コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2011年08月19日

渡辺貞夫クインテット2011

昨日の夜は、ナベサダを堪能してきました。会場は、標津町生涯学習センター「あすぱる」の多目的ホール。ステージは20㎝ほど高くなっているだけで、しかも最前列はステージから50㎝ほどの距離です。小生は、前から5列目の中央付近に席を確保しましたが、観客は250名ほどなので、どこからでもメンバーの様子が分かります。

定刻の17時に後方のドアからメンバーが登場。立て続けに3曲演奏されました。曲名は不明ですが、比較的アップテンポな曲でした。完全にライブハウス的状況ですが、観客の年齢層が高かったので落ち着いて聴くことができました。ナベサダのMC。「帰ってきました。」、「東京は暑いけど、こちらは清々しくて気持ちがイイ!」次にメンバー紹介。ステージ左から小野塚晃(p)、荒巻茂生(b)、竹村一哲(ds)、ンジャセ ニャン(per)。「ドラムの竹村君は札幌出身の若干21歳!」

バラード“If I could”。続いて“Tree Tops”、“What Second Line”を演奏。ソロは基本的にas、p、b、ds、perの順番です。pの小野塚さんはperもやりますが、あれだけ激しくたたいた後に平然とpを弾くのには驚きました。曲順はナベサダの気分で決めているようで、bの荒巻さんが大慌てで楽譜を探すのが微笑ましかったです。dsとperのソロはどちらも迫力でしたが、掛け合いが凄かった。もう釘づけ!!

前回も演奏した曲“Alalake”。ボーカルはンジャセ。いい感じです。Alalakeは神様という意味だそうです。前回がいつかというと2008年8月8日だとわかりました。

ナベサダは、3月11日の大震災後、悲しみともどかしさの中にいたと言っていました。そして3曲作ったそうです。”What I Should”、”Warm Days Ahead”、もう1曲は、多分”Sympathy”だと。そして、アンコールを1曲。時計を見ると8:45。あっという間でした。

とても素敵なコンサートでした。何といってもステージが近いのはいいなあ。小さな箱でまた聴いてみたいと思いました。当然ですが、メンバー全員が卓越した技量の持ち主であり、感性も超一流。言うことなし!

ちなみに、コンサート終了後9:30から、標津町内のホテルで交流会があったようです。会費は2千円。知っていれば、泊りがけで来たのになあ。また近いうちのお会いしましょう。

posted by kanchi |21:45 | 音楽・コンサート |

2011年08月19日

熊野筆…

興味津々だった「なでしこジャパン」の国民栄誉賞の副賞は、化粧筆!!

竹田ブラシの熊野筆で、商品名は「基本ブラシセット・ベーシック椿」。
熊野筆は、海外セレブやモデルらの愛用者も多いようです。

予想外の展開でした。意表をつかれました。

さすがに、「(専用)スタジアム建設」は無理のようで…。


強く美しい「なでしこジャパン」には何ら異存はございません!

posted by kanchi |12:45 | 日本代表・W杯 |