2006年01月31日

ごみひとつない

たった今、Kappa 高瀬さんの更新されたブログを
拝見しました。
そうですか。複数のクラブからの申し込みの中から
コンサドーレを選んで下さったのですね。
そして、その行動力。すぐに厚別にいらして下さった。
フロントの熱意とKappa様のコンサへの期待と感動が
伝わってきて、思わずホロリとしました。
これは、Kappaグッズも揃えたいなと!
てか、息子らのジャージにはよくお世話になっておりますが。
何故かKappaが多いんですよね、うちの場合。
とにかく嬉しいことです。

ゴミひとつない。これは本当に感じます。
ボランティアスタッフ(CVS)の皆様や、
サポ同士の幾度もの呼びかけなどが定着しつつ
あるのだと思います。

昨年、ドームにライブに行きましたが、
そのゴミの置きっぱなし状態にはびっくりしました。
10席にひとつと言ってもいいほど、
紙コップ、食べ物の容器、配布物が放置されてました。
これは非常に残念でしたね。
拾って歩こうかと思ったほどですが、あまりの多さに
やめました。

このような視点からも、サポーターはあらゆる人たちの目に
触れるわけです。
失望か、感動か。
もちろん、試合内容やコンサドーレの活躍などが人々を
感動させ、新たなファンを増やす一番の効果だとは思いますが、
初めて訪れた人、連れられて来た人などに(ノルマ2名)
アピールしましょう。
コンササポはね、
「ゴミひとつ残して行かないの!これって凄い事なんだよ」ってね。

ホーム全試合行く予定ですので、ゴミ置いていく人見たら
おばさんは怒りますからね。
とか言って、最終戦のマッチデープログラムにて商品ゲット。
興奮したあまり、記念すべきその冊子を落としてきた。
すんません。


posted by aru |10:03 | コンサ | コメント(11) | トラックバック(1)

スポンサーリンク

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.consadole.net/car12/tb_ping/43
この記事に対するトラックバック一覧
PCVS 【『赤黒アフロ思う事』オフィシャル出張所】

petit-CVSの略です。 今季からやろうと思ってる 『“myゴミ袋”による試合終了時のゴミ拾い』です。 試合も見たい、けどCVSも手伝いたい けどやっぱり試合を見たい・・・  ①今季はJ1昇格するので観客も増える         ↓    ②マナーの低下        ↓     ③ゴミの増大        ↓   ④CVSの人員不足(勝手に推測)        ↓ ⑤CVSの長い拘束時間が更に長くなる        ↓ ⑥来季のCVS登録がもっと少なくなる        ↓ ⑦来季のJ1リーグの時に

続きを読む
この記事に対するコメント一覧
Re:ごみひとつない

なまら怒っちゃってください。

私は45㍑の“マイゴミ袋”を今季から持参する事にしました。

んでもって試合終了後に ゴミを集めながら出口に向おうと思っています。

つーことで トラバします。

posted by 暢気| 2006-01-31 13:33

ありがとうございます

読ませて頂きました。
図式には納得させられました。
はい、怒りますとも。「うぜぇ、おばんがよー」と
言われつつも(涙)。
マイゴミ袋、自分もしようと思いました。
試合終了後も、なんとなくぼんやり残ってしまう性質
なので、出口までの道すがら拾おうっと。
あー、分別はどうなっていたかな・・・初回は
とりあえず2種類の袋を持参してみます!

トラックバック有難うございました。

posted by aru| 2006-01-31 14:41

Re:ごみひとつない

文末「あり~」で誰か解りました(^^ゞ。

posted by こんちぇ| 2006-01-31 20:10

なになに?

こんちぇさん。いらっしゃいませ。
え?文末「あり~」で解った?
むむ?え?詳しくお願いしますっ。

posted by aru| 2006-01-31 20:25

あっ!ウチにコメント下さったことありませんか?

本当にゴミ一つ残らないスタジアムになったら素晴らしいことですね。私も見つけたゴミ、回収して帰ります。

posted by tottomi | 2006-01-31 23:00

Re:ごみひとつない

aruさん、こんばんわ。
自分のブログにコメントありがとうございます。
書き込みしていただいた後へ、コメントいたしました。
読んでいただけたら幸いです。

W杯のボランティアには参加いたしましたが、
CVSには今まで参加した事がありません。ダメジャン

昔、ウトナイ湖サンクチャリーに
こんな標語が貼ってありました。

「とっていいのは写真だけ 。
 残していいのは足あとだけ 。
 持って帰るのは思い出だけ 。」

実践出来たらゴミは出ないと思います。

さらに追加したいと思います。

「出していいのは、声援だけ。
 乱していいのは、髪の毛だけ。
 散らしていいのは、ボールだけ。
 飛ばしていいのは、念力だけ。
 あふれていいのは、笑顔だけ。
 参加していいのは、ゴミ拾い。」

なんか、笑点の大喜利みたいだな。(爆)
ではでは。

posted by えんしゅうりん | 2006-01-31 23:32

Re:ごみひとつない

こんばんわ。お久しぶりです。

「ごみひとつない」
同感です。CVSの方々には頭が下がる思いです。
いつも試合後、CVSの方々に声をかける勇気がないので、
心の中で「お疲れ様でした」とつぶやきながら目礼します(苦笑)

それと、サポ一人一人が「ごみを置き去らない」と言う事を自覚していること。
これは大いに誇れます。
札幌だけじゃないのかもしれません。
他チームのサポもそうなのかもしれません。
そうだとしたら、なおさらサッカーって素晴らしい!!

で、マイゴミ袋運動、いいですね!
今度から持っていこっと♪

aruさんが行かれたライブも「ごみだらけ」だったのかもしれませんが、
野球もひどいモンでしたよ。
昨年、日ハムの試合を初めて観に行きましたが、
試合終了後の座席周りの「ごみの散乱」には驚きました。
ず~~っと昔からの「おやじの娯楽」の悪い部分が根付いちゃった感じですかねぇ。。。
これは余談。

さて、開幕まで約1ヶ月!!
皆さん、そろそろワクワクしてくる頃じゃな~い?(笑)

それではまた!

posted by iku| 2006-02-01 00:02

Re:ごみひとつない

ライブのあとはそんなにごみがあったんですか。
ドームのイベントの後はごみがないものだと思い込んでおりました。
札幌サポはJFL時代からごみ拾いは徹底していたような気がします。
はじめに動き出した人にあらためて感謝です。その人たちが
いないとKAPPAの契約がなかったかもしれませんからね。
私も息子(6歳)も試合が終わったらシートの下を確認してごみを拾います。
家ではたまにごみをテーブルの上に置くことがありますが(涙)

posted by なかさん| 2006-02-01 11:17

また留守します

たくさんのコメント有難うございます!
ちょいとまた留守しますので
帰って来たらお返事したいです、マジ。
それでは、留守を頼みまっせ(意味不明)

posted by aru| 2006-02-01 15:34

Re:ごみひとつない

えんしゅうりんさん上手いです(笑)
私もごみは気にかけてますが、やはり両手に持てる程度しか拾いません。
しかし意外と少ないもんだなとも常に思ってます。
コンササポは意識が高いと勝手に判断してます(笑)

posted by とん吉| 2006-02-04 00:48

ただいま。今更お返事。

みなさま、大変長らく留守にしておりまして、
コメントのお返事するのも、もう時が経過し過ぎ!の感がありますが、
そこは自分の、唯一と言ってもいいほどのポリシーがつき動かしまする。

>tottomi さん
 ええ!ええ!そうです、自分です!
 ちょうど、1月31日に例のサイトを確認したところ、
 マイアミに到着した事を確認し安堵して出かけました。
 これからもお邪魔させて頂きますね。

>えんしゅうりんさん
 コメント拝見しました。有難う~。また寄らせて頂きます!
 ウトナイ湖サンクチャリーには行った事がありますです。
 で、ご紹介の標語は記憶にありますよ。
 感動しました。思い出しました。その日は小雨で
 コンサの赤いカッパを着て散策しました(笑)。
 素敵な追加標語、感激しました。有難うございます。
 いつも、髪の毛乱れておりますが。
 
>ikuさん
 ご無沙汰です。
 ほんとにそうですよね。コンサだけじゃないと思います。
 それぞれのチームのサポーターが、サッカーを愛して
 ファン、あるいはサポーターを増やそうと、あるいはクラブを支えようと
 地道な努力を重ねているのだと思います。
 サッカーは素晴らしい。同感です。
 自分の立つ位置がわかりはじめたような気がします。
 有難うございました。

>なかさん
 そうですよね。はじめに動き出した方たちには頭が下がります。
 どんなことでも、
 「こんなことして、何かの役に立つのか?自己満足?」なんて
 思うことが誰にでもあると思うのです。
 しかし、何年もしてから実を結ぶ。そんな事も感じました。
 うちも、テーブルの上にはゴミがたまります。

>とん吉さん
 いらっしゃいませ。つか、えんしゅうりんさんへのコメントのようで(笑)
 いえいえ構いませんとも!
 ちなみに、自分の中では現在も「ちゅうさん」でございます。
 だって、ちょうさんって言ったら、いかりやさんしか浮かばないの。

posted by aru| 2006-02-13 14:36

コメントする