2008年10月28日

応援自粛はしないで欲しい

今日の北海道新聞では、11月8日の浦和戦の広告が大きく出ておりました。
写真はおろか、文章までも、浦和戦!浦和を観よう!とも思えてしまうような広告でした。
こういうのいいなと思いました。

夫の職場の人も行くそうです。息子の友達も行くそうです。
そして、想像するに、その人たちが知っていることは、コンサのJ2落ちとオシムが来るの?
など、テレビのニュースや、ワイドショーで流れるスポーツ新聞の見出しくらいなもので、
よっぽどコンサについて詳しく知りたいと思う人じゃない限り、USの応援自粛など知らないでしょう。

私も含め、今、いろいろな見つけようとしなければ見つけられない情報を知ってしまう人間にしてみれば
「う~ん・・・わかる」 「う~ん・・・わからない」と、本気で悩む。

でも、知らない人が多いって思ったほうがいいんじゃないかな。そんなこと思いました。

そして知らない人がドームに多く足を運んでくれた時、「この雰囲気は一体・・・」
試合の勝敗はともかく、サッカーの応援ってこんなんだっけ?何があったの?にならないだろうか。
五段階計画なども 私も良く知らないわけですし。

なので、私は USの皆さんにおかれましては、応援拒否などしないでもらいたいです。
他の名乗りをあげていらっしゃる方たちの存在もうっすらブログで見ただけですけれど、知ってますが、
うまく一緒に出来ればこの上ない勢いだと思うんですよね、個人的に。
すごく簡単に書いてしまいましたけど。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
さて、私も今までにこのブログを通してかなりの暴言を吐いてきましたし、とてもまっとうな大人が
書くようなことではない文章を晒してきたわけです。そして、読む人を不快にさせたことも多々あり。
書いてきたものは残りますし、残します。
けれども、自分も いったん 何かを発信するということはどういうことなのか、そして自分は
44歳の人間として恥ずかしくないか?16、18歳の子どもの親として、自信をもてるのか。
これからは、そのことを念頭におきながら ブログに向かおうと大層なことを考えました。
(書けなくなる可能性大 汗)

そして、コンサドーレ札幌を応援してきた今までの過程で、ここ数ヶ月ほどネットで情報を得よう
としたことはかつてありませんでした。
見たくないものも沢山見てきました。逃げないで「見る」「知る」ことがサポとして大事なんだ。
なにか、そのような感覚に陥ってしまっていたのでしょう。
結論として、知りすぎても私にとっては何ら有益ではなかった。

次男はコンサが好きです。パソコンは自室にないので、居間で少しネットするか、携帯で
情報収集をしているもようです。どこを見ているのかは知りません。
最近、私が 「なんだか、こんな意見やこんな意見があって、なんだかもう・・・」という事が多かった
ので、ついに言われました。
「俺思うんだけど、コンサのこと熱く言う人ってほんとにスタジアムに行ってる人なのかなあ」
「コンサのサポーターって なんか変な感じがする。 かあさん含めてだよ」
次男はコンサが好きだしサッカーが好きで、秋春制の問題なんかもサッカー部の友達と議論して
いるようですが、他にもすることは一杯あって、健全に見えます。

そして、夫もコンサが好きですが、仕事に追われている現実の中で、インターネットの情報には
笑ってしまうほど(笑ってしまう私が変)疎いので、些細なことで喧嘩にもなりました。
私にしたら、こんなことも知らないの? 夫にしてみれば、何を熱くなってるの? です。
冷静さを失っていたことが多かったのだな・・・と思います。
そして、夫のような人も多いんじゃないかなって思いました。なんとなく知ってはいるけれど、
いかんせん時間がないからそれ以上知る由もない。そういう感じ。
それがいいとは決して思いませんが、「この温度差なんとかして!」でしたから。
でも、それは 逃げているのでもなく直視するのが嫌だからでもなく、時間がないんだよ。
そういう理由だったから、ストンと楽になりました。私が。

長々と書いてしまいましたが、日記がわりに残させていただきます。
USにはメールしたほうがいいのかな。気が向いたらします。

posted by aru |13:30 | 応援 | コメント(8) | トラックバック(0)

スポンサーリンク

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.consadole.net/car12/tb_ping/690
この記事に対するコメント一覧
Re:応援自粛はしないで欲しい

私も思うのですが、何でみんな熱くなっているのかがよく分からない。

posted by さとみ| 2008-10-28 14:08

Re:応援自粛はしないで欲しい

お初にお邪魔します。
レッズ戦・・・ある意味真っ赤になりますよ。
レッズサポの勢いに飲まれ、USさんも「これはまずい」となって、応援合戦が始まらないかと期待しています。
USさんがやらなくとも、他のコンサポは自主的に始めちゃうでしょう。
それに乗って、レッズサポを圧倒することができれば・・・コンサドーレ札幌は「復活」します!
ブログであーだこーだ言ってても無意味です。
来季のビジョンが見えないから応援自粛したところで、来季になったらなったで応援するんでしょ。
だったら、まずは札幌ドームへ集合!!
そして愛するコンサへ声が潰れるまで声を出し、手が真っ赤になるほど手拍子をしましょう。
そこに答えはあるはずです・・・。

posted by TETSU| 2008-10-28 15:30

Re:応援自粛はしないで欲しい

「温度差」というと語弊があると思いますが、
コンサドーレへの入れあげ度っていうか、どこに反応するかって
すごく個人差がありますよね。
選手のプライベートまで知りたい知りたい!って思う人もいれば、
試合だけ見ればOKっていう人もいます。
ネット環境にない実家の母なんか、多分、aruさんの旦那さんより何も知りません。
サポーター仲間からの情報や、ネットから得た情報に
結局は翻弄されている自分を見ると、
何も知らなくても応援している母がうらやましいと思えることがあります。
長くなってごめんなさい。

posted by rocket2号 | 2008-10-28 16:13

Re:応援自粛はしないで欲しい

私も日曜日から色々と考えていましたが、
今日レッズ戦の全面広告を見て、aruさんと同じようなことを思いました。
何も知らずに来た人たちに、
降格するから応援の声も小さいのかなーなんて思われたくないです。
もう一度昨季のようにチーム一丸となって、闘いたいですね。

posted by ひとみ | 2008-10-28 17:18

Re:応援自粛はしないで欲しい

初めておじゃま致します。
エントリーを拝見して44歳という同じ年齢で、お子さんも同じ年頃。
私は娘が二人で嫁は応援はしているけどそんなに熱くはなく、熱いのは私だけ・・という鏡に映したような反対の環境ですが(笑)共感出来ることが多々あります。

さて、浦和戦でUSが応援リードを復活させるかどうかですが川崎戦でのミーティングの感じでは「フロントがビジョンを示すまではやらない」というスタンスは変えないでしょうね。
でも、今回の事は個々のサポーターの皆さんが応援について考える良い機会になったと思います。
等々力では応援リードが無くても「応援をしたい!」というメンバーで、もの凄いパワーが生まれました。
試合開始前には皆で肩を組みました。

レッズ戦がどのような状況になるか分かりませんが、こうやって皆さんがいろいろと考えて危機感を持って集うゴール裏はUSが居なくても、もの凄いパワーでドームを圧巻すると私は思いますよ!

posted by もどき | 2008-10-28 22:46

Re:応援自粛はしないで欲しい

どうもぉ。
とうとう「喘息だよー」って医者から病名もらっちゃいましたw
ってことで、肝心の浦和、鹿島戦のゴル裏に行かれません。
発作(咳)がでないようおとなしくしてます。
そんな私だって叫んではねたいって思うのに、今までやってきた彼らはいかばかりかと。
なんとも複雑です。

posted by ゆり| 2008-10-28 23:34

Re:応援自粛はしないで欲しい

>「コンサのサポーターって なんか変な感じがする。 かあさん含めてだよ」

大爆笑です。この感覚が大切なんだと思います。
生産性の低いもの時間を費やすのは、不毛ですが、
手間を省略して手に入れたものは、価値がないんですね。これが、いくらかかろうとも。

変な話子供には、もっと違うことで遊べと。でも、コンサドーレは好きになってと。子供ならスタンドにいてもいいけど、玉も蹴れよと。

あ、話がそれました。
今回の応援自粛は、筋が通っていないので、普通に応援します。

posted by ゆーじ| 2008-11-02 23:30

Re:応援自粛はしないで欲しい

さとみさん、TETSUさん、rocket2号さん、ひとみさん、もどきさん、ゆりさん、ゆーじさん。
この時はコメントありがとうございました。
このあたりから、本格的にコンサのことやいろんなことでもう頭がぐちゃぐちゃになってしまって、何も書けなくなってしまいました。
何度も何度も頂いたお言葉かみしめながらおりました。
じわじわと利いてきて、今はもう翌年の7月となっておりますが、コンサ応援続けてます。
ゴール裏にも行ってます!厚別限定ですけど。
何もかも歴史になるんですね。その時その時物凄く迷い悩み苦しむんだけど、そこから得るものは必ずある。
悟ったような、開き直ったような発言と思われるかもしれませんが、まず自分自身がしっかりしてないとダメ。
そうやって今お返事してます。
ありがとうございました。

posted by aru| 2009-07-29 07:57

コメントする