コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2019年11月04日

埼スタハード&ロックツアー2019 死闘120分

埼スタから帰ってきてからの1週間はとても早く感じられた
ふくらはぎ痛は2.3日で取れたが、疲労感はなかなか抜けなかった
ただ精神的には清々しさとやり切った満足感で充足していた
リーグ戦のホーム名古屋戦でもサポ仲間たちと川崎戦の話が尽きなかった
話し足りないと言いつつ、やっと切り替えられたのはUNの名古屋幕を見てから

ドームでは複数のサポ友からエルゴラッソをいただく
目に焼き付く見出しがそこにあった
「後世に残る死闘120分」
なんと誇らしい見出しなのか

90+5’  
POINT SAPPORO
GKで起こしたスクランブル。
起死回生、劇的同点ゴール

93’  95'  96'
POINT JUDGEMENT
イエロー→レッド。
試合を大きく動かしたVAR

99'
谷口のファウルで得たFKで福森の左足。
10人となった川崎Fに対し、圧巻の直接FKを叩き込んで
札幌が劇的逆転を果たす


このあとのポイントは106分
福森→石川の交代だ
当時、私は逃げ切り体制に入ったと考えた
野々村社長は福森に最後までピッチに居て欲しかったようだ
エルゴラによると、福森の足をつる場面もあり石川を投入
「この交代によって、数的優位にもかかわらず守備に重心を置く戦い方を
選択することになってしまう」
川崎番記者の林さんの指摘はもっともだった

109分に小林に被弾し3-3の振り出しに
そして石川は決めれば優勝のPKを外してしまう
たら、れば、は禁物だが
PKに関しては、蹴る勇気を見せたのが僅かに4人
アンロペ、武蔵、深井、ルーカス
この4人は立候補したのだ
他のアタッカーは?この疑問はしばらく残っていた

空気を察して後から手を挙げたのが、石川と進藤だった
石川と進藤は明らかに川崎ゴール裏の雰囲気に飲まれた
特に進藤のキックは…
だが蹴った2人は勇気があった
問題なのはチャナだ
あそこで蹴れるようになれば、メンタルが鍛えられれば
将来のヨーロッパ行きが見えてくるような気がする

かくして、札幌の初戴冠ならず
斉藤さんの見出しでは
「あと一歩を埋める旅へ」となる
ミシャは「際どいゲーム」「五分に渡り合う拮抗したゲーム」と評した

福森はコメントを見る限り、川崎から奪ったFKでやり切った感があり
3点取れたことで良しとした
キャプテンマークを付けて、あそこまでやれたのは大いなる成長だろう
ただ野々村社長は満足していない(笑)

荒野のコメントは非常に大人だった
「足りなかったのはゲームコントロールのところ。
特に延長に入ってからは、相手が10人だったにもかかわらず
リードを守ることができなかった。そこが悔やまれるし、
力が足りなかったところでもある(後略)」

荒野の言う通り、3-2で逃げ切るゲームだった
3-2で優勝しなくてはならなかった
何故ならPKでは前述の通り勝ち目なしだったからだ
コイントスで川崎側になった時点で既に駄目だった
これらは全て結果論で、現場では知らなかった事ばかり
だから後日談や振り返りは必要なのだ


試合終了直後に遡るが、
数多くのサッカー⚽️コンサ🦉関係者がルヴァン杯決勝を絶賛してくれた
ルヴァン杯決勝でベストマッチだったのは確か
素直に嬉しかったですよ
爪痕を残せたのは本当に嬉しい

あと、選手入場時の北海道コレオの評価も高くて嬉しかった
ドリンクホルダーに黒いビニールを8つ折り16折りにして協力させていただいた
初遠征の仲間にも参加してもらった
家族が北海道でテレビで見て涙したって、帰道してから聞いた
思い出しただけで胸が熱くなる

1573711714-1C25D7FA-7A8B-46BA-AEC8-EA36D19382F7.jpeg

1572867969-0425D829-6D4D-4F5A-8362-B9B4E64EFB26.jpeg

1572867997-5F468847-DE17-4A33-98CB-14E443FC3AAC.jpeg

1572868022-B5D1C5C8-3495-42B0-8A5F-37FAD891E256.jpeg

あと一歩を埋める旅は
まだまだ続く
4試合残してJ1残留確定
あと4試合、目指すはJ1の7位だ
ルヴァン杯銀メダルで満足せず更なる高みへ

迷わず行けよ 信じる道
俺たちならやれるのさ

ルヴァン杯決勝 
埼スタハード&ロックツアー2019
おわり


posted by odo5312 |19:44 | ルヴァン杯2019 | コメント(0) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントする