
しかし、じゃあ㈱コンサドーレは、ペトロヴィッチに何をオーダーしていたのか、どこまで裁量を与えたのか、良く分からない見境なしの起用法だったなあ。まさか、ロクに兵力の補填もしてないのに、全部優勝しないと俺は許さないとフロントがペトロヴィッチにパワハラ系叱咤したんじゃねえか、と疑問を呈するほど、この3戦のトータルのやり方は酷いもんだったし。まあいずれも見ちゃいないがね。
どうなんだろ、確かに目の前の試合については喜んだり、怒ったりってなるのは当然なんだけど、こうやって年単位でダイタイこの線に行けばいいんじゃないかって考えているのって、サポーターの中では変人に入るのかな。

昔大日本帝国というのが、参謀本部の秀才の編み出す理想的戦術と根性論で、三正面作戦という絶対にやっちゃ駄目なことして、兵站の不足をカバーしようとし結果悲惨な崩壊に導くという故事を思い出しただけだが

posted by 関東サポーターS |01:31 | 関東サポーターSの不定期コラム | トラックバック(0)

2022年06月11日

やっぱ、駄目じゃん

関東サポーターSの不定期コラム
 やっぱ駄目じゃん

多分サッカーファンはあまり見ていないだろうけど、大改装なき限り札幌ドームに近い将来勝ち目はないと思った。まあ、どこかにサッカー専用スタジアム作ってドームに見切りをつけるか、コンサドーレがドームの指定管理者で札幌市が口出さないようにするか、考えたほうがお利口さんだと思う。
ただし、だからといってネット民がいうほど日ハムボールパークがうまくいくって保証もない、というか、10年単位で見れば失敗するという見立てをしている(道内マスコミは日ハムの広告費が減るからホッカムリしているが、ボールパークのシーズンシートは、ドームの同種の席に比べ1.3〜1.7倍に上がる。いくら福利厚生になるからって、そんなもんに今日日大盤振る舞いする企業もないだろう。)

 https://youtu.be/-AuSese7-nM 

posted by ホテルニュー越谷   |06:42 | 関東サポーターSの不定期コラム | トラックバック(0)

2022年06月05日

数字上は諦めてないけども

関東サポーターSの不定期コラム
あきらめんよ

流石に次に1-4で勝ち抜けるとか、0-3で延長になってそこで勝つのは、苦しくなったのは間違いない。普通にやったってどうにもならないのは明らかだ。まして広島は、浦和や清水などこっちが何もしないのに勝手にズッコケるチームではない。正直ルヴァンカップは絶たれたのだと思う。勝ち抜きは絶望的というのが正解だと思う。

しかし、180分ゲームのまだハーフタイムが終わったにすぎない。罵倒は後半のそれが終わったときに取っておく。
まだ田中宏武やトウヤ、檀崎といった若手が試合の頭からキチンと使われたわけでない。また、若手と言えないが松原だって使っていない。こういう若手を使うと言うと「お前勝つ気あるのか」という当然の批判が出るのは百も承知。
負ければそりゃあ惨劇になるかもしれない。しかし、戦士というのは、百の訓練より一の実戦で、成長するもんだよ。日清日露戦争で勝ったのは、戊辰戦争や西南戦争があったからという話がある。

このところ、金子や青木を見ていると、ボールを受けるところはOK、ボールをゴール前まで運ぶのもOK、しかし、シュートを打つのに躊躇していると感じている。
冗談半分で、あの二人外して昔とった杵柄で、西や宮澤使っていればとか言っているのだが、どうせこの勝負負けたとかいうなら、こういう若手やベテランを、先入観外して使ってみても価値はあると思う。
とにかく、このチームに才能のある若手が複数いる限り、私はまだあきらめんよ

posted by ホテルニュー越谷   |07:49 | 関東サポーターSの不定期コラム | トラックバック(0)