コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2018年05月19日

アメフトの例の件

大学アメリカンフットボール、日大と関西学院大の定期戦で起きた一件は、今や非常に大きな問題となってしまっている。

アメフト好きの中の人としても、ここまでの騒動となったのは完全に想定外だし、日本ではマイナーと言われて仕方ないこのスポーツが、今回このような形で世間の大きな注目を浴びている事が残念でならない。

今「マイナー」と書いたが、都市圏では案外盛んで、特に関西ではチェスナットリーグのような形で小中学生レベルにも普及を図っている。子供達が対象なので、上半身への両手タッチをもってタックルの代わりとする等、当然ながら通常のフットボールより更に安全を重視するルールとなっている。

チェスナットリーグの基本理念には、その最初に「勝つ為だけを目的にせず、フィールドの内外両方で、健全な身体と健全な精神の育成を目指します」とある。更には、敢えて親やコーチに向けても行動規範が定められ、

1) There are Kids (彼らは子供達です)
2) This is a Game (これはゲームです)
3)  The Coaches are Volunteers (コーチはボランティアです)
4)  The Referees are Human (審判は人間です)
5)  This is not the SUPER BOWL (これはスーパーボウルではありません)
※スーパーボウル:本場米国NFLの年間優勝決定戦で、国の一大イベントといって過言ではない。

と、過度に熱くなり子供達に醜態を晒す事を戒めている。

今回の騒動が、このような地道な取り組みに対して泥を塗っていることは言うまでもない。だからこそ関西学院大は簡単に引くわけにいかないのだ。

現場の責任者、つまり日大の監督が表向き一切対応しないのでは、余計な疑念を招いて当然である。おそらく全国ニュースやワイドショーで取り上げられるようなレベルになるとは思わなかったのであろう。いつの間にか自分の手に負えない程の火事になって茫然自失している、といった所ではないだろうか。トップが逃げているから、その下はマスコミの追及と組織との板挟みで苦しんでいる。当然である。

しかし、事ここに至ってはどうしようもない。フェアプレーの精神からすれば、一刻も早い謝罪と正直な事情説明が必要である。放置すれば、日大一つの問題では済まない。日本においてフットボール全体が疑念の目で見られる。

監督本人があくまで責任を取らないのなら、日本大学、或いは関東の連盟が組織としてけじめを取らせる事も必要かもしれない。結局原因が曖昧になる可能性があるのであまり良い方法ではないが、さりとてこのまま火事を放置する訳にはいかない。

繰り返すが今回の事は非常に残念であり、アメリカンフットボールはスポーツであって決して戦争ではないのだという事を、一刻も早く示さねばならない。

posted by gekitei |10:05 | その他スポーツ | コメント(0) |

2018年05月06日

10年ぶりの厚別の光景

土曜日のガンバ大阪戦。

席詰めにご協力頂いた皆様には、CVSのひとりとしても、御礼申し上げる次第でございます。

私は本来でしたらポジション的に席詰めの最前線だったのですが、席詰め部隊にリーダー格が何人もいた事、そして、あれだけ集まると席詰めの作業以前に様々な問題(メイン側のチケットなのにバック側に来た方のご案内、売店行列の整理、珍しいのは報道受付について聞かれるなんてのもありました)が発生しますので、結果的に最前線はお任せで、後方支援としてそれらの対応に当たっておりました。

個人的な感想を言えば「昔の厚別」を思い出しました。最高で1万9千人以上入っていたあの頃です。

「あのスタンドで?」と思うかもしれませんが、あのスタンドで、です。

私は厚別の最盛期には只の観客で、CVSをやっていたわけではないので、例えば最高記録の鹿島戦の苦労などは知らないわけですが、当時は今よりもボランティアの人数もいて、席詰めも徹底的にやっていた筈です。ですので、あの当時で逆に1万2、3千程度だと、ホーム側は埋まっててアウェイ側は空席がはっきり分かる、丁度土曜日のような感じでした。

何もご存知ない方の為に敢えて申し上げますが、今の厚別で、特に席詰めの特別体制を組まなかったとしたら、大体1万人でパンクする(=アウェイ側の席も見た目空いてない状態となり「どこに座れば良いんだ!」という話になる)と思います。自分の経験上。
もしも土曜日に何も手を打たなければ、アウェイ側までビッチリ埋まって、テレビで観る分には「こんな厚別久々だ凄いな」となったでしょうが、現場は大混乱で、やっぱりクレームが殺到しただろうと思います。最悪、マッチコミッショナーから叱責、或いは試合を開始できない状況になったかもしれませんね。原則立ち見はダメですから。

というわけで実際には、CVSで席詰めチームを編成したほか、アルバイトスタッフも動員しての席詰めが行われました。みんな1万4千以上来ても大丈夫なように準備しておりました。

ただ、結果としては1万2千3百程度であったという事で、クラブからもリリースが出ているわけですが、私の意見としては、クラブの対応が丁寧過ぎると感じています。ここまでやる必要は無いと思っている、という事です。クラブがクラブなりの根拠を持って満席と言っているのだから、実際の席の埋まり具合がどうであれ、外部に対応する類の話ではないと考えています(個別の電話等対応は別として)。分析をしてなんてのは内部の話で、反省は良いけど一々外部に発信する必要は無い、そんな作業要らんから少しでも休暇取ってくれと思いますね。

これがチケット持っていたのに席が無かったとなれば話は別です。お金を貰ってサービスを提供できないって事ですから、とても不味い事です。これを回避するのがファーストなのは当然の事。

今回の件で、わざわざ空席のスタンドを写真付きで載せて「どう申し開きできるのかな?」なんて、意味も中身も無い、バカバカしい腹の立つ事を抜かしてるのもいるようですが、そんなものを放置する勇気も必要だと思います。こんな事に対応するのは時間の無駄であり、細かい事で一々責任云々というのでは、我々ボラは関係ありませんが現場職員の士気低下、環境悪化に繋がり、サポーターに対してはサービスの向上どころか低下という形で帰ってくるわけですな。

クラブは弱腰、文句を言えば押し通せる、多少のルール違反は大丈夫と考える困った輩を増やさない事はとても重要で、そのためには安易にリリースすりゃ良いもんじゃないと思いますね。

posted by gekitei |22:33 | CVS(Consadole Volunteer Staff) | コメント(5) |

2018年05月02日

逆転勝利とはいえ

鳥栖戦は2-1の逆転勝利

しかし内容は正直ダメ。もちろん選手を入れ替えているのは分かるけど、相手がこちらのミスを誘ってそこを一気にという狙いは分かっているのだから、せめて自陣エリア近くでのバタバタはねえ。。。

この順位だから、それ以上に、次が厚別だから、ちょっと引き締めますよ。
厚別で恥ずかしい試合見たくないもん。

今日の勝利はここまで。





そして皆さん

土曜日の厚別、満員電車と思ってください。あのベンチ1つに10人かそれ以上座ってもらわないといかんのです。

posted by gekitei |23:02 | コンサドーレ及びHFC | コメント(0) |

2018年03月21日

ドールズの扱いの件 ~ 面白い冒険だと思いませんか?

コンサドールズの出番が減ったのではないかと、このサポーターズブログでは多くの指摘、意見が出ていますね。

私はCVSやっていますのでホーム開幕では気づきませんでした。その後いくつかのブログ記事を拝見して、先日の長崎戦では担務に支障しない範囲で注目していました。

確かにドールズパフォーマンスは1回だけ。ハーフタイムが何か物足りない、妙な時間になっている感じはしました。ドールズなりスポンサーなり何なり使って、貴重な時間に穴をあけない工夫は必要だと思います。

ただ、本当にドールズが見られなくなっているのかといえば、それは間違いであるという事は指摘しておきたいと思います。

長崎戦ではオートバックスさんの大抽選会ブースで手振ったり握手したりといった感じでした。行列が折り返して二重三重になる大盛況でしたし、松山光プロジェクトの受付でも、サテライトかな、同じような対応をしていました。また、スタジアムガイドにも載っていたかと思いますが、北1G前での記念撮影も他業務の合間に随時やっていて、こちらも行列ができていました。しっかりと触れ合う機会があるという事です。

ウチらのボラ募集ブースに来たという報告は受けていませんがw

それはさておき、今年は芝の水撒きという事もあり、従来のやり方を変えざるを得ないのは確かでしょう。しかし、あくまで形が変わったという事であり、ドールズがリストラされた、排除されたと考えるのは適切ではないと思います。

観戦スタイルは人それぞれだと思いますが、例えば、席を確保したら後は試合開始まで必要最低限(トイレ、飲食)以外動かないという形であれば、確かにドールズの姿は見えにくくなっているでしょう。そのスタイルが駄目だというのではありません。もしそういうスタイルなら、上記のような状況になっている事を知って頂ければと思います。

さて、

ドールズのこれまでの貢献については、私が今更説明する必要もありません。

私からは別の質問を。

昨年までのドールズパフォーマンスに、皆さん百パーセント満足していましたか?
不満はありませんでしたか?

私は正直、物足りなさを感じていました。

だって、彼女達がいくら頑張った所で、ドームだとあの距離です。アウェイドールズと盛り上がる楽しみ方はありますが、あの距離でドールズ自体に親近感が涌くかというと、難しいのではないでしょうか。厚別でさえ、最前列でようやく顔が分かる程度でしょう。
試合後、選手と一緒に回らなくなった事についても、元々は回っていなかった筈ですし、確か負けが込んでいた時期に選手の後ろをついてくるようになって、「ドールズを使って不満をかわす気か?」とかえってクラブに不信感を持った記憶もあります。

CVSの役得という程でもないですが、厚別だと開場前に、ドールズがピッチレベルで練習するすぐ横を私達が通る時があります。そこで笑顔で挨拶されるだけで随分とやる気も違ってきますし(笑)、私の中ではドールズが最も身近に感じる瞬間ではあります。

今年は水撒きタイムがあるという事で、だったらこれを機会に観客エリアにいる時間を長くしたらどうかという試みなのでしょう。これは何も否定的になる必要は無い事だと私は思います。間近で見れる、握手や撮影もできる、昨年より良いではありませんか。却ってセキュリティが心配なくらいです。

ただ、こうした趣旨をツイッターで書いた所、「(各ブースでの)呼び込みだけでなく、オフィシャルダンスドリルチームなのだから踊ってほしい、踊らせてあげたい」という反応を頂戴しました。

それはもう意見として全然アリで、全く否定はしません。

クラブには苦情や意見が殺到してエラい事になっていると思います。こうなる前に事前の説明、或いは今年のドールズちょっと違うぞと分かる何らかの仕掛けが必要だったと思いますし、そこは担当者というより、今年の流れを決めた上層部の手落ちであったと思います。そのおかげで担当者は余計な仕事が増えると。

ダンスを見たいという方は、どうしても不満が大きいとは思います。ただ、クラブに厳しい言葉を送った方には、私のような考え方もあるという事を理解してほしいと思います。

クラブの今のやり方が絶対良いとは思いません。私は良くてもこれだけ不満が出ていますから。建設的な意見、担当者が前向きになる言葉、活発な意見交換をして、より良い方向を見つけていけば良いのだと思います。




オオドサさんがご健在だったら、どういう意見かなぁ…。

posted by gekitei |20:42 | コンサドーレ及びHFC | コメント(4) |

2016年12月03日

審判批判の是非

あまり長く書く時間も無いので、正確に伝わるか分からないのですが。

家本さんの判定でまた騒がしくなっているようだけど、今回に関して言えば「そんなに騒ぐことか?」という印象。

確かに舞台が大きいから、反響も大きくなるのは当然なのだけど、家本さんの事をダメ審判という人がいるなら「じゃあどうしてJリーグがこういう試合の主審を家本さんにしたの?」という話。

私は別に家本さんを擁護はしないし、批判したければ批判したら良いという立場です。ただ、Jリーグが家本さんの力量を認めているから、この試合の主審に指名したのは事実でしょう。それは、この1年通して優秀だったということでしょう。

実際、今回対象となった西にしても、心中決して納得はしていないのだろうが、それはそれとして次に進もうという大人の対応だった。成長したものだ。

今年確かコンサの試合に当たったことは無かったと思いますが、近年のジャッジは、まぁリーグや協会が実力上位と認めても全く不思議は無いという印象です。

ゴールがゴールと認められないとか、酷いのもある中で、家本さんに砲火が集中する。私はむしろこのことにこそ強い違和感を覚えるのですが、いかがでしょうか?

以前のジャッジは以前のジャッジとして切り離して考えた方が良いのではないかと私は思います。そこはドライにやらないと、いつまでもウジウジ言われたら、成長するものもしないでしょう。第一気分が悪いもの。

決して他人に強制できるものではないのですが、少なくとも「すべて家本が悪い」的な考えは、いい加減にされたらいかがかなと、私は思います。

posted by gekitei |18:02 | コンサドーレ及びHFC | コメント(0) |