スポンサーリンク

2012年11月13日

デイドリームビリーバー

ある程度年食ってないとわからない話ですが・・。

今、アメリカでは、40年の時を超えて、モンキーズがツアーを開始しています。
タイトルにあげた「デイドリームビリーバー」を歌うデイビーが、今年2月になくなったので、正しくは、モンキーズの4人のうちの3人、ミッキー、ピーター、マイクですが、マイクが他のメンバーと一緒に演奏するのは、1969年以来なのだそうです。

彼らは、はじめはテレビ番組用にオーディションで募集して作られたグループとして、映像は彼ら、音楽はボーカル以外は専門の人間がやることになっていたのですが、もともと俳優2人と、もともとミュージシャン2人はそれぞれを刺激しあってやがて本物のグループとなり、自分たちで演奏、作成した初めてのアルバムが、「HEADQUARTERS」、それが世にでて45周年ということで、今回のコンサートは、デイビーが亡くなる前から企画されていました。

前置きが長くなりましたが、こんな一大事でも、気軽にアメリカまで行く訳にはいかないファンにとって、ネットはほんとにありがたい!
コンサートから”撮りおろし”の映像をユーチューブで見つけては聞くのが嬉し忙しいここ数日です。

ネットで見ていても、思い浮かぶ青春の日々・・いや、メンバーはみな70歳前後ですが、元気だなあ。
それに、狂気のようにもてはやされたあとには、あんなにメディアから酷評されたのに、善良でファン思いなのも昔から変わらない。
なんていうか、”ロイヤルファミリー”のビートルズと違って、手の届くところにいてくれる感じがいいんです。

そして、今回のコンサートの山場(いくつもありそう)の1つが、デイビーへのトリビュート。
デイドリームビリーバーは、デイビー亡き今、果たして誰が歌うのか?

曲の出だしのピアノ音が始まり・・・「この歌を僕達が歌うことはできない、でも、あなた達はできる。この歌は僕達のものじゃない、あなたたちのものだ」と、ミッキーがファンの数人をステージにあげて、歌ってもらいます。
バックには、その歌をうたう、デイビーのモンキーズ時代の映像が流れ、場内皆で大合唱。
画面のこちら側でも、鼻につんときながら口ずさむ。

ああ、なんかいいおじさんたちだなあ。
やっぱりモンキーズ、好きなんだなあ。

ところで、ミッキーが最近、「Remember」というCDを出しましたが、これがまた、彼ならではの繊細さと、年とともに加わったパワフルなうまさと両方兼ね備えた、いい曲たちなんですよお。
はじめはモンキーズの曲として作られた「ダイアリー」(もちろんブレッドが歌った)なんかもうこっちがハートブレークしそうなくらい。

なんかとりとめなくなっちゃいましたね。

posted by じゅうよっつ |21:47 | 音楽 |

2012年11月10日

JFLへの道は厳しい

天皇杯を勝ち抜いている福島ユナイテッドは、次回はJ2・千葉と当たる事になりましたが、その前に、JFL昇格を決定する大事な、全国地域サッカーリーグ決勝大会が控えています。

来週その決勝大会があるのですが、しかし、その日程たるや、いやはや大したもんです。
すべてホームとはいえ、金、土、日、と連ちゃんなんです。

Jリーグでは、水曜に試合があって週末も試合、なんて時でさえ、回復が不十分だと言われているのに。
もつんでしょうか、体力?と心配になりますが、下部リーグの場合、厳しい日程は結構あるみたいです。

でもそういう厳しさの中で這い上がってきた経験は、チームを強くするかもしれないですね。
JFLからJ2に上がってきたチームをみていると、技術の差はさておき、メンタル強いなと思いますもん。
くじけないのは大事、悪い経験じゃない。

ということで、来週は、郡山まで応援に行こうかな、と思っております。
やっぱ、福島ユナイテッドは、福島の希望の星ですから!

posted by じゅうよっつ |20:59 | サッカー |

2012年11月09日

目で見るコンサの勝利数2005年~2012年

今、引越しの荷ほどきの作業中ですが、もう、生活必需品はほとんど出ているので、あとは、ぼちぼち、遊びながらやってます。

で、今日は、DVDの整理をしました。
コンサのDVDを整理中、年代順に並べようと思い立ち、分類。
積み上がったDVDをみて、これ、おもしろいかもと、写真に写してみました。

20121109-00.jpg


左から、2005年、2006年、2007年・・・2012年と続きます。
うちは、勝った試合(ナビスコ、天皇杯を含む)のみ、DVDに残すので、積み上がったDVDの高さは、そのまま、その年の勝利数を反映しています。

ちなみに、2005年はヤンツーさんの2年目、2006年はヤンツーさん最後の年で、天皇杯で楽しませてくれました。

2007年から三浦さんになってJ1昇格をきめますが、2008年には再びJ2降格となり、2009年から石さんで、2010年はけが人多くて不調の年、2011年はJ1昇格を決めた年です。

2004年以前は、ビデオなので、比較できませんでしたが、コンサ創設のころから比べられるとおもしろいでしょうね。


posted by じゅうよっつ |20:47 | コンサ |

2012年11月08日

ちょっと元気がなかったような

昨日の広島戦は、実力の差がいかんともしがたかったですね。

それはもう、首位と最下位たる所以ですから、仕方ないとして、昨日は、スカパーの解説者の方に注目選手としてあげられていた河合選手が、なんだかちょっと”らしくない”のが気になりました。

まあ、河合選手だって、鋼鉄の体と心を持っているわけではないので(ですよね?)、長いシーズン、アップダウンはあるでしょうが、普段の彼ならこうするんじゃ?というプレーでなかったような。
もっとも、さすがにキャプテン、ずっとそうだったわけではないですけど。

それが原因か、頑張ってはいたし、思いっきりプレーはしていたと思いますが、ちょっと全体に低調だったでしょうか。
降格が決まる前のような、変にテンパったところはなく、実力を出しきっていたのは評価できるし、見ていてずっとおもしろいんですけど、全体に元気がいまいちなかったように見えました。

しかし、FWをあれだけ増やしても、なかなか攻撃させてもらえないのは、さすが首位を行く広島。
逆に3点もリードしながら、まだ攻撃しようとしてましたもんね。

今日のネット新聞によると、学んだことも多かったようなので、来季、J2で生かせれば、昨日の試合はそれでいいのかもしれませんね。

個人的には、前田選手と近ちゃんが見られたのがよかったです。
ただ、”重戦車”と異名を取る近ちゃんが、あたり負けてるのを見ると、う~んやっぱJ1だと思ってしまいましたが。

先程、神戸の西野監督が解任されたというニュースが入って来ましたが、コンサだけでなく、どこのチームにとっても、そろそろ今季は終わりに近づいていますね。
熊本の高木監督も、今季限りで熊本を去るそうです。

来季のコンサでは、誰のプレーが見られるんでしょうね。
できたらみんなみたいですけどねえ。

posted by じゅうよっつ |20:17 | コンサ |

2012年11月04日

サポの高齢化に思うこと

他のブロガーさんもそれについて書いてらっしゃいますが、最近、ネット新聞でそんな記事がでていましたよね。

高齢化(というのは、ちょっと抵抗ありますが。自分も当てはまるので。)そのものは、サポの金銭的、時間的な余裕も出てくるので、クラブにとって悪いことじゃないと思うし、それは、コンサができた頃~その少しあとにサポになった人たちが、そのまま、年取ってもずっと応援し続けているってことですよね。

悪い時もあるけど、いい思いもさせてくれる。
今度こそは・・・ああ・・・よし、来季こそは・・。やった!と期待し思い続ける気持ち、サポは一度なったらやめられない、って感じも、自分を含めて理解できますもん。

ただ、問題なのは、若い層の増加がそれについてきてないってことですねえ。
新しくこれから長くサポになる人口が減ってきたっていうのは、あまりいい事じゃなさそうです。
コンサが続いていくためには、サポも次世代に引き継がれないといけないですもんね。

財政改善のために、高齢サポにターゲットを置くのは結構なんですが(しかもそれに喜んで乗っちゃうし!)、若いサポの開拓も、やっぱり必須だと思います。


財政といえば、余談ですが、芸能人が年末にする、ディナーパーティみたいなのってどうでしょうねえ。
「○○選手とお食事会」なんてので資金集めすると結構集まるんじゃいかなと思うんですけど。

不真面目かしら?やっぱり。

posted by じゅうよっつ |21:05 | コンサ |

2012年11月02日

喫煙者の心理

いつも不思議に思うんですが、アパートのベランダでタバコを吸われる方は、おそらく、ご自分の家族やあるいは部屋の汚れを気遣って、その場所を選んでいると思うんですが、他の住人のことは、どう思ってらっしゃるのでしょうか。

というのも、今からタバコを吸うなということは、同居人にはわかるので、窓を閉めるとか、その場を離れるとか、それなりの処置ができると思うんですが、他人にはその用意ができませんから、いきなり開けていた窓から匂いが入ってくることになります。

冬は掃除する時くらいですが、夏は網戸一枚のことが多いので、タバコの匂いに弱い人間は、慌てて窓を閉めないといけません。

ちなみに私は、タバコの臭いを吸うと、一日喉の不快感と頭痛に悩まされます。
だから、タバコを吸う方には神経質に見えるかもしれないですが、できうる限りタバコの匂いはシャットアウトしたいほうです。

逆に、吸う方の立場では、喫煙は今、公の場ではほとんど禁止されているので、せめて家でくらい自由に吸いたいと思われてるでしょう。

なので、もう一歩気遣っていただいて、空気清浄機を購入して、その前で好きなだけ喫煙されればいいのではと、私なりに考えたんですが。
そうすれば、家族にも他人にも優しい。

うちには空気清浄機が2台(リビングと寝室)ありますが、アレルギーや喘息の人間には、とてもいいです。
クスリよりよほど安心かつ効果があるように思います。
だから、タバコを吸う方がいるご家族にも、持って来いだと思うんですよね。
お部屋もヤニで汚れることなく、拡散する前に、いわゆる「元を断つ」ってことで、それくらいの出費は、覚悟してもらってもいいんじゃないでしょうか。
それに、どれくらいフィルターが汚れるか、ご覧になるのも、ご自身の健康のためになるかも?

posted by じゅうよっつ |20:16 | 暮らし |

前へ