コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2008年04月30日

どうしよう大型連休

昨日に関しては残務処理などで午後3時ぐらいまではカイシャにおりました。
その調子でゆっくり残務処理に勤しんでいたら、大型連休などあっさり吹っ飛びそうで恐いです。

本当は休もうと思えば、3~6日はみんな休めそうなので、マイカーを飛ばして札幌まで行き、べるでー戦も生観戦したいとも思うのですが、先立つものが…(T_T) 宝くじ当たらないしなあ。

あと1、2日、悩み続けるかもしれません。
まあ、部屋の散らかり具合は半端じゃないし、見たい映画も読みたい本も山積しているので、それらをやっつけることに専念するのも、連休の過ごし方としては有意義かな、とも思いますけれど

posted by kaz8 |07:23 | 雑記系 | コメント(0) | トラックバック(0)

2008年04月30日

茂原岳人選手逮捕について思うこと(4) いただいたコメントについて

 このあたりで、今までコメント欄でいただいたさまざまな意見について私が思ったことをまとめておこうと思います。個別具体的に誰に対してのコメントか、ということは書きませんが、大体のことは網羅していると思います。
 今後もコメントについてはお受けしていますが、過去に触れた件について、繰り返し反論することはしません。ご理解ください。

posted by kaz8 |07:13 | Jリーグ系 | トラックバック(0)

2008年04月29日

【読書】急ぎの仕事は忙しいヤツに頼め(石田修大)

気がつけば4月もあと1日とちょっとだけ(これを書き終わったときにあと何分残っているかなあ(^^;;; )。あっという間に1年の3分の1が終わってしまいました。全くもって色々忙しいですが、「毎月1本は書評をブログにアップする」という年始の目標を立てたお陰で、例え月末のやっつけ仕事とはいえ、何とかこうやって本を読み続けられております。やれやれです。

ただ、さすがにこの時期に読みきれる本っつーことで、新書など薄い本が主体となりますが、まあそれはしゃーないですかね。


20080429-00.JPG
急ぎの仕事は忙しいヤツに頼め ソニー元副社長・大曽根幸三の成功金言53 石田修大・著 角川SSコミュニケーションズ 角川SSC新書 2008年3月30日 第1刷発行 740円+税


posted by kaz8 |23:27 | 読んだ、観た、聴いた | コメント(0) | トラックバック(0)

2008年04月29日

次だ、次

2008 J1第9節@埼玉スタジアム
札幌 2(2-2/0-2)4 浦和
【得点】すなまこ、阿部、柴田、闘莉王、エジミウソン×2

面白い試合ではありました。
明らかに浦和は入り方は様子を見ていたというか、連休の連戦ということで省エネしていた、という気はしていました。そういう意味で、7割の力でさっくりと勝たれてしまったという意味では悔しさはあります。
でも、それが現実なのだからそれを受け止めて前に進むしかないです。ネガる暇なんかありゃしない。次の試合に向けてさっさと切り替えましょう。

とはいいながら得点シーンももう少し振り返っておきまっか

すなまこ…このあたりはなかなかいいボール回しができていた
阿部…このシュートでは一体何があってそうなったのかわからないが、ぎーさんが明らかにタイミングを狂わされていた。らしくないなあ
柴田…このタイミングでさくっと点を取り返せるところがルーキーとは思えない。将来が楽しみ
闘莉王…このタイミングでさくっと点をさらに取り返すところはさすが。今回はまあアレだけど、6月は素直に応援するんでヨロシコ。怪我すんなよ
エジミウソン1…つーか、その前のコンビネーションが凄かったなあ
エジミウソン2…ここでぎーさんのスーパープレーが見たかったけど、しゃーねーか

posted by kaz8 |17:58 | コンサトップチーム | コメント(0) | トラックバック(0)

2008年04月28日

【読書】星おちる日の記録(小山田四郎)

 なかなか読書に時間を割くことが難しくなっています。なので月末にあわてて何か書いている状況です。
 さらに、皆まではここには書けませんが、そのうち、読書をすることにストレスを感じるようになるかもしれません。やっぱり読む本は、自分で選べるからこそ楽しいのであって…(以下省略)

 というわけで、今回紹介する本は、本来自分が読みたかった本というわけではなく、大人の事情で読まざるを得なくなった本だったりします。こういうのってストレス溜まるんですよねえ。

20080428-00.JPG
戦地インパールでの神との約束★ 星おちる日の記録
小山田四郎・著、小山田達・編
2008年4月17日 初版第1刷発行
キリスト新聞社 定価1000円+税

ただ、そうは言っても、それなりに「読んでよかった」とは思える本でした


posted by kaz8 |07:18 | 読んだ、観た、聴いた | コメント(0) | トラックバック(0)