コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2010年11月23日

"見る"で楽した"ダメサポ"…(猛省)

VS 横浜C(第35節)1-0で●

引き続き…"見る"モード。
前回記事の『石崎監督退任』は誤報とのこと。

フォーメーションと配置。

     内村

三上   高木   藤田

   上里 芳賀        

岩沼 藤山 吉弘 西嶋

     高原

内容はまずまず。水戸戦よりはよかったように感じた。
芳賀が累積警告で次節出られないことが"最懸念"事項。


VS 徳島(第36節)1-0で○

フォーメーションと配置。

     内村

三上   砂川   藤田

   上里 高木        

岩沼 藤山 吉弘 西嶋

     高原

石川が戻ってくると思っていたが…怪我の模様(-_-;)

徳島が"2連勝"で来た割に…元気がなかったような印象。
スケジュールの"キツさ"もあっただろうが、徳島の"サッカーの選択"に助けられた面もあったように思う。
芳賀が出られず、上里-高木で組んだCMF。
わりとバランスがとれていて、いつもより上里の運動量も豊富。
しかしながら、そこに対する徳島のプレッシャーが、思っていたほどキツくなかった。
前半の序盤に、CMFのところに"ハイプレッシャー"をかけられなかったことについて、見ていて"ラッキー"と思ってしまった。
徳島がわりと慎重にサッカーに入ってくれたことが、不安があったCMFの部分を"楽にしてくれた"とも言えるか。

決定機を前半はけっこう作られてしまった。
それについては…まあ、"仕方がない"と考えるのが妥当か。
後半、藤田のクロス→西嶋の頭で先制。
よいゴールだったと、素直に思う。

失点してもおかしくない場面はあったが、0で終われた。
得点については…正直2点取りたかったところ。

思うところは多々あるが、"それなり"に次節"福岡戦"が楽しみになった(福岡は昇格を決めてしまったが…)。
久々、"観る"モードにするか…最近、グダグダな記事しか書いていないし(苦笑)。

今節からの懸念…("見る"だったから…内容のことは除く)
①札幌ドームで10000人を集客できなかったこと(苦苦苦苦苦)
②高原の怪我(代わった佐藤はあのタイミングでの投入にもかかわらず"よかった"と思うが)
③内村の累積警告→出場停止(不要な黄紙で。今節、内村→横野としたのは次節、横野の1トップで行くためか…!? 悪くない交代だった)
④ここ2節のスタメンCBの2人が、既に来期"チームにいない"ことがわかっていること(苦)
⑤来期の監督…そろそろ明確になって欲しい(石さんに続投要請をしたようではあるが)。

残り2試合。
今節の勝利で、10勝12分12敗。
あと2つ勝って、せめてオール12で終わりたいところである(あまり意味なし)。
最終節の熊本戦…久々"生観戦"を試みようか…と思案中。天候次第か…。

posted by はげお |19:40 | "観方"覚書 | コメント(0) | トラックバック(1)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.consadole.net/hagetaka/tb_ping/71
この記事に対するトラックバック一覧
バーバリー アウトレット 【バーバリー アウトレット】

"見る"で楽した"ダメサポ"…(猛省) - 観戦力向上覚書 | コンサドーレ札幌オフィシャルブログ

コメントする