コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2024年06月15日

ニコスシリーズは躍進しよう…というメンタルが必要かな。

サッカー観戦雑感。
京都2-0札幌

ゴニちゃんとチェックがハムストリングで離脱。
まぁ、よい空気ではなかったのは間違いなく。
とはいえ、ここは必勝必須なゲームだったことも間違いなく。
結果だけが問われるゲームを落としました。

我がチームも工夫はしてゲームに入りましたがね。
恐らく、長いボールを意図的に使うサッカーを、しようとしたと思うのですよね。
が、そんな中で京都さんに素晴らしいゴールを献上。
ここは京都さんが素晴らしかったので、気にせず切り替えればよかったと思います。
しかし、サッカーはスコアメイクのゲームですから。
2失点目が安すぎました。
長いボールをやめて、繋ぎに変えようとした矢先、馬場ちゃんの凡ミス。
馬場ちゃんはできる選手だと思うので、あえて凡ミスと言います。
2-0、しかも雨が強くなり、これはサッカーが難しくなって当然ですね。
後半頭から西野→長谷川。
西野は悪くなかったですが、フルはもたないという判断でしょうか。
安易に馬場ちゃんが「懲罰交代」にならなったことは評価します。
後半、よい入りをしていましたがね。
京都さんに追加点…と思ったところで、VARに救われました。
荒木さんのジャッジは、ちょいと揺れていたでしょうか…。

総括を。
スコアメイク上、2-0の時間が長かった分、消耗が激しかったのは、体力もメンタルも含めてですが、我がチームだったと思います。
ただ、我がチームは決定機を作れなかったのも事実でしょう。
ソンユンには完封おめでとうと言いたいですが、多分、ソンユンの好セーブは、近藤を止めた一つくらいしかありません。
前半頭から、長いボールを意識したサッカーにトライしたことは評価します。
が、先制されて、「どうするの?」というタイミングでいつものサッカーに戻すのに失敗して、馬場ちゃんの凡ミスで追加点を献上したのはいただけないですね。
今日は負けてしかるべき。
得点できる気配は、申し訳ないですがありませんでした。
得点しなければ勝てないわけで。
我がチームは再度、「どうやって得点するのか」というところから、具体的にやりなおしです。
気持ちがとか気迫がとか、そういうことを軽視するつもりはありません。
が、得点の仕方は「方法論」なところもありますから。
怪我人減らずに苦しいのは承知。
こういう時に代わりが名を上げるような循環がなければ苦しいのは当然です。
よかったところが無かったゲームではないと個人的には思います。
宏武とか良くなってると思いました。
西野もスタメン、よい経験ができたでしょう。
一人ひとりの進歩を、チームとして形にしていくしかないのです。

サントリーシリーズは大苦戦でした。
ニコスシリーズは躍進しましょう。
2シーズン制だった頃に必要だったメンタルで、きっちり切り替えを。
引きずったら良いことないですね。
もはや、我がチームは、底辺から上がるしかない。
一戦必勝でやりきって、最後にどこにいられるか。
ただ、それだけになりましたからね。

頑張っているのは承知。
それでも、「頑張れ!北海道コンサドーレ札幌!!」
私は諦めていませんよ😌

posted by はげお |21:52 | "観方"覚書 | コメント(0) | トラックバック(0)