コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2020年11月22日

「朝刊コンサ」(11月22日)から 

おはようございます。


●清水に圧勝
     録画した清水戦生中継「コンサラボ」を何度も見返してます。

●福森直接FKゴール
     自分の感覚では、このゴールが今節のNO1ゴールになってほしい。

●荒野の負傷
     一部に、足首の骨折で来季の開幕に間に合うかどうかだとか。非常に心配。

●練習試合
     今日やるとすれば、対戦相手は札幌U-18だろうか。

●十勝スカイアース
     昨日の試合で負けて、敗退が決定。再度来年挑戦してほしい。

●大相撲11月場所十四日日
     旭大星 ●  7勝7敗  立ち合いは五分でしたが押されると残せなかった。左足の影響だろうと。
                     千秋楽の今日の取り組みは勝ち越しか負け越しかの大一番です。 
     矢後   ヤ  4勝3敗  
     一山本 ヤ  5勝2敗  
     北青鵬 ヤ  7勝0敗  


朝刊コンサ記事からです。

◆主な見出し

★<今季最多5発ロペス2発!!キム初弾!!ジェイ5号!!福森32メートルFK弾!!>
  <2度目のマルチ><ヴィエイラデビュー><荒野骨折左足首今季絶望><ペトロ監督「痛い」>

★<札幌今季最多5発><荒野負傷退場にチーム燃えた><前半10分左足首大ケガ>
  <清水キラーAロペス爆発><同点PK&勝ち越し弾><ホーム6戦負けなし>
  <福森今季初ゴール鮮やかFKで決めた><”黄金の左”復活>
  <新加入ビエイラに刺激「タイトルへいい補強」>

★<札幌今季最多5発><荒野負傷交代Aロペス奮闘><福森会心FK弾><荒野骨折今季絶望>


■清水戦の概要
     ・札幌は清水を、5-1で下した
     ・今季最多の5点を奪って大勝

     ・札幌は先制を許したが、負傷の荒野と交代したアンデルソンロペスが17分と36分に連続得点して
      逆転した
     ・さらにキム・ミンテと福森の今季リーグ戦初得点
     ・ジェイの2試合連続ゴールで突き放した

     ・札幌は、本拠地での直近6試合は4勝2分けで負けなし
     ・通算成績は9勝7分け14敗で勝ち点を34に伸ばした
     ・順位は13位のまま

     ・札幌は次節、28日午後2時からエディオンスタジアム広島で、広島と対戦する


■両チーム合わせて6ゴールの詳細

  ●失点      前半 5分          0-1      

      「ファンソッコのパスに抜け出したCジュニオが札幌PA左から中央へパスを供給。
       後藤が丁寧に落とし、ファンソッコがペナルティアーク左脇から右足でシュートを放つ。
       低く、カーブのかかったシュートがゴール右隅に吸い込まれてしまった」

  ●同点      前半17分   ロペス   1-1      

      「清水PA内で清水の選手がハンドでPK獲得。キッカーは途中出場したばかりのロペス。
       GKの動きを見ながら左足でシュートを放つ。シュートはゴール左下に決まって同点弾を奪取」

  ●逆転      前半36分   ロペス   2-1      

      「金子が右サイドの敵陣深くでドリブル突破から右足でクロスを入れる。これはGKに逆サイドへ
       はじかれるが、ルーカスが右足で蹴ったボールが結果的には中央に折り返す形に。
       ジェイが頭でつなぐと、ロペスが胸トラップから左足を一せん。
       強烈なボレーシュートがゴール左上に突き刺さり逆転」

  ●3点目     前半40分   ミンテ   3-1      

      「左CKを獲得。キッカーは福森。左足でクロスを入れるが、相手にはじかれてしまい、
       福森はもう一度左足でクロスを供給する。PA内で混戦になると、ファーサイドでミンテが
       右足を一せん。低く抑えたシュートはDFの股を抜いてゴール左に決まる」

  ●4点目     後半19分   ジェイ   4-1      

      「福森が左サイドの敵陣中央から浮き球を送る。反応したルーカスがPA左から右足で背後に
       パスを出すと、中央に走り込んだのはジェイ。
       左足でうまく抑えたボレーシュートを放ち、ゴール右下に決める」

  ●5点目     後半28分   福森    5-1      

      「清水のPA手前の左でFKを獲得。キッカーの福森は左足でゴール右隅を狙ってシュートを放つ。
       ボールは高く美しい軌道を描いてGKの伸ばした手を越え、ゴールネットを揺らし、
       今季初の直接FKを決めた」


■監督記者会見より

  Q 試合を振り返って
       ・試合の入りが非常に不安定の中で、相手に得点を許してしまう難しい展開
       ・ただ選手たちはリードされた後、落ち着きを取り戻し、試合をコントロールしていった
       ・チームにとって荒野選手の大ケガはショックだった
       ・難しい状況ではあったが、選手たちは最後まで走り、戦い、ホームで勝利することをしっかりと
        実現してくれた

  Q 荒野選手のケガの具合は?
       ・ハーフタイムにドクターと少し話をした
       ・全治に関してはまだ検査をしてみないと分からないが、明らかに言えることは足首がおそらく
        折れている
       ・手術が必要になる
       ・何か月もケガで出場できない時間は続くが、できるだけ早い回復を祈っている


■コメントから

●ミシャ 「(ビエイラ)試合を重ねることで彼の状態は上がってくると思う。来季に向けていい時間になる」

●ロペス 「タクマのために戦おうと、一丸となって勝つことができて良かった。荒野にささげるゴール。
       3点目が決まっていたら(フェンスを)飛び越えていたかも」

●福森 「(FK弾)キーパーが壁側(ゴール左)に寄ってくると予測した。その逆を取ろうと思った。
      うまくポストの上から落ちてきてくれたかな。
     (荒野)チームに欠かせない存在の一人。拓馬の気持ちも背負って戦い続けなければいけない」


■荒野負傷
     ・クラブによると、腫れがひどいため、靭帯の状態などの精密検査は後日行う予定だという


以上です。

posted by ベル |04:44 | コンサドーレ | コメント(0) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントする