2006年03月10日

ブログ復活までのHSJ

とりあえず一昨日に定員試験を終了したうぃんぐべるです。
なんとか社員として認めてもらえそうです(笑)

まず開幕戦勝利なによりです。
代表のほりほりからの速報メールに思わず叫んでしまいました。
そして明日は待ちに待ったホーム開幕戦ですね。
わくわくしますね。
ドームが真っ赤に染まることを期待してます。

で、本題。
さっき気づいたのですが、
知り合いにJリーガーがいたことが判明しました!!

石田祐樹という、現在徳島ヴォルティス所属の選手です。
’00'02北海道・東北選抜、全日本大学選抜、
北海道リーグ得点王ベストイレブン、
'01北海道・東北選抜、北海道リーグベストイレブン
という輝かしい経歴をもち、
'03年度湘南ベルマーレに入団。MF登録で天皇杯1得点。
'05年度に現在の徳島ヴォルティスに移籍し、登録はFW。
背番号は今年から14番をつけています。

この選手とのつながりは、
小学、中学の同級生(クラスはずっと別)で、
小学時代にサッカー少年団で3年間程一緒に
(といっても自分は控えでしたが)
プレイしていたというものです。
あんまり話したことないし、
実際それほどの知り合いって訳でもないのですが・・・。

それでもネットで偶然写真を見た瞬間心臓が高鳴りました。
「マジで?すげぇ!」って。

そしてサッカー選手になる夢を諦めていったいつかの少年達の
代表として頑張って欲しいと思いました。
みんなのヒーローってやつですし。
これから陰ながら応援したいと思います。

なによりホームでの対決が楽しみです。


とりあえず
来週後半に東京で開催される試験が終わればやっとこさ解放です。
あと一週間がんばります。

開幕見に行きたい。行きたくて仕方ないよ~。
・・・でももう少しがまんします。

ちなみにHSJは、
Hop Step Jumpのイニシャルです。
長い冬を越えもうすぐ春がやってきます。


posted by うぃんぐべる |20:13 | 私事 | コメント(0) | トラックバック(1)

2006年02月20日

まことに勝手ながら。

今日職場に行ってみると、7人いる同期のうちの1人と、同じ当直内の2年目の
先輩の計二人がこの土日の間に車を購入(この二人の場合は買い換え)
していたことが判明。
中古車が安い時期とはいえ、三人の時期がかぶるというのは
ちょっと面白い偶然でした。


さて突然ですが、この「いつだって希望を胸に」
一ヶ月ほど書き込みをお休みしようかと考えています。
理由は、依然ここで書いた社員試験とは別にその一週間後に
東京にてある手間のかかる(笑)試験が控えているためです。

本当にたくさんの方にごらんになって頂き感謝しています。
いつのまにか総アクセス数は1000を越えていました。びっくりです。
特に、こんな独り善がりな書き込みにも関わらず
いつもコメントをくれるぁっちゃんさんには謝謝。

コメントをもらえるって本当に嬉しいことですよね。
ページを開くことが楽しくなるし書き込むやる気が出ます。
だからこそ多くの人にこの喜びを届けているぁっちゃんさんは
すごいと思います。「赤黒の勇者達とぁっちゃん」が
みんなに愛されている理由がわかります。
ぁっちゃんさんと共に開設後すぐにコメント頂いただいごろうさん
にも感謝です。更新の頻度とネタの面白さはかないませんね。

まるでもうこれで、書き込むのが最後のような文面ですが、
ちゃんとフッキ復帰します。(既にベタだなぁ)
その際には、
「あぁはるか昔にこんなハンドルネーム使う人のブログあったな。」
程度にでも思い出し、かつワンクリック頂ければ幸いです。
復活したらいきなりワンクリック詐欺になっていることは無いですから。

コンサは3月25日の室蘭での横浜FC戦の観戦まで
心の中でしっかり応援しようと思います。

最後に、
この書き込みにもしコメント頂けたなら明日は必ずレスポンスします!


posted by wingbell |19:02 | 私事 | コメント(4) | トラックバック(0)

2006年02月19日

戻り(VER.2)

さんざん書き込んだ後、間違えて
「新しい記事を投稿」
をクリックしてしまったたために
その内容が全て消えてしまったうぃんぐべるです。

というわけでVER.2として再チャレンジ。

~~~

札幌での講習受講を終え、今日四日ぶりに寮に戻ってきました。
この間実家に寝泊りしていたので、帰省してリフレッシュする
良い機会となりました。

そして、昨日とうとう車を買いました。
これからの季節が本当に楽しみです。
納車は弥生の月中予定。

ということもあり、観戦予定の25日室蘭での横浜FC戦
車で行けたらなぁと思っています。
なにぶんペーパーが5年と長いので、
納車すぐなこともあり、列車で行く可能性(の方が)大ですが・・・。


藤田得点!よくやった!!
得点・連係など、どんどん良いイメージを持ってもらいたいです。

ドーレ君のシュリーの店一日店長
見たいなぁ~。接客はどうやるんだろう?


posted by wingbell |19:17 | カテゴリーなし | コメント(2) | トラックバック(0)

2006年02月14日

一つの区切り

今日で職場(現場)における”研修生”という立場が終わりました。
要はもう新入社員ではないということです。

この後は、一ヶ月程の机上研修の後
その最後にある社員認定試験に合格の上
晴れて社員として認められます。
正式に仕事をする権利が与えられるのです。

長くもあり短くもあり。
これからへの希望も大きくあり。


なんか最近疲れてるなぁ。
でも明日は久しぶりの帰省。
ステラにでも買いものに行くかな。


posted by うぃんぐべる |19:25 | 私事 | コメント(2) | トラックバック(1)

2006年02月13日

私事です

札幌で会社指定の研修があるため、
一ヵ月半ぶりに3、4泊の予定で実家に帰ります。

だからどうしたということですが、
今回の帰省には楽しみがあるのです。

一年間我慢していたものを
やっと手に入れる時が来るのです。

何をか?
マイカーです。My Car。ジャマイカ。(咳払い)

現在の住処が田舎ということもあって、
入居している寮の住人で車を持っていないのは自分くらい。

でも車の所有ってどこか自分的に贅沢なイメージがあって
決めました。一年間我慢しよう!と。
ということで入社以来今まで我慢してました。
(たった一年のどこが我慢だとお怒りの方もいるかもしれませんが・・・。)

さらに
もともと家にいるより外に出ている方が好きな自分には
冬の引きこもり生活が堪えてきたこともあります。

冬はコンサの試合もないし、好きなマウンテンバイクにも乗れないし。
日用品も誰かの車に乗っけてもらわないと買いに行けないし。
帰省するにも公共機関だと乗り継ぎ含めて車の3倍近く時間が掛かるし。
スキー場も近いというのに・・・。

で、一年もそろそろ経つので
いざ買おうと決心し、
ディーラーの叔父と共に来週末
研修での帰省ついでに下見に行くのです。
まあ新車じゃなく中古ですが。
でも気に入った物があれば
すぐにでも購入手続きを取るつもりでいます。

楽しみだなぁ。

マウンテンバイクを
後ろにおんぶして
一緒に未体験の北海道を味わおうかなぁなどと
いろいろ考えています。
楽しみだなぁ。

冬も我慢してたスキー(スノボー)にできる限り行く予定です。
楽しみだなぁ。

これでコンサの観戦回数も増えるでしょうし。
楽しみ楽しみ。

そんなに暇があるのか?

以上、私事でした。


posted by wingbell |19:31 | コメント(1) | トラックバック(0)

2006年02月10日

snow daruma

2002年から始まり、ギネスに挑戦ということで
年々規模が拡大。去年は、

チャレンジ・ザ・ギネス「雪だるまづくり2005」

として雪祭り会場以外の多くの会場を設けて行われた、
市民参加型の雪だるまづくり。
参加された方も多いのではないでしょうか。

自分も去年は2体ほど作って貢献したのですが、
今年は下記記事(下記リンク先参照)のような理由のために、
一部の雪祭り会場で雪だるま体験コーナーとして一部が残るだけに
成ってしまったようですね。非常に残念です。

朝日新聞のHP(asahi.com)暮らしのコーナー2月9日の記事

積雪とは無縁な地域からの観光客の方にも
気軽に雪と触れ合ってもらえるということで、
この地域に親しみを持ってもらうためにもいい試みだと
思ったのですが・・・。

ぜひこれに類した催しを設けてもらいたいです。


コンサ。福岡・横浜FM・甲府というJ1との三連戦終えましたね。
個人的には甲府戦で中山が点を取ってくれたことがよかったです。
攻撃に厚みが出たということで、今年は得点の機会大きく
増加するのではないでしょうか。期待です。

------------------
18:30
リンクの張り方失敗していたので修正しました。
すでにご覧になっていて「あれ?行けないじゃん。」
と思った方申し訳ありませんでした。


posted by wingbell |16:12 | コメント(2) | トラックバック(0)

2006年02月07日

雪祭り

雪祭りですねぇ。
市民雪像づくり。自分も2年前体験しました。
友人が高い倍率を突破して雪像作りの権利を得てくれたおかげもあって。

本当に楽しくて、3日間朝早くから夜遅くまで子供に戻ったように雪と戯れました。ただの直方体の雪の塊が少しづつ少しづつデザインどおりの形に近づいていくワクワク感。おしゃべりを楽しみながらの共同作業。数々のアレンジと試行錯誤。他の雪像づくり参加者とのふれあい。観客の反応。そして終了後の打ち上げ。どれを取っても。

雪像作りに参加する。もうそれだけで、雪祭り全体が自分達のお祭なんですよね。他の雪像を製作者の視点から見るのも新鮮だったし、期間中観客の前で毎日持ち回りで雪像の除雪やちょっとした補修をしたりするのも照れくさくもちょっと誇らしかったし、ただ会場を見て回るだけでも違うんですね。

そして、札幌出身ながらどこか自分の中に染み込んでいなかった雪祭りが、それ以来自分の中で確かな居場所を得たことを感じます。

見に行きたいなぁ。


川崎に勝利!
得点者は清野と、池内・・・。
本当によく点取るなぁ池内は。
今期もセットプレーのチャンスでは頼むよ!


posted by うぃんぐべる |21:06 | コメント(2) | トラックバック(0)

2006年02月05日

福岡戦

コンサ2-1福岡(30分×4)

得点者
砂川、フッキ(PK)

出場メンバー
(1本目)
GK林 DF野本、池内、和波
MF藤田、大塚、金子、芳賀、石井 FW中山、清野
(2本目)
GK林 DF野本、池内、和波
MF藤田、大塚、金子(西)、芳賀、石井(西谷) FW中山、清野
(3本目)
GK阿部 DF加賀、曽田、千葉
MF岡田(石井)、鈴木、西嶋、関、砂川 FW相川、フッキ
(4本目)
GK阿部 DF加賀、曽田、千葉
MF石井(西)、鈴木、西嶋、関、砂川 FW相川、フッキ

石井は全試合出場ですか。
今期の成長に対する期待の高さがうかがえますね。
ただ、今回はフォワードとしての出場ではないんですね。

フッキはPKを決めていますが、どのような動きを見せたのでしょう。
気になるところです。


posted by うぃんぐべる |23:31 | コメント(0) | トラックバック(1)

2006年02月04日

同い年

コンサドーレでは同い年の和波が
2年連続のチームの主将としてチームをまとめるべくがんばっていますが,
(がんばれ和波!!)

今日は女子テニス界で同い年の元世界ランキング1位で、
三年ぶりに現役復帰を果たしたマルチナ・ヒンギス(25歳:
現在世界ランキング117位)が
日本で大人気のマリア・シャラポア(18歳:世界ランキング4位)に
ストレートで勝利し、東レ大会決勝進出を決めました。

試合見ていましたが、新旧女王対決という注目の試合ということもあり、
会場は満員の観客で埋め尽くされていました。

試合は前半は拮抗していたものの、次第にヒンギスのクレバーかつ
スピーディーなプレイに、シャラポアは自分のプレーが
させてもらえなくなり、試合はそのままヒンギスのストレート勝ち。
貫禄でした。
何よりすごかったのはヒンギスのリターンに対する鋭い読みと
正確なストローク。そしてチャンスを待つ冷静さでした。

私自身シャラポアが若さと強さでいずれ試合をひっくり返すだろうと
思っていましたが、思わぬ展開に目を見張りました。
この勝利でヒンギスはランキング50位以内決定だそうです。

この不屈の精神力。同年代の活躍。強く刺激を受けました。

We Shall Return!!
コンサも今年こそJ1復帰だ!!


posted by wingbell |17:58 | コメント(2) | トラックバック(1)

2006年02月04日

From ほっかいどう

ちょっと固い内容かつとても長いですが、

道発行の広報誌、「ほっかいどう
読みました。
今回の特集は、「輝け,北の若者たち
ということで、北海道で活躍する高校生を中心とした若者に関する
記事が12ページに渡って掲載されています。

まず惹かれたのが、表紙です。
写真甲子園2005でグランプリを獲った旭川工業高校
写真部の皆さんの撮った躍動感のある写真が採用されています。

この写真からは、あこがれの未来の自分へ近づきたいという
強い気持ちが感じられますし、見ているこちらにも「何かやらなきゃ」
って気持ちにさせてくれるすばらしい写真だと思いました。

この冊子には、先に述べた旭川工業高校の他に、
甲子園連覇の駒大苫小牧高校、
全国高校商業研究発表会2連覇の札幌東商業高校
などに関する記事が掲載されています。

新しいことを社会に発信していく彼ら、彼女らの活躍は、
最近の暗い報道が若者の真実のほんの一部であることを
はっきりと教えてくれます。
そして不況で苦しむ北海道における希望の姿として映ります。

自分にも高校時代はありました。(もう7年以上前になるんだなぁ)
自分は、最初の2年半を部活とテレビとゲーム。
残りの半年を受験勉強という形で費やしました。

思い返すと大したことはしていないのですが、
その中で受験の成功は現在のところ自分にとって
最高に嬉しかった瞬間ですし、
この頃努力できた自分は自信となっています。

この頃は夢中になれる集中力がずば抜けていたように思えます。
そして夢中になったものに対して有り余るエネルギーをぶつけていた。
受験を成功させたもの(というよりも努力を継続させたもの)は
当然周囲のサポートが大きかったのですが、
何より大きかったのは大学への憧れでした。

憧れがエネルギーとなる。
全ての若者が何か素敵なものや新しいものに憧れたら、
真剣に何かに取り組めたら、
その若い発想が生かされる場があれば、
世の中すばらしい世界になる。
そう思います。

自分は?
すでに学生ではない、
社会に出た自分は何ができるか。
自分が何がしたいかという視点の他にも
将来を担う若者のために何ができるかという視点を持って
今の仕事取り組んで行こう!将来の自分見つめていこう!
きっと何かできることがあるはず。
と改めて思いました。


posted by うぃんぐべる |12:11 | コメント(0) | トラックバック(0)