2011年08月18日

勝利の余韻と次節の不安

【勝利に酔う】
前回はスコア以上に内容的に大敗したジェフ相手に 4vs0の圧勝!
スタジアムでは周囲の人々とハイタッチの嵐で盛り上がり、帰りの車内では
妻と喜びを分かち合う。 後は家に帰って録画を見ながら復習するだけ。
このゲームを野々村はどう解説するのかが楽しみだった。 ジェフ相手に
いい試合をした(と思った)ので、たまにはお褒めの言葉を頂けるかな?

【野々村の冷徹な分析】
野々村から見ると、コンサはゲームのコントロールが稚拙で、ジェフが
不甲斐ないゲームをしたことで大差をつけて勝てたとのこと。
点差を考えてリスクを減らし、かつ相手を疲れさせるゲーム運びをすべき
ということでした。 
確かに、うちが幸先良く主導権を握ったこともあるが、ジェフさんは空回り
している印象でした。 全てにおいてオーロイ不在が影響しているのでしょう。
マーク・ミリガンのロング・スローもオーロイというターゲットがあってのもの。
深井の得点力もオーロイのポストプレーがなければ半減するし。
今対戦出来て良かった相手です。

【次節の不安】
次節は芳賀の怪我、宮澤の出場停止でボランチの駒不足になってしまった。
ボランチは岩沼、河合、高木の誰か、 DFラインは河合がボランチの場合
岡山がセンターに入るかな? 右-日高、左-高木(or 上原)だろうか? 
宮澤不在の中盤は攻撃力が半減するのではと不安です。
対する京都は、10代の若者を前線に並べて好調なチーム。千葉とは逆に
今やりたくないチームでしょう。

3連勝したといっても、ここから勝ち続けなければ昇格争いに踏み止まれない。
多分次節は4位-栃木はFC東京に苦戦するだろうから、勝って勝点で並びたい
ですね。

posted by マジック・マジェール |10:26 | コンサ | コメント(0) |

スポンサーリンク

コメントする