コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2010年07月31日

ソルト SALT

きょうは、早起きして、ユナイテッドシネマ札幌で映画を観てきました。昨日予告したとおり、アンジェリーナ・ジョリー主演のソルトです。アンジーは美人だと思います。でも、あの唇がちょっと。まあ、そんなことどうでもいいけど。

さて、北朝鮮でスパイ容疑のため逮捕され、拷問を受けるイヴリン・ソルト。彼女はCIA分析官。普通であれば、身捨てられる運命のスパイを救出させたのは、世界的な蜘蛛学者である夫の働きかけでした。これが重要な伏線になっています。

帰国後、彼女の前に現れたのが、オルロフと名乗る人物。米国副大統領の葬儀に訪れるロシア大統領の暗殺計画があり、実行者の名前が、尋問中のイヴリン・ソルトと同名だと…。彼女はスパイなのか、何かの陰謀なのか。

この後は、まさに息もつけないアクションとカーチェイスの連続で観る者を飽きさせません。1時間50分、ほぼ画面にくぎ付け。ただし、後半になり、彼女の目的が何となくわかると少し冷めちゃいました。それでも、お尻が痛くなる心配はないとは思いますが。

夫の身を案じ、CIA本部から逃げ出すソルト。彼女は、2重スパイなのか。嵌められたのか…。ソルトに好意的な上司ウィンターと懐疑的なピーボディが絡み、物語は核心に迫って行きます。

多分、この脚本は、冷戦時代のソ連のスパイ養成施設の存在とケネディ暗殺犯のオズワルドが施設で養成されたスパイではないかという仮説を膨らませて、生まれたのかなと思いました。それに、SALTという名前ですが、普通は塩を連想しますが、戦略兵器制限交渉(Strategic Arms Limitation Talks)の略もSALTでしたね。何か関係ありそう。

最後は、続編がありそうな終わり方。雰囲気は、女性版ジェイソン・ボーンって感じかなあ。けっこうお勧めかと!!


20100731-01.jpg  2010年アメリカ映画(100分)
  監督:フィリップ・ノイス

  出演
  アンジェリーナ・ジョリー(イヴリン・ソルト)
  リーヴ・シュレイバー(ウィンター)
  キウェテル・イジョフォー(ピーボディ)
  ダニエル・オルブリフスキー(オルロフ)


追記 22:45
積読解消計画第2弾「スプートニクの恋人」(村上春樹)読了


posted by kanchi |20:33 | 映画・TV | トラックバック(0)

2010年07月31日

Fried Pride@WHITE ROCK

昨日、大通2丁目のWHITE ROCKで開催されているSAPPORO CITY JAZZ Ezo Groove 2010のFried Prideのライブに行ってきました。Fried Prideは圧倒的な歌唱力を持つボーカリストshihoと超絶技巧ギタリスト横田明紀男の2人からなるジャズユニットです。今回はPercussionの中沢剛がサポートします。演奏は、時に激しく、時に優しく。人生そのもの!!

WHITE ROCKには18時ごろ着きました。まずは、座席が指定されます。中に入ると後方の左寄りの席でした。SOLD OUTなので、順番に詰めているようです。再入場可でしたが、外に出るのも面倒なので、中で食事をすることに。ジャンバラヤ、Sapporo City Jazz 4th Pizza、グリルド・チキン・シーザーサラダ、フライドポテト、オニオンリングを注文。2年前よりメニューが豊富になっていました。普通に美味かった。ビールはエビスです。3人で談笑。

ステージは19:30少し過ぎに始まりました。1曲目から、ノリノリです。MCは主にshihoの担当ですが、「会場の雰囲気が良い」、「そっち(観客席)に行って、飲みたい。」…。

1曲目はかなりソウルフルなアレンジ。多分Santanaの曲だと思います。2曲目は、サビの「I Just Called To Say I Love You…」を観客が合唱。Shihoが言うには、横田明紀夫のアキオは、本当は昭和の昭で、妹が和子、2人合わせて昭和…。そして恒例のリーダーコール。「精神面の弱い横ちゃんのためのリーダーコールをお願いします。」「ギター横田明紀夫と紹介したら、『リーダー!』とコールしてね。」コールは無事成功しました。

4曲目のFantsyは、横田さんのギターテク爆発です。イントロの部分は、一度聴いたら忘れられませんね。Shihoが「次はクラシックです。Chopinの夜想曲第2番です。皆さんご存知ですよね。」はい、知ってます。6曲目はshihoがピアノを演奏しながら歌います。Shiho「次は、昨年亡くなった彼の歌です。」といって、Michael Jacksonの最近のヒット曲Bad。

横田「最近、年のせいか腱鞘炎になった。病院でステロイド注射をしてもらった。」「ShihoからギターソロやっていいよとサインがあったのでSpainをやります。」Spain は、Chick CoreaがReturn To Foreverの頃に作った曲です。とても好きな曲です。初めて聴いたのは高校生の時でした。横ちゃんの縦横無尽なギターソロ。堪能できました。

9曲目のLoveでは、Shihoが「次は、Nat King Coleのナンバーです。皆さん知っているでしょう。Love!」「LとOとVとEのところを歌ってね。ついでに振りを入れて~。」皆さん、やってました。私は・・・。

Words With Wings は、オリジナルナンバーです。Shiho「曲の最後に『Good Music!』って叫んでね。」「叫ぶ時は、起立して右手を挙げてね。」つまりサタディ・ナイト・フィーバーのジョン・トラボルタのきめのポーズをやらされるわけで…。何度か練習させられました。上手くいったので、shihoさんご機嫌。乗りの良いお客ばかりで安心。いや驚き。

Shiho「次は違う曲を予定していたけど、大好きな桑田さんのことがあったので、この曲にしました。」いい曲ですよね。桑田さんとは同じ歳です。誕生月も一緒です。一日も早い回復を祈っております。12曲目もオリジナルです。ピアノはshiho。横ちゃんの指示でウェーブ。右から左。左から右。そして横ちゃんの大好きな後ろから前。曲の最後にDeep PurpleのSmoke On The Water。セミアコで、バリバリのエレキ奏法!!

アンコールは、The CARPENTERSの初ヒットとなった曲ですね。Shihoがカレン同様、優しく語りかけるように歌います。「Ah, aahh, aahh Close to you」を大合唱。Bacharachの曲でもベスト3に入る名曲だと思います。

これで、2時間のライブが終了。初Fried Pride単独ライブでしたが、もっと聴きたかったですねえ。12月の夢チカライブで再会したいと思います。

-setlist-
01.Let Me(Santana)
02.I Just Called To Say I Love You(Stevie Wonder)
03.The Man I Love(Ira Gershwin&George Gershwin)
04.Fantsy(Earth, Wind & Fire)
05.A Lover’s Waltz(Chopin)
06.Higher Ground(Stevie Wonder)
07.Bad(Michael Jackson)
08.Spain(Chick Corea)
09.L-O-V-E(Bert Kaempfert & Milt Gabler)
10.Words With Wings
11.Ya Ya(桑田佳祐)
12.Dig It

-encore-
13.Close To You(Burt Bacharach & Hal David)


20100731-00.JPG


posted by kanchi |14:43 | 音楽・コンサート | トラックバック(0)