コンサドーレ札幌オフィシャルブログ

2014年03月22日

後半は…

北九州の選手の対応の遅れから先制し、そのリズムで3点目までは確かに行けたと思う。

内村選手がPKを外してもフォローが早かった分、上原慎選手のゴールに繋がった。

3点目が取れたことで、ゆとりを感じることはできた。

だけど、北九州の選手の動きが良くなった後半は、前田選手のバーに当たったシュート以外、特に見応えがあるとは思えなかった。

逆にホスン選手が一歩も動けなかった井上選手の左足シュートをはじめ、互角の試合展開だったらと思うとちょっと怖いなという場面が何度もあった。

途中出場の都倉選手、あんな感じなんでしょうか?
それとも、もっとフィットするんでしょうか?

空中戦で競り勝ってもボールがこぼれるのは北九州側だったし、大森さんが褒めていた前からの守備といっても、中山元気選手のそれにはまだまだ劣る。

点差のおかげだと思うけど、古田選手も見ることができた。

まだ見たことがない選手が何人か出てきて、それはそれでと思うけど、前節の湘南戦で2失点しているので、取れるだけ取って欲しいというのが私の正直な所です。

同じ勝点で得失点差や総得点数での比較になった時に「あの時もっと取っておくべきだった」という振り返りはしたくない。

まだ4試合ですが、松本は5得点してますからね。

posted by equip |21:20 | 札幌系 | コメント(0) |

スポンサーリンク

コメントする