コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2007年09月22日

残り10試合をどう戦うか

ネガティブになると、1998年のJ1残留マッチ、神戸に2連敗、福岡に2連敗とか、2005年のドーム甲府戦ロスタイム3失点とか、そんなシーンを思い出すんだが、そんなの関係ねぇー!(小島よしお調で)


あと10試合で勝ち点を18もぎ取る。俺達に課せられたミッションはこれに尽きる。これが達成できなければ、12月に「4万人計画」を達成するからいいもん(イクナイ!)。まぁ4万は無理としても2万5千~3万は固いんちゃう?
いや、そうじゃなくて。

勝ち点18っつーのは、単純に6試合っす。10試合で6勝。
5試合で3勝。うなぎに山椒です。

今日みうみう閣下から非常事態宣言が出されました。

「メンバー自体はもう■■■■■■■、ただ最大限の努力はしなければいけない。それ自体は選手も我々も解ってはいると思うが、いまその流れをまったく■■■■■■状況ということは言えると思う。ただここまで、いままで過去に、たとえば誰か中心選手がいなくなって崩れたことはあるにせよ、今回のケース、とくに誰かが欠けたというわけでもないのに、■■■■■■■■なるというのは私としては初めての経験です」

※サテの選手のモチベーションを考え、一部伏字にさせていただきました
※あまりにもストレートかつ本音だったので、一部伏字にさせていただきました

とりあえず、ここ数試合でハッキリわかったことがある。

・函館で良かった岡本と西は、今季の戦力としてはカウントされていない
・ブラジル行きの話が出た時点で、公式戦で経験を積ませる選択肢が三上さんにないとわかった
・岡本は実戦向きだと思うが、はまるポジションが西谷の所なので出番がない
・その西谷は結婚報道が出てから元気がない。なんで?
・今日のベンチメンバーに上里が入っていてちょっと安心した
・今日は藤田だけが合格点だった
・良い時のコンサ、連続得点試合記録を塗り替えていた頃。藤田や西谷がサイドを切り裂いたり、えぐって得点に絡んでいたことを思い出せば、三浦コンサのサッカーが「引きこもり」ではない事がわかる
・それが機能しなくなってから今度は「ポゼッション」。これが謎だ
・コンサのポゼッション=ざるDF(守備崩壊)を意味するからだ
・パス回しがうまくもないのにうまいと勘違いして大量失点した教訓を忘れたか
・今のハードワークの原型は2006ヤンツー末期の天皇杯だろうが
・なんか勘違いしていないか?

今こそ、堅 守

あーーーーーーーーんど、

速 攻

なんじゃないのかい?


  <当ブログの三浦戦術分析>
  http://www.consadole.net/odo5312/article/893
  http://www.consadole.net/odo5312/article/756
 (リトリート・引き篭もり、でなくてフォアチェック戦術)


なんのために補強したのさ。イタカレは三上さんが発掘してきて、三上さんの顔を立ててみうみうが使ったんだとして。
それでもイタカレはダヴィの穴埋めをするのだと、三浦監督が認めたとして。ブラジル人の素早い反応、対人能力の強さを生かした前からの守備と速攻が、三浦監督の理想のFW像なんじゃなかろうか?
そしてアイカーが使われないのは前線から守備をしないからだとするならば、FWはもう変えようがないだろうな。

FW:元気、ダヴィ ベンチに謙伍(イタカレ)ここまで。
元気は言うまでもない。守るFW。それ以上でもそれ以下でもない。
ムードメイカーでもある。
ダヴィは「馬インフルエンザ」明けのパワー全開モードに力を発揮して欲しい。J1に上がるチームは外国人が固め打ちするケースが多い。その一人にダヴィが入ることを祈っている。

ここに西大伍が入ったほうが、納得性が高いけどね。5段階計画の観点からは。


問題はMF。ミッドフィール ダー!(猪木風)ですよ。

芳賀。欠かせない。主将だし。最近元気ないけど。

つーか、芳賀がJ2優勝皿持つのを見るのが、俺の夢。

大塚。これがヤバイ。どうヤバイかは説明がつかんくらいヤバイ。
真面目すぎるっつーか。頭が固すぎるっつーか。イイ人過ぎて闘争心が空回りしてるようだ。休養が必要だと思う。
大塚を責めるわけではない。元の構想ではカウエが芳賀のパートナーだった。ボランチの組み合わせのバリエーション不足と負担増が原因なんだろうと思う。

チャン・ヨンギ チョン・ヨンデ。

チョン・ヨンデ 呼ンデぇぇーーー!! (爆)

昨年J2優勝を経験している。キングカズも「札幌の力になれる」と言ったらしい。迷わず使って欲しい。1998年の棚田のような助っ人になって欲しい。

藤田セーヤ。
今年一番成長した選手。実績、走る距離、サッカーセンス。
右サイドハーフは彼しかいない。

西谷マサヤン。
アサヤンは浅草橋ヤング洋品店。アタヤンはアタックヤング。
復活を待つ。あんたが大将。
札幌(北海道)で嫁さんを見つけてくれた事に今更ながら感謝。
サッポロに骨を埋める覚悟なんだろ?
コンサドーレをJ1へ上げてくれや!その強烈なシュートでさ!


DF。
去年のザルから一転、ここまでコンサの首位を支えてきた4バック。

ブルーノには、もっと荒々しく行って欲しい場面がある。神の祝福がないかもしれないくらい相手を吹っ飛ばすDF魂が見たい。ダヴィやカウエ、イタカレの兄貴分としても期待。

ヒロくんは、「ソレナリント」らしくもっと色々な事に挑戦して欲しい。FWの得点不足を解消するためには、後ろからのピンポイントパスも必要だ。中盤がパスをつなげないなら真ん中を省略する攻撃も時には必要だ。ヒロくんのアイディアで少なくとも2人(西谷と元気)が息を吹き返すはずだ。(西がいたら西も)

西澤画伯。
残り10試合になったらベテランの存在感が増してくる。
画伯、砂川、西谷。赤黒闘魂三銃士に「勝者のメンタリティ」を手繰り寄せてもらいたい。

ソダン。
ミスター・コンサドーレ。そして過去に一番ゴール裏いやスタジアム全体からブーイングされた男。その男が今、コンサに欠かせない男になっている。
「DFは失敗経験を積み重ねないと一人前にはなれない」。俺は曽田を見て、この格言は本当だと思っている。
もう失敗は許されないのか。違うだろう。まだあと4敗できるんだ。
6回勝てばいいんだよ。あと6回。


勝ち点18。
上記メンバープラス、昨年と大きく違うのがGKだ。
守護神高木。去年草津で全試合出場した男。今年三浦コンサで大抜擢された。
藤田と高木が居るだけで、今年の勝ち点が飛躍的に伸びたと言えるのではないだろうか?
決して守備だけで首位を保ってきたわけではない、藤田を見て思う。
4-4-2がハマッたから失点が減ったわけではない、高木がゴールを守ったおかげだ。

さて、これだけ書いてきて、勝ち点18取るにはどうしたらいいか。気付いただろうか?(と、自分に問いかける)。あ、ここから先は自分自身問いかけブログです。誰に読ませるもんでもありません。自分を納得させ、前に進むために書く。

6勝4敗。
厚別、味の素、長居、厚別、博多、ドーム。
6連勝で達成!なんと、なんとドームで勝ち点90じゃん!!

という気分じゃないわな。

半分で見ておきましょうか。
3勝3敗。

残りが、愛媛、鳥栖、ドーム、休み、ドーム。
2勝2敗で見ておきましょうか。

おいおい!!5勝5敗じゃ勝ち点15で90に届かないじゃんよぉ!

って・・・こういうパターンが「入れ替え戦ドキドキ満員計画」のシナリオだす。

ハッキリ言って No だけどな。

あと勝ち点18をドロー混ぜパターン(より現実味ある)にすると、

5勝3分2敗。勝ち点18。

今のコンサだと、ひっくり返して

2勝3分5敗。勝ち点9とかになりそうで怖いけどね。

そうなったら、ずばり「J2残留コース」となり、J1昇格を前提とした新規スポンサーからも逃げられる最悪のシナリオだ。

5勝3分2敗 というのは可能なのか不可能なのか・・・

厚別2回、ドーム3回、勝てばいいだけなんじゃないの?

今年みうみうが言っていたこと。

ホームゲームでの圧倒的勝利。

ホームで5回勝って、アウェーでなんとか3回ドロー持ち込む

予備案としてホームで4勝、アウェーで1勝。あとは3分2敗。

別予備案として、ホームで3勝、アウェーで2勝。残り3分2敗。

さらには4勝6分0敗。勝ち点18ってのもある。でも現実的でない。


なんだか、疲れてしまった。最後にまとめよう。

俺 は、優 勝 あ き ら め て い な い  から。




http://www.geocities.jp/theroadtothetop/j2/2007.html
(大失速が一目でわかる折れ線グラフ)

http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/schedule/j2/42.html
(今後の日程と対戦)




【秒刊傑作選 1120日目より】

548 :U-名無しさん:2007/09/22(土) 23:39:15 ID:uHpiYSnBO
    よく相手チームと審判を敵として意識してしまったチームは絶対勝てないと言われるが
    今の札幌は毎試合相手チームと「昇格」を相手に戦ってしまっているのかも知れない



559 :U-名無しさん:2007/09/22(土) 23:46:57 ID:KzlT7zPi0
    まぁ今はサポは静観した方がいいんじゃないかと思う
    次の試合は気合いれ弾幕とか出さずになるべく普通にやって。
    今は尻を叩けば叩くほどダメになっていくような気がするよ。

    柏も土壇場でうちらに負けたとき、サポは怒らずにただがんばれと励ました
    それでいいじゃんか 

posted by (oDo) |22:10 | 三浦俊也監督 | コメント(3) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事に対するコメント一覧
Re:残り10試合をどう戦うか

>そしてアイカーが使われないのは前線から守備をしないからだとするならば
ここが評価のわかれるトコロですよネ。
ボール保持者を追ったりパスコースを限定させるのも守備ですが
奇跡を信じてwオフサイドをかいくぐる動きを愚直に続け
結果として相手最終ラインを上げさせないのも「守備」だと思うのですが…

>俺 は、優 勝 あ き ら め て い な い  から。

うちより苦しいチームが少なくとも10はあるワケですから・・・
サポよりも何よりも、監督が僕ぐらい楽天家ならwイケると思うんですがネ。

posted by ハッシー| 2007-09-23 11:01

Re:残り10試合をどう戦うか

>チョン・ヨンギ。
ヨンデ選手か、とw

posted by 通りすがり| 2007-09-23 22:33

Re:残り10試合をどう戦うか

>ハッシーさん
相手最終ラインを上げさせないのも「守備」っすよね、
そうっすよね・・・。そしてウチの最終ラインもアゲアゲにしなきゃならないっすよ。聖地厚別で、そこらへんの修正を見せてくれるのか、くれないのか。
あと10試合、物凄いデッドヒートが繰り広げられるんじゃないですかね。
サバイバルの鍵は「負けないこと=ドロー上等」戦略かもしれないです。

>通りすがりさん
最初はチャン・ヨンギって間違えてた鴨。
韓国俳優かっ!!

posted by おど| 2007-09-23 23:19

コメントする