コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2011年06月30日

こだま749

今日も1日中休みなんで、岡山からのぞみやさくらに乗らないで、始発駅からこだま749号に乗ってしまい、時間をかけ動揺しとった自分を落ち着かせることができた。というてもいろいろ葛藤はあったんやけど
このこだまは旧塗装の100系。
山陽新幹線でしかお目にかかれん代物であるが、乗り心地は良かったで~
岡山から各駅に停まって三時間半です。
しかし飲みすぎましたよ(笑)



と昨日の帰りの話でした。

110629_1338~02.jpg110629_1338~01.jpg


posted by ホテルニュー越谷 |08:10 | 鉄道関係 | トラックバック(0)

2011年06月29日

名実ともに福岡県民になって初っぱなから(爆)

博多駅に着いて、いきなり茶の間がどっかーん(笑)
夕方のバラエティー番組の生中継を博多駅前でしてたんで、飛び入り参加してしまいました(笑)
テレビ西日本のなんという番組か知らんけど、バックに映ってしまいました。福岡県民になったが、知り合いに観てるヤツなどおらんと判断し、結構目立ってしまいました(笑)。
嫁さんは生中継を見てたんで、すぐ連絡が入った。 新幹線の中で飲んでたんで、やっちゃいましたな (爆)
なお娘の同級生の親御さんからは嫁さんの元へ電話がかかってきたそうですが(笑)

110629_1739~01.jpg


posted by ホテルニュー越谷 |18:00 | 今日の出来事 | トラックバック(0)

2011年06月29日

香川県と決別はしたけれど

まだハッキリ言うと、すっきりしない部分はある。
オフクロが亡くなってから8年経ったけれど、その時に泣けばウソ泣き、泣かないと悲しんでないとオフクロを失ったオレに冷や水を浴びせかけた連中がはびこる中でのじじいの葬式であったが、オレは喪主ではないからその場を早く去りたかった。
今日も良識ある親しい方々に会って話をしたが、結論づけると勲章をもろた故人の葬式を寂しいものにしたのは、身内を大事にせず他人任せにした故人本人と訳がわかっていないその故人に群がるバカどものおかげ。
周囲はバカとしか見てないんだから。
オレはもう関係もないし、香川県民ではないから知らん!
ただ、人は死んだら何をしてても終わりですわ。
しかしオレは死んでもインパクトのある存在でいたいから前を向いて生きて行くから見とれよ!
昨日、来てなかった取り巻きの一部でこれを見よるバカどもについて、あんたらにはバカに付き合わせて悪かったなあ~と
しかし今も大して変わらなかったん違いますかって(笑)
今、関門海峡を渡ったんで、こういうことは封印とさせていただきます。


posted by ホテルニュー越谷 |17:10 | 今日の出来事 | トラックバック(0)

2011年06月29日

香川県民から福岡県民になったヤツの話

昨日、じじいの葬儀を終えたら同級生と友好モード。
今までの張り詰めた空気がなくなり、同級生の特に親しいK君、I君、H君と地元の焼き鳥屋というか居酒屋で昔の話、今夢中になってる話とか心置きなく4人で飲んで話した。
しかしこういう楽しい酒は何年ぶりやろ?
いくら飲んでも酔わないんだね、びっくりです。
同級生たちに聞くと、楽しい酒は酔わないっていうことになってる(笑)
確かに昔話は何もならんけど、和ませてくれるだけでもすごいよ!

同級生宅にその後泊まり、なんやかんやでまた飲んで、起きたら普通通り(笑)。
二日酔いはなし、その足でさぬき市役所へ転籍届を出し、これで名実ともに香川県民とは決別!
寂しくなんか言ってられん!
前へ進むしかないんや~
ただ当初、次の本籍地をどこでも設定できると言うことなんで、Yahoo!ドームにしようかと思ったが、現実的じゃないんで、違うところに落ち着いた(笑)
帰りに友人K君オススメの【長渕剛の曲名】のうどん屋でかけとえびたっぷりのかき揚げを食う!(写真)
やっぱりさぬきうどんはさぬきうどん!
うまいわ~
ちなみに曲名はああ~幸せの○○○よ~どこへ
である。巡恋歌ではないことは確かや!その友人K君とI君から帰りに【お前だけさぬきうどんを味わうのは不公平や~】ということで嫁さんとお義父さんにもおみやのさぬきうどんをいただいております。感謝感激でございます。
香川県民を捨てたとは言え、彼らとの友情は不滅です。
また来い!の一言に叱咤激励があるのかもしれん!
これから香川県に行く時は、法事云々ではなく、彼らに会いに行くまでのこと。
 

110629_1020~01.jpg


posted by ホテルニュー越谷 |14:50 | 今日の出来事 | トラックバック(0)

2011年06月28日

最近は白もある

葬儀もつつがなく終わり、火葬場で故人をお見送り。
故人を心置きなく送り出せたとは思う。家族葬という中途半端なカタチでは、故人の生前にしたことが霞んでしまうが、喪主ではないから口は出さん。オフクロの時は、オレが喪主で今日の喪主の取り巻きに結構口を出されたもんだが(笑)
しかし今日の葬儀で思ったのは一握りの人間に至っては過去のことは棚に上げてヌケヌケと今日の葬儀に出てくるヤツの気がしれんと言うことか!
もう一生会うこともないし、相手にもせんからそれはそれでいいか(笑)
霊柩車に乗れる立場なんで、二回目の乗車。
最近は黒の2番車だけでなく、白の1番車もあるんやね。



110628_1435~01.jpg


posted by ホテルニュー越谷 |15:10 | 今日の出来事 | トラックバック(0)

2011年06月28日

時間がゆっくりすぎる

葬儀会場は言うなれば、田んぼの中。周囲は何もない。タバコを買いに行くのもクルマで来たわけでないから一苦労。香川県ではクルマがないと話にならんわ。
夕べはこの会館に宿泊。風呂も完備なんで良かったが、故人のことを考えてたら良いことも悪いこともよみがえるが、早く葬儀が終わって欲しいと願うばかり。
故人の取り巻きのイヤな連中と会うと思うとゾッとする。本人は思ってなくてもやられたヤツは一生忘れんからな。
ハナから気分が悪くなるのは必至だし、いかにファーストコンタクトで腹立つのを抑えるのが課題。
もう一泊の予定であるが、腹が立ったら即帰途につくつもり。
身内を信じず、他人を信じて裏切られ、末期は地味というか寂しい旅立ちというのはオレには到底理解しがたい話。
それで偽善者が多数やってくるんだから。そういう偽善者の心境って何なんだと思う。またおいしいとこを持っていくつもりなのか?
そういうところはハッキリ色分けしとくのが人なんだけどね。


110628_0812~01.jpg


posted by ホテルニュー越谷 |08:40 | 今日の出来事 | トラックバック(0)

2011年06月27日

なんぼでも言うたる!

前の続きやけど、このじじい、家族より他人を信用する人で、結局は寂しい晩年。
ばあさんもおふくろも泣きながら亡くなった気がする。
一代で事業を大きくしたが、結局は時代の流れに笑い、時代の流れに泣いたことになる!
結局は、家族をないがしろにした分、晩年は大したことなかったと言うことか!
オレはそういう反面教師をみて、そんなことは絶対せん!
でもクソオヤジが先に逝かんかったのは遺憾であるが…
今、のぞみじゃなくさくらに乗ってるが、早く福岡へ帰りてえ~
親愛なる家族が一番であるし、福岡県民であるのが一番だ!
嫁さんと出会って正解だ!
讃岐の女と出会って
たらと思うとゾッとしますわ~
まあ個人差はあるけれど、見合いや紹介のたぐいでオレの前に現れたんはスカばっかし!
そのスカに感謝、あなたがたに振られて今のかあちゃんと巡り会えたオレが居る!(笑)
 

posted by ホテルニュー越谷 |17:10 | 今日の出来事 | トラックバック(0)

2011年06月27日

何とかの知らせとは恐ろしい

行きたくもないんやけど、じじい(祖父)が亡くなり四国へ移動中である。
故人には可愛がってもらったし、いろいろ確執もあったが、死ぬ時はお別れをいうてやらんとと思っている。
ご遺体なんか見たくねー
まあ先に亡くなるべきはオヤジであり遺憾である!
また、このじいさんも身内より他人しか信用せんかったから末期の水は大したことないやつにもらったんやと思う。
行きたくないばってん、大したことないヤツに会ってなんやかんや議論したい気分でもある。
あえてじじいと言うが、オレが小学生の頃は、一緒に風呂へ入った時は、唄をうたい、【ボルガの舟唄】、【船頭小唄】はこれで覚えた。軍歌も同じ。
しかしながら実社会では役には立たん(笑)
これでもう完全に福岡県民になる所存!

行く前に福岡にある札幌かに本家チェーンで買った【かに押し寿司】はうまかよ~




110627_1644~02.jpg


posted by ホテルニュー越谷 |16:50 | 今日の出来事 | トラックバック(1)

2011年06月26日

もったいないお化けは懐かしい

カモがネギをしよってきたんをみすみす逃したらあかんわ~
ホーム札幌ドームでカマタマーレのマヌケ・富山相手にスコアレスドローとは!
もったいないお化けが出るぞ~WW

努力は認めるけど結果につなごうや~

ひとこと
勝ち点1のお土産持たせてどうするつもり!

次節は
アウェイ栃木グリーンにてイチゴ野郎・栃木SCと対戦!

コンサフォス
イチゴ野郎・栃木SC!
香川県さぬき市出身2人目のJリーガー高木和正にええカッコさせるなよ~
鹿島アントラーズと来季対戦するかもしれないというU字工事の願望を粉砕せよ!
ゴメンネ、ゴメンネ~
今日は負けに等しかったかも…
ほんまにもったいないわ~

posted by ホテルニュー越谷 |18:20 | 北海道コンサドーレ札幌(2005~) | トラックバック(0)

2011年06月26日

元C大阪対決はいかに

本日は予定では休みだったのだが、急遽繰り上げ出勤です。その分、月曜日~水曜日までお休みです(笑)
さてコンサ、今日は富山戦、もう始まってるが動きなし。
向こうには苔口、黒部、江添と元セレッソ勢が…
迎え撃つうちも元セレッソ山下がいる。黒部はどうかわからんがあとの3人は年齢も同世代だし、同じ釜の飯仲間対決も面白そうだ。
もうすぐ前半終了も動きなし。
強いて言えば山下がイエローもらったぐらいか?

posted by ホテルニュー越谷 |14:50 | 北海道コンサドーレ札幌(2005~) | トラックバック(0)

2011年06月25日

飯塚から帰ってきたが

飯塚での2日間の研修を終え、博多駅に着いたらエラい雨で困った困ったこまどり姉妹(古い)
帰りの電車の中では向かいの座席で、女の子たちが、レベルファイブスタジアムは雨で濡れるのを心配しとったからアビスパ俉ジュビロを観戦しに行くんだろうなあと
アビスパは崖っぷちどころではないが、最後までJ1の誇りを捨てんと闘って欲しいと思いますわ~
コンサは明日富山戦、ヌケヌケにしてしもうたら困るんですが、岩沼Tシャツ発売記念に景気よく勝って欲しいものだ!
オレは今日の研修結果に対して心配なところがあるのだけど、自分のしたことに自信を持って結果を待つしかない!
自分に自信を持って毎日過ごしていくのは難しいとは思うのだけど。

posted by ホテルニュー越谷 |18:00 | 今日の出来事 | トラックバック(0)

2011年06月23日

明日から飯塚研修2日間

まあ会社の研修だから仕方ない。とりあえず覚悟を決めて行くしかないな(笑)
朝早いのが大変やけど、夏至だから明るい。もう何回も通っとるから慣れたが、福岡から筑豊も結構人の流れはあるから電車は混みます。
まずは目標達成に向かって頑張ってくるけんな~


posted by ホテルニュー越谷 |22:00 | 今日の出来事 | トラックバック(0)

2011年06月21日

ホテルニュー越谷アーカイブズ【1983年6月】

今から28年前の今頃は高校1年生
柔道部のキツい練習についていけずヒィヒィ言ってた頃やな~
当時は165~6センチで90キロ前後、まあ肥満体で足も遅いし、いろいろ言って行くバカもいましたが(笑)
そのバカは今でも薄っぺらいヤツですけど。
で、思い出したのが、6月23日のWBA世界ジュニアバンタム級タイトルマッチ
渡辺二郎俉仙台ラミレス 
先日、無罪判決が覆って有罪判決になったあの渡辺二郎で、下馬評は渡辺二郎有利で、KO勝利を期待されてたのにフタを開けたら仙台ラミレスが粘る粘る~
15回戦だったのだが最終ラウンドまでもつれ込んで渡辺二郎の僅差判定勝ち
まあ人生ナメたらエラい目に遭うということを教えていただきましたわ。
渡辺二郎は今でもエラい目に遭ってるというより自業自得ですww

posted by ホテルニュー越谷 |22:50 | 今日の出来事 | トラックバック(0)

2011年06月21日

もう約10日も前の話ですが

古い話ですが、6月12日に【ハチのムサシは死んだのさ】を作曲した平田隆夫さんがお亡くなりになりました。ご冥福をお祈り致します。約40年も前の曲やから今の若い世代は知らんやろうと思いますが、天才バカボンの話の中にこの曲が出てくるし、同じく平田隆夫さんが作詞作曲した【悪魔がにくい(当時のオリコン1位、後にエド山口とモト冬樹がカバー)】も出てくる
。
だからオレのアタマの中には残ってるんだな~(笑)
そういえば、先週はレベルファイブスタジアムでハチのムサシは真っ赤に燃えてるお日さまに試合を挑んで負けてしまい、唄の通りになってしまいました。
これが言いたかっただけなんやけど(笑)。


posted by ホテルニュー越谷 |22:30 | Jリーグ | トラックバック(0)

2011年06月20日

前から思ってたヤツと昨日から思ったヤツ

昨日、久しぶりに【笑点】を見てたら、ハナの演芸コーナーにザブングルが出演。
失礼ながらボケ担当の【悔しいですっ】の加藤歩の普段の顔(悔しいですってまはない)が徐暁飛選手に似てることに昨日気づいた。
うちの嫁さんは前から思ってたらしいけど。 
なお加藤歩は草なぎ君に似ていると言われたことがあるとウィキに書いてあったから三段論法だと草なぎ君と徐暁飛選手も似ていることになるなあ
さて当の徐暁飛選手、お元気でしょうか?

posted by ホテルニュー越谷 |15:50 | 徐暁飛 | トラックバック(0)