2009年02月23日

試合告知チラシ

開幕戦に向けサポーター有志により告知チラシが作成されました! 

http://www.consadole.net/no12/ 

これは今までのオフィシャルなチラシとは違い 
「いついつ配りますのでどこどこに集まってやりましょ~!」 

ってのではなく 

自宅周辺とか職場とか自分が配れる範囲の枚数を持ち帰ってもらい 
好きな時に配ってもらう(もちろん試合の前までですが)と言うものです 
今回は丸井今井さんのCSpaceに置いてあります 

今後も継続して行う予定です 
(次回からは試合会場に設置の予定です) 

周囲の方を誘うツールとしても利用できるかと思います 

よろしくお願い致します。 

開幕表
開幕裏


posted by kp-consa |13:36 | 応援 |

2008年11月07日

USからのメッセージ

USのHPにてクラブ・選手に宛て渡されたメッセージが公開されました

HFC宛て
http://us12.jugem.jp/?eid=10
選手宛て
http://us12.jugem.jp/?eid=11

今までの中で一番今回の応援自粛の事がわかりやすい内容だと思いますので
紹介いたします

posted by kp-consa |12:32 | 応援 |

2008年10月28日

応援しないという事の選択

こちらへは久々の投稿となります


昨日からいろいろなところで出ていますので
その内容と経緯などは省略

昨日一日このことについて考えていました
基本は戦っている選手がいるかぎりは応援をする!
というスタンスですしUSもそれは同じだと思います
いや、むしろUSの方がそれは強いでしょう

では何で? どうして自粛なの??

きっとそれどころじゃない問題を解決しないと先には進めないからでしょう
選手やチームやクラブに対して「応援」(サポーター)というものの意味を
訴えて行きたかった,更にはサポーターや自分たち自身にも・・・
そう言う事なのかなと思いました

おそらくビジョンの提示などはそのほんの一部でしかないと思います

彼らの表現の仕方もわかりづらく、理解できない部分もあると思いますが
今までどおりの応援をする事とそれを行わないことのどちらが良いのかを考え
チームを愛するが故に今の状態を変えて行きたいから
自ら最も好きな「応援」を自粛する
凄い苦渋の選択だったと思います


ましてやホーム浦和戦など対決の上ではたとえ降格が決まっていようとも
最もサポーター同士の対決の場として
本来であればいろいろな仕掛けを作って応援をしてゆく場であったに違いありません
彼らもそれが楽しみであったでしょう

けどそれを捨ててでも今やらなければならないとの判断なのだと思います

どのやり方が正しくどのやり方が間違っているとか
それは結果が見えて始めて判ることで
この段階では正解はわからないと思います

最悪、彼らははこれまでのように応援をリードしていくと言う立場すら失うかもしれません
しかし敢えてこの時期にこの選択を行という事

自分たちの愛する大事なものを守るため
変えてゆくために


できれば、そうならない為にもクラブ側の早いアクションを望みます

(US本人たちに直接聞いたわけではありません、あくまでも私が現場での
説明の映像や柏戦後のいろいろを見て受けた印象ですので真意は別なのかもしれませんので、お間違いなく)


追:昨日しまふく寮で何が起きたかはわかりませんが
何か同じ愛する者の為の「覚悟」のようなものを感じました

posted by kp-consa |08:10 | 応援 |

2007年04月05日

40歳と39歳(&38歳)

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2007/04/05/03.html

昨日のナビ杯での光景
自分よりちょっとだけ(←ココ強調w)年下がまだ現役選手として
ピッチで全力でプレーしている

素晴らしいですし 負けてられないなって思います

私はピッチに立つことはできないけれど
ピッチに立つ選手を後押しすることは出来る

90分声を出すことは出来る

高くは跳べないけどサルトだって出来るようになった

まだまだ頑張らなきゃ!オヤジ共よ!

「最近の若いものは・・・」と言わず ゴンやカズのように
自ら若い者の手本となり 「俺の背中を見ろ!」くらいの気持ちを見せろ

(自分の後姿はたぶん情けなさそうだけど・・・)

やれない事を他人のせいにするなんて問題外です
「責任自分論」でしょ

(たぶん同年代の方は部下や子供ににそうおっしゃってると思う
自分を例外にしちゃダメです)


去年から自分なりの「全力」で応援し
もともと決して丈夫な身体じゃ無かったですけど
試合後の「腹筋痛」やら「ふくらはぎ痛」も少なくなりました
持久力も付き 風邪もひかなくなりました

頑張ればまだ鍛えられるものだなぁと実感w

気持ちだけは負けたくないからね!

posted by kappa |08:33 | 応援 |

2006年12月30日

ラストマッチ

準決勝エコパ
ここまで 最後を見届ける為に 千葉 仙台と行きましたが
残念ながら静岡へは行けませんでした

行くとHFCより先に自分が逝ってしまうので断念…

国立の準備は万全だったのですが…


結果 天皇杯は最後静岡で終えた事は なにか運命だったような気がします

監督の地元で最後の試合
ジュビロの練習場で最後の練習

ヤンツーさんの地元での試合をするために国立ではなくエコパになった

国立には 「サプライズ」なんて言われずに
また 堂々とそのピッチに立てるようになったらでも遅くは無い


とりあえずヤンツーさんは静岡へ一旦お返しします。

けど また一緒にやりたいです
それまでにクラブも選手も成長してなきゃね

3年間 本当にありがとうございました


新日鐵大分との対戦で始まった今年の天皇杯
新日鐵に辛くも勝ったものの
気持ちでは新日鐵が上回ってました

あのあと札幌は戦いを進めるにつれ チームは一つになり 気持ちで相手を上回るまでに至りました

最後のガンバとの対戦はまさに 新日鐵との対戦を逆にしたような戦いでした

選手のプレーもこの1ヵ月で大きく変わったと思います
主力が次々と欠ける中素晴らしい戦いを見せてくれた選手達に感謝します

本当にありがとうございました


来年こそは もっと凄い感動を得られるよう
サポーターも一つになって頑張りましょう

あの天皇杯での選手のプレー、サポーターの応援があれば必ず昇格できます!

posted by かっぱ |17:25 | consa |

2006年12月26日

次はガンバ大阪戦  マサヤン・・・orz 

 
 千葉フクアリ&仙台ユアスタと行ってきましたが 
ここで軍資金は枯渇いたしました・・・orz 

いや正確には「元旦国立」分はあるのですが 
静岡は無理だよ・・・ 


で、次はガンバ大阪戦 


西谷は準決勝はダメっぽいです・・・ 
http://hochi.yomiuri.co.jp/hokkaido/soccer/news/20061226-OHT1T00104.htm 

   中山  相川 

川崎   砂川   加賀 

   金子  芳賀 

 西嶋  曽田  西澤 

      佐藤 

もうよっぽどサプライズが無ければスタメン予想も楽々です 
中盤は多少人がいますが前は厳しいです 

後残ってるのは 
謙伍・和波・上里・岡田・大伍・林 

限りなく一昨年のメンツに近づいてる 


けど、これも勝利フラグなのです! 

正直このメンバーだと甲府には勝てなかったと思います 
けどガンバと戦うには「守備」が重要になります 
そこでどちらかと言うと守備の弱い征也・西谷がアウト 
金子・西澤インは守りの面では正解だと思います 

まぁ攻撃はなんとかやってくれ!って感じですが 
健太郎の攻めの意識とかスナの1対1になったときの決定力とか 
そんなのが決め手になるような気がします 

全然 不利にはなってないっすよ! 

対するガンバの先日のメンバー 
GK 1 松代 直樹 
DF 4 實好 礼忠 
DF 5 宮本 恒靖 
DF 6 山口 智 
MF 21 加地 亮 
MF 17 明神 智和 
MF 7 遠藤 保仁 
MF 14 家長 昭博 
MF 10 二川 孝広 
FW 11 播戸 竜二 (累積) 
FW 9 マグノ アウベス 
サブ 
GK 22 藤ヶ谷 陽介 
DF 3 入江 徹 
DF 15 青木 良太 
MF 20 寺田 紳一 
MF 27 橋本 英郎 
FW 16 前田 雅文 
FW 19 中山 悟志 



・・・・あっひゃっひゃ~w 


大丈夫!俺らはナビスコ王者のオシムチルドレンにも勝ったのだ! 


そして今夜はコレ↓ですよ! 
http://www.ne.jp/asahi/ultras/sapporo/
 
 
 

posted by かっぱ |13:27 | consa |

2006年12月11日

新潟戦inフクアリ

土曜は朝3時過ぎから目覚め
夜も「乾杯コンサ」見たあと 3時近くまで寝れなかったw
声も枯れ、延長になった段階で足は吊る寸前!



さて朝一の空港ロビーはサポーターでいっぱい
JALの搭乗口では職員さんも赤黒ユニフォームを着用
飛行機までの通路も選手のパネルや激励文で飾られていました(感動!)

試合については省略w

試合前 ここまで来たのだから 引分→延長→PKまでやって勝てば 充分元が取れる
なんて冗談言ってたら本当になりましたw

PK戦 うちの選手はなんか楽しんでやってるように見えました
(優也を除いてw)
対する新潟は真剣そのもの
それを見ながら日本シリーズを思い出してました
大舞台 緊張する場面を新庄の「楽しんでやろうよ」と言う言葉で
流れを変えました
昨日のうちはそんな感じ

そう言えば、優也は高校時代にも天皇杯でマリノス相手にPK戦やってるんだよね
うちはほとんど初めてのメンバーばかりで
正直5本のうち何本決まるやら と思ってたら 意外にあっさり決めてくれて 
びっくりでした みんな落ち着いててうまい!
2番目にエェェェェェ!だったり
元気の時はボールが客席に来るんじゃ無いかと 身構えたりしてw
信用できずにごめんなさい・・・

90分で決まる試合だったのだろうけど
結果 優也のおかげで忘れられない試合にしてもらいました
優也も忘れられないでしょうね
悔しさも喜びも



新聞webで見たけど 最後みんな良い顔してる!
試合後も形式じゃなく選手達があんなに喜んでゴール裏に来たのも初めて見ました

次はレンタル元 甲府との対戦!!
負けられないよ!
返せ!去年の3点!w

posted by かっぱ |13:08 | consa |

2006年11月26日

これからどこへ進むのか…札幌

すでに ご存じの通り
監督は今期限り
今のチームを作って来た強化部長も解任と報道され フロントもそれを明言していますが
これから先どう言う方向に向かって行くのか全く説明がありません。

愛媛戦の後の強化部長とのミーティングで
「来期は資金的には厳しいが 今の方向性はブレないで行く事は大事」
との お話があり 私も少し安心いたしましたが
その部長が解任って…
しかもそのミーティングの時にはもう決まっていたなんて
あの場で城福部長はどんな複雑な気持ちで話されていたのでしょう
当然 隣りにいらしたカドテツさんもご存じだったと思います

と言う事は あの場での発言はすべて これからのクラブの方針と受け取ったままで良いのですね?
まさか辞めた部長の言った事だから知らないなんて言わないですよね?

そんなサポーターを舐めた事はしないと信じています。

さて お金の話になりますが
今のスポンサーさんが1社少なくなるとの報道がありました
確かに昇格を逃し 全国への露出が少ないままでは
昇格を見込んだ本州の企業さんには スポンサーとしてのメリットは少ないですし
我々もなかなか恩返しも出来ません
ただただ 「苦しい時支えて下さってありがとうございました」
としか言えません

さらにこのままビジョンが見えないままだとよりサポーター目線に近い 小口のスポンサーさん獲得にも影響は大だと思います

スリム化ってそう言う事です
単に経費を削減すればその分赤字が減るなんて物では無く
目に見えた縮小経営ではそこに投資する人だって減って来ます
ましてや「ファイターズ」なんてでかい競合が隣りにある訳ですから

少ない経費で努力するけど
こう言う戦略で上を目指すんだ
というビジョンが無くては誰も魅力は感じません

遅くなればなるほど状態は悪化します

早くビジョンを示して下さい



できれば先日のようにサポーターの前で説明するという形を取ってもらえれば幸いです

posted by kp-consa |01:28 | consa |

2006年10月10日

天皇杯3回戦

vs新日鐵大分

この日も すでに3回目の来道となる大分サポ時任さんは
大量の横断幕持参で会場入りしておりました


低気圧通過で試合中雨こそ降らなかったものの
強い風の中試合は行われ
風下からのゴールキックはハーフラインを超えることなく
逆に風に押し戻されるくらいでした

試合の方は前半4分、相川のミドルがキーパーの手からこぼれ
そのままゴールというラッキーな先制点に始まり
その後も攻撃を続ける札幌
しかし シュートは「運悪く」ゴールポスト、クロスバーにあたり
なかなか追加点が奪えない
そして、早かった先制点と「運が悪い」シュートに安心したのか
積極性が無くなって来た札幌に対し
終始、チャレンジ精神で挑んでいた新日鐵大分は
ついに終了2分前に長木選手のシュートによって同点に!

試合はそのまま15分+15分の延長戦に突入
前半も新日鐵ペースであったがいよいよ切羽詰った延長後半
フッキのゴールでリード! また直後にコーナーキックから
相川が得点を追加し 辛くも逃げ切りました

延長に入り疲れの見える新日鐵の選手に対し
札幌の選手は、疲れを見せず走ってました・・・

よく言えばそれだけスタミナがあると言う事ですが
実際には90分の間、全力を出せていなかったという事でしょう
「J1を相手に戦うように」と言っていた監督とは裏腹に
選手達は試合展開のなかでやはり気が緩んでいたのかと思います

この結果に選手も反省し、土曜日から行われるリーグ戦では
油断せず全力で戦ってくれることを願います

天皇杯関連記事
スポーツ報知
http://hochi.yomiuri.co.jp/hokkaido/soccer/news/20061009-OHT1T00132.htm
スポニチ
http://www.sponichi.co.jp/hokkaido/news/2006/10/09/04.html
ニッカン
http://hokkaido.nikkansports.com/soccer/jleague/consadole/p-hc-tp0-20061009-101395.html
北海道新聞
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20061009&j=0036&k=200610097512
柳下正明監督(札幌)記者会見コメント
http://www.jsgoal.jp/news/00039000/00039026.html
藤沢哲也監督(新日鐵大分)記者会見コメント
http://www.jsgoal.jp/news/00039000/00039027.html
各選手コメント 
http://www.jsgoal.jp/news/00039000/00039030.html
公式記録PDF
http://jfa.sportsinfo.jp/2006/EmperorsCup/MatchResult/86EC_35.pdf
【第86回天皇杯:札幌 vs 新日鐵大分レポート】
http://www.jsgoal.jp/news/00039000/00039063.html

PS:時任さん寒い中お疲れ様でした!


posted by かっぱ |12:50 | consa |

2006年09月26日

新日鐵大分サッカー部

紹介映像を発見いたしました 
去年のKyuリーグ中心のものですが 
ロッソや琉球の試合などもダイジェストで見られます 
http://www.onb.jp/sport/soccer/nipponsteel/ 


(ちなみにチーム紹介のリンク先が間違ってます正しくはこちら↓) 
チーム紹介 
http://www.onb.jp/sport/soccer/nipponsteel/meta/p_nipponsteel.asx 


試合映像にはソロサポの麦わらのTさんも映っています 
 

posted by かっぱ |09:16 | サッカー |