2007年06月25日

全盛期の三浦コンサドーレ伝説

全盛期の三浦コンサドーレ伝説

・3試合5完封は当たり前、3試合8完封も
・同一クール完全完封を頻発
・三浦コンサドーレにとっての3-0は1-0のやりそこない
・キックオフの瞬間1-0完封も日常茶飯

・後半40分100点差、チームメイト全員負傷+黄紙+2人退場の状況から1-0で完封
・2006年のFCバルセロナも余裕で完封
・一回の守備でラインが三本に見える
・粘着守備で相手を不完全燃焼させる試合が特技
・4-4-2の陣形を組むだけで相手チームが泣いて謝った、心臓発作を起こすチームも
・1-2逆転勝利でも納得いかなければミーティングして帰ってきてた
・あまりに守り過ぎるから枠外シュートでもインゴール扱い
・その枠外シュートもセーブ
・ボールホルダーを一睨みしただけでミスパスがコンサドーレ選手に飛んでいく
・試合の無い節でも勝ち点3
・スーツを使わずにクールビズスタイルで監督してたことも
・自分のクロスを自分でトラップして枠外シュートで時間を稼ぐ
・相手の攻撃なのに何故か点を取るなんてザラ、被PK時に「得点」することも
・カウンターで相手ゴールを脅かすより、自陣ゴール前に戻る方が早かった
・第四審判にシューズの裏をチェックして貰ってる間に1-0で完封した。
・カウンターの守備をしようとした相手OMFと、それを受け止めようとしたDMF、CB、GKの選手ともどもインゴールさせた
・観客の攻撃サッカー信者のヤジに流暢なドイツ語で反論しながら背面スーツ投げ
・グッとガッツポーズしただけで勝ち点5くらい入った
・スーツ投げでハリケーンが起きたことは有名
・定率減税廃止が始まったきっかけは三浦の札幌監督就任
・テクニカルエリアの一番奥から相手チームのベンチ前まで行って激怒してた
・相手GKのクリアをダビが楽々カウンターシュートしてた
・自分の投げたスーツに飛び乗ってメインスタンドまで行くというファンサービス

・コンサドーレは本気を出した事がない
・プレシーズンマッチからゾーンディフェンス試すのはコンサドーレくらい
・三浦がケガしたらJ2リーグ中断
・コンサドーレが勝つとスパサカの放送予定がずれる
・病気の子供に1-0完封を約束
・昔は攻め疲れてから失点をしていた
・やめた理由はコンサドーレ札幌への市から援助が廃止になるから
・戦術眼がよすぎるせいかキックオフ段階で試合終了までの流れが見える
・街でコンサドーレ札幌が完封するだけで株価が上がる
・コンサドーレが絡むスレは伸びる
・コンサドーレに完封されたことにまだ気づいていないクラブも多い
・コンサドーレは2点差以上で圧勝すると落ち込んでトイレに篭ってしまう
・コンサドーレが試合会場のピッチに立った時点で1-0勝ちでいいだろ
・コンサドーレから一点取ったチームは負けても褒められる
・3試合連続完封勝利は「今日はカレーが食べたい」という暗号
・公園で悩んでいた三浦が、落ちてきたりんごに対し4-4-2の布陣で防いだ際に万有引力を発見したの有名
・相手チームのカウンターを防いだ後の速攻でイージス艦を撃沈したのはあまりにも有名
・コンサドーレは、いつも店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年にシーチケを買ってあげたことがある

・あまりに勝つので最初から勝ち点3加算されていた時期も
・西澤が本気を出すと周囲に怪我人が発生するので力をセーブしてた
・大塚のミドルに米軍のレーダーが反応してしまうので試合中は警戒されていた
・筋肉番付のGK版ストラックアウトに高木が出場したがノーミスでパーフェクト達成してしまいテレビ的にNG
・超重量のウエイトを着けながら指揮していたため西澤のレッドの時脱いだスーツをベンチに投げたらベンチが真っ二つになった
・名監督はボールが止まって見えるというが三浦はむしろ相手監督のネクタイの柄の縫い目すら見えた
・前半0-0で勝利を確信してた
・札幌が完封した試合をゴール裏で見ていた子供が帰ろうとしたら、すでにユニフォームに選手全員のサインがしてあった
・あまり勝ち点3ばかり取ると相手チームが傷付くから勝ちたくないという名言
・三浦監督には「勝ち点4」が見えていたらしい
・コンサドーレ札幌から一点でも取れればその試合は相手チームの勝ちというルールはもはや伝説
・4点以上失点させられれば即相手の優勝決定という破格のルールも達成できたチームはなし
・ハンデとして札幌に対する警告頻度が4倍になるルールも導入されたが全然ハンデにならなかった






キックオフ15分後ぐらいに味スタに着いたんですが、
去年以前だと大概失点してたりしたんですね。
それが今年は0-0で、しかも結構本気で「あ、勝てる」とか思っちゃったり。
随分思い上がってるような感じですが、危うさをそこまで感じさせないというか
安心感(これは崩壊した時の問題点が解り易い事も含む)があるのが今年かと。
曽田さんのゴールは西谷のFKが8割ぐらいに見えました。
2005年の池内から何かを盗んだ曽田さんが頼もしく。

個人的に素敵なのは相変わらず砂川さん(すごくかっこいい)でした。
砂川さん(すごくかっこいい)が凄くカッコいい突破を見せたら
かっこわるい相手選手がかっこわるく凄くカッコいい砂川さんの
凄くカッコいいユニフォームを引っ張りやがって、凄くカッコいい砂川さんが
凄くカッコいいシュートまで持ち込んだ後に、凄くかっこよく怒っていたのが
非常に心に残りました。やっぱかっけーわ砂川さん。

あと、三浦監督のクールビズ。あれは卑怯だw
大体そんな感じで本当に勝てて良かったです。
去年まではああいう試合をスコッと落としてて、
逆にそれが「予想通り」だったりもした訳で、
本当に色んなものが変わりつつあるなぁ、変わったなぁと思いました。

以上。

posted by アラブ |22:16 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)

スポンサーリンク

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.consadole.net/all4cs/tb_ping/118
コメントする