スポンサーリンク

2009年12月30日

09年ももう終わる

 すっかり更新が滞ってしまいました。サッカー観戦以外のところでいろいろあってモチベーションが落ちていましたが、このまま年が明けるのもアレなので、憶えている限りでここしばらくのことに時間をさかのぼりながら触れてみます。

 問題は09シーズン前。両クラブのフロントが下手を打った、というべきでしょう。仙台には「なぜ買い取らなかったのか」と言いたいし、札幌はあのとき売っておくべきだった。おかげで林は一部でユダ扱いですが、どこでやりたいか、というのは選手の意志であって、レンタルだから帰ってくるのが筋だ、とはボクは思いません。札幌側がなまじレンタルなんてことをするから、惜しまれる形で出してやれなかった。相手のやり方にも釈然としません。

 クラブ史上最大のビッグネームの加入。戦力としてどうか云々以前に、ウチを選んでくれたということが嬉しい。これは中山に限らず他の移籍選手にも言えること。年嵩の選手が少ないことが今年の札幌の問題だっただけに、藤山ともども期待大です。絶対サインもらう!

 さっきの続きで言うと、新潟でハマって「帰りたくない」と言い出しても止める気にはなれない。ただ、この口ぶりからは帰ってきそうな感じはします、現時点では。心配なのは彼本人よりも新潟のチーム状況。降格争いの予感が……

 あの試合は見に行きました。あまりにも劇的な、素敵な幕切れでした。生え抜きの選手が引退するのは残念ですが、そういう選手を輩出するのもクラブの成長の証。チームは曽田を失いましたが、クラブは何かを手に入れた気がします。

 今シーズンは思うような結果を得られませんでした。サッカーの質ががらりと変わり、シーズンを通してそれが向上していることは分かるのですが、何とも言えない「物足りなさ」を感じ続けた一年でした。何かは分かんないし、案外勝ち続ければ解消されるのかも知れません。ま、気のせいなのか、結果がともなっていても感じるのかは来年確かめましょう、勝ち続けるでしょうから

posted by tottomi |21:36 | コンサドーレ | コメント(0) | トラックバック(1)