2006年06月01日

アタックチャンス:第18節柏レイソル戦

「アタック、チャンス!」   チャラッ!

延々繰り返されるアタックチャンス。
思えば試合開始の遥か前から柏ペースだったような柏は日立台。
と、ネガティブになろうと思えば幾らでもなれるが
ハッキリ言ってこの日は違った。

大挙して押し寄せたサポーターは
勝ちに餓え、また、ここで負ける事が何を意味するか
何となくみんな理解というか、予感しているような
そんなヒリヒリした雰囲気が少なくともこれまでよりはあった。

柏のお祭り騒ぎ(まぁ首位だし、色々温めざるを得なかったネタもあったろうし)の中、
林、高原、そして松井さんの黄金のGKトリオが姿を現した瞬間、
ギチギチの札幌サポーターが爆発した。

「は・や・し!   は・や・し!」

この声とみんなの必死な顔を見て「今日は、今日は違う」と思った。
試合開始後、その予感は当たる。

走る。当たる。前に運ぶ。体を張る。相川が極力丁寧にトラップする。
砂川が詰める。中山が競り勝つ。芳賀が仕掛ける。加賀が上がる。

・・・お前らやれるんなら最初からやれよ!
と思わない向きも無かったが、本当に見てて泣いてしまうかと思う程、
気持ちの見えるサッカーを展開していた。

結果としては負けてしまったのであるが、
技術的な事はともかく、「前半の」サッカーをやってくれるのであれば
ハッキリ言おう。まだ全然終わってない。といえる。

そりゃ後半開始とともになんか前の試合の感じに戻ったとか、
言いたい事は山ほどあるけども、
とにかく今週末の山形戦現地観戦を決意させるに十分な前半だった。
何度も言おう。今年、いけるぞ。

柏メモ
・馬鹿ゲーフラ多過ぎ。
・馬鹿効果音多過ぎ。
・というかあんな大音量どうやって出してるんだ?
・レイソルマン(名前知らん)がサポと一体。あれはすばらしい。
・悔しいので試合終了後もずっとみていた。岡山はアホやのう。
 でも札幌もああいう一体感は欲しい。
・とにかく柏のサポというか、一体感が凄かった。
・どうすればいいかは解らんが、柏みたいに「スタジアムが楽しく」なればいいと思う。
(まぁ楽しければいいってもんでも無いし、負けが込んだら柏こそ偉い事になるのだがw)

posted by アラブの旅人 |01:25 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(1)

スポンサーリンク

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.consadole.net/all4cs/tb_ping/61
この記事に対するトラックバック一覧
バーバリー 【バーバリー】

アタックチャンス:第18節柏レイソル戦 - 赤黒い羊は迷わない | コンサドーレ札幌オフィシャルブログ

続きを読む
コメントする