コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2020年09月26日

素人・ゆるサポなりに提案してみる。

 今日の試合、全く観てませんが、結果はしょうがないかと。これからどうするかの提案ですが、良かった時の状態を思い出して、そこから再構築するしかないかと。
 素人なので大雑把にしか言えませんが、最終ラインはミンテ選手を軸に。ボランチは宮澤選手を軸。ルーカス選手のところは、駒井選手を併用。菅選手のところは白井選手なりを併用で。今年は降格が無いので、若手中心という意見もありと思いますが、バランスを失ったチームに若手をぶっこんでも、今日のような悲劇を招くだけかと思います。まずは攻守のバランスを取り戻して、ある程度いけるという感覚を取り戻してから、若手を部分的に投入し、経験値を上げさせる。
 けっこう、批判にさらされている、福森、進藤、両選手については調子が悪いながらも使うしかないかと。石川選手はサブにも出てこないし、あとは高嶺、田中選手ですが、田中選手は宮澤選手とダブルボランチを組ませたらかなり良くなるんじゃないかと。
 田中選手には外見は全く違いますが、今野選手に似た雰囲気を感じるので。冷静に自分の仕事をこなし、ある程度視野も広い。荒野選手はタフで献身的な選手ですが、好不調の波が激しく全体も見渡せないイメージがあります。
 FWとGKはもうどうしようもないかと。代わりは補強でしか対応できないと思うので。
 大卒若手選手を積極的に使っていくのは賛成です。彼らは即戦力に近い存在なので。しかし、彼らの力を発揮できる環境がないと、さすがに今のコンサのチーム状況ではきついかと。
 小野選手ばりの個人能力があれば、乗り越えていけるかもしれませんが、今はとにかく、失ってしまったバランスを取り戻さないと、来期に影響を及ぼす深刻な状況だと思います。

posted by naka1108 |23:19 | トラックバック(0)

2020年09月22日

十勝スカイアース


十勝スカイアース


 他の方のブログで、室蘭入江での試合を取り上げていますが、自分の画像は8月23日の
札大GPというチームとの試合のです。
 何故行く気になったかというと、自分の勤務地が帯広で観戦しやすいということと、前述の他の方のブログでコメントしていますが、曳地、内山、永坂選手と、コンサに在籍した選手が多かったので、興味を引かれたからです。
 北海道サッカーリーグの試合は初めて観にいったのですが、受けた印象としては、まず、会場がかなり自然味あふれるというか、全くフルオープン。


1600775520-tn1.jpg



 試合会場が帯広の森球技場ということで、ナビを頼りに向かったのですが、どこかわからなく、陸上競技場に行ってしまったりして、とにかく広い。たどり着いた球技場もかなり広い。
 一つの球技場で2~3試合同時並行でできるぐらいかと思いました。
 ふと、思ったのですが、サッカー専用スタジアムを作るのなら、十勝は有利だなと。資金面の問題とか色々ありますが、とにかく土地に余裕がある。札幌ではこんなに余裕を持ってスタジアムは作れる所はないだろうと思いました。
 他の印象としては、城 彰二統括GMが会場に居たのですが、はっきり言って怖かったです。ファッションは決まっているのですが、近いところで言うと浦和レッズの大槻組長でしょうか。元日本代表ですから、サインとか写真とか求めたいところですが、近寄りがたい雰囲気でした。
 それと、今年、新加入したという松尾雄斗選手ですが、コンサU18から阪南大学という経歴で、サイズはチャナティップ選手ほどではないですが小さく、その分スピード、テクニック勝負という印象でしょうか。
 スカイアースに好感を持てるところは、とにかくJリーグを目指す姿勢が出ているところです。コロナ禍にも関わらず、新加入選手を入れて、マッチデイプログラムで数えると31名の
選手を保有してます。むろん全員がプロ契約ではないかと思いますが本気は感じます。
 ただし、まだ、スカパーを継続していて、FC今治の特集を観た方はわかると思いますが、地域リーグを勝ち抜いて、全国地域チャンピオンズリーグの2位以内に入り、JFLに上がるの
がまず大変。9月27日のノルブリッツとの試合、行けたら行こうと思います。
 


posted by naka1108 |20:06 | トラックバック(0)

2020年09月06日

「出来る限りのことはするが」

 広島戦、何とか同点だけにでもしてくれないかと観てましたが、2点取られて帰宅の途に。
この結果は流石にまずいと感じました。 前半のPKが入ってたら0-3ですから。不調の原因は疲れやら色々言われてますが、自分の印象では攻撃の選択肢の無さかと。GKからのビルドアップか途中でボールを奪って繋いでいくわけですが、大抵は敵陣前でボールを横に動かし、サイドチェンジ。そこからクロス。繋ぎのためにバックパスもよく使うので、本当に攻撃が遅い。パターンが決まってるので、相手は守りやすいんじゃないでしょうか。狭いスペースで繋いでシュートという技が無いとブロックを作った相手を崩せないイメージです。鈴木選手がいたときは、奪った時点からチャナティップ等からのパスで一気にゴールまでというパターンもありました、鈴木選手のようなスピードを持つ選手がいないので、点が取れない状況が今後も続くのではないでしょうか。コロナ禍という状況では補強もままならないでしょうし。このような状況ですが、ゆるサポの自分が出来ることと言えば、シーチケ代金の返金を選択せず、土日だけですが、なるべく観戦に行くようにする。コロナのせいで生活が激変した方もいるでしょうし、各々が出来る限りのことをし、乗り越えていくしかないのかなと思っています。







posted by naka1108 |00:15 | トラックバック(0)

2020年01月01日

1月11日までには。

 明けましておめでとうございます。今年、コンサドーレで戦う選手の陣容は、11日にはわかっているのでしょうかね。全員と契約する方針ということなので、発表が無いというのは、まだ、交渉が纏まっていない人がいるのでしょうか。これだけ、人の動きがわからないオフも珍しいですが、ただ、発表を待つしかない。今回の方針が結果として良かったと言えることを願っています。

posted by naka1108 |12:59 | トラックバック(0)

2019年12月08日

ドーム内での周囲の変化

 今シーズン最終戦を観戦し、今日、JRで戻ってきました。昨日の試合、自分の記憶の中では3回目の宮澤選手の最終ライン。言い方は悪いですが、上手くいかなかった布陣をこれだけ試すのには、よっぽどの理由があるはずなのですが、素人の自分にはわからず、キムミンテ選手ではどうしてダメなのか、理解が出来ないところに不満があります。結果、後半から荒野選手を下げ、キムミンテ選手を投入。監督が信念を持ってやられているのなら、最後まで同じ形を貫いてほしいです。リーグ戦をお試しの場に使ってほしくないです。勝つための現時点での最良の形で臨んでほしいのです。素人が言うのもなんですが、宮澤選手が後ろに下がると、どうしても守備に集中を回さなければならず、攻撃の組み立て、ビルドアップが上手くいっていないように見えます。代わりに荒野、深井選手がやらないといけないと思うのですが、両選手とも宮澤選手ほど視野が広くないというか全体が見渡せないように見えます。補強のポイントはここらへんにもあるとは思うのですが、なにせ素人の見立てですね。来年はオリンピックイヤーでリーグ戦の開始も早いみたいですし、契約関係の発表もこれからですが、現有戦力をどれだけ底上げするかが大事なんでしょうか。どちらにしても、コンサがもう一つ上の高みに行くためには、さらなる強化が必要と痛感する試合になりました。
 タイトルの話に入っていきますが、宮澤選手を後ろに下げ、しょうもない試合になった、磐田戦、川崎線ともに、自分の隣の席にはお客さんが座っていました。偶然座っていただけだろうと言う人もいるかもしれませんが、自分が端っこで座っている席種はコンサドーレ劇場シート、会話を聞くと一見さんっぽい会話。初めて見に来る人にコンサの成長を見てもらうには残念な試合。ルヴァンカップ決勝進出、3年目の残留等が徐々に集客効果を生み出しているような気がします。コンサドーレが集客を増やすためには、お客さんが一番入りにくい席種の売り上げを増やす必要があると思います。そのためにはコンサが今より一つ次元の高いサッカーを見せる必要があると思います。コンサドーレはまだまだ発展途上、さらなる進化を望みます。




川崎戦


posted by naka1108 |16:33 | トラックバック(0)

2019年11月23日

J1最弱コンサドーレ

 いくら、相手が必死とは言え、ホームで18位のクラブに負けるのは如何なものか。宮澤のあのポジションは一度失敗してるのに、またやるとは。最後のPK はクリアをあせったものだし、パスミス多すぎ。20000人近く来たお客さんに失礼な試合。自分達の方が強いと勘違いしてるような試合でした。本当に悲しいです。

posted by naka1108 |16:39 | トラックバック(0)

2019年10月27日

大事なことは続けること

 写真に写っているビジョンに鬼木監督が映り込んでますが、ご容赦ください。他に撮った写真は、個人が特定されるかもしれないので、差し控えました。

1572174151-2019102612500000.jpg


 試合については、ゆるサポ、地蔵サポである自分ですが、まだショックを引き摺っております。決勝に進出したら、埼スタに行こうと思い、準決勝ファーストレグ前にチケットを購入していました。コンサドーレが初めてタイトルを懸けて戦う試合。結果、負けて悔しい試合となりましたが、レベルの高い低いという話ではなく、次元の違う悔しさ。今まではJ2に降格してしまう時の悔しさだったものが、今回はカップ戦の決勝で負けた時の悔しさ。悔しさの違いも新しい景色でした。でも、以前から書いていたことですが、大事なことはJ1に居続けること。J1に居続け、力を蓄え、常にタイトル争いに絡むクラブになること。J1クラブであることを続けることが大事だと思います。そのための努力を続けた結果がタイトル獲得につながると思います。ベストメンバーで臨めない可能性が高いですが、2日の名古屋戦からその努力を再開していただきたいと思います。


posted by naka1108 |19:58 | トラックバック(0)

2019年10月06日

「強いんだか弱いんだか」

 タイトルが今シーズンの感想です。J1に昇格したと思ったら、1年で降格して何年もJ2で過ごすという、しょうもない時代に比べたら天国のような現在なわけですが、鹿島のようなビッククラブと比較するとどうしても見劣り感を感じてしまう。贅沢を言ったらあかんと怒られるかもしれないけど、どうしても中途半端感を感じてしまいます。4日のガンバ戦、試合を全く見ていないのですが、荒野選手がチャナティップの代わりのポジションだったのでしょうか。それだったら、特徴も能力も全く違う二人なのですから、同じサッカーをするのは素人目にも無理。攻め手もなく、バランスを崩して守備も崩壊したんでしょうか。どちらにしても、中心選手が一人でも欠けると試合が成立しないくらいひどくなるというのは、選手層の薄さを露呈しているように思えます。9日、13日はチャナティップに加え、ソンユンがいないんですから、準決勝にふさわしい試合が出来るのか。監督はもちろんですが、コーチ、選手、クラブが一丸になって出来る限りの準備をして100%以上のクラブ力を発揮しないと、決勝戦という新しい景色を見れることはないかと思います。13日のチケットの売れ行きが悪いみたいですが、9日のアウェイの結果を様子見している人も多いのでは。コンサドーレは勝ちきれないと見ている人も多いんじゃないでしょうか。コンサドーレは確かに強くなってると思わせるような戦い方を見せてほしいです。

posted by naka1108 |21:05 | トラックバック(0)

2019年04月07日

あえて光を見出すとしたら

 大分戦の後半でしょうか。結局、1点しか取れませんでしたが、宮澤選手がボランチに上がってから、ボールを左右に動かすというか、サイドチェンジが出来るようになり、マークのずれも起こるようになり、縦パスも入るようになったように自分には見えました。後半始まった直後から、リズムが良くなりましたから、大分が疲れたからではないと思います。個人攻撃はだめと言われている方もいますが、誰が悪影響を与えているかは、自明になったと思います。たらればにはなりますが、宮澤選手の最終ラインは駒井選手がいれば、成立するかと思いますが、荒野選手では心もとない。DF不足ではありますが、次の桜戦はミンテ選手を最終ラインに加え、宮澤、深井選手でボランチを構成してはどうでしょうか。まあ、元々ではありますが。とにかく、J1で生き残れなければ、ACLもルヴァンカップもありません。荒野選手を使い続けるのであれば、早期に結果を出すことを望みます。

posted by naka1108 |20:30 | トラックバック(0)

2018年12月02日

コンサドーレはまだ弱い

 今シーズン、4位に終わったことは素直に嬉しいですが、昨日の試合はいただけなかった。
2点先取した後、疲れなのか緩みなのか、動きが緩慢。駒井選手がいないと勝てないという他の方の指摘がありましたが、彼がいないと攻撃に多様性が無くなるというか、攻め手が少ないという印象でした。1人選手が欠けると勝てなくなるクラブが強くなったと言えるでしょうか。ACLがどうなるかわかりませんが、戦力強化は必須。誰かが怪我や体調不良でいなくてもサッカーの質が落ちなくなった時に、初めて強くなったと言えるのではないでしょうか。どちらにしても、J1に継続して居続けることが大事。内村選手を含め、8名の選手と契約を終えたのですから、十分な補強を望みます。

posted by naka1108 |19:48 | トラックバック(0)