コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2006年01月10日

’02J1リーグ2ndステージ第15節!

‘02シーズンは、チームにとってもサポにとっても、あまり思い出したくないシーズンだと思います。

 岡田監督の後を引き継いだ柱谷監督は7試合で1勝しかできず早々と交代、サルベージと言われたイバンチェヴィッチ監督は「もうアイデアがない。」と言い残し辞任、最後は、張さんが助監督から監督に就任と監督の交代が続き、当然結果も年間30試合で5勝しかできまず、J2に降格となります。

 そんな‘02シーズンで、翌シーズンに期待を持たせてくれたのが、最終戦(2ndステージ第15節)の広島戦でした。このシーズンは、逆転負けや延長Vゴール負けが多く、イバンチェヴィッチ監督の辞任の原因とも言えますが、最終節は、コンサが延長Vゴールで勝った唯一の試合です。

 試合は、前半7分小倉のゴールで先制するものの、前半終盤に同点にされ、後半2分、8分に得点を許し3対1と完全に負け試合でしたが、10分に曽田、39分に相川が得点し同点に追いつきます。その後、終了間際の42分に逆転され、万事休すかと思われたところ、その1分後に曽田が得点し同点に追いつきました。試合は延長戦に突入、延長前半9分、曽田がヘッドで得点しVゴールで勝利を収めます。まさに一喜一憂する何とも目まぐるしい試合展開でしたが、本当にエキサイティングで盛り上がった試合でした。

 曽田はハットトリックの大活躍でしたが、1点目と2点目は相川のパスを右足でシュート、そして3点目は森のスローイングをヘディングシュートした得点でした。もちろん、この試合のMIPは曽田選手です。試合後、ヒーローインタビューを受ける相川選手と曽田選手の笑顔が印象に残っています。

20060108-16.jpg  20060108-15.jpg


posted by kalakaua |12:10 | コンサ・コンサ |

スポンサーリンク

スポンサーリンク