コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2020年01月15日

「コンサ!コンサ!コンサ!」(武蔵選手)&「吉原宏太のマンスリーコンサ」 

北海道新聞朝刊<探る見る>ページで、毎月第3水曜日に連載されている、2つのコラムです。

コラムの一つは、サッカーライターの斉藤宏則さんの「コンサ!コンサ!コンサ!」。
もう一つは、吉原宏太さんの「吉原宏太のマンスリーコンサ」。


◆「コンサ!コンサ!コンサ!」
 
       コラムのタイトル 「J1 クローズアップ ミシャからの言葉」

  ★今回はFW9鈴木武蔵(25)選手を取り上げ、ミシャの言葉は、

      「コンサドーレがベストチームだ!」

  ★今回の大きい見出しです <自信胸に堂々プレー>
 
      小見出し3つ   <背水の一戦><目立つミス><言葉信じて>

今回の内容は、武蔵のルヴァン杯における諸々の詳細が書かれています。
取捨選択で紹介します。

◆上に書いたミシャの言葉がどういう場面で語られたか

   ●ルヴァン杯準決勝を前にしたロッカールームで。
    
     「コンサドーレがベストチームだ! ベストなチームが決勝戦に進む」


◆武蔵が、このミシャの言葉を思い出したきっかけは

   ●準決勝では前半から足にボールがつかず、ミスが目立っていた

   ●交代の気配もなかったわけではない

   ●そのような中で、ミシャの言葉を思い出した

      武蔵 「自信が持てないときにミスが出る。だから、監督の言葉を思い出し、意図的に自信を持とうと
           考え、思い切ってシュートを打った」

   ●そのシュートがワールドクラスとも言える強烈なミドルシュート。決勝点となった。


◆19年の戦いを振り返って

      武蔵 「自信があるときはいいプレーができていたが、どこか自信がない時期はプレーも良く
           なかった。だけど、そんな僕を見て、ミシャさんは常に自信を持てるような言葉をかけてくれた。
           日本代表に入ることができたもの、ミシャさんのおかげ」


◆20年の意気込み

      武蔵 「常に自信を持ってプレーをしていきたい。そうすれば必ず結果がついてくるはず。
           今年もミシャさんの言葉を信じてプレーしていく」


などです。



◆「吉原宏太のマンスリーコンサ」

 ◆今月の見出しです  ★<大卒3新人 高い総合力に期待>

 ■コラムより

    ●Jリーグはかつて、私もそうだったが高卒ルーキーであふれていた。しかし、高校生がいきなり
      トップチームに上がっても活躍は難しい。2、3年でやめてしまう選手が多かった。

    ●最近は大学リーグのレベルも高くなり、大卒でのJリーグ入りが主流になっている。
      大卒選手は技術面だけではなく、精神的な強さ、人間性などでも判断される。

    ●だからこそ、札幌に今季加入する3選手は総合力の高い選手だと言える。

    ●札幌は今季、昨季所属した全選手と契約延長をしており、移籍などはなく新たに加入するのは
      新人3選手のみ。

    ●それだけに3選手にはチーム内をかき乱し、チームを底上げし、昨季より上に引っ張り上げる役割を
      担ってもらいたい。


などです。

posted by ベル |07:42 | コンサドーレ | コメント(0) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントする