スポンサーリンク

2007年08月31日

ダッシュで振り返る8月

仙台戦の後からの試合と感想は以下の通り。
9月を耐えればいよいよ現実味を帯びる。
頑張っていきまっしょい。

ホーム鳥栖△1-1
→ぶっちゃけ負けてもおかしくない試合。1-1はホームとは言えラッキー。

アウエー草津○3-0
→何か辛口な人が多いようだが、まぁ勝つ時ってあっさりだよねと思った。
 相手が綺麗に守備にハマってくれた感があったんで個人的には安心していた。
 ※カルロス君ご一行はとても楽しい人達だった。
  岩政好きで曽田好き(勝手に認定)の彼(カルロス君友達)の笑顔は素敵だった。

ホームC大阪○3-0
→それこそ注文通りの試合。セレッソには悪いが、
 こっちも綺麗事じゃ試合やってられないのよ。
 良い内容などどうでもいい・・・勝たなきゃ駄目なんだ・・勝たなきゃ・・・っ!

アウエー京都○3-2
→俺昇天。決勝ゴール後にゴール裏に来た謙伍の目は大人のそれであった。
 ああ、僕が子供のまま年を重ねる間に少年は大人になるのです。
 京都の底力も見た気がするが、体力を根こそぎ削る酷暑では
 双方の控えの質が勝負を決めた。
 (京都マンガミュージアムはとてもよい所なので、是非どうぞ)

 「好きです札幌」の味は格別だった。

ホーム湘南●1-2
→見事に札幌対策を実行され、同じように二点決められる。
 これはその後の水戸と一緒。石原を出すのは反則なので止めて欲しい。

アウエー山形○1-0
→山形は出口の無い暗黒に入っているかのようなモガキっぷりで気の毒だった。
 これは正直見てて安心してた試合。

アウエー水戸●1-2
→開始直後から延々DFラインの裏(しかもCB二人の間)に対して
 「DFラインが下がりながら処理させられるように」アーリー入れまくった水戸。
 中盤で取られてたのも大きいが、攻め手でキッチリとした札幌対策を練ってきた
 世界の前田の手腕が光った試合だと思う。札幌はお疲れ過ぎで、
 確かに甘さもあったがそれは俺も同じだし、責められない。
 かと言って馴れ合うのは勝負の世界なんだからありえない。互いを磨くしかない。
 だから「函館で勝とう」と、それだけを試合後に叫んだ。

日曜は始めての函館遠征。
自らを解き放ち、審判がどうこうとか言わず(←最近またこれ系でブツブツ言う奴増えた)
喉が千切れるまで叫んで勝ち点を奪い取ろう!よっしゃー!

以下追記

続きを読む...

posted by 8月のアラブ |23:21 | 観戦記 | コメント(2) | トラックバック(0)

2007年07月27日

去年は逆の立場:仙台戦@仙台スタジアム

平日の仙台とは、なんとも経済活動を縮小する日程だ。
本来(土日開催)であれば、土日きっぷ(関東東北の新幹線とか乗り放題のきっぷ)を
ふんだんに利用して、仙台での試合、土日ズレなら山形の試合を見て、
合間に仙山線(仙台山形を結ぶ在来線)の作並駅でニッカウヰスキー工場を見学し、
その工場では原酒(市販のウイスキーはアルコール度数40%程度だが、
樽貯蔵され熟成を待っているウイスキー原酒のアルコール度数は60%程度で、
出荷時には加水を行い度数を調整している。
原酒とは、加水を行わない樽から出したままのもの。メチャメチャ美味い)
を味わい、あわよくば竹鶴35年(国産ウイスキーの最高峰)を頂く。

そういう旅程を経るのが。一人身で暇だけは人一倍ある俺の流儀だ。

閑話休題。


20070727-00.jpg


続きを読む...

posted by アラブの酔いどれ |01:04 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(1)

2007年06月25日

全盛期の三浦コンサドーレ伝説

全盛期の三浦コンサドーレ伝説

・3試合5完封は当たり前、3試合8完封も
・同一クール完全完封を頻発
・三浦コンサドーレにとっての3-0は1-0のやりそこない
・キックオフの瞬間1-0完封も日常茶飯

続きを読む...

posted by アラブ |22:16 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2007年06月11日

日常の謎:シフォンケーキの食べ方

喫茶店でシフォンケーキと珈琲を頼んだ時に思ったんだが、
フォーク一本でシフォンケーキを綺麗に食べきるには一体どうしたらいいのだろう。

ケーキというのは、得てして円柱をいくらかに等分した扇形をしている。
シフォンケーキというのは、得てしてその高さが高いものだから困るのだ。
ケーキというと、例外なく円の中心から食べ始めるのが自分の流儀である。

最初の一口はフォークを図中のaの位置に上から刺す事により、
自然といい感じに切れてくれて食べやすい。
How to eat shiffon cake
(↑我乍ら頑張った労作だと思う)
が、ケーキを食べ進み図中bあたりに来ると、フォークの横幅が足りずに
aと同様の刺し方ではケーキが分割されなくなる。
するとどうしてもフォークを横にして、押し潰して切るような作業をしなければならない。
そしてそこで悲劇が起こる。
シフォンケーキのスポンジが持つ類稀な弾力性により、bを中心にしてグニーッと歪み
皿に倒れてしまったり、形が大きく崩れてしまったりするのだ。
(他のクリーム系であればそこまでの弾力性は無いので上手く切れる)

もうそうなるとドッチラケである。
折角いい気分で食べていたケーキは形の崩れた物悲しいそれに成り下がり、
俺が梶井基次郎であるならばきーんとした紡錘形の檸檬でもそっとのせて
「こんなコージー○ーナーなど檸檬で爆発すればよいのだ」
等と一人ごちて、晴れやかでわくわくした気持ちになって店を後にするところだが
如何せん俺は結核持ちでもなければ梶井基次郎でも無いので普通に食べ続ける。

あと最後らへん(a→bときて、外側エリア)の食べ方も、フォーク一本では難しい。
これまでのように縦に切るのは尚難しくなる(今度は確実に倒れる)ので
どうしてもフォークを刺すような形になるのだが、その割りには体積がでかく、
何か昔のアニメで料理を食う時のような下品さになってしまうのだ。
それではティータイムとは言えない。そんなに童心に帰りたい訳ではない。

そんな風に今日も思い悩んだ訳である。
フォーク一本で華麗にシフォンケーキを食べる事が出来る技術をお持ちの方が居たら
ぜひともその方法をレクチャーして頂きたい。
そう言えば札幌在住の頃はよく岩見沢の「私の部屋」という雑貨屋さんに行き
そこに併設された喫茶店でシフォンケーキ食べてました。今もあるのだろうか。


続きを読む...

posted by アラブ |18:25 | 観戦記 | コメント(9) | トラックバック(1)

2007年05月28日

やたら広くなった札幌の手の平:福岡戦

平塚戦後、不名誉な負傷をした為ごく久し振りに自宅でのアウエー観戦。
テレビをつけたら曽田(神)が居なくて、俺達の札幌が画面右から聞こえてきた。

続きを読む...

posted by アラブ |03:41 | 観戦記 | コメント(2) | トラックバック(0)

2007年05月27日

駆け足で振り返る5月

5月:生観戦3勝1敗  自宅観戦1勝

草津戦は負けるべくして負けた。
何もかもが2005年で言えば仙台(オウン含む0-4)と同じだった。
正直自分も含めて情けなさ過ぎて、怒りを通り越して呆れた。
草津の盛り上がりは去年秋頃から急騰しており、サポーターが負けたと言っても
思い返せば納得してくれる人は居るんじゃなかろうかと思う。

以降は追記。

続きを読む...

posted by アラブ |03:04 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2007年05月02日

ポルナレフがありのまま語る東京V戦と愛媛戦

Q「ポルナレフさん、東京Vの試合について感想を教えて下さい」
A「あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!」

         ,. -‐'""¨¨¨ヽ
        (.___,,,... -ァァフ|
        |i i|    }! }} //|
        |l、{   j} /,,ィ//|

続きを読む...

posted by 恐怖を乗り越えたアラブドゥル |11:44 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(1)

2007年04月22日

盾盾(じゅんじゅん):第9節水戸戦

矛マジ最強!どんな盾でも貫きまくり!つよい!」
 盾もマジで最強!どんな矛でも防ぎまくり!つよい!」


「でもその矛で盾を衝いたとしたら・・・・?」


「!? さっきの売り文句がどっちか否定される! ふしぎ!!」


「ですよねー」           (以上、下品なコピペネタの改変でした)
 
 

続きを読む...

posted by アラブ |02:29 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2007年04月14日

逆転した二チームの立場:2007J2 7、8節 仙台戦+福岡戦(短文)

心底思うのが、仙台は札幌の2年後を追うと言う事。

続きを読む...

posted by アラブ野郎 |02:22 | 観戦記 | コメント(2) | トラックバック(1)

2007年04月01日

春~泣き虫な自分に、グッバイ~:2007J2第6節セレッソ大阪戦

3年間慕ったあの人(ジャージ派)との別れと、新しい人(スーツ派)との出会い。
過去を美しく振り返るけども、目の前に着々と積み上げられる実績。
そして自らの内に積み上げられる葛藤。
僕達もう、あの頃みたいに夢だけを語って生きられないんだね。
サッカーって、残酷だ。                だが楽しい!
(以下本文)

続きを読む...

posted by アラブ |10:42 | 観戦記 | コメント(2) | トラックバック(1)

前へ