2007年12月14日

地元とJチームの関わり

なんてたまには真面目な話もしてみちゃいますよ。

先程、調布のある和食器屋さんでお話をしてきました。
というわけで、FC東京ととある商店街さんのお話、よそ様の話ですが、でもHFCやコンサと札幌市民、地域のお店とも関係にも少しは役立つかな?と思いますよ。
ちなみにこちらのお店、前々からひろが気になってたのですが、入ったらこの商店街のFC東京担当の方でしたよ(笑)

FC東京はスタジアムは調布の外れ、西隣の府中との境の味スタ、練習場は味スタよりは北の小平にあります。
んで、コンサでいう札幌市や北海道っていう感じの地元地域、これが北多摩地域数市になります(府中、調布、小平、小金井、三鷹、位かな?とお店の方は言ってました)。
んで、それより南、川向こうの稲城、多摩、日野、そして日野の北側立川市辺りが東京ヴェルディ応援地域。
練習場は…一応稲城の住所名乗ってますが、実際は神奈川県川崎市にあります、まぁ山下れば稲城なんで一応稲城市は地元!言いますね(苦笑)

話をFC東京に戻して、調布市。
スタジアムもあるし、応援もしてる!
街の街頭にはフラッグもかかってるし、お店にはポスター、市役所の壁にも『FC東京を応援してます!』のことばがあって、ホーム的な雰囲気です。
でも、そんなにそんなでもないそうです。
練習場遠いし、調布に来てくれるのは試合の日だけ、それもスタジアム近辺に直行直帰だからね。と。
商店街の方は行きづらい、見に来たお客さんは味スタ目当てだから、来ても調布中心部には行きも帰りも寄らないで帰っちゃう。
もちろん選手も。

優勝争いする位の順位なら、も少し気にもなるんだろうけど、やっぱり順位が順位だし…これでしょっちゅう選手が来てくれるとか、通るとかなら、もう少し身近に感じて応援するんだけどね、とのこと。
ちょこちょこ商店街のイベントで、選手のサイン会なんかもあるみたいですけど、やっぱり試合だけ、しかも自分達は試合の日でもあんまり関係ない、ってとこだとなかなか興味わかなくなっちゃうみたいなんですね。

これから、東京っ子ドーレズ皆で、いろいろ話ししてみます。
またこの件の話しは後日に。

200712141854000.jpg


posted by hirojyan |22:40 | 3号 | コメント(0) |

スポンサーリンク

この記事に対するトラックバック一覧
和食器のビコロレについて 【和食器のビコロレ】

和食器のビコロレでは和食器を中心に手仕事から生まれる暮らしの道具をセレクトして...

続きを読む
コメントする