コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2018年01月22日

カンボジアで初もうでに行く

2018年1月1日

新年になりました。
この日はちょっと遠出して、ボッコー山というところまで行きました。
山道をくねくねと登って行きます。結構時間かかったかも。
山道といえども一般道と同じく、運転は乱暴ですw
長いこと車に乗って、目的地に着きました。

1516608600-DSC_1056.JPG

この仏像の名前がよくわかんなくて、日本に帰ってからもググってみたんだけど、
結局、どういう由来でいつ建立されたのかもわからなかった。

1516608618-DSC_1057.JPG

仏像の前には十二支の彫刻が一つずつ置いてあって、
自分の干支の彫刻に乗ってお祈りをするそうです。
もちろん、北海道コンサドーレ札幌の今年のJ1残留と今後のJ1定着をお祈りしてきました。

1516608706-DSC_1058.JPG
私ら2人とも丑年なんだけど隣の子年の顔がなんかシュールw

1516608725-DSC_1060.JPG

1516608765-DSC_1062.JPG
ちびっこたちも乗っかってお祈りしています

1516608828-DSC_1065.JPG

1516608848-DSC_1066.JPG
干支の足元にお賽銭を置くらしい

1516608898-DSC_1064.JPG
ボッコー山から見た景色

初もうでが終わって、来た時と反対側の方に山を下りる途中、突然大きな建物が見えてきて、
何だこりゃと思ったらカジノでした。
昔はこのへんはお金持ちの避暑地として栄えていて、カジノは前からあったらしい。
およそ避暑地っぽくない殺風景な景色しかない場所で、その面影はイメージできなかったけどね。
しかし反対側に行くのは実は間違った道だったらしく、途中で引き返したw
道を間違わなければ見られなかった建物でした。

1516608914-DSC_1069.JPG

下界まで降りてきて、お昼を食べる。
この日のお昼は川沿いにあるレストラン兼ホテルです。
ここのホテルもバンガロータイプでヤバそうだったwそして客層はやはり白人ばかり。

1516608972-DSC_1073.JPG

1516608988-DSC_1074.JPG

1516609006-DSC_1075.JPG
「酒飲んだあと川に入る時は気をつけろ」か、フムフムと見ていたら、
ザバーっと白人男性が川から上がってきてビビったw

食べたものはこんな感じ。
もう似たようなものをずっと食べていますw

1516609054-DSC_1076.JPG

1516609081-DSC_1077.JPG

1516609102-DSC_1078.JPG

そしてその日の夜に、ケップで「クラブマーケット」と呼ばれる、
蟹を食べられる店が並んでいる場所があって、そこに行ったんだけどね。

1516609168-DSC_1085.JPG
カニレストラン

1516609430-DSC_1086.JPG
ここも白人だらけ

残念ながら一番肝心の蟹が売り切れてたのさ…。
なので、ケップ最後の夜もまた似たような食事で終了。
でも魚焼いたやつとか空心菜の炒め物はおいしかったです。

1516609446-DSC_1087.JPG

1516609468-DSC_1088.JPG

1516609482-DSC_1089.JPG


posted by mfrb |17:08 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年01月19日

大晦日の夜

2017年12月31日(続き)

ラビットアイランドから帰ってきてひとやすみしてから、
前日夜にふらっと出かけた、ホテル前の広場にみんなで行きました。
するとそこは、前夜とはまるで違った光景になっていましたw

1516351766-DSC_1020.JPG

1516351780-DSC_1021.JPG
人で人で歩くのも大変

1516351804-DSC_1022.JPG
車はお構いなく通るので横断歩道を渡るのも怖い

みんなで数珠つなぎになって歩かないと、あっという間に迷子になりそうだった。
そして先生のダンナさん(スコットランド人)がこれまた自由人で、
先生を先頭に歩いてるところなのにダンナさんが急に立ち止まって、
縁日とか遊具とかで子どもを遊ばせるもんだから、全然進まないのw
(一緒に滞在したチームの中に親子連れの方もいたりしました)

1516351828-DSC_1023.JPG
射的です。前方の風船を狙って当たったら景品もらえる

1516351843-DSC_1025.JPG

1516351858-DSC_1026.JPG
遊具にはシートベルトもないし周りに柵もない。安全とかまるで無視

先生がスコットランド人をやっと捕まえて、
屋台の横のテーブルでなんとか空いてる場所を確保して、とりあえずみんなでビールを飲んだ。
しかし英語が通じなかったのか何なのか忘れたが、食べ物を食べられずにビールだけ飲んで、
ホテルに戻ってきてしまいました。

1516351885-DSC_1036.JPG
テーブルとかなまら汚いw

1516351899-DSC_1041.JPG
そこいらで敷物とか敷いて酒飲んで食べてるのさ

1516351913-DSC_1042.JPG
鍋とか持ち込んでる人もいたw

しかしスコットランド人はまだ帰りたくないとダダをこね、
どこから調達してきたのかデカい花火をドヤ顔で持ってきて(ロケット花火の手持ち版みたいなやつ)
同行してた、奥さん以外の若い女性とともに、このカオスな人混みの中に消えていきましたw
あとでどうだったか彼女に聞いたら、広場で得意げに花火を上げて、
現地の子どもたちが群がってきて大人気だったらしいw

1516351949-DSC_1028.JPG

1516351961-DSC_1032.JPG
ふつうの花火も上がってたよ

我々はホテルに戻ってプールサイドのレストランで食事をしました。
しかし私はさすがに連日の食事に飽きてきて、お腹空いてるはすなのに全く食欲がなく、
私としたことがビールも飲めずに、早々に部屋に戻ってきてしまった。
せっかくのカウントダウンも部屋でボーっとしていたわ。

1516351974-DSC_1048.JPG
カンボジアのカウントダウン番組

1516351987-DSC_1051.JPG
新年の瞬間の広場ではバヒューンバヒューンとロケット花火の手持ち版が上がりまくっていた


posted by mfrb |17:47 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年01月18日

夢の島 ラビットアイランド

2017年12月31日

大晦日の日。
ホテルからトゥクトゥクに乗って数分、ボート乗り場までやってきました。
ここから船に乗って、ラビット島へ渡ります。

1516263165-DSC_0986.JPG

1516263181-DSC_0987.JPG
表現がアレだが北朝鮮の漁船のようである

1516263194-DSC_0989.JPG
船に乗ること約15分

そしてあっという間に島に到着。
着いたとたんに先生が、
「こことここの2つの店に話をしたから、あとは自由にお酒でも何でも飲んでね。
 あとで飲んだ分を人数分でワリカンしましょう。では解散!」と言ってくれて、
思い思いにすごす我々日本人チーム。

1516263289-DSC_0990.JPG

1516263302-DSC_0991.JPG
ラビットアイランドで新幹線ユニ

そう言われるともう飲むしかないねw
ということでまず南国らしくモヒートから飲む。うますぎ。

1516263313-DSC_0993.JPG

モヒート以上にヤバい酒だったのが、ピニャコラーダ。
(ラムをベースに、パイナップルジュースとココナッツミルクを砕いた氷と一緒にシェイクして作る)
 →ウィキより。
これは調子に乗って飲んだら死ぬレベルだ、と危険を察知したので、控えめに飲んでおいた。
しかし本当においしかった。また思い出したら飲みたくなってきた。

1516263684-DSC_0995.JPG

ここでは本当に夢のような時間を過ごしました。
なにもしない贅沢です。
お酒を飲み、暑くなってきたら海に入って、また上がってお酒を飲み、
眠くなったらうたた寝して…の繰り返し。
なにもしなかったので、特にそれ以上書くこともないですw

1516263398-DSC_1008.JPG

1516263409-DSC_0996.JPG

1516263442-DSC_1000.JPG
「お酒飲んで海に入ったらたこ八郎みたくなるよ」ってわかるのはもう昭和の人だけだね

犬もたくさんチョロチョロしていたw
めんこくて触りたかったけど我慢した。

1516263489-DSC_1011.JPG

1516263503-DSC_1012.JPG

思う存分ゆっくりして、日の沈む前に島を離れました。
ここは宿もたくさんあるんだけど、ホテル的なのはなくてみんなバンガロータイプっぽい。
たぶん前の日に食事したレストランに併設されてるバンガローよりももっと野性的だと思うw
でもここにも長期滞在してるような欧米人がたくさんいたから、
彼らはそういうの苦にならないのかもしれん。

1516263518-DSC_1014.JPG

帰りの船の運ちゃんはアドベンチャーな操縦をする人だったw
わざと波に乗って船を揺らせて、水がザバーっと船の中に入ってくるように操縦してた。
私たちが「ギャー!」とか言ってるのをニヤニヤしながら見てたw

1516263565-DSC_1016.JPG


posted by mfrb |17:11 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年01月17日

カンボジアあれこれ

今日は私たちが4日間滞在したケップや、その他カンボジアあれこれについて書きたいと思います。
前にチラッと書いたとおり、プノンペンからケップまでは車で約3時間くらい。
ケップはリゾート地みたいなところで、私たちが泊まったホテルの他にもたくさんのホテルがあります。
英語はどこに行っても通じるので、英語さえできれば全然滞在できます。私はしゃべれないけどw
欧米人がホントに多くて、みんな好んでケップに来てるみたい。
あーあと中国人も多かったな…。イメージは札幌で見る中国人と一緒ですわ。

1516175539-DSC_0925.JPG

1516175560-DSC_0966.JPG

私たちが泊まった部屋。広々としていてとても快適だった。
夜は東京の夏のように暑いので、寝てる間はエアコンもずっと付けっぱなし。
あとテレビは50チャンネルくらいあったw
サッカーの試合も放送してて、ほぼプレミアの試合ばかりでした。
ここでJリーグとか放送されたら熱いな!w

1516175613-DSC_1091.JPG

バスルームも広々としていました。
私らがアウェイで遠征する時はいつもアパの狭い部屋に泊まるから、
最初は「広い!広すぎる!」と思って戸惑ったよw
アメニテイもちゃんとしてるし、1日ごとにタオル類も取り替えてくれるし、
掃除もしてくれるし、滞在中はとても快適なホテルでした。

1516175649-DSC_1092.JPG
シャワーのお湯も普通に出たよ

ただし朝ごはんは毎日同じメニューだったので、最後の方は割と飽きました。
私たちが滞在中はずっとバイキングだったけど、
ゲストが少ないとセットメニューになるらしい(HPに書いてた)。
この写真左の麺みたいなのはカレー味で、つゆのないカレーヌードル的な味でしたw
あと箸があったので良かった。

1516175745-DSC_1054.JPG

そして一番助かったのは、朝食にかならず白米のおかゆが出ていたこと。
おかゆを食べるのが一番ホッとする瞬間でした。
魚の小さな切り身みたいの、これがものすごくしょっぱい味で、
これと一緒におかゆを食べるのがおいしかった。

1516175771-DSC_1055.JPG

日本に帰ってきてからいろんな人に「食事はどんなのなの?」って聞かれたんだけど、
あんまし具体的に答えられなくてね。コレ!といった料理がない、というのが正直なところでしたw
前に書いたとおり胡椒の栽培がさかんなので、
外食で頼んだ料理ってだいたい胡椒が付いてきてた気がする。
それとしょうがを刻んだのをふんだんに使ってる炒め物が多くて、それもおいしかった。
あと炒め物を頼んだら必ずライスが付いてくるのでそれは困ったw

1516175817-DSC_1078.JPG
こんな感じですwこれも千切りのしょうがと豚肉を炒めたものでおいしいかった

カンボジアでは日本みたく「とりあえずビール!」って言ってすぐビール出てくるような文化じゃないので、
料理と飲み物は一緒に注文するんだけど、飲み物が出てくるのは遅かったですw
そして料理も出てくるのがおしなべて遅いんだけど、
なぜか頼んだ料理が全部いっぺんに来るんだよねwしかも冷めてるワケでもなく熱々で。
あれは最後までナゾだったわwどんな作り方をしているのか。

食事ネタの後に申し訳ありませんが、最後にカンボジアのトイレ事情をw
ホテル含めてだいたいのちゃんとした建物であれば、水洗トイレで何の問題もありませんでした。
トイレットペーパーもあったし。紙質も普通。
ただ少し郊外に行くと「これどうやってするの?」みたいな和式トイレがあったり、
あと「紙は流すな!そこの箱に捨てとけ!」って英語で書かれてるトイレとか。
それから便座のないトイレとかねw(これは欧米でもよくあるって聞いたけど)
多少のことを我慢すれば、まぁまぁ大丈夫なレベルではありました。

私たちがたまたまラッキーなだけだったかもしれないけど、危ない目に遭うのは皆無で、
出会ったカンボジアの人たちはみんな人なつっこい笑顔で対応してくれました。
「サンキュー」って言ったらかならず白い歯を出して笑顔で応えてくれるし、
ほんとに何というかスレてないというか。みんな感じのいい人達ばかりだったよ。

では明日は、この旅で一番楽しかった日について書きたいと思います。


posted by mfrb |16:50 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年01月16日

どこの世界にもいる酔っぱらい

2017年12月30日(続き)

夜になったのでまたトゥクトゥクに乗って夕食に出かけました。

1516089577-DSC_0973.JPG

わりと山というか森の中にあるレストランで、ホテルも併設されています。

1516089634-DSC_0967.JPG

1516089670-DSC_0968.JPG
入口に座ってた犬。目光った

入口からさらに奥に入って迷路みたいな通路を進んで行くと、レストランがありました。
客層はほぼ100%欧米人です。
ちなみに、日本に帰ってきてからこのホテルのHPを見てみたら部屋がバンガロータイプで、
「これ絶対夜になったら虫入ってくるしょ」って感じの開放感タップリの部屋だったw
でも前年はみんなここに1泊したらしい。ここじゃなくて良かったわw

1516089721-DSC_0969.JPG

ここではなぜかみんなパスタやピザを注文して、メニューを見てもわからないし、
自己主張もできない我々はそれに従うしかなかったので(合流してまだ2日だし)、
食事の写真はありませんw普通においしかったけどね。
代わりに帰りに撮った、さっきの目が光っちゃった犬を置いておきます。

1516089769-DSC_0971.JPG

そんなことで飲み足りなかった我々はホテルに戻ってから、
初めて団体行動を外れて、2人だけで出かけてみました。
といってもホテルから徒歩3分くらいで着く広場だけどねw

1516089849-DSC_0981.JPG

ここは年末年始になると、たくさん屋台が出て人がわんさか来て、
大変なことになるよ、って聞かされていた広場でした。
この日はもうすでに結構屋台が出ていて、人もたくさん出てきてて、
ホテルの部屋にいても重低音の音楽が聞こえてくるくらいにぎやかになっていました。

1516089886-DSC_0975.JPG
「ふわふわアドベンチャー」にありそうなやつで子どもらが遊んでいる

1516089938-DSC_0977.JPG
重低音の正体はここだった。クラブ音楽っぽい曲を大音量で流して、DJみたいな人がしゃべっていた
怖くて近づけなかったw

1516089974-DSC_0985.JPG
子どもらがバッテリーカーに乗って遊んでいた

1516090022-DSC_0983.JPG

1516090037-DSC_0984.JPG
不具合があってもすぐ直す

1516090073-DSC_0982.JPG
どこの世界にもいる酔っぱらい

ビールを飲みたくなったので屋台で買いました。最初なんか高い値段言ってきて「ハァ?」みたいな
聞こえないふりしたら、普通の値段で売ってくれたw
ベンチに座って夜風にあたりながら気持ちよくビールを飲みましたが、
翌日のこの場所は打って変わってもうカオス状態で、
前述した「たくさん屋台が出て人がわんさか来て大変なことになるよ」という言葉を
身をもって体験したのでした。

1516090106-DSC_0980.JPG


posted by mfrb |16:58 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年01月15日

バイタリティありすぎの日本人

先週の土曜日、きたえーるに行ってきました。
本物のミシャさんが出てきた時は「おぉ~っ、ホントにウチに来たんだ」という実感がw
遠くから見てもスタイルが良くてカッコいい選手たちを見ると、テンション上がりますね。
今年もあらためて、いい時も悪い時も選手とともにがんばろう、という気持ちになったよ。
今年のウチの合い言葉は「まだ見たことのない風景を見ること」と、あとLove & Peaceだねw

1516001422-DSC_1195.JPG



2017年12月30日(続き)

小学校を訪問したあと、この日の昼食会場であるレストランへ向かいます。
運転手さんが車の中にビールを用意してくれていた。ありがたい。

1516001484-DSC_0950.JPG

ちなみにこちらの缶ビールは昔懐かしいリングプルです。
同じ旅のグループに高校3年生の男の子がいたんだけど、
彼はパカっとリングを上げたあと左右に揺らしたりして「あれ?あれ?」ってなってた。
もう若い子は知らないんだな…そりゃそうだよな。
(追記) 念のため書きますが彼はビールを飲んでいませんw開けたのはスプライトね。

1516001666-DSC_0952.JPG

さっきの小学校へ行く道以上に狭くてデコボコで、微妙に上り坂な道を車に揺られ、
「マジで道まちがってんじゃね?」と不安になったころにようやくレストランに着きました。
ここは先生の知り合いの、カンボジア在住日本人の方が経営している
胡椒農園兼レストランです。(先生知り合い多すぎ)

1516001528-DSC_0953.JPG

ここはもともとジャングルだった土地を自分たちで開拓して、電気を通して、井戸を掘って、
胡椒農園にしたらしい。あ、その前に、この農園に来るまでのあの道も自分で切り開いたとか。
そしてレストランが軌道に乗ったら今度はプールも作る予定で、途中まで掘った穴も見せてもらった。
すごすぎだろwどこからそんな力が出て来るんだよ。

1516001780-DSC_0955.JPG

1516001809-DSC_0956.JPG
高床式のレストランは風が通り抜けて非常に気持ちよかった

食事では、今朝絞めたばかりの鶏が出てきたよー。新鮮すぎて肉がコリコリでしたわ。
鶏のおなかにはここで収穫された胡椒がたくさん詰めてあります。

1516001855-DSC_0958.JPG

1516001883-DSC_0959.JPG

その鶏から取ったモツは、空心菜と炒めていただきました。
これがもう絶品でウマすぎて最高でした。今でも思い出したら食べたくなる。
ビールが進む進むw

1516001999-DSC_0957.JPG

1516002046-DSC_0962.JPG
君の仲間はおいしくいただきましたよ。ありがとうありがとう。

お昼をごちそうになったあと、ホテルへ戻る途中で露店に寄ってもらい、
ケップ滞在中に我々2人で飲む缶ビール24缶1ケースを購入。
ホテルに売店はないし、周りにも店はないからね。
缶ビールは1ケース11ドルでした。1本50円ちょっとです。安くて夢のようですw
こちらでは水道水は飲まないようにって言われていたので、
ミネラルウォーターも1ケース買いました。

1516002082-DSC_0963.JPG

ホテルに戻って夕食まで時間があったので、プールで泳ぐ(うちの人だけ)。
リゾート感がありますなぁw

1516002395-DSC_0964.JPG

もうちょっと続きます。


posted by mfrb |16:29 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年01月12日

カンボジアの小学校に行ってみた

とうとう開幕カードが発表になりましたね。
開幕戦の相手が広島って全然想像してなかったなー。
ミシャ対決ってのもあるけど、たぶん他から見れば地味めなカードよねw
毎年思うけど、人生で一度でもいいので開幕ダッシュっちゅうもんも味わってみたいものだわ。
とりあえず明日は選手たちに会うのがとても楽しみ。


2017年12月30日

ケップの朝です。

1515747973-DSC_0922.JPG
ホテルのベランダからの風景

この日はホテルから車で30分くらい走った所にある小学校を訪れました。
小学校といっても、大きな道路から小さな細い道路に入って、
舗装もされていないガタガタ道で車もすれ違うことのできないような細い悪路を進んで、
「ほんとにこの先に小学校なんてあるのか?」というような場所にありました。

1515748036-DSC_0926.JPG
途中にいた牛。後日も他に何度も牛を見たけどみんな肉付きが薄くてゴツゴツしている
「あれ見たら牛肉なんて食べられないでしょ、全然おいしくないよ」って先生が言ってた

この小学校は、この旅で私たちがお世話になった英会話教室の先生の、
知り合いのカンボジア人の方が建設に携わったそうです。
生徒数は全部で200人くらいいるんだけど、
先生の数が足りないので午前と午後に100人ずつに分けて授業してるらしい。
学校の先生の給料もすごく安くて、給料だけじゃ暮らしていけないので、
他にトゥクトゥクの運転手のアルバイトをしたりして、生計を立ててる人もいるみたい。
「先生の数が足りない」と書いたけど、この国では他の公務員の人数も圧倒的に足りなくて、
そしてみんな薄給なのだそう。

1515748115-DSC_0929.JPG

田舎で家が遠くて歩いて通うのは不可能なので、みんな自転車で通っています。
その自転車を家が貧しくて買えないがために、学校に来られない子どももいるそうです。
黒板などの学校の備品も質が悪くて、書いた文字もあんまり読めない。
子どもたちの机を見ても、ノートや鉛筆を持っている子もいれば何も置いてない子もいる。
粗末なサンダルを履いている子もいれば裸足の子も。
そんな状態です。

1515748235-DSC_0944.JPG
日本から持ち込まれたっぽい自転車。他に大阪や京都もあった

先生はそうした状況を見て、日本でチャリティバザーを開いて集めたお金で文房具などを買って、
必ず自分自身で小学校に届けているらしい。
赤十字が悪いというわけではないけど、ただ募金してそのままだと、
具体的にどこでどういう風に使われたかわからないから、との理由でした。

1515748368-DSC_0930.JPG

そんな先生が言うには、
「歌手の…あれ何だっけ、ああそうそう、アグネス・チャン。あの人はダメよ。
 自分で集めたお金で家建てちゃったんだから!あの人はほんとに悪いよ」
って言ってましたwww今までネットとかでさんざんアグネス・チャンの話見てきたけど、
真実だったんだなと思ったわw日本ユニセフ協会にお金渡しちゃ絶対ダメです。

1515748456-DSC_0927.JPG

さて、我々が押しかけた時は「誰や誰や」って緊張気味だった子どもたち。
他の人が持って行った紙ふうせんとかシャボン玉をおっかなびっくり見てましたが、
すぐにはしゃいで遊びだしました。どこの世界の子どもも変わりありません。

1515748525-B_KbcFHy8kzqmOl1515742486_1515742522.png

1515748546-DSC_0937.JPG

お金のあるないに関わらず、子どもたちのはじける笑顔は万国共通です。
赤黒のカッコした見も知らぬ怪しい者が手を振っても、みんな笑顔で振ってくれます。
→レプリカ着て行ったw

1515748631-9hBMkoJoaXkNKjq1515743077_1515743110.png

1515748648-DSC_0945.JPG
みんなかわいらしいリュックしょってた

1515748774-DSC_0928.JPG

1515748787-DSC_0940.JPG
学校に出入りしてる犬たち
狂犬病予防接種してないのでかじられたら100%死ぬね

小学校のくだりで長くなったので、続きはまた今度。
この日のお昼は日本人が経営している胡椒農園兼レストランに行きました。


posted by mfrb |18:04 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年01月11日

プノンペン到着

2017年12月29日

6時間ずっと飛行機に乗ってるのはつらかったです。
いままで最長でも4時間くらいしか乗ったことなかったので。
それでも「これで☆SAPPOROともしばらくお別れだな」とか思いながら黒ラベルを飲みまくり、
機内食が予想以上においしくてすぐに平らげたり。
しかし終盤に飛行機が揺れ始めてジワジワと具合が悪くなり、
「いよいよこの青い袋にお世話になる時が…」とか思ったりしましたが、
何とか無事にプノンペン国際空港に到着いたしました。

1515647068-DSC_0894.JPG

空港には、この旅でこの先大変お世話になる方が迎えに来てくれていました。
旅に誘ってくれた元同僚の娘さんの通っている、英会話教室の先生です(日本人女性)。
先生はここ10年ほどで何度もカンボジアを行き来していて、いわばカンボジアのプロですw
元同僚の家族も、そういう縁で1年前にカンボジア旅行をしたのでした。

1515647118-DSC_0895.JPG
空港に吉野家があった

プノンペンの天気は、一言でいうと北海道人が一番キライな本州の夏のよう。
夏に東京にアウェイ戦に行った時の感じがずっと続きますw
私たちのこの日のスケジュールは、ここからすぐ車に乗り込み、
都会のプノンペンを抜けてケップという街に移動です。

1515647468-szDrChYubLbsvGR1515575036_1515575191.png
出発地から目的地まで移動時間約3時間

ちなみに時差は、日本時間からマイナス2時間です。
現地時間の16時(日本時間18時)に空港を出発。

1515647530-DSC_0897.JPG

プノンペンはとにかくバイクが多くて、
ちょっとでも隙間があると車の脇をどんどんバイクが飛ばしていきます。
まさに水曜どうでしょうのベトナム編そのまんまですw
そして行き着くとこまで行って渋滞の繰り返しだから、
プノンペンを抜けるまでかなり時間かかった。

1515648704-DSC_0899.JPG

やっと市街地を抜けて、通りの露店に寄って缶ビールを買いました。
北海道だとちょっと郊外に出れば、数キロ走らないと店なんてないっていうのが普通だったりするけど、
カンボジアは行っても行ってもこういう小さな露店を見つけることができます。
まぁ何というか正直、こんなとこで誰が何を買うんだよって店ばっかりですw

1515648106-DSC_0901.JPG
うまく撮れなかった

1515648144-DSC_0906.JPG
灯油のポリタンクはたぶんガソリンを売ってるのだと思う

日も暮れて真っ暗になったころケップに到着。
ホテルに行く前に海辺のレストランで食事をしました。

1515648221-DSC_0910.JPG

1515648333-DSC_0912.JPG

1515648363-DSC_0913.JPG
パパイヤのサラダ。辛い

1515648408-DSC_0914.JPG
イカの天ぷらみたいなやつ

我々を乗せてきてくれた運転手さんは帰ったので、
ホテルまではトゥクトゥクに乗って行きます。
トゥクトゥクは滞在中に何回も乗ったけど、気持ちよくて最高だった。

1515648453-DSC_0918.JPG

そしてやっとホテルに到着しました。
ここで4日間過ごします。

1515648493-DSC_0920.JPG
Kep Bay Hotel & Resort


posted by mfrb |14:03 | その他 | コメント(4) | トラックバック(0)

2018年01月10日

カンボジア旅行記はじめます

2017年12月29日から2018年1月3日まで、カンボジアで過ごしてきました。
きっかけは、夫婦ともども仲良くしてもらっている元同僚が、
前年の年末年始に家族でカンボジアに行ってとても楽しかったので、
次は一緒に行きませんかと誘われたからでした。

サッカーのおかげで日本中を回って、なおかつ酒場を巡るのが年に何回かの楽しみで、
海外旅行には全く興味がありませんでした。言葉もしゃべれないし。
けどこんなきっかけがないと行くことなんてないよなーと思い、知ってる人も同行で心強いこともあって、
昨年の2月ごろにはもうカンボジア行きの飛行機のチケットを取っていましたw
そのときに「これで今年残留できてなかったらつらい旅だなー」
とか思いながらポチったけど、ほんと残留できてよかったよーマジで!

で、飛行機と宿確保(ホテルは元同僚が取ってくれた)の後は、
大変だったけど楽しいシーズンを過ごして札幌サポ史上最高の経験をさせてもらいつつ、
11月終わり頃からやっとパスポートやらビザやらを準備し始め(遅すぎ)、
借りたスーツケースがデカすぎて借り直したり、
帰りに札幌に帰ってくる飛行機の便を間違ってて取り直したり(最大のピンチであった)、
すったもんだあって何とか28日に札幌を飛び立ちました。



2017年12月28日

カンボジア行きの飛行機は29日成田発AM10:50なので、前日に成田に泊まりました。
ここまですったもんだしてたくせに、成田の飲み屋についてのリサーチは準備万端だった我々。
行ってみたらなんかすごいいい店だったんだよねー。

1515555766-DSC_0883.JPG

1515555638-DSC_0884.JPG
もつ煮(玉子付き)

1515555821-DSC_0887.JPG
カシラとレバー。旨すぎ。

1515555873-DSC_0888.JPG
店の雰囲気も良かった。店員さんも感じ良かったし。
もし成田に住んでたらご常連になるわ。

1515555902-DSC_0890.JPG

1515555889-DSC_0889.JPG
勢い付けて二軒目も行ってしまったよ。

そしていよいよ翌日、約6時間の長旅に出ました。

1515555979-DSC_0891.JPG


posted by mfrb |12:34 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年01月09日

戻ってまいりました

ほぼ初めまして、と思います。
履歴を見たら、2010年まで更新しておりましたこのブログですが、
諸事情によりいったん別ブログへ引っ越し、そしてこのたびまた戻ってきました。
これからはこちらで更新しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

以前まで書いていたブログはこちらです。
「My Funny Red and Black」

上記のブログは2007年から昨年末までの更新となります。
…この間に、思い返せばいろんなことがありましたなぁw
2007年の私に、「10年後のコンサに小野と稲本いるよ、あと菅野来るよ」
とか言ったら「ハァ?えっ、菅野ってあの菅野?」ってなるわw

そんなことで今週末は早くもキックオフだったり、選手が出入りしたりしてますが、
空気読まず明日からワタクシのカンボジア旅行記を更新したいと思います→唐突。
では、これからよろしくお願いいたします。

posted by mfrb |14:37 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)