スポンサーリンク

2020年05月05日

RE;オシムの言葉

ふと思い出して
本棚の奥から引っ張り出してきました

『オシムの言葉』

2005年12月に発行されたこの本

当時
なんでこの本を買ったのか
どういう思いで手にしたのか
はっきりとは思い出せませんが
オシムという人間に興味があったのだと思うのです

そして
その指導者に多大な影響を受けた人物が
わが街のクラブの監督をつとめている
それだけで不思議な思いがします

あらためてこの本を読もうと思い立ったのはきっと
オシムを通じてミシャという人物を確かめたかったから

そしてそれは期待していた通りのものでした

もちろん何から何まで全てがというわけではありませんが
サッカー観
観察眼
ウイットに富んだ受け答え
選手やスタッフへの愛情

本の内容は当時のジェフ市原と
オシムのことが書かれているのですが
まるで今の札幌とミシャのことのように思えてしまう
それほど
ミシャがオシムに影響を受けたということなのでしょう


1588686583-5539E6BA-1736-4102-AEC4-97F004E2A940.jpeg



ジェフはオシムのもとでナビスコ杯を制しています
僕らもミシャのもとでタイトルを獲得したい
そう強く思いました


posted by kabao |22:36 | Consadole sapporo | コメント(2) | トラックバック(0)