コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2019年05月15日

吉原宏太さんのコラム 「宏太’Sチェック」 

10時ちょうどに配信されていました。
松本戦を受けてのコラムです。


   タイトル 「次元違った宮沢の判断力」


リンク先を貼ります。

https://hochi.news/articles/20190514-OHT1T50274.html

posted by ベル |12:42 | コンサドーレ | コメント(4) |

2019年05月15日

5月15日の宮の沢練見写真レポ 

今日は、思うところがあってかなり早めに宮の沢へ。


★驚いたことに、むうミシャさんが。真横から隠し撮り(笑)。普通に撮らせてもらえるのですが。

1557888207-repo1.jpg
★宮沢と福森が出てきました。まだ9:45頃です。早い。ミシャさんが福森に声をかけてるらしい。
1557888089-repo2.jpg
★いつものグループ。昨年は菊地が入ってましたが、今年は岩崎が仲間に。
1557888306-repo3.jpg
★全体練習開始。23名です。
1557888355-repo4.jpg
なお、今日は思うところがあって、全体練習参加選手名は、書きません。 数名くらいなら分かってもいいかもくらいの写真で。 ★さて、誰でしょうか。 この選手名は。一番最後に書きました。
1557888500-repo5.jpg
★鳥かごをここで。
1557888610-repo6.jpg
★ミシャさんが、現れました(笑)。
1557888631-repo7.jpg
★テレビクルーでしょうか。何と4人で!
1557888647-repo8.jpg
★チャナが別メ。 FC東京戦に間に合うのかどうか。明日の遠征バスに乗り込むかどうか。
1557888670-repo9.jpg
★やっと、訂正されてました。
1557888684-repo10.jpg
以上です。   答  濱選手です。頭髪に注目してしまった


posted by ベル |11:56 | コンサドーレ | コメント(0) |

2019年05月15日

「コンサ!コンサ!コンサ!」(進藤選手)&「吉原宏太のマンスリーコンサ」 

北海道新聞朝刊<探る見る>ページで、毎月第3水曜日に連載されている、2つのコラムです。

コラムの一つは、サッカーライターの斉藤宏則さんの「コンサ!コンサ!コンサ!」。
もう一つは、吉原宏太さんの「吉原宏太のマンスリーコンサ」。


◆「コンサ!コンサ!コンサ!」
 
       コラムのタイトル 「J1 クローズアップ ミシャからの言葉」

  ★今回の言葉はDF3進藤亮佑(22)に響いたものです

      「私は君たちを選ぶ。君たちもそれくらい、素晴らしい選手だからだ」

  ★今回の大きい見出しです <不安消え連勝に貢献>
 
      小見出し3つ   <敵陣へ走る><全員で共有><「代表」狙う>


■本文からですが、進藤選手のコメントを2つ紹介するだけにします。

 ●1つ目。
   8節のマリノス戦を数日後に控えた練習後、ミシャが語った
   
     ミシャ 「横浜には実力の高い素晴らしい選手が何人もいる。ただし、・・・そうしたハイレベルな選手を
          このチームに加えられる、と言われたとしても、私は君たちを選ぶ。君たちもそれくらい、
          素晴らしい選手だからだ」

   この言葉が、進藤選手のすべての不安を払しょくした

     進藤 「そんなことを言ってくれる監督はなかなかいない。たとえうそだったとしても、うれしい」

 ●2つ目。
   ハイレベルな選手が多い横浜を相手にしながらも、前半に3点を奪って完勝。

     進藤 「ミシャ監督のおかげで、戦う気持ちが高まった。絶対に負けないという思いを、僕はもちろん
         チーム全員が強く持てていた」


などです。



◆「吉原宏太のマンスリーコンサ」

 ◆今月の見出しです  ★<武蔵 常に期待通りの動き>

 ■コラムより

    ●J1でのクラブ初となる4連勝を決めたのは、FW鈴木武蔵選手のヘディングだった。一気にトップ
      スピードに加速する武蔵選手らしいゴールだった。

    ●武蔵選手は監督が目指す攻撃型のサッカーにとてもフイットしている。中盤の選手が常に前線のFW
      選手の動きを見ており、武蔵選手はゴールを目指すということに集中できている。

    ●サッカーは団体競技であり、味方と呼吸を合わすことがとても大切。私も現役だったら、一緒にプレー
      してみたい選手だ。

    ●ロペス選手が靭帯損傷のため、離脱した。この機会に武蔵選手が存在感を示すことがとても重要に
      なる。存在感を示せば、個人技に頼らない札幌の戦術を増やすことにもつながる。

    ●武蔵選手は今後、日本代表に定着する可能性を十分に持っている。


などです。

posted by ベル |07:05 | コンサドーレ | コメント(0) |

2019年05月15日

2つのコラム(平川弘さんと曽田雄志さん)より 

ここでは、2つのコラムの紹介です。


★「道新スポーツ」の毎週水曜日に掲載されている平川弘さんのコラムからです。

  ◆コラム名 「元日本代表平川弘のCool Eye」

  ★見出し <次節はカウンター狙いの徹底を> <松本戦では主力代役務めた荒野、早坂が不発>

  ■コラムより 

     ●松本戦は早坂をシャドーに、荒野と共に、運動量というミッションを担っていたと思う。

     ●荒野はミスからのボールロストが多く、攻撃の起点にはなれなかったこともあり、合格点はあげられ
       ない。早坂もいつも通り戦っていたと思うが、連係面での効果的な動きはなかった。

     ●終盤の選手交代では檀崎、金子をシャドーに入れて1点を取りにいったが、松本DFを崩すことは
       できなかった。

     ●出番のなかった岩崎は、けっこうショックだったのではないだろうか。札幌ではいまだにフイットせず、
       真価を発揮できていない。

     ●次節は首位のFC東京戦。シャドーに荒野、早坂を使うなら、連係やポゼッションうんぬんではなく、
       前線で相手ボールを引っかけ、カウンターを狙う戦い方を徹底させた方がいい。


などです。



★「北海道新聞」に不定期で掲載されている曽田雄志さんのコラムからです。

  ◆コラム名 「曽田雄志のコンサCHECK」

  ★見出し <松本戦 早坂器用さと対応力光る>

  ■コラムより 

     ●松本戦。締まった内容だったが、松本の素早いカウンター攻撃を受け、ピンチが多かったのが気に
       なった。

     ●ボールの奪われ方が悪かったり、守備陣のポジションが良くない場面が多かった。修正する必要が
       ある。

     ●攻撃に関しては、決定的なチャンスもあったので、得点できなくて残念。

     ●早坂のプレーは光っていた。器用さと対応力は、特筆すべきものがある。

     ●上位進出するためにも、層の厚さは必須となる。その厚みをもたらしてくれる早坂の存在は、チームに
       とって非常に大きなものだ。


などです。

posted by ベル |05:50 | コンサドーレ | コメント(0) |

2019年05月15日

「朝刊コンサ」ありません  

おはようございます。


●「Jリーグの日」
     今日、5月15日は「Jリーグの日」だ、そうです。
     1993年5月15日にJリーグが開幕。これを記念して開幕20周年の2013年に制定したとのことです。

●練習再開
     練見が楽しみ。

●大リーグ
     大谷は、昨日も書いたように、婚儀がますます楽しみ。
     菊池は6回を投げ切ったけど、3本のソロホームランを打たれた。勝ち負けはつかず。

●大相撲夏場所三日目
     矢後    ●  1勝2敗  組めず、押されて土俵を割りました。
     旭大星  ○  2勝1敗  得意の取り口。いい相撲でした。
     一山本  ○  1勝1敗  突き放せなかったけど、初日が出て良かった。

●あの国会議員
     辞職を拒否し、無所蔵で活動すると、言っているらしい。やめさせることは不可能なのか。


朝刊コンサ記事からです。
が、今朝はコンサドーレ関係の通常記事はありませんでした。

コラムは4件あります。2件ずつに分けて、この後にエントリーします。

posted by ベル |04:47 | コンサドーレ | コメント(0) |