2007年12月01日

春夏秋冬

今日で全てが終わるさ
今日で全てが変わる
今日で全てが報われる
今日で全てが始まるさ

posted by 神奈川サポ |22:31 | コメント(2) | トラックバック(0)

2007年07月31日

ホルへとフリオがパナマをカナダで

昨日ケーブル見ていましたらね。
1997年のカップ・ウィナーズ・カップ決勝『FCバルセロナVSパリ・サンジェルマン』戦をやっていました。

最初はバルサを見て『おぉロナウドにフィーゴにストイチコフだペップにデラペーニャだ!』と興奮して見ていたですよ。
この頃のバルサはドリームチーム時代からは少し見劣りするものの、
なかなか良いチームでしたよね。
(翌年からファン・ハールが全てをぶち壊すのですが・・)

そしてパリ・サンジェルマン。あまりイメージが無かったのですが
いい面子が揃っていたのですね。

10番はライー。ソクラテスの弟さんですね。 一応セレソンの10番。
鹿島から欧州移籍をしたレオナルドもいましたし、
その後引退してリヨンをフランスリーグ4連覇に導いたポール・ル・グエンも現役で写ってました。

そしてこの年の背番号9番はフリオ・デリー・バルデス。
コンサドーレで活躍したホルヘ・ルイス・デリー・バルデスの双子の弟さんなのですね。

顔がそのままでした。

ま そりゃいいとして、二人は揃って2005年にパナマ代表としてゴールドカップを戦った後引退して、
すぐに兄弟揃ってパナマのユース代表の監督に就任していたそうです。

そうなんです。ウチの25番の選出でやたらとテンションの上がったあのU-20W杯に来ていたのですね。
この兄弟。

パナマ代表はグループEという終わってみれば優勝、準優勝チームが同居する『死のグループ』
で1分2敗という残念な結果でカナダを後にしたみたいですが、

コンサに関わった人がもう一人国際舞台に違う形であれ、帰ってきていたという、
ちょっといい話でした。

posted by 神奈川サポ |00:03 | コメント(0) | トラックバック(0)

2007年07月27日

縁起良し

本日会社で働いていますとね。
嫁からメールで『北海道フットボールクラブ』からなんか届いたよ
とのメール。

なんだ?昇格の切り札として松橋の代わりに俺にオファーか?
などと思っていましたらね。

コレ


20070727-00.jpg

12.netのポイントプレゼントでユニフォームストラップ2ヶでした。
しかも3,000ポイントのプレゼントって。。
8,000ポイントは行っていたのに今何故?

そうか、モバイルサイトへの勧誘に必死なのだな? HFCめ

なになに?7月17日より新たな携帯サイトを開設しまして云々。
只今DoCoMoのみの機種対応ですが、順次au、softbankにも対応予定。。。。

ウチはWILLCOMじゃ

速報メールが無くなって非常に寂しい第3クール。
なんとか対応してもらえんかのぉ。。

多分対応されないPHSにストラップを付ける中年男性の哀愁の後姿を
HFCに送りつけたら担当者の揺り動かすかしらん?

まぁ期待薄だぁね。

とりあえず当たったストラップはコレ


20070727-01.jpg

20070727-02.jpg

僕の持ってるレプリカの2006年モデルとJ2優勝の2000年モデル。

うむ 縁起良し


posted by 神奈川サポ |00:20 | コメント(4) | トラックバック(1)

2007年07月25日

あいつの噂でチャンバも走る

チャンバってなによ?

神奈川サポです。ジグザグサンバ いやもとい、こんばんは。

『キャプテン翼世代』っつーのがありますわな。

僕はその狭間の世代でありまして。中学生の時分、部活でサッカーをやっておった訳なんですが、
僕等が2年生になり新入部員が入ってきたのですが、その時80人位入って来たのを
憶えております。確かに第2次ベビーブーム世代であり、一学年12クラスとかが
当たり前の世代とはいえこれは異常な出来事でしたよね。
無論『一年坊は走れ』が基本のあの時代。走らせまくって半分以下に部員を減らしたという、
Jリーグ百年構想に反旗を振りかざすような政策によりサッカーを嫌いになった現在34歳位の
清田区あたりで青春を過ごした君。 もし見ていたら謝る。 スマン。

この僕らのイッコ下の世代がアニメのキャプテン翼にモロハマリ世代だったんですよね。
僕等の年代は週間少年ジャンプはそろそろ卒業かな位の年代だし。
(僕はサンデーでタッチとか読んでたし)
アニメ版見て『グラウンド広っ!!地平線までドリブルかい!!』
とか思っていてハマらなかったのですが、
確かにあのアニメには子供をサッカーに駆り立てる何かがあるのでしょうね。

明日は仙台戦も勿論ですが、アジア杯サウジアラビア戦もある訳ですね。

近年アラブ諸国では日本のアニメが異常な人気らしいです。
これは日本文化はキリスト教色が薄く、キリスト教的な描写があったとしても
誤解に近いいい加減な宗教解釈に基づくモノであるため問題にならず、
親が安心して子どもに見せられるからという事らしいです。

トッティやジダンがサッカーを始めたきっかけとなったのが
欧州版キャプテン翼である『HOLLY e BENJI』であった事は有名ですが、
アラブ諸国でも驚異的な人気を誇っておるらしく、
『キャプテン・マージド』というタイトルで子供達が熱狂しているらしいというから驚きです。
ちなみにアラビア語版『キャプテン翼』のオープニング
http://www.youtube.com/watch?v=L-O-E_tRGmA&mode=related&search=

スゲェ脱力感。。

ちなみに大空翼⇒Majid Kamil(マージド・カミル君)となっているそうです。

えーいもいっちょ2ndシーズンのオープニング!
http://www.youtube.com/watch?v=j3ZlGjuu8G0

でも馬鹿に出来ないよなぁ。
コレを見た中東の子供達が大人になって、代表に
『サウジの立花兄弟』なんてぇのが出てきてスカイラブハリケーンとかやったり、
『カタールの若島津』が日本代表のシュートを三角飛びで防いだり、
『バーレーンの石崎君』が日本のシュートを顔面ブロックしたり、
『イランの日向小次郎』が、ただ無意味に袖をまくっていたらどうしよう。。。
とか思ってみたりする訳です。

posted by 神奈川サポ |01:37 | コメント(7) | トラックバック(1)

2007年07月18日

ヒディングの後遺症

豪州代表のアーノルド監督は元豪州代表の選手で、ヒディングのアシスタントを
務めた監督さんらしいが、ヒディングの成功体験が強烈であった為に、
就任直後から暫定人事を揶揄されてきたというなんともトホホ感漂う方です。

年末にはアドフォカートが次期監督として内定しているそうです。

アドフォカートでコケたらボンフレールでしょうか?
そいでもってもういっちょコケたらピムファーベークでしょうか?

ヒディングからのオランダ人連鎖は韓国と同じですね。

そろそろアジアの厳しさを教えてやらねばならんでしょう。
この大会を蔑ろにしてアジア予選は勝ち抜けませんよ。

南米4位とのプレーオフが嫌でアジアにいらした豪州殿に
ウェルカムパーティー洒落込もうじゃありませんか。

posted by 神奈川サポ |23:58 | コメント(4) | トラックバック(1)

2007年07月18日

ソニー千葉引退に思う

千葉ちゃん俳優引退のニュースを見た。
引退の理由が『大河ドラマの収録中に喘息が出たから』

王貞治が30本しかホームランが打てなくなったので引退したのとは、
若干ニュアンスが違うが、どちらにせよ なんか漢だぜって感じ。

この人ってアメリカにも非常にカルトなファンが多く(タランティーノとかね)
なんだかんだでアメリカ人に

『ジャパニーズって全員カラーテ習っているから、ナメて掛かるとアチョー
とか言ってくるからヤバイぜ?』

的な8割は間違っている日本人のイメージを植えつけたのではないかと思うわけです。

まぁそれまでの『眼鏡で出っ歯で目が細く7:3分けでカメラ持ってる』
みたいなアメリカにおける日本人像を
『眼鏡で出っ歯で目が細く7:3分けでカメラ持ってるけど空手やっててチョットやばい』
位に高めてくれたのではないかと。

『なんだかよく分からないけど本当は強いのかもしれん』
というイメージを植えつけてやりたいアンチキショーとの対戦が
今度の土曜日に2試合もあるわけです。

無論お気付きでしょうが、日テレちんとカンガルーですね。
フッキとゼルイスがゴールパフォーマンスでカポエラを踊っていたことがありましたが、
カラーテの方が上である事を見せ付けてやりましょう。
まぁウチのユニには黒帯が付いている事ですし、大丈夫でしょう。
厚別参戦の方々、皆で囲んで百人組手で参ったと言わせてください。

カンガルーといえばボクシングですな。
昨年はドイツで力石徹並のトリプルカウンターを喰らって、
完膚無きままにKOされた日本代表ですが、
こちらは柔道で行きましょう。
え? なんでって?

『柔よく豪を制す』

お後がよろしいようで。

posted by 神奈川サポ |00:25 | コメント(2) | トラックバック(1)

2007年07月16日

大塚を喰らう?

順延になりました徳島戦。
いつに試合が行われるのでしょうね?
9月9日でしょうかねぇ?

以前大塚のヒット商品オロナイン軟膏を鼻パックと併用すると
効果抜群との話をしましたよね、
鼻パックよりもかなりスッキリ度が高い活用法をウチの嫁が新たに発見しましたので、
報告したいと思います。

まずはオロナイン軟膏を指にタップリ目に取りましておへそにブチ込んでください。

数分置いてティッシュでへそをクリクリやりますとね。
へそのゴマがゴッソリ取れます。 ビックリこきますよ。
綿棒を併用しますと完璧にスッキリと取れてしまいます。
どれだけスッキリかといいますと、草津戦の芳賀のミドルくらいのスッキリ感です。

『どうだ?』と得意げな嫁。
チミは俺が外で働いている間にこのような実験を日々繰り返しておるのかね?
『えぇ そうですが? なにか?』
ってな感じの嫁に乾杯。

この感動を誰かと分かち合いたいぞ。
誰かやってみてレスくれぇ!!(笑)

posted by 神奈川サポ |03:06 | コメント(3) | トラックバック(0)

2007年07月15日

ワールドカップボール1号

なんだよ、せっかく更新しようと思ったら順延ですかい。

U-20W杯の日本代表が残念な敗退でウチの25番が帰ってきたわけで、
残念な結果だったけど、ウチにとってはチョット煮え切らない現状を
打開する起爆剤に彼がなってくれる事を期待して止まないわけです。

そんな彼がW杯で着けていた背番号が『16』。

背番号16と聞いて『星飛雄馬』を思い出すのは流石にO-30(オーバー30)。
そうか、やはり彼は札幌の星なのだなぁ。。 とか思うわけで。

カナダの地で魔球を身に着けて来ていたら最高ですが、
日本に帰ってきた彼がオーロラ三人娘にうつつを抜かしたり、
美奈さんに恋焦がれて、試合に集中できなくなったり、
スケバンのお京さんに惚れられたりしてもらうだけでは僕等的にも満足できないので、
大阪のチームの好敵手、モリシマモータースの御曹司であり、
中学生の頃から『ヤスヒトモリシマ2000』を乗り回していたデカモリシあたりと
名勝負を見せて貰いたいものです。

posted by 神奈川サポ |03:21 | コメント(2) | トラックバック(0)

2007年07月12日

復活の日

配属替えで別の部署になって、慣れぬ仕事に疲れていたり、
ねんだかルーターの調子が悪かったりで、
サボっておりましたが、

チリチリがこんな事のたまっているのを見、ボルテージが上がったので復活。

『僕の中で一番強いチームは仙台じゃないかと思っていた。』

なめんなこらーーーー!!

『特にアウェイで直接対決のような仙台との試合で、6ポイント(の意味がある)みたいな試合。』

オシム爺に感化されすぎ。

『優勝するチームは、だいたい5連勝くらいないとダメ。』

あ たまにはいい事いうじゃないかよ。

まあこのくらいで許してやろう。

U-20W杯やアジア杯、J2と容赦ない観戦月間ですので
またチラホラとコメントしますよって。またよろしゅうに。

posted by 神奈川サポ |00:14 | コメント(4) | トラックバック(0)

2007年07月05日

わすれちゃいねえかい?

さあアジア杯。
優勝できなければイビチャ爺を解任だとか、よく意味のわからない
報道にもあきれるけれど、何よりもオカシイのはアジア杯の番宣をしたいのか
なんだか知らないけれど、過去2回のアジア杯の映像をリフレインするTV局。

ジーコジャパンの奇跡的な戦いをもう一度的煽り方はどうなんだろう?
結果的に開催国の日本に対する敵愾心やレベルの低い審判によって、ドラマチック
に演出されてしまった前回大会。

でもあの時ヨルダンとのPKで負けていたら? バーレーンとの対戦で中澤の
ヘディングがタッチを割っていたら?

確かに興奮して見ていましたけど(笑)

もしそうなっていたら、昨年6月12日のあの『ヴェスト・ファーレンの惨劇』
続く18日の『フランケン・シュタディオンでのQBK』
そして最後22日の『ヴェスト・ファーレンのサンバカーニバル』

とはならなかったと思うんだよね。

だからこそ今なら日韓戦よりライバル心を燃やせるはずの豪州サッカルーズ
とのあの屈辱の一戦こそ、嫌って程流すべきだと思う。
アレが今の日本の出発点なんだから。

アジア杯で劇的な優勝を果たしてもW杯で惨敗したら元の木阿弥。
殆どW杯から面子の変わっていない豪州との一戦がもし実現したら。。?
その時、今の日本の指針に間違いは無い事がわかると思う。

posted by 神奈川サポ |23:45 | コメント(3) | トラックバック(0)