コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2014年09月30日

ちょんまげ隊との日々その9

我がチームは優勝。

ツンさんの最後の言葉。「チャリティーは楽しくやって継続しましょう」

キャプテン翼の高橋先生のオリジナルデザインの東日本大震災応援ありがとうTシャツ(ブラジルワールドカップに招待された被災地の子どもがスタジアムで着たのと同じもの)を買って、カンパもして終了。

帰りにコンサドーレカーを披露したら、ツンさんが「写真撮らせて」

帰り道では伊藤壇さんの車を追い抜くところで壇さんにグッドバイと手を振り走り去って行くのであった。

おしまい。

posted by yordel1 |08:20 | コメント(0) |

2014年09月29日

ちょんまげ隊との日々その8

フットサルは延々と続く。所要で先に帰る芳賀さんが「ヨーデルさん、死なないでよ」って。はい。お陰様で生きてます。この時は2週間にまた会うことになるとは知る由もなく。

最後の試合の最後の場面にドラマがあった。キーパーをやっていたところで1点のビハインド。ここで自分のゴールマウスを離れ相手ゴール前へ攻め上がる。混戦からクロスが出てきた。そのグランダーのボールに少しでも早く触れようとスラディングシュート。ジャストミートしたそのボールは美しく弾丸ライナーでゴール左下隅に突き刺さる。同点!

考え抜いた「歓喜のポーズ」は倒れてうつ伏せになったまま両手両足をピッチにバンバンバンバン叩く。このポーズをすぐ横で見ていた伊藤壇さんも大笑い。(以前の連載で壇さんの字を間違えていました。すみません)

近くで観ていたツンさんも「ヨーデル、スゴーーーイ」と絶賛してくれた。続く。

posted by yordel1 |08:24 | コメント(0) |

2014年09月27日

ちょんまげ隊との日々その7

ブログを書き渋っているうちにネタのイベントが三つもたまってしまった。アセアセ。

さて、チャリティーフットサルは、まずブラインドサッカーを体験。おっ、途中から来た芳賀さんがうちのチームに入った。

この芳賀さんが何ともお茶目。現役時代の寡黙なイメージと違ってマリーシア連発。隣のチームにチャチャ入れたり、自分のチームを鼓舞したり。スンゴイ盛り上げてもらいました。

ブラインドサッカーはやっぱりむずかしいですね。自分の足元からボールを離さないようドリブルしてても、すぐどっかへ行っちゃって、そうなるともうお手上げ。見本演技のナマーラ北海道の選手のプレーに、只ただ感心するばかり。

さて、フットサル。手を使えなくてもやっぱりキーパーをやる。ハンドにならないようにセーブするのは厳しい。体全体を低く構えてかつ股間を閉じてシュートストップ。当然、素人さんよりは止めれたけど。

キーパーは続けてはいけない、というルールなのでフィールドもやる。こわい。すぐ疲れる。でも、やっとワンゴール決めれた。インステップで蹴ったつもりが若干当たりそこないでアウトサイドにかかったがキーパーの右肩の上をぶち抜いてゴール!

続く。

posted by yordel1 |09:10 | コメント(0) |

2014年09月23日

ご新規さん

今日は、ご新規さん(推定)26名を引率のイベントに協力。

レプリカをたくさん持っていって着てもらって、コンササポになってもらえるか、勝負!

posted by yordel1 |08:04 | コメント(0) |

2014年09月21日

強烈

きのうのコンサドーレには強烈にがっかりした。

誰かのブログのタイトルにあったのと同じ気持。「観ているのがつらい」

困ったもんだな。

もちろん応援し続けるしかないんだけど。

posted by yordel1 |11:23 | コメント(2) |

2014年09月21日

強烈

強烈な行列。

ホクレンスーパーマーケットの肉、魚20%引き開店待ち。

posted by yordel1 |08:54 | コメント(0) |

2014年09月18日

ちょんまげ隊との日々その6

イーワンスタジアムの屋上は初めてだ。硬い。ピッチが硬い。ウォーミングアップしてから早速キーパー練習。二人目の若手はいいシュートを打って来る。右隅に1本決められた。でも、セーブもできて、よし!まずは好調。

しかし、この後、驚愕の事実が発表される。ちょんまげフットサルはキーパーの手の使用は禁止。使えるのはPKの時だけ。ガーン!ショックで屋上から身を投げようか思ったがネットが張ってあってそれもならず。

更にペナルティーエリア内のみシュート可。みんなが楽しむためのやさしいルールなのね。

続く。

posted by yordel1 |08:30 | コメント(0) |

2014年09月14日

カーリング改めちょんまげ隊との日々

連載のタイトル、変えました。

宴会の話。

海外でサッカーを観まくっている人達との宴会は刺激的だった。

しかも向かいには伊藤檀さんが座ってくれて興味深い話がてんこ盛り。

雑誌サッカーキングの社長さんの上の人でサッカー番組の解説をしている人とかもいてスゴいですね。延々と深夜1時過ぎまで。チカレタ。

案の定、次の日の午前は二日酔いでダウン。情けなくもジャイカの講演会に行けず。でも、頑張って午後のフットサルへ行ったとさ。ハイライトの前にコマーシャル。でないけど、続く。

posted by yordel1 |15:37 | コメント(0) |

2014年09月14日

カーリング4

寺田さんの見本投球が見事にサークルへ。「ここんとこ、ほとんど投げてない」と言いながらも、さすが、元オリンピック選手。

最後に我らも1投だけロングレンジにチャレンジ。私のは・・・・・イイ感じで投げたと思ったけど、ゆっくり、ゆっくり進んだストーンはサークルを越えてしまった。本当にむずかしいものだ。

でも最後にうちのグループの先生が「1番うまかったですよ」と言ってくれたのでウレピー。

表彰式での賞品選びは、ツンさんがブラジルワールドカップで買ってきたブブゼラを選んだ。
世界各国の国旗の模様が着いていて、吹けばいい音が出る。その日のコンサドーレ戦で試しに吹いたが「うるさいわ」と言う、近くにいた知り合いのサポーターの進言により、使用を断念。

カーリングの後は昼食で月寒公民館へ。ここでまったりと石狩鍋と鮭のチャンちゃん焼きができるのを待つ。昼寝タイム。

食卓に並ぶのは、学生連合さんが用意した「本州の人向け賞品」谷田のきびだんごにガラナにリボンナポリンに甘納豆の赤飯に、えーと後何だったかなあ。とにかくたくさん。

美味しくいただいてから札幌ドームへ。いざ、コンサのゲーム。

ゴール裏で応援。

そして、試合前にはジャイカ北海道のブースで、ちょんまげ隊の活動のPRをお手伝い。あら、仕事でご一緒したことがあるジャイカの方もいらっしゃるではありませんか。山のようなチラシがさばけずに困っているのを見た私。必死に声をかけまくって配りました。受け取ってくれた皆さん、ありがとう。

さあ、試合。早々に2点のリード。後ろの席の外人とハイタッチしたら指をつき指しそうになった。後半は防戦一方。勝ったからいいけど。

さあ、いよいよハイライト。宴会だ。続く。

posted by yordel1 |11:17 | コメント(0) |

2014年09月13日

カーリング3

このストーンの重さが20キロ。「絶対に持ち上げないで滑らせて運ぶように」と注意されております。

スターター(陸上の短距離のあれのようなもの)を使って例の格好をしてストーンを投げる。あまりうまくいってないような気がするが「いいですよ。上手ですよ」と誉めて伸ばす指導のおばちゃん(年齢不詳)の言葉に助けられる。あ、寺田コーチと男性のコーチは全体の指導で、4つに別れた班の指導は妙齢の女性がしてくれました。

投げ方。ハンドルを2時の位置から12時の位置にひねって投げるのがフック。フックとは言ってなかったなあ。言い方忘れた。反対に、ハンドルを10時の位置から12時の位置にひねるのがシュート。ずっと先でゆっくりとカーブして行く。

スイープは、「掃け履け!」とか「そのまま、そのまま!」の方が外国人チームに悟られなくて簡単でいい、とコーチに言われたが、今日は外人がいないからうちのチームは本物気分で、掃けは「ヤー!」掃くなは「ウォー」でいこうと決める。

それからミニゲーム。本物の10分の1くらいの距離でゲーム。物足りない。最初のゲームはスキップをやる。「さあ、スキップはどこに投げさせるか指示するんですよ」とか言われてもよくわからんが、本物のまねをして、ストーンの右を指して右手を上げ、シュート回転で指したストーンを飛ばせとか指示する。

自分の投球はいい感じだったが、惜しくも狙い通りにには行かず最初のゲームは負け。

続く。

posted by yordel1 |15:52 | コメント(0) |

2014年09月13日

カーリングその2

左足に滑る道具を着けるので右足1本で踏ん張って立つ感じ。即、右膝が痛くなる。サポーターしてくれば良かった。慣れると大丈夫になったけど。

派手に転んでいる人もいる。中には体が全部宙に浮いて後ろ向きに転び後頭部を打つ人も。この人は「ヘルメットを着けてなかったら大変なことになっていた」と後で語っておりました。

滑る練習、スイープ(掃く)の練習の後にいよいよストーンを持つ。続く。

posted by yordel1 |09:47 | コメント(0) |

2014年09月12日

カーリング

まずはチーム分け。同じチームの人の名前を覚えないと減点されるルール。かなわんなあ。

コーチは何と元オリンピック代表で笑顔がステキな寺田さん。

道具を着けてリンクに上がるとメチャクチャ滑る。おっかない!もうやめたい。動けない。

ところがどっこい、慣れてきたら動ける。続く。

posted by yordel1 |12:55 | コメント(0) |

2014年09月11日

ひげ、ぼーぼー

未明に災害非常召集がかかって職場に行ったので、野郎は、みんなひげぼーぼーの1日。

孫1とかみさんのお母さんの誕生日にこんな災害になるなんて・・・。

posted by yordel1 |20:10 | コメント(0) |

2014年09月10日

気後れ、人見知りパワー炸裂

さて、そろそろ6日のカーリングとか7日のフットサルのことを書かないと忘れちゃうぞ、と。

カーリング場に着くと知ってる人が少なく、気後れ、人見知りパワー炸裂。ショボン。

防寒着を持って来るのを忘れた。気温は5度くらい。寒い。運営の人がウェアを貸してくれた。ありがたい。が、ズボンはヒップがギリギリガール。ストーンを投げる時に股開いたら裂けそう。

続く。

posted by yordel1 |12:39 | コメント(0) |

2014年09月07日

濃密な三日間

や、充実してた。9月5日、6日、7日。

濃い三日間だった。

5日は代表戦。

6日はカーリング体験とコンサドーレホームゲームでのチャリティーサッカーイベントPRとその後の初対面の人たちとの深夜までの宴会。

そして今日のフットサル。ゴールキーパーが手を使えないルールにビックリするも2ゴールを入れれた。

特に最後のゴールはうれしくて倒れこんでのゴールの後、うつ伏せでピッチを叩きまくって喜んだ。

いい三日間だった。後でゆっくり報告しなきゃ。

posted by yordel1 |21:05 | コメント(0) |