スポンサーリンク

2020年05月05日

今日のスポニチ

今日のスポーツニッポンの連載「コンサOBマイメモリーズ」はミスターコンサドーレ、曽田雄志さんが登場しました。選んだ試合はやはりというべきか、2002年11月30日の札幌ドームでのJ1最終節・広島戦でした。当時、FWだった曽田さんは前半終了間際から途中出場し、後半10分と43分にゴールを決め、同点でVゴール方式の延長戦に突入。延長前半9分にハットトリックとなる3点目を決めてJリーグでも最後となるVゴール勝ちを収めた。見出しは「監督交代、降格決定…心の中では『来年クビかな』 不安と苦しみの中 日本人クラブ初ハット&ラストVゴール」とその心中を吐露したものになっています。私もこの試合はドームで生観戦し、起伏の激しい試合に興奮したものです。相手の広島もこの試合に勝利すればJ1残留の可能性があっただけに、引導を渡した形となりました。広島のGKが後に移籍してくる林卓人で、相川と交錯するシーンもあり、いろいろと因縁の多い試合でしたね。

1588655654-IMG_2443.jpg

次の連載は明日6日に池内友彦さんだそうです。DFながら、2005年には11点を挙げてチーム内得点王となった選手ですから、思い出の試合はやはり得点した試合でしょうか。


posted by papa12 |10:55 | 思い出 | コメント(0) |